食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

PAIN BOUTIQUE PIEDS NUS(岐阜県中津川市) 

2017/09/30 Sat 13:30訪問
ピエニュ


続いてパン屋にこの日2度目の訪問。

復路にて大きな食事パンを持ち帰るため、2回に分けての訪問にしましたが、バゲットが痛恨の売り切れ。
1度目に取り置きをお願いしようと思いながら、レジの順番待ちが多かったので遠慮してしまいました。



ハイジ:180円

食パン生地で作られた白パンで、やはり品名はハイジと。


ふんわり柔らかいですがスカスカな食感ではなく、かすかな反発力も感じられる噛み応え。
風味というものをほぼ消したような仕上がりで、そのまま食べることが前提ではないようです。



パン ペイザン(1/2):260円

石臼挽きで土曜限定だそう。
きな粉のような見た目の粉がまぶされてますが、香りもきな粉っぽさがあります。


ガリッとした表面を抜けると予想外のしっとり感。
噛むたびにジュッと水分が染み出すような感覚がありますが、ネチャッとすることはなく口溶けも良く。

石臼挽きならではの穀物そのものの香り、旨みを感じられます。



パンドミー:340円

食パンもあって迷いましたがこちらにて。


小さく握り潰せそうな柔らかさですが、みっちり詰まって食感に軽さはなく。
ムチムチな弾力を感じられる噛み応えから、離れが良くスッとした口溶け。

塩がきいているだけで自然な小麦の旨みも感じられ、なかなか良いです。



バタール:300円

バゲットと材料は同じとの事で代わりに。


薄いクラストはカリッ・パリッと気持ち良く。
クラムは適度なしっとり感、引きも感じられるもっちり感。

こちらは塩気も薄めで、3種類のブレンド粉のようですが濁ったような風味はなく綺麗な味。
感覚的にパンドミと被るかなと思いましたが、味も食感もわりと違いがありました。



いちじくジャム:715円

原材料はいちじく、砂糖、レモン。


柔らかな甘みが広がり、レモンは酸味ではなく香りの補強なイメージ。
トロリとした部分とサラッとした部分、ジャキッとした果肉感、繊維質、種のプチプチで食感の楽しさもあり。

実際は写真よりもう少し赤みが強く、淡いピンクとオレンジの中間色で、綺麗な見た目通りのとても爽やかな味です。


食事パンの方は期待したほどではなかったですが、食べたのが当日夜と翌朝にそのまま食べただけであり、条件が違えばもっと良い印象なのかなという感じはしました。

ジャムは予想通りなかなか良く、次回からデニッシュにジャム乗せでいってみようと思います。



2017年9月30日,10月1日
ボネロ(恵那市:パン)
ピエニュ(中津川市:パン)
平林(中津川市:とんかつ)
しん(中津川市:和菓子)
おふくろ(中津川市:五平餅)
すや(中津川市:和菓子)
ピエニュ(中津川市:パン)
あまから(恵那市:五平餅)
大津屋(恵那市:和菓子)
中野方ダム(恵那市:ダムカード)
れもん(八百津町:ダムカレー)
丸山ダム(八百津町:ダムカード)


スポンサーサイト

category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ピエニュ(岐阜:パン) 
TB: 0    CM: 0   

PAIN BOUTIQUE PIEDS NUS(岐阜県中津川市) 

2017/09/30 Sat 10:45訪問
ピエニュ


続いて目的としていたパン屋さんへ。
見た目からホッとするラインナップで、少し気を取り直せました。

今回は自転車で愛知まで帰るのではないので、数時間後に大きな食事パンも買いに再訪予定で、とりあえずすぐ食べる物だけ購入。



クロワッサン:180円


サクッ・ハラッと軽く、それでいて軽すぎない程度の弾力もあり。
発酵バターはしょっぱさを感じほどたっぷり入ってリッチ感もあります。

食べ応えと言う意味では物足りなさもありますが、価格比では良い方です。



ラムレーズンサンド:270円

エイやマンタのように広がったダマンド。


シロップは打ってないですが、いつも通りしっかりラムが香って。
レーズンだけでなく、ダマンドにも少しラムが入っているのかなという気もしました。

重いパンですが甘ったるさがなく、すんなり食べられます。



カカオフランボワーズ:280円


表面はココア風味のダマンド、中は普通のダマンドとフランボワーズソース。
共にそこまでインパクトはないですが、キルシュの風味もあって全体的に香りは良いです。

トッピングは半分粉糖がかかって、もう半分はパン粉。
パンにパン粉という謎ですが、ここからキルシュがほんのり香ってるようで、さすがと思わせます。



オランジュ:250円

おなじみのスペシャリテ的な物ですが、同じ袋に入っていたブルーベリーが溢れて付いてしまいました。


これはこれでアクセントかなと思うも、やはりあまり合わないよう。
それ以外はいつも通りで弾ける果汁と香り、ヨーグルトのクリームもとても良く合います。



ブルーベリーのデニッシュ:240円

溢れたブルーベリーの物。


溢れるくらいなので緩めのジャムで、甘みは控え目で酸味はほぼなく。
生地もカスタードもどっしりしてますが、このお店にしては普通すぎるイメージでした。



フロマージュ:200円


自家製というクリームチーズはコクがあり、レモンピールの甘酸っぱさはアクセント以上の存在感。
この構成でも酸っぱすぎる事はなく、後味もスッキリし、意味のある組み合わせです。



栗と抹茶のデニッシュ:295円


クリームは抹茶とカスタードの2層で、抹茶の方は香り付け程度で見た目ほどのインパクトはなく。
栗と合っているかも微妙なところですが、意外と食べたことのない組み合わせで新鮮さは感じました。



和栗のデニッシュ:370円

要冷蔵商品。


こちらはカスタードとマロンペーストで、コクも食感もねっとり濃厚に。
栗も黄色い甘露煮とマロングラッセの2種で、共に自家製と思いますが安っぽい味はしません。

かなりの重厚感のため、少し単調に感じる部分もありますが、なかなか良いです。


デニッシュはパンよりはお菓子の方と思いますが、たいていの洋菓子店でタルトを買うよりはるかに良いです。



2017年9月30日,10月1日
ボネロ(恵那市:パン)
ピエニュ(中津川市:パン)
平林(中津川市:とんかつ)
しん(中津川市:和菓子)
おふくろ(中津川市:五平餅)
すや(中津川市:和菓子)
ピエニュ(中津川市:パン)
あまから(恵那市:五平餅)
大津屋(恵那市:和菓子)
中野方ダム(恵那市:ダムカード)
れもん(八百津町:ダムカレー)
丸山ダム(八百津町:ダムカード)


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ピエニュ(岐阜:パン) 
TB: 0    CM: 0   

BONELLO(岐阜県恵那市) 

2017/09/30 Sat 9:00訪問
ボネロ


この週は岐阜の東濃エリアに2日間で、まず最初に恵那市のパン屋さん。
行く予定はなかったのですが、聞き覚えのあるお店でたまたま横を通ったので寄ってみました。

何でもオーナーシェフはいろんなコンクールで入賞経験があるらしく、世界戦にも選ばれた事があるとか。
が、いろんな媒体にて商品写真を見たところ良さそうな物がなく、行く必要はないという判断でした。

で、せっかくの機会で入ってみたものの、やはり購買意欲が全く湧かず。

しかし、見た目だけで判断してはいけない、中身はすごく良いかもしれない、なんと言っても日本代表だと、一縷の望みを抱いていくつか買ってみる事に。

他店との比較としてあれば買うクロワッサンとバゲットは絶対ダメな感じなのでスルーしたものの、なぜか試食にとの事でクロワッサンをいただけました



クロワッサン(試食)

1/2カットにていただいた物。
ちょっと見たことのない感じで、クロワッサン好きなら買う気にならないと思います。


1口齧ってみたところ、パキッとした表面ともっさりした中身。
味はあまりなく、バターは少し入ってるものの、バターではない油脂も入っているなと。

齧ってはみたものの飲み込めませんでしたが、試食として提供するくらいなので自信作なのかと。



バターロール:60円


ふんわりした生地でややパサつきがあり。
ミルク感が強めの甘みがある生地ですが、こちらも油脂が怪しいです。



パンオノア:280円

ジャガイモ入りの生地だそう。


ハード系ではなくフカフカしたタイプで、ちょっとミルクも入っている感じ。
パサついた生地ですが、エアリーで軽いという、良くない理由にて相殺されそこまで気にならず。

生地は少し赤みがかるくらいでクルミの風味はありますが、ジャガイモは分かりません。
くるみパンになぜジャガイモを混ぜる必要があったのかは・・粉の風味の悪さを誤魔化したかったのかなと。



パンオレザン:280円

レーズンパンもジャガイモ入りの生地。


こちらはひょっとしてジャガイモって加工デンプンの事か?と疑問が出る風味の悪い生地。
レーズンは業務用のようなチープな物をそのまま入れているだけでした。



渋皮つきマロンデニッシュ:250円


栗とカスタードはボンヤリと甘いだけ。
生地はサックリしてますが味がなく、クロワッサン同様の油脂感があります。



白桃デニッシュ:250円


謎の着色が何なのか気になって買ってみましたが分からず、こちらも美味しく食べれる部分はないです。



ボネロ:150円

一応買っておくかという店名を配した商品。


パン屋でよくあるクロワッサンコロネですが、一般的なサイズの倍くらいあります。
最初だったら食べたかもしれませんが、他を食べて絶望し、最後にこれを食べる勇気がなかったです。

ちなみにノラ猫も食べてくれませんでした。


これが地味に営んでいる街のパン屋さんならとやかく言わないですが、いろいろ大きくアピールしている店なので言っていいと思いますが、悪い意味ではるかに予想以上、過去最低でした。

もちろん美味しい・不味いの感じ方は人それぞれですが、あの材料では、さすがに作り手は美味しいものを作ろうとしてないと思います。

コンビニでパンを買うならこういったお店でも良いですが、美味しいパンを食べたい人は行ってはいけません。



2017年9月30日,10月1日
ボネロ(恵那市:パン)
ピエニュ(中津川市:パン)
平林(中津川市:とんかつ)
しん(中津川市:和菓子)
おふくろ(中津川市:五平餅)
すや(中津川市:和菓子)
ピエニュ(中津川市:パン)
あまから(恵那市:五平餅)
大津屋(恵那市:和菓子)
中野方ダム(恵那市:ダムカード)
れもん(八百津町:ダムカレー)
丸山ダム(八百津町:ダムカード)


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

PAIN BOUTIQUE PIEDS NUS(岐阜県中津川市) 

2017/06/04 Sun 9:15訪問
ピエニュ


久しぶりに自転車で中津川へ。

バゲットや食パンを買って自転車で100km以上走って帰るのは難しいので、小物だけ買って公園で。
ちょうど1年ぶりになってしまい、売っている物も買った物もほぼ同じになりました。



クロワッサン:180円


サクリとかなり軽い食感、発酵バターがジュワッの一般的なタイプ。
クロワッサンとしてはこれでも比較的焼きが浅い方なので、発酵バターの臭みは出ずにすんでます。

200円以下・軽いタイプの分類であれば、これまで食べた中で最も良いです。



ラムレーズンサンド:270円


ラムシロップは打ってないようですが、レーズンから強烈にラムが香ります。
たっぷりのダマンドも程よい甘みと香ばしさがあり、表面はカリカリ食感。

本来のクロワッサン・オ・ザマンドとは違うと思いますが、その系統の物としてはこちらもかなり良いです。



ココパッション:280円


こちらは中にパッションフルーツのソース、表面にココアクリームとココナッツパウダー。
ダマンドやチョコチップまで入るので、甘ったるそうですが、パッションのスカッとした酸味が勝ちます。



オランジュ:250円


オレンジはジュワッと弾けるようなみずみずしさ、オレンジリキュールの香りも華やかに。
ザクザクの生地、ヨーグルトクリームも相性良く、相変わらずデニッシュランキング1位です。



アナナス:245円


クリームチーズが入りますが、自家製なのかコクもキレもとても良く。
生地のバターもたっぷりですが、シロップ漬けされたパインからはレモンの風味もあり、全体的には爽やかです。



フロマージュ:200円

こちらだけ今回初めて食べました。


たっぷりのクリームチーズとたっぷりのレモンピール。
どちらかと言えばレモンが勝ちますが、ともに香り良く爽やかな酸味です。



スリーズ:255円


サワーチェリーとグリオットチェリー。
グリオットはキルシュではなくブランデーが強烈で重く、チョコクリームもあまり合っている感じがなく。

フォレノワールぽくしたいのかもしれませんが、ちょっと違和感あります。



マンゴーとパインのデニッシュ:340円

こちらのみ冷蔵品。


仕事されたたっぷりのマンゴーとパイン、さらにパッションのソースで華やかすぎるほどの甘酸っぱさ。
生地も冷やしてしまうのが難点ですが、なぜかこちらが最もサクサク感がありました。


デニッシュは個人的にはパンよりお菓子ですが、美味しいなら問題ありません。
自転車で気軽に行って帰れる距離なので、春夏秋くらいはそれぞれ1度は行くようにしたいと思います。


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ピエニュ(岐阜:パン) 
TB: 0    CM: 0   

Prelude(岐阜県岐阜市) 

2017/04/22 Sat 13:30訪問
プレリュード


続いて岐阜に入りまして、メインとなるこちらへ今年の初訪問。

もとは母の日限定だったらしいフレジェですが、知る限りではその前後にずっと出ており、今年は1月から出していたよう。

慌てなくて良いなと思ってたらなかなか時間が取れず、やっと食べに来れました。

イートインとテイクアウトで。



フレーズィエ:486円

ビスキュイ生地もムースリーヌも見るからに美味しそうな黄色をしてます。


しっかり歯応えのある生地からはアーモンドの風味。
ムースリーヌは卵黄やバターのコクがしっかり感じられ、スッと心地よい口溶け。
苺はキルシュの香りもまとって、口の中に華やかな風味が広がっていきます。

そして、その全てが一体化して、思わずうなるような感激が味わえます。



ミルフィーユ:416円

相変わらずデカくて安いなと。


キャラメリゼするほどしっかり焼きこまれ、苦みもあるような香ばしい生地。
クリームはねっとりとして甘く、グッとコクのあるカスタード。

2つだけのシンプルな構成ですが、味も食感もコントラストがあり。
調和というよりは対立になるはずなのですが、なぜか不思議と調和します。



シブスト・ポンム:518円


相変わらず絶妙な滑らかさのクリームで、コクもしっかり。

パリッとして香ばしさやほろ苦さのあるキャラメリゼ、ザクザクの折りパイ生地、しっかり仕事されたリンゴ。
全てが重要な意味を持って、グイグイと押し寄せてくる感じの美味しさです。



ジンジャーエール:324円

ちょろりと乗っている生姜まで食べます。



テイクアウト分もおなじみな物ばかりですが7品。



ガトー・シャンプノワーズ:486円

クリスマスケーキの物よりもシャンパンとマール酒がグッときいてました。
チョコレートやバタークリームで何度見ても重そうなのですが、とてもフルーティで爽やかさがあります。



じゃが芋のお菓子:410円


こちらの定番で、久しぶりに食べましたが安心できる美味しさ。
品名通り、ちゃんとジャガイモの味がしつつ、そして何よりもちゃんとお菓子です。



ガトー・バスク:367円


アーモンドの風味やバターのコク、バニラやラムの香りが湧き上がるように。
パッと見の素朴で大人しそうなイメージから、良い意味で裏切られるように存在感を主張してきます。



ポロネーズ:464円


たしかサバランもキルシュでしたが、こちらも同様に。
ラムだと少し辛すぎる場合があるので、こちらの方が食べやすいです。



イートインもしたフレジェとシブーストも。

今回の物は何度も食べてますが、改めてこのお店の凄みを感じました。 

どっしり悠然と構え、そして威厳に満ち溢れる。そんなイメージのお店です (´∀`)



2017年4月22、23日
セリーヌ(一宮市:モーニング)
フルーレタン(一宮市:パン)
アン(稲沢市:ケーキ)
アンテテ(一宮市:パン)
ピクニケ(一宮市:パン)
虎玄(一宮市:ラーメン)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
シェルパコーヒー(岐阜市:コーヒー)
はなさき家(尾張旭市:ラーメン)
てりかけや(瀬戸市:デリカ)
ポルカ(尾張旭市:パン)
ベベ(東郷町:ケーキ)


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム