FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

クリスマスケーキ2019-1 

おすそ分けの頂き物で、アヴァロンの2種。



ノエルブラン

サイドのクランブルからシナモンが強めに香って、他にアレ?と思う香りが少し。
まあでも良くありそうなショコラブランとフランボワーズのケーキですよねと。


と、決めつけて食べたら思い切り生姜の風味。
ちょっと甘ったるさを覚悟して口に入れたので、混乱して数秒間口に含んだまま停止するレベル。

さらに中央と底のダックワーズからはスカッとしたライムの香り、フランボワーズの甘酸っぱさもプラス。
ホワイトチョコの甘さとジンジャーの刺激、ライムの爽快感に華やかな果実味の不思議な組み合わせ。

ほう、これは・・いや・・え・・こう来るの?
数種類のケーキのラインナップに1つあれば良い感じではあるも、1台物のクリスマスケーキでこれいくの?と。



ノエルピスターシュ

ノエルカラーなピスターシュとフリュイルージュ。
元ネタはイルプルーで食べた事のあるル・ディヴァンで良いのかなと。


食べる前からピスターシュも苺ジュレも強烈な香り。
特にピスターシュは今まで食べた中で最強ではないかと思うほど鋭角的な香り。

ふんわりビスキュイにはピスタチオとグラニテのアクセント。
生地もムースも食感は軽やかであるも味わいは濃厚で、フリュイルージュの華やかさが派手さをさらに上乗せ。

しかし、数年前なら喜びまくったであろうピスターシュアロマも、“あっち”に慣れてしまうと尖った刺激が文字通り鼻につく感覚にも。

ちなみに昨年もピスターシュ物を頂いたのですが、ムースが苺ミルクや抹茶ミルク的なピスタチオミルクって感じで、それはそれでチープでキツかった記憶があるのですよね。

まあ、家族みんなで食べるクリスマスケーキはこんな方向性かと勝手に納得しておきましたが、今回はピスターシュと言い生姜と言い・・あれ?何かあったのかな?と。

アヴァロンってキッチリしすぎて予想を超えないと言うか、端的に言って面白くないと感じてましたが、少しイメージ変わる今回でした。


スポンサーサイト



category: 愛知

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Dessert 

いつも感謝の11月分。

今回は生菓子3品とキッシュを。



プレジダン・オ・ポティロン:420円


底までクリームと思ってナイフを入れたら、中央のメレンゲに跳ね返されました。

カボチャのバタームースは軽さの中にどっしりしたコクがあり、ガナッシュは甘みの中に軽くカボチャ風味。
中央と底のアーモンドメレンゲはそれ単体で成立するほど味わい深く、糖衣を纏ったアーモンドダイスも同様に。

少し甘みが強い印象ですが、ナッツ押し仕様のプレジダンよりはだいぶ食べやすく深みもあり。



ビッシュ・オ・マロン:500円


全体からガツンとくるラムの風味、少し遅れて栗の風味がじわじわと。
重苦しくなく風味濃いクリーム、ベチャっとしないギリギリのしっとりした生地、ほっこりした栗。

最初に一発ドンと来て伸び悩む感覚はありますが、充分に楽しめる栗の味わい。



パスィオンとひねくれたチョコレート:600円


プルンとしたムースからパッションフルーツのハッとする明るさと鮮烈な酸味。
カッチリした生地からチョコレートやナッツのどっしりした風味。

他にもいろんな物が詰め込まれてますが、2層の味と食感のコントラストで存分に楽しめます。



クルスタッドゥ・ドゥ・ソーモン・エ・エピナール:550円


鮮やかなたっぷりのほうれん草に、マリネされしっとりしたサーモン。
アパレイユから甲殻類の風味やハーブの香りなど相まって複雑な味わい。

少しゴチャゴチャしすぎに感じますが、豪華で美味しいキッシュです。


今回も刺激的でした。



category: 愛知

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Dessert 

またまた頂きましての7月分。



測ったように精密に作られるお店も多いですが、こちらは特にその印象が強いなと。
もっとも店ではないので、なおさら几帳面な作り手さんなんだろうなと想像させます。



バタフライ

イチジクの蝶を羽ばたかせて。


サックリふんわりなビスキュイからココナッツの香り、トロピカルな香りのクリームとブリオッシュ。
マンゴーやパイナップルなどパッと明るい風味と、軽いスパイス感が鼻腔をくすぐるように。

かなり複雑な構成でも、ただ華やかで美味しい!という感覚で、複雑なのにシンプルに美味しいお菓子は良いです。



クレール

チョコレート生地にホワイトチョコクリーム、フランボワーズムース。


良くある構成と思ったら、ホワイトチョコはオレンジ香らせて意外にも爽やかな印象に。
チョコレートの甘みと、それを引き締めるフランボワーズの酸味、明るさのあるオレンジ。

フランボワーズショコラは食傷気味みたいなところありますが、オレンジ入るだけで変わるものだなと。



ル・クリオロ

ドーム型のチョコレート。


これも良くありそうなものと思ったら、チョコムースの中にバジル風味のババロア。
食感は軽やかで、バジルの香りで味わいの方も軽快なイメージに。

初めて食べる味でいまひとつピンときませんでしたが、また食べてみたい感覚ではあります。



ケック・サレ

ベタ付かずジトッとした生地で、チーズにトマトにオリーブにバジルに・・
何が入っているかはどうでも良いくらい美味しく、これを延々と食べながらビールを1日中飲んでいたいです。


今回は全てオリジナルですかね。

線をなぞるだけなら、素人の僕でも拙いながら可能ですし、何度もやれば少しは上達も見込める。
逆にどんなに熟練度やセンスがある人でも、なぞってるだけで原型より抜きん出た物にはなり得ない。

現状維持を目指している物には何度も魅力は感じられず、そういう意味で、今回はとても新鮮で面白みもあり、魅力的な回でした。



category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Dessert 

先月ですが、またお土産的にいただきました。



今回は3つを。



ファンテジィー


香りは華やかで、ラベンダーにフランボワーズにナッツに蜂蜜に、それらをまとめて押しのけるようなライチ。
滑らかでコクのあるバタームースに、華やかな香りがみっちりと加わって、何となく歌い出しそうな気分に。

実際の意味でなく個人的なイメージの話ですが、ファンタジーよりはメルヘンチックかなと。
何度か食べると、わざとらしいと言うか、あざとくも感じますが、これくらいの量なら元気に美味しく食べれます。



チーズケーキ・オ・パンプルムース・ローズ


チーズケーキに、爽やかでビターなグレープフルーツのクリームがたっぷりと。

アパレイユからも少しグレフル風味とバニラも入り、細かな仕事がされていると思われますが、けっこう普通にベイクドチーズケーキしており、ローズ要素はどこにあるかちょっと分からず。

そんなに盛り上がる感じではないですが、チーズケーキとしてはとても美味しいです。



ビッシュ・オ・ザブリコ


アーモンドの生地に、他はバタークリーム・ムース・ジュレと杏子づくし、ところどころにシナモンの香り。
香ばしいアーモンドに、いろんな味わいの杏子が相まって魅惑的な味わいに。

香りはシナモンが支配的でしたが、食べてみると杏子のパワー全開でとても良いバランスに。


今回は目新しさはなかったですが、それでも時折オッと思わせる素晴らしいお菓子でした。



category: 愛知

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

Dessert 

先月の話ですが、愛知県某所のお菓子。



ある方のご厚意によりいただく事ができました。



アワイ


キャラメリゼされた生地の中に、パインのムースリーヌと果肉も入って。
粒々のマジパンにジュレを塗ってテカらせつつ、全体をパイナップルに見立てた形・・細かい!

ややビターな生地に、その他のパーツからのいろんなパイナップル風味がトロピカルな明るさを。
ちょっと時間が経っているので生地のキャラメリゼはベチャッとしましたが、とても深みのある美味しさ。



カシスとオレンジ


分かりやすい組み合わせで、オレンジの爽やかさな甘酢っぱさと、カシスの凝縮されたような甘酸っぱさ。
生地、クリーム、ムース、ジュレからいろんな種類の甘酸っぱさが訪れ、軽やかさもあり濃厚さもあり。

余韻には伸びやかなコクとアルコール感があり、アルコールはかなり強くしばらく重く感じるほどに。
数種類のリキュール類が入っていそうですが、カクテルのカシスオレンジみたいなチープさにならないのはさすが。



ルネサンス


主にショコラとプラリネですが、ずいぶんと細かい層で構成されて。
どっしり重厚そうな見た目通り、存在感の強い味わいが重なりますが、食感は拍子抜けするような軽やかさ。

それぞれ旨みが強くあり、重いトーンに終始するものの、重苦しくはなく食べられます。



バナナとチョコレートのお菓子


ノワゼット風味の生地に、バナナとチョコのムース。
ありがちでシンプルな構成ながら、引き立て合うようにじわじわ広がる経験のないチョコバナナの味わい。

品名から連想されるようなチープさは最初から最後までなく、とても高貴で深みある味わいです。



マグノリア・アブリコ


パット見はそれほど杏子押しではない印象でしたが、食べてみたら杏子の鮮烈な甘酸っぱさがガツンと。
アプリコットにアーモンドの王道的組み合わせ、生地からはキルシュの香りが加わって魅惑的な香りに。



デュシェス・オランジュ

カシュッと気持ち良い食感のシュー生地から、爽やかなオレンジ風味とアーモンドの香ばしさ。
オレンジ風味のムースリーヌも明るさがあり、乳化具合も良くまったりしつつ、なおかつ軽やかに。



フィナンスィエ・ノワゼット

トップはカリッと焼かれ、他はしなやかな食感でほっこりと。
ヘーゼルナッツは穏やかに香り、全体的に少し甘みが強く感じるも、安心できる旨み。


綺麗に丁寧に、なおかつ想像以上の美味しさ。
お店のように毎日作るわけではないから可能なクオリティでもあると思いますが、それでも素晴らしい品々。

味にも感銘を受けましたが、こちらのお菓子は何年も機を逸して、きっと縁がないんだなと諦めてましたが、人との縁によりいただけた事が何より喜ばしいです。


category: 愛知

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム