食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

洋菓子舗 茂右衛門(東京都国分寺市) 

2018/03/24 Sat 12:00訪問
茂右衛門


4日目からは2日かけてノンビリと東京から愛知に戻る予定で、その前に久しぶりに国分寺へ。



今回は出ていた中から食べた事のない3品だけ。

昨年もそうでしたが、この日はフレジエが出ておらず。
他にも何度か、その日だけ目当ての物が出てないと言うことがあり、どうも相性の悪さを感じます (;´∀`)

フレジエはどうしても食べたいわけでもないですが、比較のために1度食べておきたかったなと。



チョコレートのショートケーキ:650円

おなじみの構成のショートケーキ。
今回はチョコレートのビスキュイとムースリーヌ、丸いガナッシュ。


生地はしっかりした歯応え、クリームも固めの入りから滑らかな口当たりでスッとした口溶け。
ガナッシュも含めて深みのあるコクを、マール酒の香りがググッと押し上げるように。

後味にはアニス系の余韻があり、チョコレートのみの構成でも重さや単調さを全く感じません。



カライブ:650円

ココナッツとキャラメルのムースにコーヒーのビスキュイ。


ムースはプルンとした口当たりで、甘いココナッツがブワッとしつつ、レグリスと思われる魅惑的な風味がプラス。

コーヒー生地は苦味も酸味も強めで、ところどころナッツがポリポリと。
キャラメルムースも力強い味ながら、主張の強いココナッツとコーヒーのバランスを取っているようなイメージに。

それぞれ単体で凄さを感じますが、何を食べさせたいのか良く分からず、僕のような素人には難解すぎました。



シャトリコロⅡ:500円

焼き菓子系で、常温に戻して食べた方が美味しいとの事でしたが、そうもいかず冷たいままで。


表面は糖衣をまとってシャリシャリと、生地はホロッとしつつネチッとした部分も。
中はオレンジピールの華やかさ、栗のほっこり感、チョコレートのコクなど賑やかに。

味も食感もコロコロかわるがわるの変化があって面白いです。


いつもながら独特の世界観があるような、他のお店にはない魅力を感じます。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_茂右衛門(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

2018/01/08 Mon 15:45訪問
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ

20180108165710927.jpg
続いて定宿に移動して、時間があったのでこちらへ。
いつもより遅い時間の訪問でしたが、この時はショーケース内に売り切れはないようでした。


20180108165718082.jpg
イートインが満席で待ちまでいたので、テイクアウトで4品。


20180108165725518.jpg
フレーズィエ:670円

こちらでは2年ぶり。

20180108165734890.jpg
何か生地が軽く、ふわふわしすぎているかなと。
アーモンドの風味はしっかりあるものの、食感が軽いため印象として物足りなさがあり。

イチゴも仕事されて香りはありますが、小さいのもあってか頼りなさがあり。
トータルとしては安定した美味しさですが、どうも軽さが目立って盛り上がらず、響くものがなかったです。


20180108165743164.jpg
プラリネのビスキュイとふくよかなコーヒー:670円

20180108165749828.jpg
生地は水分量が少なくボソッとした口当たりですが、とても力強いプラリネの風味があり。
コーヒーのムースリーヌもしっかりした味わいとコクで、コーヒー豆のかけらのような物もコリッと。

生地もクリームも単体で美味しく、直線的にズンズン来るものの、しつこさは感じません。


20180108165806408.jpg
ムース柚子:670円

20180108165817528.jpg
柚子はエグミもあるようなガツンとした風味で、予想以上にインパクトあり。
しかしそれ以上の感想はなく、確かに紛れもなくムース柚子ですが、逆に言えばムース柚子でしかないなと。

もう少し奥があるかなと期待してたので、ちょっと拍子抜けでした。


20180108165824967.jpg
ルリジューズ・ショコラ:616円

あまり見ない古典菓子。

20180108165834845.jpg
サックリしたシュー生地の中に、滑らかで味わい深いチョコクリーム。
絞られたバタークリームもコクがあって良いですが、やや単調なトーンが続いていきます。

珍しいので、あればつい選んでしまいますが、そんなに有難たがるものでもないかなと。


今回ショーケースを見てふと思ったのですが、これだけ原価と手間のかかるものをこの程度の売り上げで、この立地でこのスタッフ人数では、どう考えても儲かってないよな・・大丈夫なのか?と。

ちょっと微妙に思うことも増えましたが、もしこちらがなくなると大きな損失であり、僕が年に数回行ったところで何も影響しませんが、敬意を払ってなるべくお金を使いに行こうと思いました。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 4   

Addict au Sucre(東京都目黒区) 

2018/01/08 Mon 13:45訪問
アディクト・オ・シュクル

20180108165234219.jpg
続いて、せっかくなので近くの聞き覚えのあったパティスリーへ。

こじんまりしたお店で、種類は少ないながらも、生ケーキ・焼き菓子の他にヴィエノワズリーやジャムなどいろいろとあり、その全てがフランス語の品名といった感じ。

サイズ比だけの価格からは、東京の人気店としては安い方なのかなという印象でした。


20180108165249120.jpg
フレジエ:562円

持ち運び中に、隣の商品の粉糖が少し乗ってしまいました。

20180108165257827.jpg
トップのジュレはイチゴ・・ん?フランボワーズ? あー混ぜてるのかーみたいな味。
まずチープな甘みがきて、キュッとする酸味があり、全体的に味が強すぎてちょっと野暮ったい印象。

生地はアーモンドの風味もありますが、シロップ多すぎでジュクジュクと。
ムースリーヌはコクはあるものの食感が軽め、マリネされたイチゴは香りが立って良い感じ。

しっかり手をかけて作られており、美味しいとも思いますが、どうしてもジュレの野暮ったさが気になり。
子供向けのようなチープな分かりやすい味になってしまい、個人的には蛇足な印象です。


20180108165305874.jpg
パリ ブレスト ノワゼット オランジュ:562円

こちらのスペシャリテだそう。
パリ・ブレストの品名ですが、車輪の円形からの切り分けではなく、エクレールのように作っているよう。

20180108165318523.jpg
シュー生地にプラリネクリームとオレンジのコンフィ、薄いチョコレート生地も入っています。

生地はサクリとして、ほどほどに軽さがあり、ほどほどに固さがあり。
クリームはムースリーヌ的な質感で、重すぎない程度にどっしりしたコクがあり、滑らかな口溶けも。

オレンジはハッとするような明るい香りで、甘み、酸味、苦味までしっかりと。
それぞれ単体でも良い感じで、全て合わせてもバランスが取れており、なかなかの美味しさでした。


20180108165337212.jpg
ババ オ ロム:518円

ディロン トレビューラム使用だそう。

20180108165351254.jpg
生クリームは軽く、カスタードは固形に近い固さでプルッとした食感。
両クリームともシロップをたっぷり浸された生地とは合わず、浮いたような感覚あり。

生地自体の味わいも弱く、全体的にあっさりした感じからラムだけ主張してくるような印象です。


20180108165402400.jpg
クロワッサン:227円

20180108165513755.jpg
外はパリッと、中はしっとりしており、密な層はそれなりに力強さがあり。
もっちりと言うか、何かムニムニするような弾力で、ちょっと変わった噛み応えがあります。

バターの風味より甘みが勝つタイプで全体的に穏やかですが、リベイクしたら印象が変わりそうでもあります。


20180108165449795.jpg
カヌレ:216円

20180108165459089.jpg
かなり大きめで、ちょっと体重かけないとナイフが入らないほどの固さ。
噛んだら歯が折れるのではと心配でしたが、ガリガリとはするものの噛めないほどではなく。

中の方はかなり緩く、バニラは香料ぽく、ラムは意識すれば感じられる程度で単調な味わい。
価格から考えてこの程度かなーのイメージはありましたが、だいたいそんな感じでした。


女性シェフのお店に多い「形はとても綺麗で味は穏やか」と言った感じですが、最近行った新規のお店としてはなかなか良い方でした。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

L'atelier MOTOZO(東京都目黒区) 

2017/10/14 Sat 15:30訪問
モトゾー


続いては新規開拓のケーキ店へ。
たまには毛色の違う物も食べるべきかなと思っていたところ、池尻エリアにちょうど良いお店がありました。

昨年8月のオープンで、オーナーシェフは「イタリア菓子歴史研究家」なる肩書きを持つ、なかなか珍しいイタリア菓子専門店との事。

イタリア菓子はあまり馴染みがなく、そういう意味ではショーケース内は気になる物が多かったです。



と言いつつ、初めてなので比較対象のある無難な物を。



ティラミス:648円

とりあえず食べておくべきなのかなと。


本場での正当な物がどういった形か分かりませんが、こちらはカップ入りで、エスプレッソの染みた生地、マスカルポーネクリーム、生クリーム、ココアパウダーにチョコレートと、日本で一般的な構成。

そのいずれかが特にガツンと主張するわけでなく。
総じて穏やかな位置でバランスが取れており、かなりあっさりして後味もスッキリ。

ちょっと物足りない感はありますが、このお菓子としては美味しく感じられました。



モンテビアンコ:583円

こちらのスペシャリテだそうで、イタリアVer.のモンブラン。
ドカッと円錐状の生クリームが乗り、マロンクリームが土台みたいな構成。


生クリームは軽やかで口溶け良く、自然なミルキー風味。
クリーム自体は無糖と思われますが、粉糖がかかっているためそれなりに甘め。

マロンクリームはねっとり濃厚ながら、栗そのものの風味は弱く。
量のバランス的にどうしても生クリームに押され、栗のお菓子を食べている感は薄いです。

ただ、モンブランとは白い山であり、別に栗のお菓子ではないので、こんな感じで正しいのかもしれません。



モンテビアンコ ジャッポーネーゼ:810円

和栗を使ったモンブランもあったので食べ比べに。


マロンクリームは栗きんとんのような味わいで、こちらの方が栗の主張は強め。
メレンゲはココア風味で、洋栗の方は違和感なかったですが、和栗だと不自然な組み合わせに感じます。



カーヴォロ:378円

シュー、パイ、サブレと、3種類の生地で構成された変わったシュークリーム。


3種はこの場所がこれというのではなく、重なり合っている感じ。
表面はザクッと、中の方はところどころムニッとして、香ばしさと強めの塩気。

クリームも2種を混ぜたディプロマットで、とろりとしてコクはあるものの、こちら自体の甘さはそこそこ。
トップのフォンダンから強い甘みがきて、生地の塩気が甘みを引き立たせるように。

シュークリームと考えるならかなり良いですが、その気になれば一口サイズでもあり、特別感まではなく。



メーラ スフォリアータ:346円

りんごのデニッシュのような焼きっぱなし菓子で、イタリアのアップルパイ?


生地はサクサク、ジュワッとするほどバターがたっぷりで塩も強めにきいており。
りんごはジャキジャキとした食感を残しつつ、甘み3:酸味7くらいの仕上がり。

お菓子ではなくデニッシュと考えれば、リッチ感があって良いです。


ちゃんと美味しいですが、価格的に特に魅力的なところはなく。
他にお店がなければ考えますが、もう少し歩いて代官山まで行ったほうが良いだろうと。

また気が向いたら、食べたことのない焼き菓子を買ってみようかなと思います。



2017年10月14,15日
ファンゴー(世田谷区:ハンバーガー)
ベーカーバウンズ(世田谷区:ハンバーガー)
モトゾー(目黒区:ケーキ)
ボネダンヌ(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

イル・プルーのテイクアウト分。



新作5個買って、持ち込みOKのコーヒー店にて。



ル・ルヌヴォー:670円

グリーンアニスやアブサンリキュールを使用という、パンチのきいてそうな印象のお菓子。


グリーンアニスは底のダックワーズ生地に。
そのものの風味を知らないので勘違いかもしれませんが、スパイシーではなく甘い香りがありました。

禁断の酒アブサンは、メインとなるプルンとしたホワイトチョコのババロアに。
アブサンは若い頃に1度飲んで、吐き出しそうな不味さだった記憶ですが、こちらも爽やかなほどの味わい。

ピスターシュの生地やフルーツも華やかで、予想外の爽やかさや温かみのある美味しさ。
久しぶりにアブサン飲んでみようかなとも思いました。



ロカマドゥール:670円


スパイスのきいたキャラメルのムースに洋梨がコロコロと。
生地からは蜂蜜のような甘みとクルミの風味、粗めのクルミの粒もポリポリと。

ベレレーヌというお菓子に似てますが、こちらの方が分かりやすさや明るさを感じます。



アリアンス:670円

コーヒーとヘーゼルナッツのお菓子。


ヘーゼルナッツのバタームースは重すぎないレベルでしっかりしたコク。
クリームにはふわりとしたコーヒーの風味、トップの甘くて香ばしいキャラメリゼ。

特に目新しい部分はない印象ですが、生地には全く違う3種類の構成になっており、食感の変化に面白さがあります。

真夏ではなく冬に食べてみたい印象でした。



ル・ヴレ:670円

何とレンズ豆を使用との事。


アクセント程度に少し入っているくらいと思ったら、そのものがゴロゴロッと。
煮込まれているようなので惣菜っぽさはなく、少し小豆のようなニュアンスも。

チョコレートとの相性も良く、ブルーベリーの甘酸っぱさも全体に膨らみを持たせるように。
ん?お?と言った感じで食べ終えてしまい、ゆっくり3個ほど食べてみたいような味でした。



タルトゥレットゥ・フレシュール・パッション・フランボワーズ:670円


タルトのアパレイユはジュレを挟んでフィナンシェ生地。
カリッとしたタルトに、甘みと香ばしさのあるフカッとしたフィナンシェ、フランボワーズのアクセント。

パッションはハッとするような酸味のジュレを突き破って、クリームはじわじわと広がる甘みがあり。
フランボワーズの甘酸っぱさも相乗効果のように加わります。

さすがに酸っぱすぎるのでは?と言うイメージでしたが、意外と甘みも多くバランスが良いです。


特別にオッという物はなかったですが、どれもまた何度か食べてみたいと思わせる物でした。



2017年8月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリール(八王子市:パン)
ドゥエトゥレ(八王子市:パン)
ブールブール(八王子市:パン)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーバカナル(目黒区:パン)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
ラ・ヴィエイユ・フランス(調布市:ジェラート)
くるくる(八王子市:食堂)
小河内ダム(奥多摩町:ダムカード)
カタクリの花(奥多摩町:ダムカレー)
ぼんち(甲斐市:デカ盛り)
コンプレ堂(北杜市:パン)
アングーテ(北杜市:ケーキ)
アングーテ
アングーテ
大門ダム(北杜市:ダムカード)
高遠ダム(伊那市:ダムカード)
美和ダム(伊那市:ダムカード)
たけだ(伊那市:食堂)
うしお(伊那市:食堂)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム