食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

MINORI GELATO(香川県小豆郡小豆島町) 

2017/10/08 Sun 13:00訪問
ミノリ ジェラート


続いてジェラート店へ。

古民家を改装したような店舗で、チャラさのないオシャレ感があり。
店内も席は少ないもののスペースは広くあり、バーカウンターもあって軽食やアルコールの提供も。

ジェラートは10種以上のフレーバーがあり、地元産の素材がメインのよう。
パッと見た感じでは不自然に着色されたような物もなく、好印象なショーケースでした。



しょうがミルク、和栗、ピスタチオ:600円

トリプルは500円で、ピスタチオは+100円。


しょうがミルクは滑らかな口当たりで、予想以上に生姜がきいておりノドが熱くなるほど。
シナモンなどいくつかのスパイスも感じられ、とても印象深い味わいです。

和栗はホクホクとした食感もあり、ミルキーな入りからフワッと栗の風味が膨らむように。

シチリア産というピスタチオはザラッとした舌ざわり。
しっかりローストされたタイプで香ばしさや濃厚さはありますが、火が入りすぎで好みからは外れます。



酒粕、かぼちゃ、いちじく:500円

写真からでも3種それぞれの質感の違いが分かります。


酒粕はブワッと日本酒の香りが広がってミルキーな甘みと調和。
やや水っぽさがあるのは酒らしさの演出か分かりませんが、スカスカではないです。

かぼちゃは乾いたようなほっこりさで、生クリームが入っているのかポタージュ的なニュアンス。

いちじくはソルベですが、ねっちりして切り離せないような粘り。
味の方もかなり生っぽいダイレクト感があり、このフレーバーとしてはこれまでで最も良いです。


かなり好印象で、こんな所でこんな物が食べれるとは思わなかったのが正直な感想。
味だけでなく食感にも素材そのものの特徴が感じられ、変なものが添加されていないのも良いです。

再訪は難しいので、通販にて他店舗の物と比べてみようと思ったのですが、なんと通販はやってないよう。

何とかしてまた食べてみたい、いろんな種類を食べてみたい気になるジェラートでした。



2017年10月7~10日
日記1 日記2 日記3 日記4
タカ(岡山市:パン)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)
ドウマエ(岡山市:パン)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
スーリィ・ラ・セーヌ
ムギ(倉敷市:パン)
小豆島(サイクリング)
吉田ダム(小豆島:ダムカード)
なかぶ庵(小豆島:そうめん)
瀬戸よ志(小豆島:食堂)
ミノリジェラート(小豆島:ジェラート)
おっつぁん(笠岡市:ラーメン)
しまなみ海道(サイクリング)
白楽天(今治市:中華)
さんわ(伯方島:ラーメン)
ドルチェ(生口島:ジェラート)
はっさく屋(因島:和菓子)
雑兵(尾道市:ラーメン)
101ブリオ(広島市:パン)
ヒロ(広島市:パン)
キング軒(広島市:ラーメン)
くにまつ(広島市:ラーメン)
みよしの(広島市:和菓子)
ポリポ(広島市:ジェラート)


スポンサーサイト

category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム