FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

サンドイッチ編。

かなり空腹だったので全部1個ずつ買いでもしてみようと思いつつ、他が予想外にたくさん買えてしまったので、気が動転してかなり買い控えてしまいました。



牛赤身肉のボロネーズ:1000円


赤身肉は細かく挽かれながらもギュッとした歯応えがあり、力強い旨みも。
くっきりしたトマトの酸味、スパイスやハーブの香りと良く合って、無限に食べれる美味しさです。



モリーユ茸とホタテのノルマンディ:1300円


何気なく噛むと、跳ね返されそうな弾力のホタテがゴロゴロと。
濃厚でクリーミーなソースからの抑えきれないモリーユ茸の出汁感は、パンもホタテも旨みを引き上げるように。



あと、美味すぎる肉とか・・



美味すぎる肉とかありましたが、飲み込むように食べてしまい、美味すぎたことしか覚えてません。


8000カロリー消費したこの日には全く足らなかったプロテインの量となりまして、今後に向けての反省です。


スポンサーサイト

category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

店売りの初夏のタルト編。



タルト・エレール:850円

陳腐な表現で失礼しますが、まるで宝石のように美しすぎて食べるのがもったいないほどに。


プチュッと噛んでフレッシュな香り、ナパージュもあってか酸味より甘みが勝つようなバランス。
フルーティな風味を引き上げるダマンド、エキゾチックにも感じるココナッツと合わさり、妖艶で魅惑的な味わいに。

ちなみにエレールってクランベリーと思ってましたが、どうも考えても違うなと。
こちらの仕入れている物だけと思いますが、ミルティーユとブルーベリーが別であると同じイメージで違います。



タルト・シトロン・アンシエンヌ:750円

意味は分かりませんが、今回はトワザグリュームという仕様。


ピールたっぷりのクリームで、ザクザクと小気味良い食感。
今回はレモンだけでなく、オレンジ系やライム系の柑橘も入って華やかさもアップ。

甘酸っぱさは穏やかで、渋みにも感じるビターなレモンの味わいが主体のイメージですが、タルト生地の粉やバターの伸びやかな風味、ビシッときいた塩気と絡み合うと、とてもふくよかな盛り上がりをみせます。



赤リュバーブとマラデボア:850円

赤リュバーブにはボテッとマラデボアのコンフィチュール。


マラデボアの充満するような濃厚な香りで入って、次第にダマンドや生地の旨みが押し返す感じに。
リュバーブは完全に存在感を失くすかと思いきや、後半にかけて尖ったような酸味が際立って主張。

赤リュバーブとイチゴは色合いの問題かなと思いましたが、香りも似たような要素が感じられます。



青リュバーブとピスターシュ:750円

昨年はキウイがトッピングされてましたが、今回は単独で。


リュバーブが何であるか謎に感じてしまう果実的な香り、ピスターシュの風味もまとってハッとするほどの芳香。
柔らかな甘酸っぱさの気品ある味わいで、視覚からのイメージも含めて、赤に比べると爽やかな全体像に。



さくらんぼのクラフティ:650円

究極の浅焼きで、真っ白な生地がまるで陶器の器のように。


生地はホロホロッと軽やかに崩れ、全体的に緩い質感に。
アパレイユは良くある安っぽいプリンみたいなものでなく、穏やかながらジワッとふくらむ玉子とミルクの旨み。

グリオットはギュッと噛んでふわりと華やかな甘酸っぱさ、飲み込んでこみ上げるキルシュの濃厚な香り。
見た目もさることながら、味の方も元々そうであるかのような一体感。


時間差攻撃も含め、一口ごとに違う表情が見られたり、入口と出口ではまた違った世界観を味わえるお菓子です。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

杏子のタルト2019 

初夏になって杏子のタルト。

杏子はあまり馴染みなく、つまり今まで積極的に食べようとしなかったという事でもあり。
ジャムなど加工品がスタンダードで、ごく普通に生食する果物ではないイメージも。



そんな杏子がドカッと乗ったタルト。
艶やかな赤橙の単色は、これ以上ない潔い美しさ。



計算されたかのように隙間なく並べられ、コンフィチュールにどっぷりと漬かるように。
他のお菓子と同様に爆発的な香りがあり、なおかつ嫌みに感じず。



ダマンドはナチュラル感のある淡いグリーンのピスターシュ。
ピスターシュは系統では杏仁っぽい香りがあるので、漢字の文字通りの相性の良さとも言えたり。



ゴロンとブルンと肉厚に、弾ける熟しきった酸味。
フレッシュで爽やかなピスターシュ、旨み凝縮のタルト生地と相まって、鮮やかに昇華。

素材として杏子に杏子を重ねたものがメインなので、1/4でも食べれば飽きるのではないかと思ってましたが、全く飽きないどころか足らないまで感じさせます。

杏子が加工によって引き立つ素材であることは確かと思われ、それが最高の加工ならどうなるか?の具現化。

また1つ新たな体験でした。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2019/06/18 Mon 19:00訪問
ブランジュリー パリの空の下

cIMG_5804.jpg
この日は久しぶりに自転車で東京へ。
2時30分発・15時30分着くらい、まずまず順調な道のりで4番手到着でした。



杏子のペイザンヌ:850円

幸運にも1つ残って・・残していただけましたかね。


いつも通りの見事なフィユタージュ生地の層。
サイドはサクサク感ありつつ、果実が乗った中央部はズブッと歯が入るような食感の妙味。

杏子からは濃厚な酸味が炸裂しますが、次第にそれを包み込むような生地からの粉とバターの風味。
食べ進んでいくと、生地が杏子を上回るような瞬間があり、その時の味わいの盛り上がり方は凄いです。



ヴァニーユ・ノワゼット:650円


甘くリッチなブリオッシュ生地に、甘くリッチなバニラの香りがドバッと。
細やかなヘーゼルナッツに特有のエグミなく、スッキリした香ばしさのアクセントで軽やかに。



プラリネ・ノワゼット:650円


巻き込まれたプラリネから甘みとほろ苦さ、多彩な香りがふわりと。
生地はサクリとした表面、ねっとりした感もある中心部と、味も食感もいろんな表情が見られます。



翌朝分。
クロワッサン系は時間とともに劣化していきますが、1日経っても図抜けてます。

ヴィエノワズリーだけでも毎回計10個以上は食べますが、どんなに食べてもしつこさなく、どんなに食べても飽きません。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

タルト編。



タルトシトロンニソワーズ:750円

黄色よりはオレンジに近い色合い、クリアなナパージュがツヤツヤと。


ズバッと鋭角的なレモンの香り、ねっとりと舌に絡みつくようなクリームでトロピカルな印象に。
食感からも相まっての濃厚なコクに加え、強い酸味がありつつも、風が通るように爽快に抜ける華やかな香り。

浅めの焼きの生地もシトロンの印象とマッチして、刺激的かつ心地よい感覚に。



タルトタタン:650円

終了間際の紅玉。


素材そのもののスコーンと鋭角的な酸味、調理によって加えられたまったりした甘み。
時間差で交互に訪れるめくるめくリンゴの食味を、どっしりとしたフィユタージュ生地が受け止めて。

しっかりした果肉感を残しつつ、加工の妙も感じられる、素晴らしい果実のお菓子です。



タルトレザン:750円

この日はカシスも少し入ったバージョン。


スッキリしてマイルドな甘みに、カシスの濃厚な果実味がアシスト、柔らかな印象のピスターシュ。
この時期のブドウが何の品種か分かりませんが、その味に合わせたバランス調整もまた面白く。


他にこの日はタルトポワールパンプルムースがありましたが、新幹線の待ち時間までに耐えれずバクバクと。

お馴染みな物、同じ品名の物でも毎回違いがあり、だからこそ楽しみがあります。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム