FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

たまに謎の高級食材が出る立ち飲み屋。



こちらが常時あるスタンダードメニューで、その他に日替わりが単品で30種ほど。



クエ

見た目のわりに脂が乗っている感があり、歯応えからはコラーゲンも感じ取れたり。



天然平目

上品で繊細な味わいの安定の白身。



天然ぶりトロ

ねっとりした脂乗りがクセを出して、少し苦手の方向の味かなと。



タコ天

つまみ的に、味や食感だけでなくサイズが良い感じ。



なめこ

表面はサクサク中はヌルッとで、なかなか面白い食感に。



舞茸、里芋

豊橋のマイタケ、新城のサトイモで、東三河が誇って良い食材です。



のど黒、春菊

なぜか気軽に食べれるノドグロ天ぷら。
ちなみに時価ですが、2切れでなんと500~700円です。



たら白子、牡蠣

こちらも時価で、それぞれ2個1セットで500円強、牡蠣はなぜか300円の時もあります。



和牛のカルパッチョ仕立て

魚の入荷が弱い時は簡単な肉料理も。



猪の塩焼き

地元近辺で食べたどの猪より良い仕上がりでした。


初めて来た頃はいつも1人でおとなしく飲んでたのが、最近では誰か必ず知り合いがおり、完全に1人のまま終わる日がなくなった今年の終盤でした。


スポンサーサイト



category: へい吉

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

条件不問で気軽に行ける飲み屋。



立ち飲み屋にしては圧迫感もなく、長時間いても疲労感なく、最長5時間滞在した事があります。




へい吉セット

看板メニューとなる、日替わりの刺身&天ぷらの盛り合わせで700円。
このセットと1〜2杯飲めば、ウォーミングアップでもシメでも成立。



刺身盛り合わせ

少しでも劣化の臭みを感じる生魚はタダでも食べませんが、今のところこちらでそれを感じた事はなく。
奥の塩ダレきゅうりも、お通しポジションや箸休め的に良い感じ。



魚天盛り

その日の入荷で内容が変わるので、季節感も味わえて。



季節の天ぷら盛り

野菜中心でももちろん季節感を。



吉天盛り

天ぷら10種盛りが1000円ですが、こちらは選りすぐり5種で1000円のメニュー。

天ぷらも刺身も1種1品ずつオーダーできますが、おまかせ的なセットで何が出るかも楽しめたり。



酒のアテ盛り

日本酒飲むならこれだけで良いです。



燻製バージョン

好みの問題ですが、個人的にはこちらの方がオススメ。



海鮮丼

ハーフサイズくらい。



海鮮丼

日によって内容がガラリと変化。



牛スジ丼

他にご飯物は天丼、とろろ飯、TKGなどあり。
飲み屋なので1ドリンク制ですが、これらの食事のみ利用できる立ち食いカウンターもあります。


なお、当たり前であるべきですが、居酒屋系ではまだ少ない店内完全禁煙。
世の中のほとんどの飲み屋で美味しい物は食べられませんが、可能性があるのは完全禁煙のお店に限られます。


category: へい吉

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

オープン3年目に突入。



どうせ立ち飲み屋クオリティでしょ?
・・とナメてて、今年に入るまでずっと行かずにいたのですが、イメージで判断してはいけないなと。

あ、料理ではなく、飲める酒が置いてあるとは思いませんでした。



なみだ

刺身と天ぷらのダブルメインのお店なので、生魚も食べようと恒例となったお通し的オーダー。
涙が出そうなほどではないですが、ビシッとワサビ効かせて香りも良いです。



塩ダレバージョンも。

まさか地元にて好んで生魚ダブルオーダーする日が来るとは。



大人のポテサラ

酒盗和え&カニ味噌和えの2個セット。
老若男女みんな大好きポテサラが、一気に大人びた酒肴メニューに。



なめたけネギまみれ 

ネギにまみれたい気分の時もあります。



キノコ盛り合わせ

2人前をガツガツいきたい時もあります。



目光

この地方の人はよく食べられるらしいですが、他所ではどうなのですかね。
フワッとして脂っぽさもあって、イメージする深海魚っぽくない感覚。



さわら

魚編に春ですが、秋の方が美味しく感じます。



たら白子

衣サクサク、中はとろとろクリーミー。



ほうぼう、牡蠣

白身としては旨みもあるホウボウ、牡蠣はフライより天ぷらの方がダイレクトに味わえます。


ようやく魚介の味を本格的にお勉強です。


category: へい吉

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

キノコ類大好き、キノコならなんでも食べたいと言う子を連れて、なぜか立ち飲み屋へ。



20人くらいのキャパの立ち飲みカウンターの中、実は椅子席が4つ用意されてます。

予約不可・2時間限定・席料150円という条件にて、なかなか争奪戦のよう。
1人なら座ることは考えませんが、人をお連れしたので空席でラッキーでした。



なみだ

最近の自主的お通しメニュー。ついに好んで生魚をオーダーするようになりました。
美味しい魚であっても刺身に興味は出ませんが、ワサビの香りが好きなのでこれならイケます。



マコモダケ、ナスはおまけ。

ソフトな食感のタケノコで、どことなくコーンのような甘みがあります。



キノコ盛り合わせ

ナメコ、エノキ、エリンギ、松きのこなどシンプルなもので。



肉厚しいたけ

どうでも良い話ですが、昔シイタケの食感が苦手で食べなかったのですが、味がダメではなく、見た目や食感やイメージが苦手で食べないのはもったいなかったなと。



豊橋まいたけ

ドカッと塊で、独特の歯応えと香りもしっかりと感じられる質量。



ひらたけ

ザクリと歯応え良く、風味にクセはないものの味わいはしっかりと。



松茸

まさか人生において、立ち飲み屋で松茸を食べる日が来るとは。
天ぷらなので直接的な香りは弱まりますが、嗅ぐのではなく松茸は噛んで味わうものです。



酒盗バター炒め

バターの風味にアンチョビ的なコクをプラス、にじみ出るような旨み成分のアミノ酸。



土瓶蒸し


きっちりと昆布がきいた出汁に、キノコの芳醇な香りもプラス。



新サンマ

天ぷらが良いのか分かりませんが、塩焼きなら家でも食べれ、何事も体験して判断するべきです。



金時芋

デザートポジション。


少しの期間限定ですが、専門店でもないのにこれだけキノコ類が充実した飲み屋も珍しいかなと。

キノコ類大好きっ子でも満足したようで、ビール嫌いも少しずつ克服し、ついでに飲み屋の苦手意識も見直したとの事で、案内冥利に尽きます。


category: へい吉

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

何となく安心する場所。



気分や状況次第では間に別のお店を挟んで、1日2回行く場合もあります。



たまには日本酒も。
マスの半分くらいまで溢れさせての提供。



里芋

新城の八名丸芋で、しっとり柔らかくモチモチ感もあり、驚異的な粘り強さから滲み出る旨み。
おそらく地元より他所で評価の高い物ですが、地元民も誇るべき名産品です。



鶏なんこつ、銀杏、ホタテ

それぞれ前菜的に良い感じです。



なめろうセット

たまに登場する料理に合った日本酒固定の一品物セット。
この時のなめろうは、定番のアジor天狗ナスにて選択可で、なかなか珍しいナスのなめろうに。


天狗ナスは甘みのある水分多めでトロンとした質感。
味噌との相性は言わずもがなで、薬味の爽やかな刺激も良く、日本酒ともピッタリです。



麻婆茄子

こちらも天狗ナスを、唐辛子と山椒ビシッときかせてマーボに。
天狗ナスも八名丸芋同様に三河が誇るべき野菜で、秋ナスは嫁がいたら食べさせるべき美味しさです。



三河穴子

ウナギが有名な三河ならアナゴが良いのも自然?まあ、アナゴは天然物ですが。



白エビ

こちらは富山ブランド。
衣サクサク、身は適度な弾力もあり、ほんのりした甘みがジュワッと。



メロンが出てきたと思ったら思ったら甘鯛だとか、ギザギザはウロコだそう。
カリカリしたウロコに、ふんわり上品な旨みのある白身で、予想以上に美味しいです。





揚げる必要はない物ですが、そのまま出されても面白くないですよね。



たまに大量に注がれる日も。

これまでの立ち飲み屋の概念を覆すお店です。


category: へい吉

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム