食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

2017/08/27 Sun 13:00訪問
ベベ


いつも通り〆はこちら。

この日は都合により13時オープンとの事で、ちょうどの到着でしたが、慌ただしくされており商品も半分ほど。
イートインはやめておき、出ている物から数品をテイクアウトにしました。



今回は4品と焼き菓子。



ロワイヤル:594円


アーモンドのムースはビターな香りとミルキーさがあり、ブランマンジェ風味。
オレンジと白桃が爽やかさを加え、メレンゲが軽やかな甘みを加わえて。

優しく軽く穏やかな全体像の中に、ドンとした芯があるように感じられます。



バジルとミントの小さなたわむれ:699円


ピスターシュ生地はいつも通りの風味と食感の力強さ。
ムースからは爽やかなシャンパーニュの香り、パッと華やかさを演出するマンゴーとフランボワーズ。

メインは大量にして強力なハーブの群れですが、それに全く負けない一つ一つのパーツ。
他店で食べた物と旨みの質が違い、2枚くらい上に感じられました。



サン・バルテルミー:699円


ココナッツのムースと生地にパインとマンゴー。
これだけなら爽やかな夏のお菓子としてよくありますが、バニラをしっかり香らせ、より南国チックに。

さらにトップのホワイトチョコから柔らかな甘み、底のクリスピーな生地からリズミカルなサクサク食感。
シンプルな見た目の中に、しっかりと引き立て合う意味のある素材が詰め込まれています。



ベルギービールのタルト:322円


パイ生地は香ばしくザクザクッと。 アパレイユはプルンとした表面を抜けると緩めでしっとり。
卵感が強めの風味に柔らかな甘み、その後からオルヴァルの独特の苦味がふわりとやって来ます。

全体的には穏やかですが、ビールの風味はちゃんと感じられます。



今回はリボンもついた、ちょっとした手土産に最適シリーズ。

もちろん自分への手土産にも最適です。



2017年8月27日
ぱん兄弟(天白区:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
アヴァロン
十四明(豊明市:うどん)
べべ(東郷町:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Patisserie Avalon(名古屋市天白区) 

アヴァロン:その2



エレガンス:570円

りんごのムースとカシスのジュレ。


ムースはシードルが入っているのか芳醇な香りを強く感じられる味わい。
比較的穏やかな酸味のカシスとのハーモニーがとても良いです。

りんごのコンポートはシャキシャキして、こちらからも芳醇な香りの広がり。
カルヴァドスもふんわり感じられ、予想以上に香りが立ち上るお菓子でした。



ロカマドゥール:570円

2週間前に食べた本家の物に続いて。


ふんわりパンデピスのような香りがあり、チョコレートにキャラメルのムース。
かなり重厚なイメージですが、洋ナシとクルミの存在感がしっかりとあります。

食べるたびにじわじわとハマッっていきそうな雰囲気のあるお菓子です。



エキゾチック:560円


トッピングにライム、パイン、バナナなどたっぷりと。
ムースはココナッツ主体で、トッピングに使われているフルーツの風味もあり甘美な味わい。

土台のサブレ生地はナッツとバターの風味がしっかりあり、ホワイトチョコとも良く合って。
エキゾチックと言うよりは明るくトロピカルですが、美味しいお菓子です。



タルト パッション フランボワーズ:600円

こちらも本家に続いて2回目。


このお店らしい、とても綺麗な仕上がり。

印象としては前回同様で、意外と甘みが強くあって酸味がやってくるような。
また、こちらではパッションよりも、フランボワーズの方が力強い味わいで印象深いです。


いろいろと余裕が出来てきたのか、魅力的なラインナップで、期待通りの内容でした。

今後は訪問頻度を増やしていこうと思います (´∀`)



2017年8月27日
ぱん兄弟(天白区:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
アヴァロン
十四明(豊明市:うどん)
べべ(東郷町:ケーキ)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_アヴァロン(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Patisserie Avalon(名古屋市天白区) 

2017/08/27 Sun 10:45訪問
アヴァロン


続いては今回の目当てだったこちらへ。



新商品なども多く出ており、今回は8品購入。



オレンジのショートケーキ:650円

弾けるオレンジの果汁と香りが、溢れ過ぎにも感じられるほどの広がり方を。
アーモンド風味の生地、滑らかな生クリームもとても良く、マイナス要素が1つもありません。



クールデジル:530円

ピスターシュのアロマティックな香りに、コクもキレもあるチョコレート。
パインとレーズンが爽やかさを演出し、重そうな見た目に反して、夏向けのすっきり感もあります。

茂右衛門で食べた物の方が香りの広がりがあった気がしますが、こちらも悪くなく。
品名はフランス語なので意味が違う事は承知ですが、何となくクールな印象もあります。



ル メジェヴ:560円


ヌガー入りのマカロン生地で、チョコクリームとプラリネクリームをサンド。
しっかり甘くて重厚感もあり、チョコクリームから香るオレンジの風味が華やかさを加えます。



スヴニールダジ:540円


マンゴーのムースはどっしりした濃厚さで、まとわりつきそうな強い主張。
それをスカッと爽やかなライムのムースが調和します。

アールグレイのビスキュイ生地はがっしりした歯触りからブワッと押し寄せる香り。
爽やかさの中に妖艶さを感じるような組み合わせです。


残り4つの後編へ続きます。



2017年8月27日
ぱん兄弟(天白区:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
アヴァロン
十四明(豊明市:うどん)
べべ(東郷町:ケーキ)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_アヴァロン(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

ベベのテイクアウト分。



だいたいリピですが一応。



タルト・オ・フリュイ・セック:431円


オレンジフラワーウォーターの独特の香り、蜂蜜、ナッツ、ドライフルーツの旨みの凝縮。
初めて食べた時、こんな香りの食べ物があるのかと驚きましたが、何度食べてもオオッ!?と思います。



タルト・オ・パンプルムース:484円

見るからに分かるみずみずしさ。


弾けるような果実味にどっしりしたタルトのコントラスト。
グレープフルーツの苦味やエグミも、ピスターシュがしっかり受け止めます。

もともとピスターシュを使うお菓子が多いお店ではありますが、タルトのダマンドに色も香りも鮮やかなピスターシュを使っているのは他に1店しか知りません。

思い切りそのままなタルトフレーズなんかを見ても、ひょっとして"あのお店"からのインスパイアなのかなという印象を抱かせます。



ガトーバスク:431円


味はいつも通りなので、見た目の話をしますと、今回は特に凛とした佇まい。
やや荒々しさにも見える力強い質感、コクや香ばしさまで伝わってきそうな焼き色。

地味ながら見た目にもこれ以上ない美しさを感じます。



パン デピス:431円


遠慮ないエピスのスパイス感と蜂蜜の甘みの共存。
少しモフッとしつつ少しネチッとしつつ、シンプルでも深みがあります。



マカロン(ピスタチオ):323円


中にアプリコットが入って香りにも相乗効果のある組み合わせ。
アロマティックな芳香と豆っぽさもしっかり感じられ、さすがのピスターシュ使いです。



スゥリー:686円

お店で食べて自宅でおかわりでしたが、これは早く食べた方が、できればお店で食べた方が良さそうです。


同じ物を食べてもそのたびに驚きがあり、進化を止めない感じが素晴らしいです。



2017年7月29日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
ニコリス(可児市:ケーキ)
エピ(春日井市:パン)
ポルカ(尾張旭市:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
べべ


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

2017/07/29 Sat 15:00訪問
べべ


最後はいつも通りこちらへ。

いつもと同じ生菓子と、テイクアウトした焼き菓子を少し。



スゥリー:686円

意外とこちらでは初めて。ふわふわなので綺麗なカットは不可能です。

うっとりするような貴腐ワインの甘美さに、上下で違うの生地のコントラスト。
こちらはフルーツがたっぷり入っているので華やかさが増します。

ちなみにトッピングのフランボワーズにはカスタードが詰まってました。



ジャルズィー:755円


濃厚な旨みやスカッとした爽快感など、めくるめく魅惑的な味わい。
美味しいのはもちろん、凄いな・・・と、しみじみ感じてしまうお菓子です。



ランぺリアル:625円


お馴染みですが、こんな手間がかかりそうな物をよく毎日作るなと。
明るく広がる香りと、いろいろ変化のある食感が楽しく、食べ応えもあります。



シュルプリーズ・デ・ボワ:647円


パッションの強い酸味、ミントのムースの清涼感、フレーズデボワの甘酸っぱさ。
サイドの生地はフランボワーズジャムを挟んだシマシマ模様で、その手間の分は深みが加わった味わいに。

爽やかで食後感もとても良く、特に夏には毎日食べたいくらいです。



ラング・ド・シャ:474円

「猫の舌」の名のお菓子。
軽いサクサク感とスッとした口溶けで、誰が食べても美味しいと感じるであろう焼き菓子と思います。


 
フィナンシェ:180円

お馴染みですが、こちらでかかせない物の1つになりました。
シンプルながら深みがあり、10個くらい買っても良いかなと思わせます。


 
マドレーヌ:238円

グラスがけされてシャリシャリッとした口当たりから甘みがググッと押し寄せますが、甘ったるくはなく、バターや玉子の風味もしっかり。

このポコッと膨張した形のマドレーヌはだいたいパサつくイメージですが、こちらは程よくしっとりしており、食感でのネガティヴさが全くありません。

ちなみにベーキングパウダーは入ってますが、アルミフリーの物のようで、今後はこちらも毎回買って帰る物になりそうです。


 
マカロン・ドゥ・ナンスィ:165円

パスッと軽い歯切れで、一般的なマカロンやマジパンよりは穏やかな食感。
砂糖の甘みとともに、とても力強いビターアーモンドの香りが押し寄せてきます。

こちらは一層シンプルながらズバッとくる感じで、あれば必ず買って帰りたい1品です。


生菓子の奥深さも凄いですが、シンプルな焼き菓子にも地味にやられます。

焼き菓子も、フランス産小麦粉、スペイン産アーモンド、有機砂糖、有機牛乳、地鶏卵、天然バニラエッセンスと、厳選された素晴らしい素材。

言うまでもなく美味しく、相対的にかなり安く、買わないともったいないと感じさせる魅力があります。



2017年7月29日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
ニコリス(可児市:ケーキ)
エピ(春日井市:パン)
ポルカ(尾張旭市:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
べべ


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム