FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

おちゃくりCafé(高知県四万十市) 

2019/05/01 Wed 12:00訪問
おちゃくりカフェ


続いて「四万十とおわ」という道の駅にて、併設のカフェでお菓子を食べてみることに。
四万十産の栗を使ったお菓子のみを作っているようで、何度かいろんな媒体で見たことがあり。



季節はずれでも栗メニューのみ。



地栗くらべ:500円

自称モンブランで、産地の違うマロンクリームの食べ比べ。
手前の濃い色のほうが四万十産、奥は愛媛の内子産との事。

ボテッとしたクリームを土台に、ひも状に絞ったクリームを乗せ、上下のクリームの違いは固さによる質感だけのよう。

味は栗以外の風味が極めて抑えられ、栗ペーストそのもののような凝縮感。
四万十は濃厚な甘みをともなった旨み、内子も濃厚とは思いますが、比べるとずいぶんスッキリとした印象に。

ちなみに付け合せは無糖のちゃんとした純生クリームでした。



タルトモンブラン:500円

ザクザクなタルト生地に、クリームと栗そのものも少し。
同じ値段でもこちらの方が重量感ありますが、やはり色の通り風味も薄くなり。



しまんと地栗まん(10個入):1000円

おみやげ物。
1口サイズで、ホロッとした生地に白あんとペースト状の栗あんが入り、無難に素朴に。



ジグリキントン:540円

茶巾絞りではない栗きんとん。


粘り気はなくポロポロッと崩れるような質感。
砂糖甘みが薄く、ダイレクトに栗の味なのですが、なぜか甘すぎるほどの甘みがあり。


味は和栗ですが、どことなく勢いが和栗らしからぬ感じがあったりで、四万十栗もなかなか興味深いです。


スポンサーサイト

category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

NOZY COFFEE(東京都世田谷区) 

2017/08/12 Sat 11:30訪問
ノジー・コーヒー


イルプルーのテイクアウト分を食べようとこちらのコーヒー店へ。
食事メニューがないため、飲食物の持ち込みOKという素晴らしいお店です。

コーヒーは抽出方法を選んでから豆を選ぶシステム。
基本は抽出で価格が決まり、豆によってはプラス料金が発生するような感じ。

フレンチプレスにして、この日のオススメですと言われた豆で。



コスタリカ ジョイス(フレンチプレス):750円

うっかりして半分くらい飲んだ後の写真です。
品名が「Joice」で一瞬ジュースなのかと思いましたが、ジョイスという農園名だそう。

しかし味の方はジュースを思わせるようなフルーティな甘酢っぱさがあり。
何の果実とも特定しきれない、しいて言えばミックスジュースっぽい感じで、ちょっと奥深さも感じます。

ちなみに販売価格は200g:3900円と、けっこうなお値段の豆でした。


テイクアウトは別のものを2種。



ホンジュラス ポソ ネグロ農園(200g):1800円

口に含んだ瞬間のクリーミーな口当たりから、広がった瞬間はレモンのような明るい酸味。
その後も柑橘系の甘酸っぱさが続き、スッと引いていくような綺麗な後味です。



コスタリカ モンテジャノボニート農園(200g):2400円

こちらは口に含んだ瞬間は滑らかでベリー系の甘酸っぱさがふわりと。
その後にトロンとしたクリーミーさがきて、チョコレートのような甘みの余韻があります。


イルプルーからは少し距離がありますが、今後も選択肢としてはアリかなと。
ちなみに向かいにはシニフィアン・シニフィエがあり、パンの持込みも良いかと思います。



2017年8月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリール(八王子市:パン)
ドゥエトゥレ(八王子市:パン)
ブールブール(八王子市:パン)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーバカナル(目黒区:パン)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
ラ・ヴィエイユ・フランス(調布市:ジェラート)
くるくる(八王子市:食堂)
小河内ダム(奥多摩町:ダムカード)
カタクリの花(奥多摩町:ダムカレー)
ぼんち(甲斐市:デカ盛り)
コンプレ堂(北杜市:パン)
アングーテ(北杜市:ケーキ)
アングーテ
アングーテ
大門ダム(北杜市:ダムカード)
高遠ダム(伊那市:ダムカード)
美和ダム(伊那市:ダムカード)
たけだ(伊那市:食堂)
うしお(伊那市:食堂)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

Specialty Coffee 蒼 ~soh~(愛知県豊川市) 

ブルーベリーガーデンの斜め向かい、ネットカフェの隣にあるコーヒー店。



基本は移動販売車にて、観光スポットやイベントの場での営業がメインのよう。
実店舗もありますが、カフェではなく焙煎室と販売所みたいな簡易的な店舗です。



豆や器具の販売、ドリップコーヒーのテイクアウトに、夏場はかき氷もやってます。



カフェ氷:500円

せっかくなのでかき氷をイートイン・・と言っても外です。


氷は細かくふわふわなタイプ。
きっちりとしたコーヒーのほろ苦さと、嫌らしくない甘みの後味があり。

予想以上にちゃんとしてましたが、僕は別にかき氷には味としての美味しさは求めおらず、身体を冷やしてくれればそれで良いです。



豆を買うと1杯サービスがあります。


余談ですが、昔こちらは駄菓子屋でした。

通称「ハテナジュース」と呼んでいた、50円だけど何が出るのか分からない自販機がありまして、運試しみたいな感じでよく買っていた思い出があります。

子供なのでコーヒーが出たら大ハズレでショックでしたが、そのお店の方の孫にあたる人がコーヒー屋をやっていると言うのは・・何か感慨深いものがあります。



インドネシア アチェマンデリン アルールバダ(100g):680円

花のような甘い香りからスパイシーな味わい。
力強いコクや苦味、ほんのりした甘みや酸も感じられ、やや難解とも言える余韻があります。



エチオピア イルガチェフェ コンガW Gー1(100g) :740円

こちらはわりとどこでもあるイメージ。
モカフレーバーはしっかりありフルーティな酸味、かなりキレが良くスッキリした後味。


豆はこの時は5種類出てましたが、他店より炒りが浅い感じで好印象。

現在は実店舗は水・木・金の19:30までやっているらしいので、豆のストックが切れかかったら仕事帰りに寄ろうかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

小春日和(愛知県豊川市) 

わりと近所ですが、ひっそりとある自家焙煎のコーヒー店。



豊川でも、少し行くと豊橋にも新城にも入るような外れで、ちょっと小高い丘の脇道に入った所。
自転車でないと看板にもなかなか気付けないような、ふらっと寄りにくいような場所です。



手作り感満載なお店。
たしか2年ほど前から看板出てましたが、10時~15時という営業形態なため、近所でも訪問にはハードル高め。

なかなかタイミングが合わず、今年になって初訪問してそれから何回か。



基本は豆の販売ですが、簡易的なイートインスペースもありドリップコーヒーが250円で飲めます。

豆は1袋100gで500円、物よっては600円で、だいたい4種類を少量ずつ焙煎しているよう。



コロンビア(中煎り)

ストレートで飲む機会があまりないコロンビアですが、こちらはバニラのような香りがあり。

口当たりが良く滑らかで、ほろ苦さの中にほのかな甘みと酸味。
マイルドな味わいでバランスが良く飲みやすいです。



グアテマラ SHB(中煎り)

分かりやすいコクというものが感じられ、苦味、酸味、甘みまではっきりと。
少し前まではお店にあれば買ったり飲んだりしてましたが、いつどこでも安定の味のイメージです。



ペルー(深煎り)

深煎りらしい香ばしさがありながら、一口目の印象は苦味より酸味。
柔らかな酸味を感じつつ苦味も甘みもじわっときて、全体的には穏やかです。



マンデリン(中煎り)

ふわっと甘い香りがあり、どっしりしたコク、強めの苦味。
果実系の酸味もあり、複雑さや奥行きを感じられる余韻があります。



マンデリン(深煎り)

こちらは深煎りバージョンで、かなりツヤツヤ、ドリップするとブクブク膨らみます。
酸味はなくなり重厚感のあるコクや苦味が強く出て、少しスパイシーな後味もあります。



イエメン(中深煎り)

いわゆるモカフレーバーと言われる独特の風味はしっかりあり。
チョコレートのような甘い香りから、グッとくるコクとふわりとした酸味。

今のところこのクセのある味わいは好みではないですが、いずれは好きになるかもしれません。


店主さんはごく普通の主婦といった感じで、全く固さがなく敷居の低いコーヒー専門店なので気軽に行けます。
100g:500円での販売も手軽さがあり、いろいろ飲み比べて好みを見つけるのにも良いかと。

タイミングさえ合えばなるべく行って、いずれ細かなオーダーができるくらいになりたいです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

SHERPA COFFEE(岐阜県岐阜市) 

2017/04/22 Sat 14:00訪問
シェルパコーヒー


続いてプレリュードから近いコーヒー専門店。
毎回ではないですが、プレリュードの帰りに豆を買って帰る流れです。

今回は時間に余裕があったので店内でも1杯。



ブレンド 01:480円

堀口系だからかブレンドはナンバリングに7種類あり、1番は最も浅炒りで酸味をきかせたタイプ。
冷めてくるにつれてベリー系の酸味が際立ってきます。



コロンビア ブエナビスタ農園 グランドリザーブ(200g):1230円

ベリー系の甘酸っぱさで、柔らかな酸味から入って、後味は甘みと苦みに変わっていくような感覚。
香りやコクもしっかりありつつ、透明感のある余韻でなかなか好みです。



東ティモール カフェ タタマイラウ エラトイ (200g):1340円

軽いコクからライムのようなスカッとした酸味。
ソフトな口当たりでキレも良く、スッキリと飲めます。


わりと珍しい物もあり、もちろんコーヒーも良いのですが、オーナーの職人っぽい雰囲気が好きだったりします。



2017年4月22、23日
セリーヌ(一宮市:モーニング)
フルーレタン(一宮市:パン)
アン(稲沢市:ケーキ)
アンテテ(一宮市:パン)
ピクニケ(一宮市:パン)
虎玄(一宮市:ラーメン)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
シェルパコーヒー(岐阜市:コーヒー)
はなさき家(尾張旭市:ラーメン)
てりかけや(瀬戸市:デリカ)
ポルカ(尾張旭市:パン)
ベベ(東郷町:ケーキ)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム