食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Feve de cacao(三重県桑名市) 

2015/12/19 Sat 11:30訪問
フェーヴ ド カカオ


桑名でもう1店の目当てのお店へ。

本格的なフランス菓子のお店を調べていると、たまに名前を目にするお店です。
ただ、焼き菓子メインのお店のようであまり惹かれず、場所的にもこれまで行く機会がなく。

店内は狭く、15種類ほどの商品が3点ずつある程度。
オーナーの女性シェフ1人で製造から接客までやられているようです。

数点購入しましたが、マニアックな物ばかりなので、いろいろ質問したら丁寧に答えてくれ、さらに聞き入ったら、ためになるお話も聞くことができました。



ケーク オ カカオ:490円


カカオの生地に、チョコレートがけとアーモンドのトッピング。

カカオの生地はビターで重厚な味わいと香り。
チョコがかかった部分の甘みと、そのままの部分の苦味のコントラストがとても良く。

かなり重いトーンながらキレが良く、後味は驚くほどスッキリして、とても美味しいお菓子です。



マスコット プラリネ:500円


ヘーゼルナッツ風味のスポンジ生地に、ヘーゼルナッツのトッピング。

ヘーゼルナッツの香りが素晴らしく、ナッツを堪能できます。
底にチョコのコーティング、チョコのトッピングもあるものの、完全にノワゼットのお菓子です。



ウィークエンド:440円


シンプルながら力強さを感じるレモン風味のパウンドケーキ。
シュガーコーティングは爽やかな酸味のレモン味で、何個でも食べれそうな美味しさ。



ガトーショコラ マロン:530円


イチジクと栗の入ったガトーショコラ。

チョコレート生地はビターで香り良いですが、生地よりもたっぷりのナッツの風味が印象的。
イチジクのプチプチ食感は良く、栗はほとんど主張がない感じでした。



ガトーバスク マロン:520円


サクッとしつつ、しっとり感もあってホロホロと崩れるような口溶けの生地。
アーモンドの香ばしさと、バニラとラムの香りが良いマロンクリームとグラッセ。

栗の部分はパリの空の下のマロンコンフィを思い出させる味わい。
とても美味しいガトーバスクで、マロン入りの特別要素もありますが、個人的に過去最高のガトーバスクでした。



タルトタタン:480円


タルト生地は柔らかめですが、食べたのが夜なので水分を吸ってしまったのかもしれません。
口に入れた瞬間は甘さと香りの良さを感じ、じわじわと紅玉の酸味がきて、余韻も良いです。


余計なものが入ってなく、自然で良質な素材を使っている事が分かります。
一般向けではなくマニア向けなので、価格は高いと思いますが、相応の価値があるかと。

再訪したいかどうかがお気に入りのお店の基準ですが、また増えてしまいました (´∀`)



2015年12月19,20日 三重遠征
壱番窯(桑名:パン)
カフェ ド アン(桑名:カフェ)
ル・コパン(桑名:パン)
シェ・ニノ(朝日町:ケーキ)
はなび(桑名:ラーメン)
フェーブ ド カカオ(桑名:ケーキ)
四日市中央緑地公園(四日市:ランニング)
新味覚(四日市:餃子)
鉢ノ葦葉(四日市:ラーメン)
鈴鹿ツインサーキット(鈴鹿:ママチャリレース)
あおき(鈴鹿:うなぎ)


スポンサーサイト

category: 三重

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_フェーブ・ド・カカオ(三重:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Patisserie Chez Nino(三重県三重郡朝日町) 

2015/12/19 Sat 10:00訪問
シェ ニノ


パン屋の次はケーキ屋さんへ。
オーナーシェフは、なかたに亭、サダハルアオキなどの有名店で修行された方だそうです。

ショーケースには、いかにもサダハルアオキらしい形のケーキが並びますが、種類は少なめ。
パンやキッシュも人気らしいですが、クリスマスシーズンのためこの日は作っておらず。

クリスマスシーズンである事を忘れてましたが、基本的にその時期はケーキは買わない方が良いかと。
忙しかったり、材料が安定供給しなかったりで、普段より質が低下している可能性が高いようです。

こちらは品数を抑えており、やっつけ仕事はしていないとの意図が見られました。



4品購入。



フレジエ:443円


どのお店でもあれば買うフレジェですが、ちゃんと見ずに買ったら、ただの苺ショートでした。

スポンジはふわふわですが、空気の含有量の多いだけかな。
クリームはミルクのコクもあるものの、口当たりの良くない油脂っぽさもあり。

ナパージュされたトッピングの苺は美味しく、平均よりは美味しい苺ショートでした。



マドモアゼル:421円


フランボワーズとミルクチョコのケーキ。
それぞれ主張は弱く、味は物足りないですが、口溶けは良いです。



マルジョレーヌ:464円


かなり以前に食べた事のある、なかたに亭の看板商品。

上下のダックワーズ生地はナッツの風味がたっぷりあり、プラリネクリームもナッツ感がしっかり。
ただ下段のクリームとガナッシュは存在感が薄く、ナッツのケーキといった感じ。

古い記憶で曖昧ですが、なかたに亭の方は全体的にもっと印象深い味だった気がします。



タルトフレーズ:410円


タルト生地はかっちりしてザクザク食感。
ダマンドもアーモンドの香りが良く、苺もナパージュも美味しいです。


本格的なパティスリーかと期待してましたが、普通の洋菓子店でした。
街のケーキ屋さんとしては、見た目・味・値段的にも、少しだけ贅沢なお店と言った印象です。


まあ、このお店もですが、最近はパティスリーという看板や、フランス語の店名・商品名を使うお店が多いです。

ただ、苺ショートをガトーフレーズという名で売るのは良いとしても、フレジェはダメだと思います。
フレジェは完全に違うレシピのフランス菓子なので、これだと消費者を騙していることになりかねない。

例えるなら、外国で、白米に焼き魚を乗せた物を「寿司」という名前で売っているような感じです。

有名店でもこういったお店がほとんどなので、僕はずっとフランス菓子を勘違いしてました。

ほとんどの人は、フランス菓子でも洋菓子でも、創作菓子だろうが美味しければそれでいい。
フランスかぶれ?してないで、自信を持って日本式の洋菓子を作ってたほうが好感が持てます。

洋菓子店としてオススメの苺ショートなら、もっと美味しく食べれたし、
このお店にフランス語が少なければ、かなり好印象だったかと思います (;´∀`)



2015年12月19,20日 三重遠征
壱番窯(桑名:パン)
カフェ ド アン(桑名:カフェ)
ル・コパン(桑名:パン)
シェ・ニノ(朝日町:ケーキ)
はなび(桑名:ラーメン)
フェーブ ド カカオ(桑名:ケーキ)
四日市中央緑地公園(四日市:ランニング)
新味覚(四日市:餃子)
鉢ノ葦葉(四日市:ラーメン)
鈴鹿ツインサーキット(鈴鹿:ママチャリレース)
あおき(鈴鹿:うなぎ)


category: 三重

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 6   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム