雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

伝道と伝達の書 

エースは神と称されている。

別の言い方をすれば、常人ではない者として認識されている。

たしかに普通の人間ではなく尋常な生物ではない、そんな存在がエースだ。
見た目は貧相な中年であっても、その実は超人であり、鬼才であり、神秘である。

そんな事実を、何人が知っているのか。

僕は、これまで何人に伝えられたのだろうか。


偉人は、多くの人に知られて初めて偉人となる。

エースの圧倒的な体力も、あの驚異的な洞察力も、誰も見てなければ無いのと同じであり、
どんなに輝かしい武勇伝も、どれだけ伝説的な英雄譚も、誰も語らなければ無かったのと同じだ。

ロリさんの目には見えない優しさも、ちゃんと見なければいけないし、
あの絵にも描けないような美しさも、しっかり描かなければいけない。

「筆舌に尽くしがたい現実」
それこそを、たとえ拙筆や舌足らずであっても、筆舌を尽くして誰かに伝えるべきなのだ。


しかし僕では力不足だった。
それどころか僕がやった事により、もっと上手くできる人の邪魔をしたように思う。

神と呼ばれし者の怒りを買い、聖女と言われる人にすら嫌悪されるのも当然だろう。


どんな物語にも終わりがある
そして終わりがあってこそ、また始まりがある。

これからは選ばれし者が、45歳からのエース神話を伝えてくれるだろう。


42歳編 43歳編 44歳編


スポンサーサイト

category: エース神話

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

悪鬼羅刹 

エース練について少し。
どうも最近では、ただエースと一緒に走ることを「エース練」と呼んでいるとか?

なぜそんな事になってしまったのでしょう・・・エースもナメられたものです。

しかし、これは僕にも責任があるのかもしれません。
このまま放っておくと大事になりかねないので、正確なエース練をお届けしようと思います。



まず、ご存知だと思いますがこの自転車、枠だけで52万5千円です。
そしてエースは常に「枠の値段を聞いて来い」と思ってます。 もう、そういう顔をしてます。

基本的な流れはこうです。

下僕「あれ?エース、この素敵な枠って・・・いったい、おいくらするんですか?」
エース「ん?ああ、これか。 これはな・・・・・・・・・52万5千円なんだよ」
下僕「ちょっと待って! ごごごっ、ごじゅうにまんごせんえん!? 枠だけで!?」
エース(大満足)

このようなやり取りを1日100回は行います。
「立命館首席」「13歳下の嫁」も同様で、さりげなく話題を振ってくるので即座に対応しなければいけません。

まず何よりも、それをしてなければエース練ではありません (`・ω・´)



新ネタとしまして、チェーンリング。

良く見ると分かりますが、真円ではなく、エースの豪脚により楕円に変形しています。
さらに全体的に破壊され、あたかも模様のような肉抜きがなされてます。

ここも讃えるポイントです。

しかし、「あれ?クランクはデュラ"エース"なのに、他は・・ウルトララ?なんだこれ」とか、
「うわぁ・・52万5千円の枠にウル何とかって、すげえ残念な自転車だ・・」とか、

そんな本音は絶対に言ってはいけません (`・ω・´)


そのように、触れてはいけない事もあります。
例えばトレードマークでもある、オールシーズン着用の真っ赤なシューズカバー。



うわ、け、決して、クソダサい靴下を隠そうとしているわけでは・・あり、ありま・・・



あ、それでシューズカバーしてるんだ・・・と、気付いてしまっても絶対に言ってはいけません (`・ω・´)


さて、走力の極悪ぶりは今さら語ることでもないので、その他の部分を。



時にメカトラもあるかと思います。



エースは決して自分の手は汚さないので、汚れる部分は手を差し出しましょう。



たまに漕ぐのを忘れるので、何も言わず押しましょう。



お店に入るときなどは、自転車の盗難・転倒の防止に努めましょう。


そして、ここからが重要なところです。

真の「エース練」とは、走って終わりではありません。



練習よりも、はるかに長時間で過酷な反省会が待っています。

これを経験してないなら、エース練を語ってはいけません。



反省会といっても罰を与えられるだけですが、ありがたく受けましょう。

2リットル一気飲みとかでも、感謝してお受けしましょう。



餃子10人前も謹んで一気食いしましょう。


エースの言うことは絶対!
異論・反論・抗議・口答えは許されません。

エースの言うことは絶対!
拒否はおろか、質問や確認さえも許されません。

それが正しいエース練です。

それを知ってなお、真のエース練に参加したい超ド級の変態なら、歓迎いたします (・∀・)


category: エース神話

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

憧憬一途 

僕はエースに憧れている。

恥ずかしくもなく、そう断言できる。
そこに理屈などないし、説明のしようがないほど、それは僕にとって当たり前の感情である。

だが、自分が他人の事をそんな風に思うなんて、以前なら考えられない事だった。

誰かに憧れたり、誰かを好きになる事を、僕はずっと恐れていた。
未だにそうだが、誰かに特別な好意を持ってしまうのが怖くて、人と深く関わらいようにしている。

誰もがそうかも知れないが、僕は、自分が一番かわいい。
だが、もし自分以上に他人を好きになってしまったら、きっと僕はかわいい自分を失ってしまうだろう。

僕にとって誰かを好きになるという事は、自分を愛する事の放棄に繋がる。
それは世の中の誰からも愛されない人間になる事を意味し、僕は、何よりもその事実に恐怖していた。

その恐れていた事は現実となったが、しかし、僕は絶望することはなかった。


僕はエースに感謝している。

彼がいてくれたから、今がある。
あの誰からも愛される彼が、誰にも愛されない僕に手を差し伸べてくれたからこそ、僕は今に辿り着けた。

今があり、これから先だってある。
仮にこの先、今の関係が変わったとしても、僕の思いは変わることはない。

僕はそういう人間で、彼はそういう存在だ。


僕はエースに憧れている。

彼は僕の憧れの象徴だと、恥ずかしくもなく、そう断言できる。

いつか人生を回想する時、まず最初に思い出すのは、きっと彼のバカ面だろう。
立命館首席の学歴、13歳も年下の嫁、52万5千円の枠、それらを自慢する彼のアホ面なのだろう。

まったくバカバカしい話であり、ならば結局、僕の彼に対する思いなど笑い話にしかならないのかもしれない。


そんな彼も今日で44歳になる。

あの日に日に薄れゆく頭髪は、いったい何の罰なのだろう。
欲しいものは何でも手に入れる事ができても、失うものを防ぐ事はできないのだろうか。


僕はエースを憐れんでいる。

迷いや偽りなど一切なく、そう断言する。


category: エース神話

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

片思いをずっと続けられたら---それは両想いよりも幸せだと思わない? 

先日、富士河口湖の大石公園の付近をフラフラ散歩してたら「大石紬伝統工芸館」という施設を見かけました。

src_13510700.jpg
「美顔パフ」とは何だろうと思い、少し見学。

ゆっくり見る時間もなく、よく分かりませんでしたが、ロリさんへのお土産に良いかと美顔パフを買ってみました。



しかし、買ったは良いものの、旅から帰って3週間経過してもまだ手元にあります。


僕は常々ロリさんの事だけを考えて生きており、それだけでとても幸せな日々です。
が、それだけで満足なのでロリさんと会う機会はなく、現実にはすっかり疎遠になっております。

僕の愛が重すぎて気持ち悪いと思われてないか?・・と、会わせる顔がないのもあります。
また、僕がエースをバカにしすぎているので、彼女は怒っているのでは?・・とも。

実際はバカにしているのではなく、事実を語っているだけですが、彼女がそれを理解するのは難しいかと。
彼女は周りの事はよく見えていますが、自分自身とエースに対しては、あまりに盲目です。

エースのダメさに気付かないのはまだ許せても、自分がどれほど魅力的なのか全然分かっていない・・・

自覚がないというのは、時として罪です。
次にロリさんに会ったら、僕は彼女の罪深さを責めてしまうかもしれません。

それらの思いもあり、もう彼女に近づく事がためらわれます。
このまま疎遠から絶縁状態に移行していくのが、自然な流れなのかなと。

しかし、僕は元より、何も望まずにひっそりと想い続けているだけ。
この先もし2度と会えなくても、僕の想いは変わりません。

叶わないからこそ、永遠に終わることのない幸せが、ここに在ります。


とか言ってると、ロリさんのみならず、ロリさんのお母様にまで気持ち悪がられそうなのでこの辺で止めときます。

僕はエースのように八方美人ではないし、人に媚びたり、迎合する生き方はできません。
それゆえに人から嫌われる事が多く、そもそもエースのように皆んなから好かれたいなどと思ってません。

そんな僕でも、もしロリさんのお母様に、聖母様に嫌われたらヘコみます (ヽ'ω`)


で、話を変えてと言うか、戻しますが・・


この美顔パフ、試しに僕が使ってみようかと (゚∀゚)アヒャ

よく考えたら、ロリさんが使っても、すでに美し過ぎて効果が分からないですよね。

と言うか、あれ以上美しくなったら、傾国どころか世界が滅びかねません。

いやー、うっかり世界滅亡の原因を作るところでした アブネ━━━━Σ(゚д゚;)━━━━!!


しかし、エースは毎日あの美しさと向き合っていて、よく自分の醜さに絶望しないものです。

何だかんだ言いますが、僕はいつでもエースを尊敬してます ( ゚∀゚)<プップー


category: エース神話

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

Win-Winの関係 

ツーリング用のSPDシューズを新調しました。



探したり選ぶのが面倒なので、現在使っているビンディングシューズと同じ、スペシャの物から。



ツーリングではいろんなお店に入るので、ウエアは普通の格好です。
シューズも自然でカジュアルな物でと思ったものの、実物はけっこうゴツかった・・



かなり重厚感があって、実際に重いし固いし、同じサイズでもキツく感じます。

しかも値段見ずに頼んでしまいましたが、思ってたより高くて、定価16800円(税抜き?)・・


これは、もしかして失敗でしたかね (・∀・)


まあ、僕は貧乏ですが、貧乏性ではないので、気に入らなければどんどん買い替えます。

逆に、エースは裕福なのに貧乏性で、小汚い安物のシューズをずっと使ってましたね。
カバーで隠してまで使い続け、それをトレードマークにするほどの徹底っぷりで (´∇`)ケッサク

ただ本人いわく、そんな性格だからどんどんお金が貯まる、「お金にも愛されてしまう」と豪語してます。

しかし、どうでしょう。
確かに浪費しなければ貯金はできますが、それでも、収入がなければ貯金はできません。

立命館首席卒後、10年以上ずっと無職だったのに、土地を買って豪邸を建てれる説明はつかないですが (;´∀`)

つまるところ、低収入だから貧乏とは限らないし、無職だからお金がないとは限らないと。
逆もまた然りで、人には資産とか借金とかあったりします。人によっては莫大にあると言うことかと。


ちなみに、ロリさんも貧乏なのに貧乏性ではないタイプです。
彼女は極まってまして、僕がもったいないと感じる物でも平気で捨てます。

驚くほどに見切りを付けるのが早いですが、しかし、ここにも謎が・・

普通の女性なら、あっさりと見切りを付けるであろう男を、永遠に見切ることはないよう。
見切らないどころか、常軌を逸してると言えるほどの献身的な愛情で尽くしてます。

僕には、そうすることで彼女が自分を罰しているようにすら見えます。

きっと、エースが不倫したら自分に責任があるとか言っちゃいますね (・∀・)

まあ、その責任はなくても、エースがクズ男なのはロリさんにも原因はありますが (;´∀`)


なお、エースが裕福なのに、ロリさんが貧乏なのはおかしいと、そう思われる方もいるかもしれません。
それは僕もおかしいと思いますが、夫婦にはいろんな形があるようです。

不思議な関係の2人ですが、お互いがこれ以上ないほど満足しています。

ロリさんを愛する僕としましては、そんな姿を見るたびに複雑な気分ですが、
幸せそうなロリさんを見ていると、すがすがしい気持ちにもなります (´∀`*)

あ、靴について語るつもりでしたが、もっと意味のある話ができたので終わります (・∀・)


category: エース神話

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム