食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ラーメン二郎:中山駅前店(横浜市緑区) 

2015/09/06 Snu 21:00訪問
ラーメン二郎 中山駅前店

originalff.jpg
レース終了後は、再び横浜に寄り道して二郎で〆。

訪問時にはだいぶ収まったものの、途中の高速道路では前が見えないほどの豪雨。
さらに閉店に近い21時の遅い時刻ながら、3人の待ち。

普通の生活してる人が、そんな時間にこんなもの食べてたらデブまっしぐらな気がしますが (;´∀`)



どこでもそうですが、汁なしだと値段が上がるのはなぜだろう。
ラーメンって、スープ作りに最もコストがかかってると思うのですが・・

しかし、この食券機もですが、トイレにはアニメグッズがたくさんあったりで、店主さんはオタク系かな。

とても好感が持てます (・∀・)


席に座って小ラーメン豚入りの食券を出し、しばし待ちながら調理を見学。
着席前に食券チェックでオーダー通ってますが、タイミングが悪かったのか、提供まで少し時間がかかりました。

コールはニンニクヤサイで。



小ラーメン豚入り:790円

マシマシではなくマシですが、野菜の盛りはかなり多め。
野菜はキャベツ多めで、わりとシャキシャキとした食感。



しばらく野菜と格闘して麺に到達。

中太麺と言ったところですが、二郎としてはかなり細め。
やや柔らかめながら、ゴワゴワというかグミグミというか独特の食感あり。

豚骨醤油スープは、他の二郎より醤油の味が濃い印象で、少ししょっぱく感じました。
脂の固形も少なく、あまり乳化もしてなく、表面を吸った時のトロッとした感覚もなく。

そう言えば、個人的に1口目だけに感じる二郎臭さもあまりなかった気がします。



豚は6枚だったかな。 肉塊という感じではなくスライス。
適度な柔らかさで、厚みはそこそこあるものの、脂は少なくややパサつき感あり。

肉も麺も醤油辛いスープを吸って、ややしょっぱい印象。
このお店だと、脂マシでマイルドにした方が良さそうに感じました。


と、ラーメン二郎の各店舗、基本的な味はちゃんと同じですが、細かい部分でずいぶん違いがあります。


そして、どの店舗で食べても感じますが、途中からいらなくなる (;´∀`)
決してお腹がいっぱいと言うわけではなく、半分くらい食べればもういいって気分。

物理的な重さもあり、味としての重さもありますが、まあ、美味しくはないですからね (・∀・)



しかし、それでも美味しさ以外の魅力があり、またいろんな店舗に行こうと思います。

せっかくなので全店舗制覇とか目指してみようか。 東海地区在住でやった人っているのかな?


まあ、僕も二郎のハシゴだけは無理なので、相当キビしそうですけどね (;´∀`)


スポンサーサイト

category: ラーメン二郎

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ラーメン二郎:新小金井街道店(東京都小金井市) 

2015/04/24 Fri 17:00訪問
ラーメン二郎 新小金井街道店


東京・寄り道のシメは二郎にて。 

17時開店の15分前に着きましたが、平日だけに先客は1人だけ。
その後ポツポツと増え、開店時間になり10人ほどに。



各店でメニューや味が違いますが、この小金井店は「辛いの」という謎のものがあるようですが、いつも通り小ラーメンの食券を買い席へ。



水はサーバーからのセルフ式。

浄水されているのかなと飲んでみよう思ったら、油が浮いてました・・
コップなのか、水そのものに混ざっているのかは不明ですが、飲めません。

さて、お腹は全然減ってないものの、せっかくなので「ニンニクヤサイ」かなと思っていると、麺固めのオーダーで早くできあがった隣の方が「ニンニクヤサイ」と。

その量が尋常じゃなく、ビビってしまい、「ニンニク少なめで」とコール。



小ラーメン:730円


二郎にしては少し値段高めですが、通常でこの野菜と肉の量。


麺はやや平たい太麺ですが、麺の量もなんだか他より多い気が・・

こちらの麺はプニプニ・モチモチして絶妙な噛み応えがあり、二郎の麺で初めて美味しいと思いました。
さらに、麺固めのオーダーは失礼と思うほどの仕上がりです。

肉は4切れで、柔らかく煮込まれ脂も多めでパサツキなく、ほぐしたような肉もあり。
野菜はほぼモヤシでシャキシャキと。

そして、背脂が他店のマシより多いのではと思われるほど大量で、白い固形物がプカプカ浮いてます。



何もかも多いので食べ疲れ、二郎で初めてスパイス的なものを足してみました。



それでも自分が食べた二郎では一番美味しかったです。


もっとも個人的には、世の中の半分以上のラーメン屋は二郎より美味しく、東京で何年も営業しているラーメン屋は、ほぼ全店が二郎より味は良いのではと思ってます (;´∀`)

ただ、誰しも自分の中で「代わりのきかない食べ物」があると思います。

二郎も決して他のラーメンでは代用できません。
地元エリアの二郎系に行っても、二郎より美味しくてもそれは別物で、失望と後悔が残ります。

「二郎のラーメンが特別に美味しいわけではないが、食べずにいられない」
「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物である」

これらの有名な言葉を、残念ながら理解できます。 

そんな比類のない「ラーメン二郎」に、僕は敬意をもって、どんなに不味くても訪問します (;´∀`)



2015年4月24~26日
ダンディゾン(武蔵野市:パン)
レピキュリアン(武蔵野市:ケーキ)
さとう(武蔵野市:デリカ)
アテスウェイ(武蔵野市:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ねじまき雲(国分寺市:コーヒー)
二郎(小金井市:ラーメン)
茂原ツインサーキット(茂原市:レース)
いしい(勝浦市:ラーメン)
ピネキ(館山市:お土産)
ビンゴ(南房総市:ハンバーガー)
富士屋(木更津市:ラーメン)


category: ラーメン二郎

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ラーメン二郎:三田本店(東京都港区) 

2015/03/20 Fri 8:45訪問
ラーメン二郎 三田本店


先週末3連休は東京にグルメツアーへ出向き、その一発目に二郎の本家本元へ。

三田本店は朝9時開店とのことで、9時前に到着したものの誰も並んでおらず。
臨時休業?と焦っりましたが、すでに開店していて食べ終わる人までいました (;´∀`)

なお昼の部の営業では、「総帥」と呼ばれる創業者の山田拓美氏が現役で厨房に立たれてるとのこと。

前回は夜営業時でお目にかかれなかったので、今回は総帥自らの作ったラーメンを食べたくて午前中に。
が、今回も総帥はおらず、息子さんと助手2人でした・・・



食券機に社訓も。


水は分かりやすい水道水の味で、僕には飲めません。
お店の前の自販機のドリンクは持ち込みOKですが、持ち込む人が多いのはそのせいだろうか・・

もっとも、ラーメンも水道水をジャージャー入れて作ってますが (;´∀`)

今回も小ラーメンですが、この後の訪問先や電車移動も考えて、コールは「そのままで」と。



小ラーメン:600円


これがデフォルトの野菜の量になりますが、マシの人とそんなに変わらなく、どうも適当な感じです。


低質な小麦の風味とと脂の臭みですが、今回ニンニク無しなので、いつもより臭みが少なかったです。
そして、ニンニクないとやっぱり味は落ちます。

豚は控え目な大きさかと思ったら、この下にデカい塊が入ってました。

そして麺は半分以上の人が「固め」とオーダーするほどで、柔らかく感じますが、自分で同じような麺を何度か茹でてみたところ、この極太麺なら柔らかめがアルデンテな気もします。



お腹いっぱいにはならないですが、胃に響きます・・
僕は強靭な胃腸を持っていると自負してますが、普通の量で胃もたれするのは二郎本家だけです (ヽ'ω`)


さて、ラーメン二郎に関してですが、まだ一代、数年にして、40以上もの暖簾分けの店舗ができている。
さらに「二郎系」なる、悪く言えばパクリのまがい物を出すお店が1つのジャンルとして確立される。

こんな飲食店は他にはないと思います。

だからこそ、敬意を表して総帥の作ったラーメンを食べたかったのですが・・・また来ないといけません (;´∀`)



2015年3月20~22日
二郎(港区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
ブルーボトルコーヒー(港区:コーヒー)
俺のフレンチ/イタリアン(港区:フレンチ)
フグレン(渋谷区:コーヒー)
アステリスク(渋谷区:ケーキ)
エソラ(渋谷区:バー)
コーヒーバレー(豊島区:コーヒー)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
あずま(新宿区:洋食)
ポールバセット(新宿区:コーヒー)
ゴリラコーヒー(渋谷区:コーヒー)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
丸山珈琲(世田谷区:コーヒー)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
フィオッキ(世田谷区:イタリアン)
ラヴィエイユフランス(世田谷区:ケーキ)
猿田彦珈琲(渋谷区:コーヒー)
俺の焼き鳥(品川区:居酒屋)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)


category: ラーメン二郎

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ラーメン二郎:亀戸店(東京都江東区) 

2014/11/29 Sat 19:30訪問
ラーメン二郎 亀戸店


朝から、美味しい揚げ物をたくさん食べ、過去最高に美味しいモンブランを食べ、こっそり美味しくなる魔法をかけられた不味いオムライスとパフェを食べて、この日最後の聖戦へ。

ものすごく体格の良い店主さんと助手の2人体制で、その巨体な店主は湘南藤沢店主とご兄弟らしいです。



ラーメン小/大・豚増量のほかに、汁なし、夏限定でつけ麺もあり。

並びは店内に8人ながら、回転が早く15分ほどで席へ。
簡単に調査したところ、この店はマシマシはないらしく、この辺も店によって違うよう。

で、コールはニンニクヤサイアブラ。
野菜・背脂は標準でも入ってるので、このコールだとニンニク入り・野菜増量・背脂増量になる・・と、思います。



小ラーメン豚入り:790円

分かりにくいですが、やけに丼がデカいのは店主の体格の為せる業でしょうか。


ヤサイコールなしの他の人のも野菜が多かったですが、マシはかなりの量。
スープはちょっとバランスを崩すと溢れるほど大量。

店主の体格の為せ(略)



野菜はモヤシ8:キャベツ2くらいの割合でシャキシャキと。

麺はそれほど太くなく、柔らかめでグニュグニュ食感。
食券を出すときに何人かが「麺少なめ」とかオーダーするほど、小でも麺の量は多いです。

店主の体(略)

スープは相変わらず油を飲んでるようなドロッとした感じで、醤油の味が強め。

豚はプラス100円で3枚増の5枚入りですが、尋常じゃない大きな塊が入ってました。
1枚で、少食の人なら充分に1食分のおかずになる重みです。

店主(略)

そう言えば、二郎では小ラーメンしか食べたことがないですが、「大ラーメン・豚ダブル・全マシマシ」は、極度の空腹であっても食べようとは思いません。

そして、ここの店主を見て、永遠に食べないでおこうと誓いました (・∀・)



2014年11月29,30日
戸越銀座(品川区:食べ歩き)
ラ・プレシューズ(新宿区:ケーキ)
二郎(江東区:ラーメン)
稲毛海浜公園(美浜区:マラソン)
幕張稲毛シーサイド(美浜区:ランニング)


category: ラーメン二郎

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ラーメン二郎:三田本店(東京都港区) 

2014/11/15 Sat 16:30訪問
ラーメン二郎 三田本店


ラーメン二郎の本家本元へ。

比較論をするのなら、基準を知るために最初に行かなくてはいけないお店ですが、日曜定休だったり、東京には他に行ってみたいお店が多すぎだったりで、やっと来れました。

この本店の他に、暖簾分けされた「ラーメン二郎」が首都圏を中心に40店舗ほどありますが、チェーン店ではなく、それぞれ独立した個人経営店なので、店舗によって味もメニューも少し違うらしいです。

そのため「厳密に言えば、三田本店以外の二郎は『二郎系』でしかない」とか・・うっとうしい事を言うマニアも多々いるそうです (・∀・)

17時開店の30分前に到着し、すでに先客が3人。



ちなみにお店はこんな形をしており、行列は折り返して裏側に回るようです (;´∀`)

狭い店内に次々入るので食券機の写真は撮りませんでしたが、メニューは、ラーメン小/大の2サイズ、それに豚入り、豚入りダブルで、2×3の6種のみ。

夜の部は「総帥」と呼ばれる創業者はおらず、総帥の息子さんと2人の助手の3人体制だそう。

カウンターだけの狭いお店で行列店なので、さっさと食べて帰る感じになるので、ほとんどは1人で来てますが、客はみんな携帯触らずに厨房を見ている珍しい光景。

これは「ニンニク入れますか?」に備えていると思われます。
このコールという独自の特殊なシステムが、このお店の価値を高めた部分は大きいのかなと。

で、4番目だからと緊張感なく考え事してたら、不意に自分から来ました。
しかも店員どうしで雑談をしながら急に「~なんですよ・・あ、小の方、ニンニク入れますか?」な流れ。

まったくの準備不足で「え、あ、えーとヤサイマシマシニンニクアブラで」と、なんかやっちゃった感・・・



ラーメン小:600円


「小」と言っても普通のラーメンの倍ほどの量で、噂では2000kcalあるらしいです。

マシマシの野菜はそれほどの量ではなく、モヤシ7:キャベツ3くらい。
野菜の量や割合も店舗により、また日によっても、気分によっても?全然違うようです。

野菜は冷たいですが、わりとシャキシャキと。

チャーシューは分厚いのが2枚で、ロット別で脂身が多めと少なめの物。
肉の塊で、まさに「チャーシュー」ではなく「豚」という感じですが、さすがに美味しい肉ではありません。



麺は柔らかめの太麺。
他店とはまた違う食感があり、麺は各店舗で自家製麺しているそうです。

グニャグニャというかムニュムニというか、こんな食感の物は他に経験がなく例えが難しいです。
もしかしたら、餃子の皮を1袋分そのままかじったら似たような味や食感かもしれません。

そしてスープも独特で、今回はカラメにしなかったですが、充分濃くてドロッと。
豚骨ベースに醤油を加えているらしいですが、出汁成分の味は感じられず化学調味料がガツンと。

レンゲがないので、スープだけ飲むには丼を持ってすするしかないものの、丼は油っぽくてベタベタし、スープの表面は油の層ができている感じで、油を飲んでいるかのような感覚に襲われます。



これが美味いのかと冷静に・真剣に考えれば、間違いなくノーです。
不味い物ではないけど、世の中にはもっと美味しいもの、美味しいラーメンはいくらでもあるかと。

しかし、もしそこに二郎があれば、なぜか食べずにはいられない・・仮に1時間並んででも。
この明らかに身体に悪いものを大量摂取する背徳感は、何にも代えられないのです。

なんて、ウソですが (・∀・)

しかし、何かよく分からないけど、謎の中毒性があります (;´∀`)


なお、隣の常連らしき人とほぼ同時に店を出たのですが、その人が店を出るなり電話をかけ、並び状況と、今日はハズレ気味、みたいなことを伝えていました。

このお店は味のブレが大きいらしいですが、ハズレの日だったのか!

これは、また行かなくてはいけません (・∀・)



2014年11月15,16日
モンブラン(目黒区:ケーキ)
パリセヴェイユ(目黒区:ケーキ)
モンサンクレール(目黒区:ケーキ)
二郎(港区:ラーメン)
シンボルプロムナード公園(港区:マラソン)
お台場(港区:ランニング)
ブルドッグ(品川区:食堂)
幸龍(品川区:ラーメン)


category: ラーメン二郎

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム