FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

麺屋さすけ(静岡県掛川市) 

2019/06/02 Sun 9:30訪問
さすけ


この日は掛川のビールイベントに出向き、まずは朝営業をしている有名なラーメン店に。
終始数人の外待ちもありましたが、駐車場が少ないせいか思ったよりは空いてるのかなと。



メニューはいろいろあり、オススメにもなっている基本メニューを。



純鶏塩そば:900円

大きなチャーシューが印象的で、美しさのある出来栄え。


透き通った淡いゴールドのスープ。

純鶏と言うからには出汁は鶏100%と思われ、ダイレクトな鶏の風味がぶわりと。
油分は多めながら重みは一切なく、塩ダレが穏やかな鶏の旨みとコクを押し上げるように。

麺は滑らかな口当たり、適度な弾力で歯切れも良く、食感は気持ち良い感じに。
大きなチャーシューも味わい強く、少し味付けられた鶏ミンチから地味に旨みの重ねも。



鶏和え玉:250円

最近いろんなお店で見かけるようになりましたが、初めてのオーダー。
端的に言って味付きの替え玉、読みは「あえだま」で統一されてますかね。

で、底にタレが入って具や薬味も乗り、ミニ油そばみたいなイメージですが、そのままでも良し、スープに入れたり少量かけたりしても良しと。

期待以上に美味しいラーメンが食べられました。


スポンサーサイト

category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

電撃羅愛麺 青空きっど 零壱(浜松市中区) 

2018/10/21 Sun 10:45訪問
青空きっど


続いて、10:45オープンという微妙に早く始まるラーメン屋が近くにあったので、そちらへと。

店名の青空きっども意味不明ながら、電撃羅愛麺(でんげきラーメン)とか零壱(ゼロワン)など付け足された、なかなかイタい感じのお店。

ヤンチャな内装で「夜露死苦!」な店員さんを期待しましたが、スッキリ綺麗な店内で、ごく普通な店主さんとおとなしそうなバイト君らしき若物の2人体制。



メインはつけ麺のようで、色違いの品名で何種類かあり。
曜日によって内容が変わるようですが、何がどう違うかは分からず。



普通のラーメンやサイドメニューも豊富。

つけ麺のスタンダードは黒の醤油になるようですが、気分的に白の塩の方で。



白つけ壱号:777円

税込み価格でスリーセブン設定。
つけ汁の器には穴が開いており、そこに箸を通して、対面はくぼみに乗せてあります。


そんな穴あきの器に入ったつけ汁。

白と言うので、クリアで透明度の高い色合いをイメージしてたものの、濃い茶色。
パッと見で油分が多く、焦がしネギが入って、フライド系のガーリック臭もあり。

かなりパンチきいてそうでしたが、わりと普通に飲めるくらい。
何となく分かるのは鶏とカツオで、他にもいろいろな出汁成分が出てるのかなーという強めのコク。

メニュー表には「辛味・甘味・酸味・旨味、四味一体」とありますが、バランスとしては甘みが強め。
見た目のイメージとはだいぶ違って、優しい感じの甘みがあります。



つけ麺用としては細め、つけ麺用としては低加水と思われる麺。
引き締まった弾力と密度のある噛み応えがあり、つけ麺用としては・・ですが好印象な部類。

香ばしい炙りチャーシュー、ソフトな食感のメンマ、半熟の味玉と、具は全てマイルドな味付け。

全体的に独特な印象はあり、少しオイル・塩系のパスタのようなニュアンスがありました。

提供時に箸を乗せるためだけの器の穴は理解できませんが、それもまた店名同様に個性の表れなのかなと。
タイミングが合えば、他の物も食べてみたいところです。


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ら~めん豚鬼(浜松市中区) 

2018/10/21 Sun 9:30訪問
豚鬼(とんき)


少し移動してラーメン屋へ。
こちらも朝の7時からオープンしているそうです。

テナントの店舗で、丸見えの厨房を囲むL字カウンターのみ。



「豚鬼」という店名の通り、豚骨ゴリ押しなラインナップ。
朝専用メニューはないようで、皆さま早朝からでも豚骨を楽しまれているようです。



濃厚豚骨:800円

第一印象は目を引く大きさのチャーシュー。


ややドロリとした粘性のあるスープ。
ライトではなくガチな豚骨だなーという風味ではあるも、ネガティブな方向の臭みは感じられず。

コッテリまったり濃厚ですが、油っぽくはなく脂っぽさもなく、けっこう普通に飲めます。



麺は特別太くはないものの、ゴワゴワッとして噛みほぐすような感覚で咀嚼。
全粒粉っぽい色の粒子が見えましたが、風味は感じられず。



デカチャーシューは味付け薄め、旨みも薄いですが、肉食ってる感はあり。
たっぷりの青ネギの風味、細かく刻んだ玉ねぎの食感など、良いアクセントになり単調さも消してます。

見た目のイメージは無骨で荒っぽいのですが、食べるとそう思わせない印象があり、早朝でも問題なくいけそうな濃厚豚骨でした。


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

和歌山ラーメン七星(浜松市中区) 

2018/10/20 Sat 7:15訪問
七星(しちせい)


この日は浜松へのサイクリングで、早朝から出発して、朝7時から営業しているラーメン屋へと。

静岡にて和歌山ラーメンを提供するお店で、もう15年もやられているそう。
テナントの狭い店舗で、テーブル席がごちゃごちゃとあり、ラーメン屋よりは飲み屋っぽい雰囲気。



朝メニューの「煮干しとんこつ」は和歌山ラーメンとは違うよう。


塩ラーメン・塩魚介ラーメンもあり。



煮干しとんこつ:750円

こちらの方が推しなのだろうと。


提供時から膜が張っており、全く湯気も立たず、冷製スープなのかと思ったほど。

漂う香りの方はダイレクトに煮干しで、味のベースは濃厚な豚骨。
その豚骨ベース中で、独特の苦味やエグミを含めて煮干しが常に主張してくるようなイメージ。

味も濃く、口当たりとしても重みがありますが、全体の印象としてはしつこさは感じず。
ただ、最初から入れらている黒コショウがちょっとうるさい気はします。



麺は低加水で歯切れ良く、スープとも良い感じで馴染んでおり。



チャーシューは薄いものの大きいのが2枚、しっかり味が染み込んでおり。
同じく味の染みたポリポリメンマ、微妙に火入れミス感のある味玉、存在理由が不明なかまぼこ・・などなど。


ガツンと煮干しがきいてますが、そんなに好きではない僕でも美味しく食べれました。
もっとも煮干しとは別の部分で、食後感にあまり良くない要素もありましたけどね。

ただ、選択肢の少ない朝食にこれくらいの物が食べれるとありがたく、リーズナブルにも感じられる内容。
和歌山ラーメンも1度は食べに行こうと思います。


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

中華屋 貴長(浜松市北区) 

2018/08/19 Sun 12:30訪問
貴長(きちょう)


帰る方面でもう1軒の気分で、いつか気が向いたら行ってみようと思っていたお店へ。



駅の隣にあり、同じ建物なので駅構内?
駅も派手に飾り付けされてますが、それに負けないと言うか、完全に同化しており。



中華屋の看板通り何でもありなメニュー。
ラーメンも各種スープ、つけ麺、担担麺、マー油豚骨、二郎系まで、かつて見たことないほど何でもあり。



店主さんはバイク乗りのようで、写真もですが、ラーメンの品名にも有名なバイクの名前が付けられてたり。

そんな謎の豊富すぎるメニューにおいて、看板メニューの塩ラーメンは何かの企画で静岡1位だそう。



貴長 塩ラーメン:864円

この手のお店では珍しく税抜き表記。
帰る時に800円ちょうどを用意してましたが、税抜き表記でした・・


透き通ったスープ。
塩はキリッときき、魚介や動物系も感じ取れますが、出汁成分の主体は化学パワーが強烈に。



そして謎の緑色の麺。
稲の葉を練りこんであるそうで青い香りが少しありますが、見た目ほどクセはなく。

特にスープに合うとかの感じはなく、話題性を意図した物なのかなと。
まあ、全体的にいかにも大衆食堂のラーメンでした。



ちなみに駅の方。
この路線はほぼ無人駅で、なぜか飲食店が併設というか、合体している駅が多いです。



切符の販売はないので改札も自由に通れますが、何と改札内にもサイクルスタンドが。

サイクリングついでに、こういった駅にもいろいろ行ってみると面白そうです。


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム