FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2019岐阜方面行き:1回目・後編 

昨夜はどうやって宿に戻ったか覚えてないくらい飲みましたが、清々しい目覚めで体調万全。

ちょっ・・何?この素敵回復力。
ああ・・敗北を知りたい・・敗北って何だ?

と、そんな昨日からの浮かれ気分を持続させたまま2日目出発。



大垣方面に向かい、うどん屋にてモーニング。



続いてケーキ屋へ。
開店10分前くらいに着いてしまい車内待機してましたが、開店同時に10組くらい入店してビックリ。

そう言えばモーニングやってたな・・そんなに良いのかな・・まだ席空いてたら食べてみようかな・・で。



500円なのでパッと見は良いのですが、ちょっと意識の低さを感じられる部分がいくつか。
そもそもこう言うものをやれる事に懐疑的な部分があったので、まあそうだよな・・とも言えます。



買うのやめようかと思いましたが、こっちは大丈夫だろうと。



岐阜市に戻って。



大物含めても5千円いかないとは、永遠に儲ける気はないようで。

しかし、イルプルーが事実上の終焉。
茂右衛門も今よりも郊外のどの駅からも遠いような場所に移転らしいですが、前向きな理由ではないだろうなと。

代官山の店舗では諸経費が文字通り桁違いかもしれませんが、おそらく1個600円程度では割に合わないわけで、だったら東海エリアのお店だって分からない。

そう言う意味では、パティスリーに限らずなくなったら困る!と思うお店が値上げしたら歓迎するべき、むしろ値上げを所望するべきとも言えます。



近くの山の麓の駐車場へ。



誰でも明らかに違いが分かるのが同時食べです。
ダリオールが思ったよりワイルドでしたが、ここはやはり一日の長が・・三日の長くらいあるかもしれません。



軽く登山へ・・と思ったらただの坂道。

ところどころ中央突破で山道に行くルートがありますが、延々とつづら折りの緩い坂。
後半は路面も荒れますが、おおむね舗装された坂で山頂付近まで行けます。

もうね、ビックリするほどつまらなかった・・高尾山よりつまらん。



そこから山頂までの300Mくらいは登山道で。



このくらい低い山だと今の時期が最も良い気もします・・虫とかいないし。



下りは険しいルートで、こっちはなかなか面白い。
登り下りが逆の方が良かったのですが、初めてで分らなかったので仕方ない。



スタートから右ルートで登り、山頂から左ルートで下りですが、何という右のムダな距離!
しかし、ルートがいくつかあるというのは良いことで、岐阜市に来たらまた行くかなーと思います。

あ、舗装路坂道コースなら、運動不足の方でもそんなに疲れず1時間ほどで登れると思われ、きっとケーキ2~3個分のカロリー消費できます。

で、のんびり歩きすぎて下山したら15時という、最も中途半端な時間に。

何か食べたいもののチェーン店くらいしかやっておらず、チェーン店なんてバイトがどんなイタズラしてるか分からないので怖くて行けない・・そうじゃなくても行かんけど。



通し営業の良い食堂に出会えました。
定食でどんぶり飯はともかく、ラーメン丼にスープとか初めて見た。

次は「登山→プレ→日之出食堂→ジム→パンシノン(飲み)→ビールバー→宿泊→翌日どこか」かな・・ワクワクが止まらん。

で、食後もさらに中途半端な時間で、もう帰ってしまうのは物足りない、でもビールを飲むためには帰るしかない、じゃあ帰る。



最終的に17本までいきました。

なんとも・・日に日に楽しみが増えていきます。


スポンサーサイト

category: お出かけ

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

2019岐阜方面行き:1回目・前編 

年明けてまあまあ仕事が忙しく・・・パン屋に行きたいから休むとか言い出せないほど忙しかったものの、少し落ち着きそうな気配で、今年に入って初めての土曜日完全休み。

急に決まったので何の予定もない中、少なくとも県外に出て1泊したい気分で、場合によってはすぐ帰れる岐阜方面へ。
車に乗りながらプランを考えるも、そんなに岐阜に用はないなーという事実に気付き、一宮で降りて作戦練り直し。

とりあえず自転車は持ってきたものの、今日は風が強くてサイクリングはムリだなと。

冬場の強風の日にて自転車乗っても楽しい事は何もなく、むしろリスキーで、その状況で乗るのは好きとか楽しいではなく義務感ですよね。

あ、僕も昔はそうでしたし決して否定の意味でなく、今となってはただただ凄いなーと思います。



せっかくの一宮なので珍しいモーニングを。

車のナンバーを見たようで「豊橋から来たの?3/3に~のTV番組で一宮VS豊橋モーニング対決って企画があって、ウチのお店出るのよ!」との事です。



モーニング食べながらいろいろ調べてたら、近くに9時から営業しているパン屋の新店があったので偵察。
どこも似たようなラインナップなら、気分的に屋号はブーランジェリーよりはベーカリーが良いです。



評判の良い焼きっぱなし菓子はどんな感じかと稲沢のお店に。
おらが町の焼き菓子屋でも勝負になる、ワンチャン勝ちもあるかと思いましたが・・

やはり老若男女が食べる事を想定して作られているものと、そうでないものは大きな差が出るなと、グリオットチェリー1粒とシナモンの効かせ方で思い知らされました。



ランチタイムまでの時間調整で酒屋に行ってみたら、こんな結果になりまして、もう保冷バッグパンパン。
ケーキとか買って帰るには、追加で保冷バッグ購入が必須ですが、ケーキなんぞよりビールです。



一宮にて味噌煮込みうどん発祥の店と謳われるお店。
得てして元祖は現代に合わなくて、端的に言って美味しいとは言えないのですが、刺さるものがあります。


それから岐阜駅近くに移動して、コインパーキングに車を置いてふらふら散歩。

俺は今日も明日も休みなんだぜ!昼間っから深夜まで飲み歩いてもいいんだぜ!なテンションではあるも、体力的には余裕があっても破産する危険性があり、ひとまずジムに。



岐阜駅構内の商業施設内にジムがあり、そのジム内に天然温泉があるとか・・スゲーな岐阜。
さらにマシン設備は申し分なし、プールも広く仮眠室もあり、10時間は滞在できそうです。

しかし今日は遊ぶ日なので、筋トレ2時間・水泳1時間・入浴30分ほどにして、さあ飲むぞと。
柳ヶ瀬の渋いお店で第一ラウンドかなと思うも、旅先にて普通の居酒屋に行っても意味がないので・・



飲めるパン屋へ。



飲めるパン屋で食えるパン屋だったのか!

いやー危なくパリ空以外のパン屋で大台超えるところでした・・パンの価格は300円ですけど。



岐阜でのメインイベント。

ここから確かな記憶がなく、たぶん明日に続きます。


category: お出かけ

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

2019名古屋方面行き:2回目 

以前のようにパン屋・ケーキ屋巡りしたい感覚はすっかりなくなった近頃ですが、今日はちょっと気が向いて、名古屋にて何軒か。



まず評判の良いまだ新しいパン屋へ。
オタク向けなお店のイメージでしたが、入った時の印象は一般向け、一般ウケしそうな方なのかなと。



クロワッサン・アンティーク。

あまり経験ないタイプのクロワッサンで、それよりアンティークが何を意味するのか謎で、食べても全くわかりませんでしたが、そういうのは皆さん気にしないのか・・

他も含めて全体的に思っていた感じとはいろいろ違いましたが、もしワンチャン名古屋1位もありえると言われても、まあそうなのかなーと・・名古屋あまり知らんけど。



続いても初訪問となるお店へ。

先日、ある方と話をしていたらこのお店の話題が出て、その中でサービスが良すぎる的な話がありました。
その数時間後に別の方と会って話をしてたら、このお店の話題が出て、経営がちょっとピンチだとか。

サービス良すぎも原因の1つなのか不明ですが、これは1度行って確認するべきかなと。



お菓子3つとジャム2つで、いきなりポイントカードが6割突破。
商品レベルのサイズの焼き菓子が試食用にあり、さらに試食するとポイント付くとか、正気なのかな (;´∀`)

まあ、次回はジャムしか買わないかもしれませんが、機会があればなるべく行っておこうかと思うお店で。

ちなみに先のパン屋もこちらも、帰り際に深々と頭を下げられて、逆に恐縮しちゃうかなと。



続いては、せっかく近くまで来ているので久しぶりに。



良くも悪くも安定の安定感・・のイメージでしたが、マール酒ガツンときいてビビった。



最後は味噌煮込みを。
この冬は味噌煮込みばかり食べており、地元のうどん屋にはほぼ行ったかなーレベル。

食べ物の話に限らずですが、天才さんはちょっとかじれば理解できても、凡人には不可能。
凡人は徹底的に同じことを繰り返すしかないと言う持論があります。



味噌煮込みが好印象だったので、きしめん追加オーダーしたら予想外の麺で、これがなかなか面白い感じ。

とても良いお店でしたが全席喫煙可のようで、それがなければここのついでにアヴァロンか涼太郎まである。

しかし、食事の直前にタバコ吸ったら、何食ってもタバコの味ではないのですかね。
味覚は人それぞれで正解不正解はないですが、タバコの煙が美味いって・・さすがに味覚障害だろうと。


まあ、名古屋も自転車で行ければ良いのですが、高確率で死にそうなので、今後も車か電車で行こうと思います。


category: お出かけ

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 4   

2019名古屋方面行き:1回目 

たぶん月1くらいは行くであろう名古屋方面。

自宅から名古屋はそこそこ遠いのですが、やはり関東の多くの方にとっては、愛知=名古屋というイメージのよう。

まあ、愛知県知事より名古屋市長の方が有名だったりしますし、もし県名が名古屋県になるという話があっても全然構わない、むしろラクまであるかなと。


ちょっと仕事が長引き、昼過ぎからの出発。



まあ、名古屋方面と行っても、ほとんどこちらになるのですが。

イートイン&テイクアウトして、名古屋市内に。

しかし毎度ですが、名古屋の幹線道路って、割り込むタイミングはムリめでないといけないとか、ハザードのお礼はしてはいけないとか、独自ルールでもあるのかなーと。

数分に1度は「ウソでしょ?」って運転を見ますが、この交通マナーだけは名古屋人扱いされたくない。

事故に遭ったり目撃することない奇跡に感謝し、目的地へたどりいて夕食へ。



年末年始はパリでお過ごしになられた、超セレブお嬢様と恒例の麺会。

名古屋では味噌煮込みとライスはワンセット、餅もいくつか入れてしまうほど炭水化物祭りですが、初級者なので麺大盛りのみ。

ちなみに、愛知県は他所の文化を受け入れない説ありますが、名古屋より三河の方がその色は濃く、地元でガチな名古屋めしを食べた事ありません。



パリ土産と愛知土産。
・・なるほど、とりあえずベベが愛知にあって良かった。

愛知県はけっこう良いところと気付き始めた近頃です。


category: お出かけ

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

ワンスモア 

先週食べたきしめんが予想以上のものだったので、名古屋めしを見直してみるべく、今日は電車で名古屋へと。

地元から急行で1時間15分、1110円、そんなに遠くてそんなに安かったっけ・・と。

それからは徒歩でウロウロと。

最近は「歩く」という事に興味が出て、旅先などの知らない土地に行って歩かないなんて、もったいないまで思うレベル。

歩きながらいろんなものを見て感じる事は実に多いなと。

最近気付いた事は、広い歩道や地下通路などで、僕は無意識にいつも壁際を歩いてるのですが、1人で真ん中を歩いている人を観察すると、どこか自分への自信の表れが出てる気がします。

そのイメージが正解として、多くの人は根拠ない自信と思いますが、羨ましいものです。


で、名古屋めしの店と言っても、選択肢がありすぎるので、ある方が名古屋に行ったときに通ってるお店に。
自分が美味しいと感じれる物を作る人がオススメするお店なら、絶対に間違いないと思われます。

最初は味噌カツのお店へ。



何か見覚えある風景だなーと思って歩いてたら、フクイサイクルの隣の店ではないか!

昔、パーツ買いに行ったついでに寄っているのですよね。しかも2度。
自転車を本格的に始めた頃で、10年以上も前になるのかーと、感慨深いものがありました。



味噌も、店によって味の濃さ・粘性・絡め方などいろんなパターンがあって面白いです。



続いて味噌煮込み。
三河タイプとはまるで違うパンチ力あり。



続いて、あまりに立派な建物すぎて引き帰そうかと思いましたが、ういろう・・ではなく、有名どころの羊羮を購入。



フラフラ歩いて大名古屋なビルへ。

何かチャラいもの食べようかなーと思ったものの、チャラい名古屋めしってないですね。
さらに「世界のビール博物館」という店が目当てだったものの、わりと狭い世界観だったのでヤメておくことに。



場所を変えて名古屋地ビール。
やる気を感じるブルワリーです。



夕食は先週に続いてきしめん会食。
自信と余裕にあふれる雰囲気は、セレブなお嬢様ゆえですかね。

ちなみにお嬢様と一緒だと、お茶がたくさん用意されたり、好みの出汁つゆの味に調整するかの確認があったりと・・ビビります。


味噌カツ・味噌煮込み・きしめん・他にひつまぶしと、ご当地グルメと言っても正統派のアレンジ系であり、どのお店でも作れるものですが、昔から専門でやっているお店はやっぱり一味違うなーという感じです。


category: お出かけ

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 8   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム