FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

もり家(香川県高松市) 

2019/04/28 Sun 17:00訪問
もり家


香川県に入って有名なうどん屋へ。
高松でも中心部から離れた場所にあり、夕方なら混んでない事を期待するも、全く甘い考えで。

20人以上並んでおり、回転良くても2時間近く待ちそうで、うどん屋なんてそこら中にあるのに並んでいられず。



せっかく来たので横にあるこちらへ。
まあ、こういう店舗がある時点で、ありがたがって並んで食べるようなものでもないかなと。



いろんなタイプがありましたが、半生うどんの2人前と醤油つゆを。

ちなみにつゆは小袋の物を2つ買おうとしたら、店員さんに「それ2つなら、こっちを1つの方が良いですよ、値段は少し上がりますが、こっちはお店で出している物と全く同じです」と。

少しでも高いものを買わせたいのは分かりますが、店と違う味の物を普通に売っているのか・・と。



で、原材料に食べ物ではない物質が入ってます。

常温保存の土産物なので、いろんな薬品入れないと成り立たないとは思いますが、名店が加工デンプン添加とはね。
どう考えても打ち粉としての使用ではないので、チェーン店とか冷凍うどんと変わらないレベルですかね。

つゆは化学調味料入っていますが、表記上では食べ物でした。

しかし、もしかしたら美味しい可能性もゼロではなく。
多少のリスクより美味しさが優先されるので食べてみることに.。



案内通り15分茹で、軽く冷水で締めた状態にて。

15分茹でても固さはあり、コシではなくグニグニした歯応えで、粘りではなくヌメりみたいな口当たり。
さらに香りがひどく、香りと言うか変な匂いがして、1口でもうムリでした。

まあ、美味しく感じるうどんの麺って、直感的には風味より食感と思われ、そもそも小麦粉・塩・水だけで作られていれば味はそんなにおかしくなることはないかなと。

そこに変なもの入れたら、それは変な匂いしますよね。
1度食べたことのある丸亀製麵も微かに匂いありましたが、その100倍くらいひどい匂いでした。

うどんに限りませんが、まっとうな讃岐うどん食べたいなら、観光客を対象にしているお店はダメですね。


スポンサーサイト

category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム