FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

タルト編。



タルトシトロンニソワーズ:750円

黄色よりはオレンジに近い色合い、クリアなナパージュがツヤツヤと。


ズバッと鋭角的なレモンの香り、ねっとりと舌に絡みつくようなクリームでトロピカルな印象に。
食感からも相まっての濃厚なコクに加え、強い酸味がありつつも、風が通るように爽快に抜ける華やかな香り。

浅めの焼きの生地もシトロンの印象とマッチして、刺激的かつ心地よい感覚に。



タルトタタン:650円

終了間際の紅玉。


素材そのもののスコーンと鋭角的な酸味、調理によって加えられたまったりした甘み。
時間差で交互に訪れるめくるめくリンゴの食味を、どっしりとしたフィユタージュ生地が受け止めて。

しっかりした果肉感を残しつつ、加工の妙も感じられる、素晴らしい果実のお菓子です。



タルトレザン:750円

この日はカシスも少し入ったバージョン。


スッキリしてマイルドな甘みに、カシスの濃厚な果実味がアシスト、柔らかな印象のピスターシュ。
この時期のブドウが何の品種か分かりませんが、その味に合わせたバランス調整もまた面白く。


他にこの日はタルトポワールパンプルムースがありましたが、新幹線の待ち時間までに耐えれずバクバクと。

お馴染みな物、同じ品名の物でも毎回違いがあり、だからこそ楽しみがあります。


スポンサーサイト

category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

サンドイッチ編その2。



エスパドンのニース風:850円


引き締まった肉質からは鶏ムネを連想させる歯応えと風味。
味は淡白ヘルシー系かなと思わせつつ、次第にサラリとした上品な脂乗りが伝わってくるようなイメージ。

気品ある香りのサフラン、ドライトマトやスパイス・ハーブのアクセントで、スッキリしながら味わい深く。



桜ぶりのタジン:850円


ブリは桜色だったか分かりませんが、身の詰まった食感とさっぱりした味わい。
タジンの味付けはスパイスの香り良く、野菜の甘み、フルーティな酸味、レーズンのアクセントと華やかに。



銀タラ八戸風:850円


白身魚と思われますが、溢れるような脂乗りで、皮目からは強烈なコラーゲン感。
味付けはマヨの入りから、奥深い醤油風味の中盤、少し濃いかなと感じる終盤からスッキリしたキレ味に。



豚ハツペッパーハム:650円


コリッ・ギュッと独特の反発感からスッと歯切れ・・しそうでグニッと跳ね返されたりのリズミカルな食感。
淡白に感じるほどあっさりして、どこかミネラル感を思わせる味わい。


魚も内臓も好きではないですが、こちらではだんだんと楽しみになってきた近頃です。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

サンドイッチ編その1



肉を入れすぎたローストビーフサンドイッチ:950円


外周部はミシリとして香ばしく、中央部は柔らかくジューシーに。
充満する肉肉しい旨み、適度な脂身、あくまでも引き立て役のスパイスアクセント。

とてもシンプルですが、入れすぎた肉を食べ終わる頃には満足感しか残らないほどに。



皮付き豚のパリパリ焼き:850円


皮は表面1枚分カリカリとクリスピーに、中心部は噛み切れないほどにクニッと。
じっくりとローストされたような豚はギュッと詰まったような肉質で、噛むたびに旨みが溢れるように。

パリパリ感としっとり感、閉じ込められたような旨みは火入れの妙が伺えます。



プーレ・モントルグイユ:550円


身の締まった肉質で、プリッとした歯応えの入りから、一転してとてもしなやかな噛み心地に。
筋繊維を断ち切られたかのようなホロホロ感で、しっとりジューシーな仕上がりに。

マヨのみの味付けですが、それ以上必要なものはないと感じれる美味しさ。



アヒルサンドイッチ:1000円


脂乗りも良くジューシーで、柔らかさとプリプリ感もある肉質。
風味にクセはなくむしろクリアにも感じられ、なおかつ鳥肉らしい味わいは濃厚。

北京ダックという形以外では初めて食べたアヒル肉ですが、思ったよりナチュラルな味でした。


牛も豚も鶏も、変わった鳥までも美味でした。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2019/04/08 Mon 19:00訪問(6:30並び)
ブランジュリー パリの空の下


この日はこれまでの最高タイムでの訪問。
長時間待ちもだんだんと慣れて、長編小説2冊あれば全く苦もなくなりました。



ションソン・アマンドゥ

午前中にお店より差し入れで頂いた物。


ザクザク食感でバター溢れるフィユタージュ、深みあるクレームダマンド。

ギャレットもそうですが、この手のシンプルな物は素材の良さと技術が味に直結するなーと。
また、ある程度の大きさ・厚みがないと美味しくないと思われます。


それから特に何も食べず夜の開店まで。
定番のクロワッサン系は新幹線に乗るまでにガツガツ食べ切ってしまい、その他の物を。



マルジョレーヌ:350円

裏面は貝がら模様に。


最初の一瞬だけ反発するような弾力に感じつつ、スッと抵抗なく通っていくような歯切れ。
最初の一瞬だけねっとり絡みつきそうに感じつつ、噛むたびに消失していくような口溶け。

そして旨み成分が凝縮されたブリオッシュ、香り高いオレンジと、見た目だけでは想像ができないものがあります。



ブリオッシュフイユテ・アリゼ:650円


手を加えられたスライスアーモンドのような物が入っており、スッキリした甘みと香ばしさを演出。
折り込まれたブリオッシュ生地は不規則な食感を楽しめ、トッピングの砂糖までも上質な美味しさ。



ブリオッシュフイユテ・プラリネソリューブル:650円


和訳では溶けたプラリネですが、ナッツよりはショコラっぽい味わい。
カラメルの甘みとほろ苦さにプラリネの深みあるコクが、リッチな生地にジワッと馴染むように。



パンオフロマージュ:700円

この日の一発芸ポジションのパン。


チャバタ風の生地にわざとらしいムチムチ感はなく、軽快なもっちり弾力でリズミカルに。
チーズも濃厚かつキレの良い旨みで、食事としても酒肴としても間違いのない1品。


毎回違ったいろんな物がいただけますが、かわすような変化球ではなく、全てストライクゾーンでの直球勝負なイメージです。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

八戸苺タルト2019春 

タルト・フレーズは店売りでも出てますが、八戸苺Ver.は特別枠で1台物。
冬の入りから春にかけて3度ほど出せれるようで、今回初めていただけました。

八戸苺という品種ではなく、八戸産の苺という事になりますかね。



ドーンとたっぷりなイチゴから、ドカーンと爆発的な香り。

イチゴそのものの香りが強い上に、強力なマラデボアのジュレがたっぷりで強烈なファーストインパクト。
さらに奔放に広がる香りのセカンドインパクト、さらに・・と、香りだけでずっと楽しめそうな勢い。



凛とした美しさがあり、エネルギッシュさも感じられる佇まい。

当然ながら衝動に耐えれず、トッピング風に乗せられたナパージュがけされてないイチゴを頬張ってみると、ほどよい固さから豊かな甘み、程度な酸が調和しながら、終始感じられる香り高さ。

何かが突き抜けるわけではないものの、足りないものが一切なく、イチゴの良い部分だけを凝縮したようなとてもバランスの良い美味しさ。

正直、あまおうより美味しいって本当なのかなと疑ってましたが、一般的に出回っているあまおうでは適わないレベル。



お馴染みのピスターシュのダマンドは若葉色で、どこか春の気配が一層引き立つように。
ややアロマティックな方向ですが、一口目に鼻の奥にツンと来るタイプではなく、ナチュラルな豆感がどっしりと。

タルト生地はザックリ香ばしく、直後にダマンドと共鳴しながら溶け合うような一体感。
その和音がイチゴとも重なり合い、絡み合う味と香りはどこまでも昇華し、そのまま昇天してしまいそうな余韻。

う・・うめぇ・・・と、まさに唸ってしまうような美味しさ。
タルトフレーズ自体は何度も食べており、目新しさはないのに、思わず唸ってしまった素晴らしさでした。


しかし青森がイチゴの名産地とは聞いたことないですが、恐るべし八戸。
よし八戸に行こう、1000kmくらいかな?自転車だと4日かかるな・・10連休では足らんな・・・

などと、ちょっとその向こう側にも思いを馳せてしまう1品でした。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム