FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

蓬莱泉:吟醸grappa 吟の精 初垂れ 

三河の関谷醸造:蓬莱泉からの焼酎。
数量限定品でなかなかのレア物らしいですが、一本回していただけました。



「吟醸」「グラッパ」「吟の精」「初垂れ(はなたれ)」と、いっぱい名前が付いており。

グラッパはおおむねマール酒で、本来は葡萄カスの蒸留酒ですが、吟醸グラッパというオリジナルの造語。

初垂れは一番搾り的なニュアンスで良いと思われ、この「吟の精」の品名の焼酎は定番物もありますが、希少な初垂れVer.だけが数量限定にるよう。

で、吟醸酒粕100%の一番搾りだけで作られた蒸留酒という事になり、いかにも凄そうですが、そんなに高くなく720mlで3千円強、箱も一応別売りだったりします。



香りは強烈ではないものの、ギュッと凝縮されたようなフルーティな吟醸香。
確かに雰囲気としてマール酒っぽさはありますが、香りは青りんごのような爽やかさ。

ちなみにアルコールは44度もあり、45を超えると焼酎の区分にできないので、ギリギリの調整になっているそう。
それでもアルコール臭さもエグいような刺激もなく、ジワッと馴染むように身体に染み渡る感覚に。

思ったより好ましい香りがあり、初垂れではないノーマル品とも飲み比べてみたいところです。


スポンサーサイト



category: 焼酎

thread: お酒  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

栗焼酎:栗林 

中津川の栗焼酎。



栗主体ではなく、原材料は米・栗・米麹の順番。

甘いような香りが強めで、口に含んでもグッと甘みがきますが、栗っぽさには欠けます。
その後はクリアな感じで、よく言えば雑味がないとも捉えれますが、ちょっと物足りなさがあり。

以前に栗と米麹だけの物も飲んだことがあり、そちらに比べると飲みやすくもありパンチ不足。
予想では米50、栗25、米麹25くらいの割合かなと。

ちなみに、栗を肴に飲んでみたら、気のせいか少し風味を感じられました。


関係ないですが、あんなに栗拾ってどうやって食べるの?と数人に聞かれましたが、茹でて皮むいてそのままです。

と、答えると、どうやって剥くの?とも聞かれますが、小さな包丁と言うか・・ナイフと言うか・・を使って、普通にです。



まあ、自分で食べるだけなので適当に。

子供の頃からやっているので難しいという意識はないのですが、けっこう驚かれます。


category: 焼酎

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

黒糖焼酎:れんと 

普通の酒屋でも良く見かけるようになってきた、綺麗な水色のビン。



れんと

黒糖で作られた焼酎ではもっともメジャーな物かと思います。
「れんと」とは、音楽用語で「ゆっくり」みたいな意味らしく、クラシックを聴かせて熟成させているそう。

酒に音楽聴かせるって意外と多いのですよね (;´∀`)

もっとも液体が音を聴けるわけでなく、細かな波動や振動が熟成に影響するとの事で。



すっきりした口当たりとほんのりした甘み、25度ながら強めに思えるアルコール感の余韻。
クセや臭みはなく、糖を感じるよな甘ったるさもなく、どこか清々しさすらも。

基本はストレートかロック、水割りならさっぱりと、お湯割りなら甘みが増すように感じられます。

場面を選ばず、一升でも2千円ほどで安いので、普段の家飲みではなかなか重宝してます。



原材料が黒糖と米麹にもかかわらず、糖質も糖分もゼロ。

カロリーは高いので太らなくはないですが、焼酎飲むなら単式・乙類・本格焼酎と分類される物が絶対です。


category: 焼酎

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

紫芋焼酎その2 

先日の物と同メーカーの紫芋焼酎を。



西酒造:紅薩摩宝山

紅薩摩なので紅芋かと思って買ったのですが、綾紫という紫芋から作られているよう。
綾紫は一度食べたことあり、甘みが弱く繊維質な食感で全然美味しくなかったです (;´∀`)

ところが、この焼酎はやけにフルーティな甘みがあり。
ワインのような風味があって芋っぽさはなく、後味もすっきりして飲みやすいです。

また、綾紫は着色してんじゃねーかくらいの濃い紫色で、アントシアニンもたっぷりらしく、焼酎として飲んでも身体に良さそうな気分にしてくれます。

数量限定なのでもう在庫がないようですが、来年は数本買っておこうかなという感じです。


category: 焼酎

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

紫芋焼酎 

ちょっと焼酎でもポリフェノール取ろうかと思いまして、紫芋の焼酎を。



西酒造:紫薩摩宝山

紫芋焼酎はフルーティな甘みが強いものが多いですが、こちらはわりと芋らしい風味もあります。
それでもタンニン由来の甘さが勝ちますが、まあ、それを望んでの物なので良い塩梅です。

紫芋は安いもので5種類しか飲んだことないですが、こちらが最も良かったです。


category: 焼酎

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム