FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

タルト編



デフォルメした桃:850円

今回初めていただけました。


キャラメリゼが施された桃で、ジャクッ・ジュワッとみずみずしい食感。
火入れした桃がどういう感じになるのか分かりませんでしたが、生食よりもジューシーな印象に。

噛んでいくとトロンと蕩けるような質感になり、皮付きであった事を忘れてしまうほどに。
味の方も爽やかな香りから芳醇な甘みが溢れつつ、キャラメリゼからのほろ苦さで単調にならず。

香ばしいタルト生地、クラフティ風のアパレイユ、グリオットのアクセントと、素晴らしい一体感。
完熟桃はそのまま食べるのが最も良いと信じてましたが、完全に覆させられました。



秋姫のタルト:850円

こちらも初で、言うならばデフォルメしないスモモで良いのかなと。


こちらもジャクッとした歯応えから溢れる果汁、糖度は高いもののスッキリした甘み。
酸味もしっかりあり、高いバランスでどっしり深みある味わいは桃よりも好みな印象。

ナチュラルなピスターシュの芳香、生地の力強い旨みも引けを取らず、さらに高次元へ。



いちじくのタルト:900円

絵的にはタルト・フィグ・ポワールですかね。


引き締まった果肉のイチジクで、ギュッと噛んで跳ね返すような弾力、種もプチプチと弾けるように力強く。
洋酒か果汁由来か特定できませんでしたが、きっちり仕事がなされて甘みも引き出されており。

サイドに添えられたポワールから爽やかな甘み、ミルティーユから濃厚な甘酸っぱさ。
こちらもピスターシュ×生地の旨み×華やかな果実群での高次元のせめぎ合い。



タルト・レザン:900円

超大粒のナガノパープル。


みずみずしい果汁にさらにひと手間加えられ、噛んだ瞬間ブシュッと溢れるような果汁のシャワー。
爽やかな香りと豊かすぎる甘みで、ポリフェノールを感じ取れないほどの清々しさ。

大粒の果実に負けないようなタルト台で、バランス取るべくかピスターシュの方も濃厚な印象に。
全体的に甘みに偏るので単調な部分も少しあるも、それをも超越するホールで余裕で食べれそうな美味しさ。


今回もドラマチックでした。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

サンドイッチ編・その2



八戸秋茄子のバリグール:650円


たっぷりの保水でもザクッとした歯応えあるナスで、とても気持ち良い食感。
濃厚なトマトソースに、細かく刻まれたガーリックも入りますが、それにも負けないナスの存在感。

これもプロヴァンス風になるのか、こちらで良くいただくトマトとガーリックの相乗効果はいつも絶品。



サーモンとイクラのサンドイッチ:1200円


ブワッとサーモン特有の匂いが主張するも、臭みではなく食欲をそそる香り。
ポロポロこぼれるほどに入れられたイクラとともに、口に含むと蕩けながら溢れる旨みのエキス。



ハマチのサンドイッチ:850円


ゴロンとした大きな身は引き締まってプリプリと、脂乗りもしっかりありつつ、さっぱりした味わい。
マヨ系のソースは刺激的なコクや適度なスパイス感がありつつ、後に残らずスッキリと。



天然海老サンドイッチ:850円


たっぷりでプリプリの海老の群れ。
一瞬しなやかに沈み込む歯応えから、即座に跳ね返すようなハリのある弾力。

ズワイガニのアメリケーヌからも甲殻類の風味が加わって、エビとカニのせめぎ合うような旨みのバランス。


ゆっくり味わいたくても、ガツガツ食べ進みたい欲求に勝てないサンドイッチです。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

サンドイッチ編:その1



松茸サンドイッチ:1600円

大きく切られた松茸と牛ステーキの共演。


厚みもありコリコリと歯応えを感じられる松茸は、山の自然を感じさせるような深い香り。
牛ステーキも表面からは香ばしさが滲み出て、ミシッと力強い食感から赤身の旨み。

パンも含めてあらゆる旨み成分が共鳴するように広がって、どこまでも続きそうな奥行きある味わい。



黒毛和牛のサンドイッチ:1200円


こちらも香ばしい表面の焼きと、旨み溢れるジューシーな内側の火入れ。
脂まみれの霜降りではなく、上質な赤身と適度なサシで、際立つ味わいのバランスの良さ。

ここにも松茸を合わせて食べてみたいですが、もちろん単体でも充分以上の美味しさ。



フランス豚のチャーシューサンド:850円


口の中で蕩けるような甘みある脂、臭みなく解れるように味わい広がる赤身。
脂身が半分以上を占めるバラ肉ですがしつこさは全く、むしろスッキリした印象すらあります。



プーレ・モントルグイユ:550円


鶏肉は蒸しと思われ、しっかり肉の質感ある噛み応え、ダイレクトな鶏の風味。
レタスを添えてマヨの味付けのみの潔さで、シンプルに鶏の旨みを味わえて。

究極的なサラダチキンみたいなイメージにも。


具の美味しさは当然の事として、ヴィロン粉の旨み溢れるチャバタとの相乗効果は特に爆発的に。
やはり、パンの存在感があってこそのサンドイッチです。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

定番のクロワッサン系は写真撮る余裕がなく、その他のヴィエノワズリーを。



ポワール・ダルザス:550円


口に含んだ瞬間、ハッとするような明るさある香り。
細かくカットされたポワールはオードヴィ漬けと思われますが、ここまで香るのか?と。

熟しきったような甘みに鋭角的な酸味も交わり、爽やかさの中に切り込むような刺激も。
ポワール自体は少量ですが、それ以上あったら旨み成分の塊のようなブリオッシュを押し潰しそうなインパクト。



フィグ・カシス:550円


ねっとり・プチプチとしたイチジクは酸味より甘みが勝つバランスで濃厚に。
イチジク単体でも成立するところに、カシスのソースが芳醇な香りと甘酸っぱさをプラス。

少し粘性があるリッチな生地との馴染みもとても良く、一体感に溢れます。



クエッチェのペイザンヌ:900円


魅惑的なマゼンタカラーの果肉、ナパージュはミラベル主体?


しっかりした厚みある皮の食感、プチュッと噛んでキュッとする甘酸っぱさ、華やかな香り。

みっしり隙間なく重なった生地は、粉の旨みとバターの風味で強烈な美味しさ。
他に何もなくてもそれだけで成立する生地ですが、しっかりと酸味ある果実はとても合います。



ションソン・マロン:1000円


早くも栗物を。


丸められた栗のペースト入り、2粒ではなく2玉というサイズ。
物理的な密度がとても濃く、なかなか噛みほぐせないような凝縮された栗ボール。

味の方の密度はそれ以上に濃く、栗そのものの力強い風味と強めの甘みが広がり、洋酒の香りが鼻に抜けて。
無敵のフイユタージュ生地、ダマンドのまろやかな旨みと、足らない物は何もない栗のお菓子です。


他にはない物、それが食べられるという事だけで価値があります。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2019/09/24 Tue 19:00訪問
ブランジュリー パリの空の下


9月も無事訪問。
今回は新幹線の往復で、荷物も最小限なのでいろいろと複数種類買えました。



並んでいる時、お店より頂いた差し入れ。


大きな焼き立てのションソン。見るからに旨みが溢れてます。


何と中身は鶏肉の塊がドスンと。
ちょ、これその辺のカフェランチの数倍の原価かかってるでしょ・・と。

このタイミングでしか味わえない焼き立てほやほやの究極のフィユタージュは、ザクザクホロホロした食感から溢れるような粉の風味とバターのコク。

鶏肉もホロッと崩れるような不思議な食感、パサつきはなくスープをまとったような保水感。
味付けの方は塩しか分からず、さすがに塩だけって事はないよなと思いきや、なんと塩だけだったよう。

塩だけのポシェ?で、ここまで鶏のネガティブさを出さずに仕上がるのかと、後から思い出しても驚きの1品。



パンドミ:800円

ちょっと嵩張るので、いつも見送ってましたが、久しぶりに買えました。


カットするために力を加えても、どの部分も全く変形しない生地。
スカスカと同意であることの多い「ふんわり」とは違い、詰まりきって「がっしり」した質感。

食感の方に固さはなく、噛み進みながらほぐれていくような口溶け。
浅い焼きのためダイレクトに伝わる芳醇な粉の香りと、ジワッと滲み出る乳脂肪分のコク。

食べた事ないですが、おそらく数社乱立している自称高級食パンの商品とは正反対なタイプと思われます。



南部地粉のパンコンプレ:600円

こちらは一発芸な全粒粉パン。


食感はわりとソフトに、ほんのりした酸味と風味豊かな全粒粉の味わい。
特有のゴワゴワ感ももっさり感もなく、ホロッと崩れて香りが広がりながらスッと消えていくように。

そのまま味わう物ではないですが、食事に従順に寄り添いつつ、なおかつ存在感は強いみたいなイメージ。



半生コンフィチュール・ミラベルマング:2500円

コンフィチュールも自転車だと買えないので久しぶりに。
いつものように外から見えないところまでみっちり詰まって。


ダイレクトに果肉も味わえる半生タイプの仕上がり。
ミラベルの独特のリッチな甘みと香りに、こちらもマンゴーの独特のまったりした甘みと香り。

バニラとの組み合わせとはまた違った芳醇な香りと旨みを感じられます。


新幹線の旅もメリットあるなと思えた今回でした。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム