FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

麺の樹 ぼだい(愛知県西尾市) 

2018/10/28 Sun 11:45訪問
ぼだい


続いて人気のラーメン屋にも。
オシャレな外観で間違えたかと思いましたが、ラーメン屋でした。

店内はそこまでカフェ風とかではないですが、カウンター各席にコンセントがあったりします。



メニューは基本系が6種あるよう。

ちなみに、こういった外観のお店はテーブルオーダー食後支払いのイメージがあり、入店して無意識で空席の方に行きかけましたが、食券システムでした。



和風豚骨ラーメン:730円

イチオシと思われる左上のメニューを。


メニュー表によると、さっぱり和風出汁+こってり豚骨のダブルスープで、和風豚骨だそう。

香りは魚介が強く出ており、味の方は豚骨のパンチがしっかりと。
濃厚さを感じつつ、さっぱりした後味もありで、まさに謳い文句そのままという感じ。



くっきり全粒粉が見える中太麺で、コシがあると言うか、どちらかと言えば茹で不足っぽい固さがあり。
芯が残っている感じでもないですが、あまり経験のない歯応えで、妙な違和感がついて回る感覚に。

意味は分かりませんが「麺の樹」と店名にあるくらいなので、自慢の自家製麺ではあるのだろうと。



周囲を炙ったチャーシュー、ジャキジャキ食感のメンマもしっかり仕事されている感はあり。

全体的には、スープは1周回って特徴に欠ける凡庸さに落ち着いた感があり、結果的に麺の変わった食感の印象だけが残ってしまったなと。

ただ、いろんな理由にて人気になるのが分かるお店ではありました。


スポンサーサイト

category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

自家製麺 公園前(愛知県岡崎市) 

2018/07/28 Sat 11:00訪問
公園前


ちょっと岡崎に用事があり、ついでにラーメン屋へ。
閑静な住宅街ある倉庫のような建物で、その名の通り、目の前が公園という立地。

すごい名前付けるものだと興味あり、自家製麺アピールも期待して1度行ってみようと。



食券製ですが、席にもメニュー表があり。
初訪問では最も手前にあるメニューが基本ですが、暑かったのでつけ麺を。



塩つけめん:780円

塩スープのつけ麺は珍しいですかね。


店内に入った時に製麺機のある部屋が見えたりしますが、文字通り看板になる自家製麺。

滑らかな口当たりでムチムチした弾力、まあ一般的なつけ麺タイプの麺といった感じ。
もちろんラーメン用はこれとは違うと思いますが、麺にオリジナル感はなく。



つけ汁は量も多めで、普通のスープのような見た目。
スープ自体はさらっとしてますが、その一方でオイリーな粘性の口当たりも。

魚介が強くきいており、塩ダレがしょっぱすぎるくらいでかなり濃い目の味。
本来つけ汁とは濃いものであると思いますが、それでも濃すぎてバランスが良くない印象。

具は燻製入れたチャーシューだけ印象的ですが、ラーメンの具よりは酒肴的。


自家製麺アピールなので、もっと麺のインパクトが欲しかったなと。
全体のバランスは良く感じなかったものの、味自体は悪くなく、ラーメンの方も1度は食べてみたい感じです。


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

はなさき家(愛知県尾張旭市) 

2017/04/23 Sun 11:00訪問
はなさき家


この日は岐阜から尾張旭市に入り、ランニング散策しながら食事へ。
ランニング中だとお店の選択肢が限られますが、評判の良い担担麺のお店があったので行ってみました。

駅近くであるものの、駐車場がないのもあってか先客はおらず、その後も2人1組が来たのみ。

L字カウンターで厨房が全開に見える作りに、いかにも職人風で寡黙な雰囲気の店主。
いつもなのかは分かりませんが店主さんだけしかおらず、1人で全てをやられてました。



メニューは醤油や塩もあるようですが、ほぼ担々麺一択な感じ。


ランチサービスもあり。
少ないメニューではありますが、接客から調理に雑用まで1人だと大変そうです。



担々麺(レギュラー):830円

2辛という標準の辛さで、クリーミーさを感じるオレンジ色。


スープのベースは鶏ガラと豚骨との事ですが、鶏ガラはかろうじて分かるかなという感じ。
白ゴマの甘みとラー油の辛みがバランス良く、しいて言えばラー油の方が主張強め。

それほど辛くないですが、山椒系のスパイスではなくラー油で押してくる辛みの印象。



麺は写真より黄色が濃く、オリジナルの全卵麺だとか。
味の濃いスープに絡むのでそんなに分かりませんが、かん水臭さはないです。



肉味噌はそぼろではなくコマ切れ使用で、甘辛く煮込まれており。
一緒にあるネギらしきものがクタクタになるほどで、味に深みがあり、一品料理でオーダーしたいくらい良いです。



ランチサービスで替え玉かライス無料なのでライスを。



店主さんは陳健民の孫弟子に当たるそう。
まあ、孫までいくとかなり大勢いそうですし、関係ないとも言えますが (;´∀`)

食べやすい陳系でしたが、それでもラーメンよりは中華料理のイメージで、なかなか美味しい担担麺でした。



2017年4月22、23日
セリーヌ(一宮市:モーニング)
フルーレタン(一宮市:パン)
アン(稲沢市:ケーキ)
アンテテ(一宮市:パン)
ピクニケ(一宮市:パン)
虎玄(一宮市:ラーメン)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
シェルパコーヒー(岐阜市:コーヒー)
はなさき家(尾張旭市:ラーメン)
てりかけや(瀬戸市:デリカ)
ポルカ(尾張旭市:パン)
ベベ(東郷町:ケーキ)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

虎玄(愛知県一宮市) 

2017/04/22 Sat 12:00訪問
虎玄 一宮店


パンとケーキを買い込んでからラーメン屋に1軒。
豊田市の担担麺の人気店が一宮市にも出店していたので行ってみました。

豊田の方は常に行列のようですが、こちらは今のところそうでもないのか、直前に7人の団体が入ったものの、その団体客を含めても半分くらいの埋まり方。



メニューは豊田と全く同じで、暖簾分けの別経営ではなく、完全に支店という形のよう。

担担麺と麻婆豆腐の店を謳っているので、今回は麻婆豆腐にしてみました。



土鍋麻婆豆腐:800円

ランチサービスでライス付き。


提供時には蓋がされており、店員さんが外してくれます。

飛び散ってくるほどグツグツ煮立った状態ですが、前もって紙エプロンを貰えます。



しっかり辛くてジワジワ汗ばんでくる感じ。
ラー油が強そうな見た目ですが、花椒のピリピリした辛みの方が強いです。

ラー油などの主な味付けの調味料は自家製と思いますが、特徴的な風味というわけでなく、やや単調な味わい。



麻婆丼に。
豆腐はごく普通の絹ごしで、柔らかく滑らかな口当たりなので、もう飲み物です。



土鍋の提供は面倒だと思いますが、この方が良いことは確かで。

普通には美味しいですが、ここでしか食べれないという感じではなく、やはり担担麺の方が良いかなと。

しかし、調べてみたら豊田に2店、刈谷に1店、そして一宮と、チェーン展開を広げているよう。
多展開すれば必然的に質は落ちてくると思うので、いろいろ食べるなら今のうちかなとも思います。



2017年4月22、23日
セリーヌ(一宮市:モーニング)
フルーレタン(一宮市:パン)
アン(稲沢市:ケーキ)
アンテテ(一宮市:パン)
ピクニケ(一宮市:パン)
虎玄(一宮市:ラーメン)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
シェルパコーヒー(岐阜市:コーヒー)
はなさき家(尾張旭市:ラーメン)
てりかけや(瀬戸市:デリカ)
ポルカ(尾張旭市:パン)
ベベ(東郷町:ケーキ)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

東京油そば本舗(名古屋市天白区) 

2016/12/23 Fri 15:00訪問
東京油そば本舗 名古屋総本店


最後に何か軽く食べようと、八事付近で通し営業のお店をリストから探したところ1軒該当。
見切りを付けた汁無しラーメンですが、「まぜそば」ではなく「油そば」の品名のお店は悪くない感じです。

店名に「東京」が入ってますが、東京に本店があるわけでなく名古屋近郊だけのチェーン店のよう。
油そばの発祥が東京なので、「長崎ちゃんぽん」みたいな意味での「東京油そば」だと思われます。



メニューは油そば1品だけで、トッピングや量の違いのみ。
例によって麺の大盛りは無料で、学割もあり。



油そば 半熟玉子焼き豚入り(大盛り):1150円

一番豪華な物にしてみました。


見るからにもっちりした太い縮れ麺に、底には分離したタレと油で、スタンダードな油そばです。


「焼き豚」表記の肉は、脂身多めの三枚肉。
混ぜれないので先に食べてしまいましたが、味付けは極めて薄く、美味しくはないです。



こちらも専用のラー油と酢を入れて混ぜるようとの事ですが、まずはそのまま。



混ぜると見た目からオイリーなテカテカ感ながらも、油っぽさはそれほど感じず。
植物油なのだと思われますが、妙なコクがありつつもクドさはなく。



そのままでは足らない味なので、ラー油と酢をたっぷり入れ、さらに自家製唐辛子も。
それでもジャンク感はなく、シンプルさも相まってあっさりとも言えそうな味。

唐辛子が予想以上に辛かったですが、半熟玉子を混ぜてかなり良い感じになりました。



強い中毒性はないですが、ごくたまに食べたくなります。

麺無しラーメンは理解できませんが、汁無しラーメンはあって良いかなと思います。



2016年12月23日
ココロカフェ(一宮:モーニング)
アラティ(一宮:モーニング)
138タワーパーク(一宮:ランニング)
プレリュード(岐阜:ケーキ)
ポルカ(尾張旭:パン)
ロノ(日進:ジェラート)
匠(日進市:パン)

べべ(東郷町:ケーキ)
パントリコ(東郷町:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
東京油そば本舗(天白区:ラーメン)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム