雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Patisserie Rond-to(長野県上高井郡小布施町) 

パティスリー・ロント

パンと焼きっぱなし編。



タルト シトロン:346円


レモンクリームのタルトに、表面は焼き色を付けたメレンゲ。

しっかり焼かれたタルトはサクサクで香ばしく、レモンクリームの酸味は目が覚めるような爽やかさ。
メレンゲがふんわりして甘みあり、レモンカードが酸味を加えて絶妙な甘酸っぱさに。

これはとても美味しかったです。



クロワッサン:173円


焼きが強めでサクっとよりはバリっとした感じで、中はしっとりして発酵バターの風味が強め。
ここに限らず、パティスリーのクロワッサンは発酵バターの味の強さが印象に残ります。



ブリオッシュ・アテット:108円


シンプルなブリオッシュパン。
玉子の風味はそこそこ、バターの風味は強めで口溶けもなかなか良く。



クグロフ・サレ:151円


名前だけだと塩味のクグロフですが、オリーブに小さな玉ねぎ・ベーコンなども入る惣菜系。

生地はブリオッシュ・アテットよりもオイル分でしっとり。
塩もしっかりきいて、パティスリーのラインナップとして異質ですが美味しかったです。



カヌレ:216円


ここはカヌレが1番人気らしいですが、置いてあるお店も少ないお菓子なのでかなり珍しいですね。

表面は固くカリカリとし、中は弾力のあるもっちり感。バニラの風味もしっかりあり、ラムは強めにきいてます。

これはかなり美味しく、別次元のパリの空の下を除くと過去最高かもしれません。


パンはそれなりですが、タルト、カヌレはとても美味しかったです。
常温売りの焼きっぱなしタルトは10種類以上あり、もっといろいろ買えば良かったかなと。

タルト系の制覇のために、来年も合宿に来るのも良さそうです (´∀`)


スポンサーサイト

category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_ロント(長野:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Patisserie Rond-to(長野県上高井郡小布施町) 

2015/09/22 Tue 11:15訪問
ロント

original6.jpg
長野県でも最も評判の良いケーキ店。
オーナーシェフは国内外の有名店で修行され、故郷でこちらのお店をオープンされたそうです。

生ケーキの他に、パン・常温のタルト・焼き菓子がセルフ式で売られ、そちらの方が人気のよう。
レジ待ちの行列ができるほどながら、ケーキの売り切れはなく、パン・タルトに売り切れが出る珍しいケーキ屋です。

イートインするつもりで自転車で行ったのですが、順番待ちだったので断念。



で、細心の注意を持ってテイクアウトしましたが、やはり少し崩れました。

パンも買いましたが、生ケーキ4つ分を。



ロント:486円


店名をあしらったケーキ。
ほぼチョコレートでできており濃厚でややビター。 しっとり・ねっとりとした食感ながら、クドさはなく。

地元産と思われる栗のかけらが入ってますが、味はチョコに負けてしまい消されて食感だけのアクセント。
栗の主張がもう少しあったら、とても印象に残るケーキだったかもしれません。



ババ オ ロム:432円


ブリオッシュ生地にたっぷりのラム酒。
特別な感想はないですが、生クリームとカスタードはちゃんとして美味しかったです。



フランボワジェ:410円


ビスキュイ生地に、フランボワーズのバタークリーム・ソースの層。
表面のアーモンドダイスもフランボワーズ味に仕事され、ピスタチオもトッピング。

生地はアーモンド風味のビスキュイで、しっかりした固さながらシロップも打ってありパサツキなく。
バタークリームは重さはなく口溶けよく、適量のソースが味も食感もマイルドに。

とても美味しいですが、酸味より甘みが勝って果実感が足らず、個人的な好みとは違いました。



シブスト ブラムリー:389円


ブラムリーとは小布施町で作られる青リンゴで、生食ではなく料理用だそうです。

薄いキャラメリゼにクリームはほぼカスタード、ザックザクの香ばしいタルトにメレンゲを加えられたブラムリー。

ブラムリーは甘酸っぱくシャキシャキして美味しいですが、一般的なリンゴと大きな差はなく。
タルト生地はアールグレイが香った気がして、味・食感ともにとても好みでした。


全てしっかりした味でボンヤリとした感じなく、美味しかったです。
驚くような味のものはなかったですが、値段を考えるとかなり高いレベルに感じました。

フランボワジェなど、あれだけ手間をかけたものが410円だと、苺ショートなんて買えません (;´∀`)

次回はパン・焼きっぱなし系になります。


category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_ロント(長野:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

un gouter a la campagne(山梨県北杜市) 

2015/08/15 Sat 11:00訪問
アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ


飲食店が4店舗ある「ともにこの森」というエリアにあるフランス菓子店。
オーナーシェフはイルプルーで修行された方で、安心のお店です。

この辺一帯が観光スポットだけあり、さすがにお店は広くてキレイ。
商品は多くないですが、10種類ほどの生ケーキ、焼き菓子、パン、ジャムなどが売られます。

店員さんにかなり驚かれましたが、5品をイートインしました。



スリー:540円


白ワインのムースのお菓子。

ムースはほのかな甘みでワインの風味もしっかり。
ふんわりして口溶けが良く、香ばしいダックワーズ生地も含めてかなり軽めですが、味も食感もとても良いです。



ミルフイユ:486円


生地はサクサクでバターの風味や香ばしさがかなり強め。
カスタードもコクがしっかりして、主張の強い生地の味に負けません。

パイもクリームもかなりの美味しさで、シンプル・イズ・ベストなミルフィーユでした。



パッションとショコラ:540円


酸味の強いパッションフルーツのジュレとムースが爽やかに。
フルーツだけの方が好みですが、チョコとの相性も良かったです。



エクレール・ショコラ:432円


生地はサクサク感はあるものの中途半端な固さ。

たっぷりのチョコは、イルプルーが使うペック社のものではない感じ。
美味しいですが、なんだか洋菓子のエクレアっぽい印象でした。



ブルーベリーのタルト:540円


たっぷりのブルーベリーはオーガニックだそう。

ブルーベリーは粒のままではなく加工してますが、酸味は少なくて風味はしっかり。
タルト生地とアーモンドが香ばしく、そこに果実の爽やかさが合わさる感じ。

今まで食べたタルトの中で最高レベルでした。



アイスティー:436円

アールグレイのようで普通でした。


 
イチジクのクグロフ(1/4):250円

あまり種類はなかったですが、パンも1つテイクアウトしてみました。
キルシュのような香りが強く、アーモンドの風味も良かったですが。生地の味は普通です。


生ケーキは東海エリアにある同系のお店の方より、値段が少し高いし、味もやや劣る印象ですが、1種類しかなかったももの、タルトは凄く美味しく、帰り際に2つテイクアウトしたほど。

観光地でこれだけのものが食べれれば文句なしで、清里再訪のときにはまた寄りたいと思います (´∀`)


category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ(山梨:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

LUTÉCIA(新潟市中央区) 

2014/10/25 Sat 10:00訪問 
フランス菓子 ルーテシア


新潟入りして、まず初めに県内で最も有名なケーキ屋さんへと。



開店10分ほど前に着くも、とてもケーキ屋さんとは思えない外観で半信半疑。

1番乗りでしたが、すぐに他のお客さんも続々来て、5分前に店員さんより開店のご案内。
店内もなかなか広く、白とクリアの色彩で統一され、やっぱりケーキ屋っぽくありませんでした (;´∀`)



4点購入し、海沿いの公園で食べることに。



苺のショートケーキ:432円


スポンジはキメが粗めでふんわり感はあり、シロップを打ったようなしっとり感も。
苺は酸味がやや強めで、生クリームはまずまず美味しく、平均的な苺ショートです。



モンブラン:475円


マロンクリームは濃厚で、ほろほろして1本ずつ分解できそうな感じ。
中は生クリーム・マロングラッセ、土台はメレンゲ。

栗の風味も強く、シンプルな作りながら美味しかったです。



タルトショコラピスタチオ:583円


プラスチックの板に挟まれ、苺・生クリーム・ピスタチオクリーム・チョコタルトと豪華。

ガナッシュはねっとり濃厚で美味しく、こちらの苺は甘みがありジューシー。
チョコの味が濃厚すぎて、ピスタチオが意味をなさないほどの存在感でした。



シュークリーム:178円


お店の看板商品のようで、カスタードとカフェクリームがありましたが、カスタードのほう。

たっぷりのカスタードは卵の風味が強く濃厚。
アーモンドがちりばめられた生地は香ばしく、生地の方が主張が強めです。


まずまず美味しいケーキでしたが、単価もそれなりで、価格との兼ね合いでは普通かなと言う印象です。

あまり競合店がないことや、お店そのものの高級感、接客の必要以上の丁寧さなど、そういった要素が価値を高めている部分もあるかもしれませんが良いお店だと思います。



2014年10月25,26日
ルーテシア(中央区:ケーキ)
みかづき(中央区:焼きそば)
万代シルバーホテル(中央区:ビュッフェ)
イエロー(西区:ラーメン)
日本海間瀬サーキット(西蒲区:レース)
喜味屋(長岡市:デカ盛り)


category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ケーキハウス ミサワ(山梨県笛吹市) 

2014/10/11 Sat 17:00訪問
ケーキハウスミサワ 石和店


山梨県で人気のケーキ屋さんへ立ち寄り。
オーナーシェフは、TVチャンピオン:ケーキ職人選手権で優勝経験のある方だそうです。

温泉街にあるお店ですが、華やかな外観で店内も広め。
常に満員らしいカフェスペースがメインで、店頭販売でないものが人気のよう。

テイクアウト用のケーキは夕方では残り7種類ほどでした。



3点購入。


フレーズトルテ:432円


スポンジとクリームが3層になった苺ショート。
甘さは控えめでスポンジもクリームも軽く、あっさりした甘さも手伝って、食べ応えがないと言っていいほど。



トルテ・オ・ショコラ:432円


こちらもシンプルなチョコケーキ。
クーベルチュール使用だそうで口溶けは良く。、ビターで甘さ控えめですが、少し重さの残る食後感があります。



桃の香り:432円


桃のムースをクレープで包んだもの。
トッピングの桃はややチープですが、ムースは程よい酸味もあり、口の中に桃の香りが広がります。


まあ、街の洋菓子店なので、どこでも食べれそうな味の印象です。
パティスリーと名乗ってないことだけ、好感が持てました (;´∀`)



2014年10月11,12,13日
富士スバルライン(サイクリング)
ニューヨークスティック(忍野村:洋菓子
ミサワ(笛吹市:ケーキ)
ぼんち(甲斐市:デカ盛り)
秩父エリア:聖地巡礼
悦楽苑(横瀬町:デカ盛り)
皇居(千代田区:ランニング)
ニューオオタニ(千代田区:ビュッフェ)
やっちゃばフェス(千代田区:イベント)
アテスウェイ(武蔵野市:ケーキ)


category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム