食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

patisserie PARTITION(浜松市北区) 

2018/03/18 Sun 12:00訪問
パルティシォン

20180318140345951.jpg
久しぶりで、気づいたら1年ぶりの訪問に。

サイクリングで良く通る道沿いですが、往路はまだ開店前で、復路は遅い時間になってたり別ルートで通らなかったりで、なかなか機会がなく。

いろいろ試行錯誤あるようで、フランス菓子店ではなく洋菓子店でいくよう。
フランス菓子店と名乗って洋菓子しか売ってないお店がほとんどの中、真面目な考えのお店であるとは思います。


20180318140056544.jpg
ガチガチの洋菓子でもガチガチのフランス菓子のラインナップでもなかったですが、3品をイートイン。



パルティシォン:420円

店名を付けられたお菓子で、ガナッシュ・チョコクリーム・チョコ生地・チョコムース・ダックワーズ生地の層。


チョコレートづくしで、ねっとりしたガナッシュやバタームースの質感もあって重厚感が強め。
ただ、カカオ由来かシロップなのか、全体的に果実系の酸味があって重苦しいまではいかず。

ちょっと繋がりに欠けるような印象がありますが、見た目や構成からイメージするほどのしつこさはなかったです。



シャルロット・オ・ポワール:420円

底がダックワーズ生地ですが、基本構成はイルプルーの物のよう。


ビスキュイ生地はふんわり・さっくりして、ダックワーズ生地は水分吸って惜しい感じ。
ポワール入りのムースは爽やかで華やかさもありますが、香りが弱いため全体的に軽すぎる印象に。



フレジェ:420円


生地はパン・ド・ジェーヌでフカフカとし、アーモンド風味は弱め。
クリーム部分はねっとりしてほぼカスタードですが、ほんのり果実味が感じられコクや濃厚さもあり。

苺はちゃんと仕事されており香りも良く、トップのクリームにもチープさはなく。
某店のフレジエと比べれば"違う"となりますが、美味しいイチゴのケーキと言った感じです。



サービスでマドレーヌ付き。


手のかかった物を作られている中で、何かちょっと惜しい感がありますが、立地からの客層や価格設定を考えるとそうせざるを得ないのかなと。

それでも三河のほとんどのお店よりは良く、今後もなるべく行こうかと思います。


スポンサーサイト

category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Le Ciel Blue(浜松市中区) 

2018/03/03 Sat 12:30訪問
ル・シェル・ブルー


こちらも半年ぶりくらいに。
商品は変わりないですが、この日はひな祭りだったせいか、なかなか忙しそうでした。



3品だけ近くの公園にて。
「持ち帰りのお時間は?」のやり取りで、「即食べます」と答えたら、1品まだ凍っていると。

「どうされます?ヤメます?」と聞かれましたが、もう箱詰めされており、凍ってたらどんな感じだろうと気になったので、試しにそのままいってみました。



シャンプノワーズ:395円

という事で、半解凍シャンプノワーズ。


当然ながらムース部はシャリシャリとした食感になり、どことなく風味もいつもとは違う感覚。
ただ、もともとアルコールがしっかりきいたタイプではないので、特にネガティブさもなく。

この方が良い事はないですが、アイスクリームケーキでありそうな感じでした。



イチゴのショートケーキ:395円

装飾されているわけではないですが、とても鮮やかで華やかな苺ショート。


生地はほんのりとアーモンド風味で、シロップがたっぷり打たれながらも口当たりはしっかりと。
苺のイタリアンメレンゲと滑らかな生クリーム、たっぷりのソースをまとった苺の果肉、全てに一体感があり。

みずみずし"すぎる"部分はありますが、その辺は好みの問題で、とても満足できる「苺ショート」です。



ミルフィーユ:395円

こちらも定番。


いつもは自宅に帰ってから食べているので、せっかくオーダー後の組み立てながら1時間以上は経過してましたが、今回は数分後で、やはりパイ生地のサクサク感はだいぶ違うなと。

バニラが香らないのでやや単調ですが、サイズと価格からでは不満はないミルフイユです。



焼き菓子は1袋170円。


500円以上でひどい材料のケーキ屋もたくさんあるなかで、400円以下でまともな材料と手間をかけれられた物が食べられる貴重なお店です。



category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Le Ciel Blue(浜松市中区) 

ル・シェル・ブルー:その2



オレンジのショートケーキ:420円

どのお店でも他の商品より気持ち大きめですが、こちらは正方形に近く、倍くらいありそうな大きさ。


オレンジは果汁がみずみずしく、洋酒の香りもふわりと。
スポンジ生地はわりとしっかりめの食感があり、生クリームもまずまず美味しいです。



オペラ:350円

オペラだけは"ちゃんと"背が低く、どっしりとした重厚感あり。


上部からナイフを押し当てるとジュッと滲み出るシロップ。
エスプレッソらしい苦味や酸味がしっかりあり、バタークリームのコクや口溶けも良く。

オッという部分はないですが、バランス良くまとまりのあるオペラです。



ガトーフランボワーズ:350円


生地はほんのりアーモンド風味、バタームースとチョコレートはどっしりと。
もう少しフランボワーズに力強さが欲しいですが、こちらもまとまり良く美味しいです。



マロンパイ:295円


ダマンドに栗が2粒ゴロゴロッと。グラスがけもあり甘めの仕上がりです。



ダックワーズ:170円

パスッとした軽めの生地に、プラリネはややミルキーな甘みが強めに。



塩・チーズクッキー:170円

チープではない旨みのあるしょっぱい系のお菓子で、お酒飲みたくなります。



ロールケーキ

サービスでいただいた物。


生地はしっかりした密度で、生クリームとカスタードにたっぷりのフルーツで豪華に。
普段は自分では選ばない物ですが、ちゃんとしたお店なら値段しだいで買っても良いかなと思いました。


いつも行くお店と比べてしまうとさすがに劣りますが、この価格帯のお店としてはかなり良いです。
わざわざ目当てに行くことはないですが、近辺に来たら寄っていこうと思います。



2017年9月16日
カセル(浜松市中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
麻や(中区:パン)
ル・シェル・ブルー(中区:ケーキ)
ル・シェル・ブルー
山本パン屋(西区:パン)


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Le Ciel Blue(浜松市中区) 

2017/09/16 Sat 11:15訪問
ル・シェル・ブルー


ケーキ屋にも1軒と、久しぶりになるこちらへ。

プレリュードで修行された方のお店なので、それらしい商品もいくつかあり。
価格設定は衝撃的で、平均からやや大きめなサイズの物が350円前後のプライスで並びます。

ちょっとテンション上がりすぎて、焼き菓子も含めて多めに買ってしまいました。



たくさん買っても「それだけ?」と思う合計金額でしたが、さらにケーキ1個サービス!

と言っても、前日の売れ残りであり、もし良かったらと。
それでもありがたい事で、前日の売れ残りをしれっと販売するお店ではないことにもなります。



シャンプノワーズ:395円

見た目からは何か変えているわけでなく、ちゃんとした作りでこの価格。


シャンパンムース、バタークリーム、チョコレートとそれぞれ単体での主張が弱いので、フランボワーズの味が最も印象的になってしまいます。

それでも手間や材料費を考えればコスパ高すぎで、この価格のお菓子としてはとても良いです。



ミルフィーユ:395円

円形で高さもあり、プレリュードよりも大きく安いという衝撃。
ちなみにオーダー後に組み立てで、2時間以内に食べるようとの案内がありました。


パイ生地はバターの風味もちゃんとありサクサクと。
カスタードもコクがありますが、バニラがほとんど入らないのでダラッと単調な感じに。

それでも充分に美味しく、価格比であれば満足できます。



フュージョン:350円


口に入れた瞬間はコーヒーの香りがふわり、その後にナッツ風味のバタークリームのコク。
抹茶の生地は乾いた食感でほんのり渋み、最終的にチョコレートの後味が残る余韻。

違和感はなく、名の通り融合しているとも思いますが、んー・・と言った感じ。
他店で食べても同様なので、おそらく個人的な好みではないのだろうなと。



アップルパイ:295円


バター香るサクサクのパイ生地に甘酸っぱいりんごのコンポート。
奇を衒うところのないシンプルなアップルパイです。



クレオル:230円

さっくりしたサブレ生地、ほっこりしたサツマイモの味わい、ホワイトチョコの甘みとオレンジの香り。
季節物の焼き菓子ですが、通年で食べたいくらい良いです。



アンガディーネ:170円

ねっちりしてますが、駄菓子のキャラメルのようにまとわりつく事なく、スッと溶けるような食感も。
味も食感も少しクセがありますが、たまに食べたくなります。



あんずのパウンドケーキ:170円

ジトッとした口当たりで、リキュールの香りもプラスされた甘酸っぱい杏子がしっかり主張します。


後編へ続きます。



2017年9月16日
カセル(浜松市中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
麻や(中区:パン)
ル・シェル・ブルー(中区:ケーキ)
ル・シェル・ブルー
山本パン屋(西区:パン)


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

patisserie PARTITION(浜松市北区) 

2017/03/05 Sun 13:30訪問
パルティシォン


最後は三ケ日のケーキ屋さんへ定期観測。
前回から商品はガラリと変わり、イルプルーレシピの物はなく、ほぼオリジナルな感じでした。



軽めにイートイン。



オロール:430円


かなりガッシリした生地で、倒さないとカットできず、倒してもすんなりは切れませんでした。

その上下のダックワーズ生地はふんわりとココナッツの香り。
さらにキャラメル風味のバタークリームとコーヒー生地の層で、全体にラムレーズンが散りばめられます。

あまり一体感ある感じではなく、さすがにゴチャついた印象ありますが、美味しく食べれます。



本日のタルト:340円


ダマンドにバナナの入った、シンプルでやや粗めの仕上がりなタルト。
こちらの方にココナッツの香りがほしい感じでしたが、甘みと香ばしさのバランス良く美味しいです。



サービスに焼き菓子も付いてきました。



自家製ジンジャーエール:300円

生姜の辛みがピリピリきた後に、穏やかな甘みの後味。
少し甘さが勝ちますが、サイクリングでの訪問時には心地よいバランスです。


 
クロワッサン・ラスク:280円

パンは売り切れのようだったので、焼き菓子分類のこちらを買ってみました。
カリカリザクザクな食感、バターのコクと砂糖の甘みで分かりやすい美味しさです。


 
ラムボール:120円

ボンボンショコラやトリュフもいくつかありましたが、これだけショーケースでの冷蔵販売でした。
まろやかな口当たりで、思ってたよりしっかりラムがきいてます。


パッと見で、何だかマニアックで相変わらず手の込んだ仕事してるなーという商品ばかりでした。
コストを考えるとこの価格だと利益少なそうですが、これでも高いと言われるとか。

途中で常連らしき家族連れが見えて、接客の奥様?と長々と話をされてましたが、その会話を聞く限りでも完全に受け入れられているようではなく、たいへんそうだなと感じました。

東三河も同様で本格志向の飲食店は難しいらしく、特に洋菓子、和菓子、パン屋などは品質を落としても安い物の方が受け入れられるよう。

そういった物ならコンビニの方が手軽で良いと思うのですけどね。

まあ、それだけにこういうお店は応援したく・・・サイクリング途中にいかがでしょうか? (;´∀`)



2017年3月5日
紅屋(北区:和菓子)
清龍(東区:中華)
パルティシォン(北区:ケーキ)


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム