FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

イルプルーのテイクアウト品。値段はメモし忘れました。



レリゼ

ブランマンジェと栗のババロア、グレープフルーツとリンゴなど。


アーモンド生地から軽い洋酒の風味とダイスのアクセント、ブランマンジェ部分も香り良く。
その間の栗はパッとせず、フルーツも浮いた感じで、バランス的にメレンゲも多すぎる印象。

どうも余分に賑やかすぎたような感覚があり、似たようなお菓子で「ロワイヤル」という物がありますが、食べるならそちらで良いなと。



ディヴェルション

ドーム型のチョコムースの中に洋梨、キャラメリゼしたポップコーンとピーナッツ。


チョコレートはムースリーヌっぽい口当たりで、ちょっとしつこさを感じるほど濃厚。
食感の方はポップコーンが常に主張して、これまで食べた事のない感じではあり。

ポップコーンが好きかどうかによると思われますが、個人的にはどうしてこうなった?と。



ル・トリアノン

ライムのダックワーズ、ピスタチオのビスキュイ、ソーテルヌのムース、メロンとフレーズデボワ。


これは好きな物が詰まっている系で、それを差し引いても満足する美味しさ。
うっとりするような貴腐ワインの香り、ミントの清涼感、旬の過ぎたメロンも味は弱いものの相性良く。

軽いのもあり、一瞬で食べ切って飲み切ってしまったほど好みの味でした。



エモーション・エグゾティック

パイナップルとパッションのシブースト。


これは危うい気がしましたが、アパレイユもクリームもゴワゴワ。
味の方は好みで美味しく感じましたが、食べるのがキツく感じるほど厳しい仕上がり。



コンフィダンス


厚いメレンゲにスライスアーモンド、キルシュ浸したブリオッシュ、中にフランボワーズとライム。
見た目の通りポロネーズ、普通に美味しく食べれるポロネーズで、それ以上でも以下でもなく。



タルトゥレットゥ・ルネッサンス・オ・フリュイ・セック


常温販売で、かなり滑らかで緩い感じのガナッシュ。
キャラメルの風味やカカオ生地も相まってとても濃厚で、甘みより酸味や苦味がグッと迫るように。

タルトショコラのイメージの枠を超える物ではないですが、しっかりした美味しさです。


こちらでは、ムースリーヌやシブーストクリームは絶句するほどのハズレを引く事がありますが、年に3回くらいしか行かない事を考えると、さすがにちょっとな・・と。

今後はアイス屋さんとしての利用ですかね。


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

2018/09/17 Mon 13:00訪問
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ


続いて代官山へ。
新作がたくさん出ており、とりあえずひと通り食べておくことに。



店内ではアイス2品だけ食べ、他はテイクアウトにしました。



ラルデショワ:756円

栗とジャンドゥーヤの氷菓。


メインは栗のアイスで、中には栗そのものも入って、味わいはまったりほっこりと。
その中からブランデーらしき風味、ヘーゼルナッツのコクなどが突き上げるように。

ジェラート店では栗のアイスってちゃんとした味があった事がないですが、こちらはしっかり栗でした。



リネディ:756円

プラリネノワゼットとマンダリンの氷菓で、こちらは今年の新作になるようです。


オレンジの方からはレーズンやバナナも入ってとても華やかに。
プラリネからはヘーゼルナッツの風味が良くコク深い味わい。

それぞれとても美味しいですが、合わせた時の相乗効果はよく分からず。
ちょっと違う日にまた食べてみたい感じがあります。



残りの新作はテイクアウトで別記事にて。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

PÀTISSERIE TATSUYA SASAKI(東京都杉並区) 

タツヤササキ:後編

タルトを7種類。
そんなに大きなサイズではないですが、全て税込み380円でリーズナブルな印象。



洋梨のタルト:380円

一番人気の品で、初めての方はまずこれをみたいな案内があり。


スライスされた洋梨は軽い歯切れで爽やかですが、味わいは弱く、ナパージュに頼る部分が大きめな印象。
全体的に甘さが強く、それがポワール由来ではないせいか、少ししつこく感じます。



ルバーブのタルト:380円

赤青の合い盛りにて。


リュバーブは旬も過ぎていると思われ、ただ酸味が強いだけ。
ダマンドとも馴染みが悪いと言うか、バランスがあまり良くない印象。



マンゴーとココナッツのタルト:380円


間違いない組み合わせで安定の美味しさ。
ねっとり濃厚な甘みのマンゴーと、シャリシャリしたココナッツの風味がとても合います。



赤桃のタルト:380円


フランス産の赤桃との事で、しっかりと果肉感があり凝縮されたような濃い味。
フリュイルージュ系のような酸味が強くあり、こちらは全体のバランスも良く感じられました。


 
あんずのタルト:380円


杏子の香りが強く、キュッとするような酸味が強めに。
味わいがあって美味しいですが、欲を言えばこれはピスターシュで食べたいなと。



レモンのタルト:380円

これだけ型の違うタルトレット。


中はレモンクリームとピールのみで鮮烈な酸味があり、爽やかさよりは濃厚なタイプ。
タルトシトロンにメレンゲ要らない派ですが、この味ならあった方が良いかなという感じ。



クエッテェのタルト:380円

いろいろ買ってみようと思ったのは、このクエッチェがあったからで。
シナモンがかかっており、シナモンは苦手でないかの確認がありました。


プチュッとした歯応えからフレッシュ感のある甘酸っぱさ。
某店と比べてしまうと香りがなく、香りがないのでシナモンか・・なるほど、と。


それぞれ美味しく食べれますが、タルトの焼きの強さやダマンドの量など少しバランス調整している感じもあるものの、基本的には上に乗っている物が違うだけで、食べ比べても面白みはないなと。

ただ、生地の焼きの浅めなところやダマンドの味自体など好みの部分もあり、全体的にはわりと好印象でした。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

PÀTISSERIE TATSUYA SASAKI(東京都杉並区) 

2018/09/16 Sun 13:30訪問
タツヤ ササキ


続いて阿佐ヶ谷に移動し、ジェラート店に行く途中、気になった店があったので寄ってみることに。



自信と情熱を感じられるかなと思いまして。

平たく言えば焼き菓子屋さんになるようで、常温のタルトがメインのよう。
他に袋入りの焼き菓子、ヴィエノワズリー、コンフィチュールなど。

種類はそれなりにあり、見た目や品名がチャラチャラしておらず好印象なのもあって、何となく気になった物は買おうとオーダーしていったら、12個になってしまいました。



クロワッサン:180円

美味しそうには見えませんでしたが、置いてあるからには・・と。


かなり大きいですが驚くほど軽く、食感の方もほとんど空気。

焼きが強すぎるせいかやけに乾いた感じがあり、香ばしさはあるものの、全体的な味わいは弱めと言うか、旨みがない感じ。



クロワッサン オザマンド:290円

クロワッサンと打って変わりずっしりした重みがあり。


ジュワッとするほどシロップが打たれ、突き抜けるようなラムの香り、ジワジワ広がるアーモンドの風味。
クロワッサンはこれに再加工する事が前提で薄っぺらい味なのかなと思うほど、良い感じに変身してます。



フィナンシェ:170円

こちらも美味しそうには見えませんが、「こだわりの品」との表記と、裸売りだったので一応。


表面は焦げたように黒々と、底の方はペタペタと。

見た目ほどの焼きが強い感じはなく、ガシッとした表面を抜けると中の方は柔らかくしっとり。
バターたっぷりで、味の方は濃厚と例える事はできますが、かなり油っぽく感じる方向。

この方がウケは良いのかも知れませんが、分かってはいたものの、個人的な好みのアマンドアメールが感じられるタイプとは違いました。



カヌレ ド ボルドー :280円

蜜蝋を使ってるとの事ですが、ほぼ艶なしの表面。


ガチガチな固さですが、一太刀入ってしまえば拍子抜けするほどスッと下まで。
そして外はカッチリと、中はまとわりつきそうなネッチリ感。

バニラはほとんど感じませんがラムは強めにきき、バランスが微妙な感はあるも、こちらも味は濃厚。



バスクのチーズケーキ:380円

唯一ケーキと名のついた物で、焦げたように黒々してますが、バスクチーズケーキとはそういう物らしく。
誰かが流行らそうとしているのか、最近写真などをよく見ますが、実物を食べるのは初めて。


焦げた表面は意外と穏やかで、焦げ臭さもなければカラメルっぽさもなく。
中は噛む必要がないほどクリーミーで、チーズの風味は濃厚ながら嫌らしさやクドさもなく。

これが今後流行るのか分かりませんが、普通に洋菓子のチーズケーキで良いなと言う感じです。


後編のタルト編に続きます。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

洋菓子舗 茂右衛門(東京都国分寺市) 

茂右衛門:後編



残りの4種、長方形の生菓子の方。



葡萄と白ワイン:630円

葡萄と葡萄酒。


ひと手間加えられたピオーネから、口いっぱいにほとばしる果汁と広がる香りは、まさに巨峰とマスカットの良いところ取りのような味わい。

ワインのムースも上品な香り立ちで、ピオーネの味わいを引き立てるように。
生地だけ味わいが弱く感じましたが、葡萄が嫌いでない限り、誰でも美味しく食べれる味と思います。



ラムとチョコレート:650円


ムースのラムは強烈ではなく、上品にふわりと鼻に抜ける風味。
口溶け良いチョコレートはビターで果実味があり、生地もナッツの味わいが力強く。



パッションフルーツとプラリネのテリーヌ:650円


どっしりしたコクのプラリネとチョコレート、鮮烈な甘酸っぱさのパッションとカシス。
ともに濃厚すぎる味が負けず劣らずのせめぎ合いで、どこまでも伸びて行きそうな味わい。

重厚ながらしつこさは一切なく、いくらでも食べれそうです。



キャラメルとココナッツ:630円


ふわりと柔らかな生地とムースから強めのココナッツの風味、鼻に抜ける洋酒の香り。
ねっとりしたキャラメルも負けじと濃厚で、ほろ苦さに加えて蜂蜜の甘みも。

キャラメルとココナッツともにインパクトありますが、重みや嫌らしさは一切なく、味わい深いです。


こちらのオリジナル品は「◯◯と◯◯」という飾り気が一切ないシンプルな品名で、見栄えも良くはないですが、実は個人的にはそこが最も好印象だったりします。

無理やりフランス語の品名を付けたチャラい見た目のケーキより、圧倒的なパワーがあります。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_茂右衛門(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 7   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム