FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

CINQUE(愛知県豊川市) 

いつもの所でいつものように。



最近は自主的お通しにブルーチーズ。



野菜ロースト
ブロッコリー多めのアスリート仕様で。



チーマディラーパ
ブロッコリーの仲間と思ったら菜の花?



リボラータ
野菜押しでいけるほど野菜の味が良いです。



鹿ロース
写真分かりにくいですがそこそこの塊肉、外側表面はこんがりと、中は均一のロゼにて。

だんだんと火入れの腕が上がってきました。



ラーメンビールが入荷したので、パスタでラーメン作りを即興オーダー。
余った野菜と肉片で出汁を取り、オリーブオイルで味を整えた結果、普通のスープスパに。



翌週はけっこうレベルアップ。
舞茸でガッツリ出汁を取って、優秀な茸ラーメン風スープスパに格上げしました。


店主は元々ソムリエで料理修行してないので、最初の頃は素材の力に頼り切っている部分もありましたが、最近は調理も簡単に目に見えるほどの進化があり、その過程を見ていくのも楽しみです。


スポンサーサイト



category: チンクエ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

CINQUE(愛知県豊川市) 

運動後の栄養補給はこちらで。



野菜のロースト

野菜を好んで食べたいわけでなく、健康や栄養バランスなどを考えて食べるのなら、その野菜が無農薬であるのに越した事はないですよね。



バーニャカウダー

焼きの方が良いと思いますが、こちらの方が好評のよう。



セニョールスティック

ブロッコリーは筋トレ民の御用達食材ですが、これも同じ栄養価あるのかは不明。
雰囲気でトッピングしたポーチドエッグで、テストステロン分泌の補強。



フリット

ほっこりと甘みの強いインカのめざめ。
これも普通のジャガイモより栄養価があるのか不明。



ササミのバターソテー

問答無用のプロテイン。
バターのカロリーとかは関係なく、美味しく食べられる事が最優先。



鴨のボロネーゼ

糖質も重要です。



ニューイングランドIPA・ヘイジーIPA・ジューシーIPAなど、複数の呼び名があるスタイルのビール。
ややトロッとした口当たりから、ホップ由来のシトラス系やトロピカル系のフルーティな風味が炸裂します。

液体の濁り成分は、薬理作用の高いホップ、健康食品でもあるビール酵母、麦芽由来のたんぱく質が入り混ざったもので、もう完全にアスリート食です。


食べる物で何かの競技の能力が上達する事はないですが、体質の強さなどには影響が大きいかと思います。



category: チンクエ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

CINQUE(愛知県豊川市) 

ホームグラウンド的な。



何のお店なのか少しだけ分かりやすくなりました。



賄いや試作のお通し。
インカのめざめを揚げるんじゃねーよと思いましたが、けっこうイケてました。



生ハムとグリーンサラダ

直接取引の無農薬野菜で、シリーズ化していた果物との組み合わせは小休止。
いつも見聞きしていると、野菜メニューばかり頼む女性がかなり多いです。



カプレーゼ

金柑とカッテージチーズで、ちょっとチャラめに仕上げて。



食べるスープ

僕自身は野菜メニューはまずオーダーしませんが、この時期これだけは頼んでおきます。



鴨のパテカン

取り引き先で加工されている物ですが、選択肢が増えるのは良い事です。



鴨の燻製

パテカン同様に。



ブルスケッタ

アクセントに。


手羽先のフリット

どえりゃーうみゃー事もないですが、銘柄鶏ではあるのでチープではないです。



ナポリタン

意外と香味野菜多めで押してきます。



スペアリブ

実は店主は料理の修業経験がないのですが、煮込み系にただならぬセンスを感じます。



ガトーショコラ

食べないですが、食べれるとは思います。



こちらがいつものデザート。



デザートその2。



最後はこれシメです。

地元で路頭に彷徨わなくなりました。


category: チンクエ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

CINQUE(愛知県豊川市) 

特別な酒と真っ当な料理を。



金額としてはこの田舎では高い店になるかもしれませんが、スーパー・コンビニでも買える酒や料理に、お店で倍くらいのお金を払って食べる理由はないのです。



グリーンサラダ

当日に何が入荷するか分からない直接取引の無農薬野菜。
基本はローストかバーニャカウダで、葉物が大量だったとの事で初めての生野菜。



食べるスープ

寒い季節になって煮込みも登場。



鴨のパテ・ド・カンパーニュ

豊橋の「あいち鴨」でチェリバレー種でしたかね。
肉の方もクセはない方ですが内臓もクリーンで、上品なコクのある旨み。



鴨の燻製

プリッと気持ち良い弾力のある食感、濃い肉の味がある赤身にサラリとした脂、程よいスモーク香。



ブルスケッタ&ガーリックトースト

お手軽メニューポジション。



キノコとベーコンのガーリックソテー

居酒屋風メニューも。



ニンジンの葉のジェノベーゼ

大量の葉っぱを素揚げしてのジェノベーゼ。
全粒粉パスタのややゴワッとした食感とも何となく合います。



牛煮込みパスタ

新城の源氏和牛、鳳来牛の上位グレードですかね。
螺旋のパスタに、煮込まれて柔らかくなったスジ肉が絡んで良い感じに。



鶏ムネのソテー

種は健美鶏で、綺麗な淡いピンクの色合いの肉。
下処理万全、丁寧な火入れで、しっとり柔らかく安心の美味しさ。



ヒレカツ

豚コレラを逃れた田原ポークで、イタリアンなカツレツでなく普通にトンカツですが、驚異的な柔らかさ。

なお、肉は鶏・豚・牛は常時あり、日によって鴨・鹿・猪・兎などありますが、全て産地が明確なものです。



ポルチーニのリゾット

女性をお連れするとポルチーニ増量です。



ティラミス

美味しかったそうです。



ビールは月と太陽の飲み比べだったり。


同じ銘柄の酵母違いの飲み比べだったり。


同じ銘柄の熟成期間違いの飲み比べだったり。

基本的に飲み比べか、ビールをチェイサーにビールを飲みますが、3リットルくらい飲んでもグランクリュのワイン1本程度の値段なので、ビールはお得です。

何をどうやって飲もうか迷うほどの選択肢がある事が重要です。


category: チンクエ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

CINQUE(愛知県豊川市) 

リピーターや常連さんも増えてきて何より。



そしてリピーターや常連さんを増やす活動も。



生ハムと巨峰とリコッタチーズ

生ハム&フルーツサラダシリーズは11月から巨峰に。
白桃は超えませんが、やはり分かりやすいインパクトあり。



鹿肉のボロネーゼ

鹿の余った部位はラグー・アッラ・ボロネーゼに。
肉の旨みで食べれるパスタは絶品。



鹿ロース


徹底的な赤身を食べたいので、鹿は特にモモ肉派ですが、このロースは考えを改めるほどバランス良い味わい。
きめ細かく繊細で、しなやかな歯応え、あっさりした中に潜む強い旨み。

プロテイン的に最高なのはもちろん、個人的には4本足で最も美味しい動物が鹿です。



ポルチーニのリゾット

人生で初めてリゾットを美味しいと思った1品。
ポルチーニの芳醇な香りに、グチャグチャせずに程よく芯の残ったアルデンテのライス。

だいたいの料理にオリーブオイルたっぷりかけますが、その和音も良い感じに。



僕は食べませんが、デザートもあり。



酒飲みに来てるのでめったに飲む機会ないですが、エスプレッソは美味しいです。



コース的な食事を終えたら、生ハムをつまみで飲み。
ムダに塩漬けされておらず、適度な塩気でスッキリいけます。



巨峰のビール。


甲州のビール。

しかし、なぜか毎週のようにうちゅう飲める。
毎週3本は飲んでますが、たぶんそんな店は日本でここだけかなと。



最近はビールが苦手な人間を連れて、その考えを覆させるのが楽しみ。



桃ヴァイツェン、ニューイングランドIPA、フルーツヘイジーIPA。

このくらいのラインナップでムリなら諦めますが、確実に「・・!?」となるイメージ。
人によっては買って帰ったり、何なら店に通い出すまであり。

毎週楽しいです。


category: チンクエ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム