食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Acacier(さいたま市浦和区) 

2016/05/04 Wed 10:45訪問
アカシエ


続いてもケーキ屋へ。
こちらもTV番組で紹介されたお店ですが、それ以前より埼玉で最も有名・人気のお店のようです。

やはりお客さんがいっぱいで、片側にケーキオーダーの列。反対側で受け取り・支払いに列をなすシステム。
こちらのお店は生ケーキと焼き菓子しかありませんでした。



他2店と同様に6品購入。



フレジエ:550円


キューブ型でオーソドックスな見た目のフレジェ。

ビスキュイ生地はアーモンドの風味もあり、しっかりした歯応えがありつつパサつきもなく。
ムースリーヌは乳化具合が良く滑らかな口溶けで、玉子・バター・バニラのコクがそれぞれあり。

苺もしっかり甘みと香りを出されており、キルシュの香りも良く。
ただ表面のグラサージュだけ甘ったるくチープな感じで、この部分だけで台無し感がありました。



デリス・マカダミア:540円


ダックワーズ生地とバタークリームのシンプルな層に、ケーキでは珍しいマカダミアナッツがゴロゴロと。

バタークリームはコクがあり滑らかで、生地も口当たり良く香ばしさも感じます。
ただ、何も考えずに食べるとマカダミアナッツの印象しか残らないほどナッツの存在感が高いケーキです。



サントノレ・ピスターシュ・グリオット:700円


シャンドワゾーでもありましたが、こちらはフランボワーズでなくグリオットチェリー。
そして、大きめのシャンドワゾーのサントノーレよりも、さらに一回り大きなサイズです。

クリームはローストピスタチオですが、かなり味が濃く甘みも強め。
プチシューの方のシブーストクリームはさらに甘く、さすがに全体量から重く感じます。

シュー生地、土台のパイ生地は固めでさらに重厚感があり、グリオットがアクセントとして足らないほどです。



アリババ:460円


たっぷりのシロップに浸かったババに、バニラ風味のクリームとしっかり漬けられたラムレーズン。
生地は噛むとジュワッとラムが溢れますが、ベチャベチャという感じではなく、玉子やバターの風味も感じられます。

ラム酒を固形物にして食べているような感覚で、こちらは好みでした。



ムラング・シャンティ・シトロン:450円


生クリームは爽やかなレモンの香り、メレンゲはサクサク軽く。
レモンの風味が完全に負けるほど、メレンゲが容赦なく甘いです。



パレ・オール:530円


タルトショコラかと思ったら、土台は薄めの生地で中にクリームブリュレ。

ガナッシュはねっとりし、ビターでもクドさがあり、バニラブリュレは甘く。
全体的に重くてキレも悪く、サイズが大きいのもあって食後感や余韻は良くないです。


これまで全国の多くの有名店に行ってますが、今までで最も甘いケーキの印象を受けました。
今回訪問した埼玉の3店はどこも強い甘さを感じましたが、こちらは特に甘かったです。

個人的には甘さ控えめより甘すぎる方が良いですが、そんな僕でも少し重さやクドさを感じます。
世間一般では甘さ控えめが好まれる傾向なので、大人気店なのはちょっと不思議な気がしました。

材料やサイズから値段は高くないですが、再訪したい感じはありません (;´∀`)



2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)



スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Chant d'Oiseau(埼玉県川口市) 

2016/05/04 Wed 10:00訪問
シャンドワゾー 


続いても川口市の人気店へ。
こちらもTVで取り上げられたお店で、店内はかなりのお客さんがいました。

入店して列に並ぶと、ショーケース内は次々と売り切れ、次々と補充されていく感じ。

こちらはパティスリー・ショコラトリーだそうですが、チョコレートの香りはほとんどなく。
ヴィエノワズリーも多く売られていて、そちらは良さそうでしたが、人が多すぎて選ぶ余裕がありませんでした。



6品購入。



フレジェ:530円


クリームはムースリーヌではなくほぼカスタード。コクはありました。
生地も卵黄の風味が強いふんわりしたスポンジで、さらに表面のジュレはフランボワーズ。

全然フレジェではないですが、ただのベリーとカスタードのケーキと思えば食べれます。



ミゼラブル:471円


こちらのスペシャリテで、TV番組でも取上げられた有名な商品のよう。

バタークリームは口に入れた瞬間は重厚さがあるも、口溶けは滑らか。
味はかなり強めのバターのコクで、さらに塩気とラムレーズンのアクセント。

ケーキとは思えないような甘じょっぱさがあり、何とも言えないインパクトがある味わい。
美味しい・不味いの好みは別として、これまで経験のないような味でした。



サントノーレ・ピスターシュ:581円


クリームは濃厚なピスタチオの味。
ローストピスタチオで、杏仁っぽい芳香のものではなく、個人的な区別としてピスターシュでなくピスタチオ。

プチシューのコーティングやシブーストクリームは、甘みの強いローストピスタチオ味。
さすがに単調で重いですが、フランボワーズの酸味で少し調整できます。



サバラン:530円


ガラス容器に入れられ、生クリーム・カスタード・生地の3層のヴェリーヌ仕立てのサバラン。

たっぷりのラムはそのまま飲んでみたいほど風味が良く。
レーズンも質が良さそうな味わいですが、サバランとしてはクリームの量が多すぎます。



シブースト・フランボワーズ:471円


シブーストクリームはシュワっとした口溶けで、果肉感もあるフランボワーズジュレも印象的。
タルト生地はサクサクで香ばしく、ダマンドのアーモンドの風味もしっかり。

ただ、表面のキャラメリゼは煤煙のような匂いがするほどの焦げ臭さでビックリ。
それぞれ美味しいですが、この匂いがずっと付いてきて気になります。



タルト・ヴァニーユ・マルティニック:481円


タルト生地の土台の中にラムレーズン。その上にたっぷりバニラムース。

バニラの風味も良いですが、それ以上にインパクトのあるラムの香り。
中央の色の濃いくぼんだ部分はブリュレっぽくなっており、こちらからもラムが主張します。


クラシックなフランス菓子をアレンジしているので、品名のイメージを持って食べると違和感あります。
このお菓子はこうだという先入観がなければ、もっと美味しく感じれたのかもしれません。

それでも平均以上に美味しいケーキではありました。
全体的に甘みが強めで素材の主張の強い味で、重く感じる部分もあるものの、軽すぎるより良いです。

ただ、次があってもパンだけで良いかなと思います (;´∀`)



2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)



category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ArchaIque(埼玉県川口市) 

2016/05/04 Wed 9:30訪問
アルカイク


この日は埼玉の有名どころのケーキ店巡りで、まずは東川口のこちらから。

開店ほぼ同時に到着し、10分ほどの間に他の客は1組だけ。
少し前に某人気TV番組で紹介された数店の1つで、他店は大混雑らしいですが、こちらはそれほどでもないよう。

商品は生ケーキは少なめで、常温のタルト系やパンが多く売られます。
同じくオーヴォンビュータンで修行されたシェフのお店である長野のロントにも似た商品ラインナップ。



パンは見た目から何となく予想できそうな味だったので、ケーキ類だけ購入。



アルカイク:470円


サックリと歯応えの良い生地にプラリネクリームをサンドし、周りにナッツが散りばめられ。

口に入れるとヘーゼルナッツの風味が濃厚も、香ばしさより甘さが勝っている感じ。
洋酒も少しきいている気もしますが、素材が少ないので単調な味になります。

ちゃんと美味しいですが、大きなサイズと重厚な味でクドさもあります。



ガトーフランボワーズ:430円


オーボンヴュータンやロントでも食べている定番系のお菓子。

アーモンド風味のビスキュイ生地に、フランボワーズのバタークリームの層。
生地の風味や食感、バタークリームの口溶け、フランボワーズの甘酸っぱさ、一体感もあって良い感じです。



ラムレザン:430円


こちらも生地とクリームのシンプルな層。

全体バランスとしては甘みが強く、品名のわりにラムレーズンは量も少なく存在感も薄く。
無難には美味しかったものの、ほとんど印象に残らなかったです。



グリオット ピスターシュ:460円


厚めのタルト生地はザックっとしてバターの風味が濃厚。ピスタチオのクリームは少し物足らず。
たっぷりのグリオットチェリーはフレッシュ感はあるものの、全体的に穏やかな味。

美味しいですが、もっとキルシュをガツンときかせた味をイメージしていたので拍子抜けでした。



タルトショコラ:320円


チョコレートのタルトはサクサクして食感が良く。
ガナッシュは濃厚なタイプではなく、ビターでカカオの風味を感じられます。

しつこさがなくキレも良くて美味しいタルトでした。



フリュイセック:320円


ドライフルーツとナッツのタルト。

たっぷりのダマンドの風味が良くフランボワーズソースで酸味もプラス。 
こちらも美味しいタルトでした。


長野のロントと同様、生ケーキより常温のタルトや焼き菓子系が良いかなといった印象。
タルトを食べて、やっぱりパンも買ってみれば良かったかなと思うくらい、粉やバターの風味は良かったです。

今回、こちらを含め3店しか行きませんでしたが、平均値では最も好印象でした。
埼玉に行くことがあれば、また寄ろう思います (´∀`)



2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)



category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

PATISSERIE CUISSON(千葉県茂原市) 

2015/09/05 Sat 16:00訪問
パティスリー・キュイッソン


横浜でラーメンを食べた後、翌日のレース会場のある千葉県茂原市へ。
茂原市は今年2回目で、今後も来る事になりそうなのでお店探しを。

千葉でも田舎の方で、有名なお店はないですが、調べていたら焼き菓子専門店を発見。
めったにない専門店なので試しに行ってみました。

住宅地にある店舗で、隣はカフェもやられているよう。
小さなお店ですが専門店だけあり種類は豊富で、初めて見るようなお菓子もありました。

パンと常温のタルトも少し売っていたので、それらも数点購入。


 
クロワッサン:200円

手でちぎってしまいましたが、層は少なめでおそらく最初から潰れ気味。
サクサク感はそれなりで、生地自体にミルキーな甘みがあり、バターも適度に香る。

無難に美味しいですが、重量的に考えるとやや高い印象。


 
洋梨とカシスのタルト:350円

厚めのタルトはしっかり焼かれ、ザクザクしてバターの風味も良く。
洋梨は仕事され甘みを出し、カシスの酸味との相性も良く。

美味しいですが、かなり小さいので物足りなさがあり。


 
ケイク・アナナス:200円

パウンドケーキの部類ですが、ビックリするほどしっとり。
生地自体に甘みが強いものの嫌らしさがなく、パイナップルもアクセント程度でちょうど良く。

これはすごく美味しかったです。


 
ポルボローネ:160円

聞いた事のない名前のお菓子なので買ってみました。

口に入れた瞬間に粉っぽさを感じるも、噛んでいくとホロホロと口溶け良く不思議な食感。
味はアーモンドの風味があり、香ばしいけど妙な重みがあります。

柔らかいちんすこうのようなイメージですが、ラードで作られているのかな。


 
ガレット・ブルトンヌ:180円

サブレ系のフランス菓子。

サクサクしつつ適度な水分量。 バターたっぷりでシンプルながら飽きない味。
けっこう塩をきかせたお菓子と思いますが、こちらは控えめでした。


  
ヴィエノワ・ショコラ:140円

シンプルなチョコレートのクッキー。
ややビターで落ち着いたトーンながら、しっかりチョコレートを味わえます。


 
ムラング・アールグレイ:100円

焼きメレンゲですが、こういうものが売っているのも珍しい。

噛んだ瞬間からシュワっと溶けて、ちょっと面白い食感。
アールグレイはたっぷりミルクと砂糖が入っているような味ですが、食感が軽いので後味は悪くなく。


 
ブラウニー:190円

これもかなりしっとり感の強い生地で、チョコは甘いけど穏やかに感じます。
たっぷりのナッツはクルミ1種類ですが、相性も良くとても美味しかったです。


焼き菓子は予想を2段階くらい上回る美味しさでした。
あまり焼き菓子は食べないですが、お土産にあげた子も相当美味しいと言っていたので、確かかと。

しっかり甘いけど重くない。 ケーキ系のしっとり感は絶妙な食感でした。
もう少し洋酒がきいているともっと香りも出て良さそうですが、子供も対象にするとギリギリですかね。


これで今後、このエリア行きの楽しみができました (´∀`)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

LA VIEILLE FRANCE(東京都世田谷区) 

2015/03/22 Sun 15:00訪問
ラ・ヴィエイユ・フランス 本店


続いては、こちらもずっと行ってみたかったパティスリー。

オーナーシェフの木村成克氏は、パリの老舗パティスリー「LA VIEILLE FRANCE」で修業。
帰国後に名前を貰ってお店をオープンのような感じだそうです。

店内はそこそこ広く、ケーキの他に焼き菓子・チョコレート・ジャムなどが置かれ、ケーキは伝統的なフランス菓子の他に、苺ショートやスフレチーズなどの洋菓子もあり。



4品を近くの広場で。


フィグ:430円


クラッシックなフランス菓子らしいですが実物を見るのは初めて。

「イチジク」の名前ですが、外側はねっとりした甘い生地で、中はもっとねっとりしたチョコレート生地。
全体にラム酒が香り、イチジクとレーズンの果肉がアクセント。

食感がすごく重く、ケーキでは初めて経験するようなほどの重さです。



フレジェ:500円


ビスキュイ生地はアーモンドの風味もありしっかりした食べ応え。
クリームはバターとカスタードのコクがそれぞれ感じられ、キルシュもちゃんときいてます。

美味しいフレジェですが、土台のチョコレートがまとまりを欠いてしまっている印象。
また、表面のドット柄のジュレがちょっと気持ち悪く感じてしまいました。



サバラン:470円


「洋酒たっぷりなので持ち運びに気をつけてください」と言われたサバラン。

生地はキメ細くもしっかり洋酒を吸ってますが、まだ底にあり余るラム酒。
ホワイトラムのようで、さっぱりしながらもアルコール感は強烈。



パンプルムース・ア・ラ・ピスターシュ:280円


ピスタチオのタルトにグレープフルーツ。

タルト生地は薄めでサクサクし、ダマンドがピスタチオ風味で香り良く。
みずみずしいグレープフルーツの酸味が心地良い感じで美味しいです。


シェフは10年以上フランスで修行・シェフをしていた方だそうですが、商品は純粋なフランス菓子という感じでなく、少し日本人好みの洋菓子にアレンジしている印象です。

もっともフランスと同じ素材はないし、あっても気候等の違いから同じレシピでは作れないらしいですが。

そう考えると、日本で純粋なフランス菓子が食べれることはないのかなと感じ、別の方向でいろいろ考えさせるお店でした。



2015年3月20~22日
二郎(港区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
ブルーボトルコーヒー(港区:コーヒー)
俺のフレンチ/イタリアン(港区:フレンチ)
フグレン(渋谷区:コーヒー)
アステリスク(渋谷区:ケーキ)
エソラ(渋谷区:バー)
コーヒーバレー(豊島区:コーヒー)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
あずま(新宿区:洋食)
ポールバセット(新宿区:コーヒー)
ゴリラコーヒー(渋谷区:コーヒー)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
丸山珈琲(世田谷区:コーヒー)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
フィオッキ(世田谷区:イタリアン)
ラヴィエイユフランス(世田谷区:ケーキ)
猿田彦珈琲(渋谷区:コーヒー)
俺の焼き鳥(品川区:居酒屋)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム