食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie La Rue(さいたま市緑区) 

2016/05/04 Wed 12:30訪問
ラリュ


浦和で予定していたパン屋が休みだったので、予定を変更してこちらへ。
さいたま市内での候補の4番目でしたが、流れでこちらにしました。

テナントの店舗で広くはない店内ですが、商品はたくさんの種類、あらゆるジャンルのパンがあり。
事前の調査でもこの種類の多さだけ気になりましたが、思っていたより本格的なパンも多くて一安心。



クロワッサン:120円


コンビニ並みの安さですが、普通のサイズ・詰まった生地で、軽さはなく噛み応えのあるタイプ。
バターの風味は薄く、焼きが強いので苦味もありますが、値段を考えると充分満足できます。



クロワッサン オザマンド:180円


少しラムをきかせたシロップが漬けられていました。
ダマンドは表面に中にもたっぷりで、こちらも質量からは安すぎる印象です。



ブリオッシュ ブレッド:280円


玉子・バターの風味もちゃんとあり、ふんわり軽く口溶けも良く。
少し焼いたほうが良いと思いますが、そのままでも充分に美味しかったです。



りんごとさつまいものリュスティック:180円


ほのかにバターの風味を感じるリュスティックで、食べやすいものの違和感はあり。

季節感のないフィリングですが、リンゴはおそらくカルヴァドスで漬けられ香り良くシャキシャキと。
サツマイモはほくほくし、それぞれ味と食感を引き出す仕事がされてます。



クランベリーとピスタチオ:280円


こちらは少しライ麦の香るカンパーニュ。

厚めのクラストはカッチリして、クラムはもっちり、粉の風味が力強く。
ナッツとベリーは定番ですが、ローストピスタチオは珍しく、生地とも良く合ってます。



プティ・バゲット:160円


プチと言ってもハーフサイズですが、それでも大きいです。
どんな料理にも合うようにと意図的に作っているかもしれませんが、味・食感ともに軽くクセがないタイプ。

もう1種類違うバゲットがあったので、食べ比べてみれば良かったかなと思えるくらいではありました。


安すぎるので逆に不安があったものの、値段をはるかに上回る満足感がありました。
個人的には高くしてもっと美味しくできるならその方が良いですが、一般的にはこの方が良いのかと。

もしかして、埼玉はケーキよりパンだったかなと感じさせるお店でした (´∀`)



2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)



スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

川越ベーカリー楽楽(埼玉県川越市) 

2016/05/01 Sun 7:30訪問
川越ベーカリー楽楽


山梨から埼玉に移り、まずは早朝から営業のパン屋さんへ。
先日のパンマルシェで購入した商品の中で唯一好みに合ったお店で、急遽訪問リストに加えました。

7時から営業の30分後で、やはり商品はまだ少なく3~4割くらい。
スケジュール的にこの時間しか訪問できないので、あるものの中から購入しました。



パン屋では初めて見る会計システム。 しゃべります (・∀・)



パン・オ・レ:130円


ふんわりして優しいミルクの味に、バターや玉子の風味も感じられ。
尖らせた両端はカリッとし、食感の変化も楽しめます。



菜の花とベーコンのキッシュ:280円


生地はサクサクし、アパレイユは滑らかでクリーミー。
特別な部分はないものの、季節感があって良いです。



北海道小豆とイチジク:300円


その組み合わせはイケるのか?なリュスティック。

クラストは柔らかめ。クラムはしっとり・もっちりして、小麦の香りもまずまず。
小豆とイチジクは合っているとは言い難いものの、思ったほど違和感はなかったです。



甘栗のヨーグルトライ:250円


ヨーグルト酵母のライ麦パンに、甘栗むいちゃいましたな物がゴロゴロと。

かなり焼きが強く、厚くてカチカチなクラストはカット困難なほど。
クラムは穏やかな口当たりで、ライ麦パン特有のクセや酸味は全くなく食べやすいです。



よもぎと黒豆のリュスティック:210円


大福みたいなパンですが、実際にそんなような味でした。


ちょっと変わったフィリングの物しかなかったのですが、あえてやっているのかな?
素材は悪くないようで、生地も国産小麦にしては香る方で、なかなか美味しいパンでした。

また行く機会があるか分かりませんが、どこかで買える機会があれば買っておこうと思います (´∀`)



2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)




category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:その3

最後もヴィエノワズリーと、お菓子系を。



パン・オ・ショコラ:400円


クロワッサン生地にバトンショコラ2本。

生地はクロワッサンとは粉の配合が違うようですが、ちゃんとサクサク感もあって当然の美味しさ。
チョコレートは濃厚で、一般的なパンオショコラより多めながらクドさは全くなく。

パン屋さんで美味しいチョコはまず食べれないですが、こちらのチョコレートはさすがです。



杏子のタルト:750円


これは食べる前から香りが素晴らしかったですが、食べたら思わずうなったほど。

今まで食べていた杏子はいったい何だったのかと思うほどの香りと口溶け。
かかっているのはナパージュではなくジャムと思いますが、これだけ強い風味のアプリコットジャムは初めて。

ピスタチオのダマンドとの相性も良く、最高に美味しいタルトでした。



さくらんぼのクラフティ:550円


生地は卵やミルクの風味がしっかりありながら、口溶け良くあっさりした余韻。
グリオットチェリーはカシスのような強めの酸味。

チェリー単体だと酸っぱいですが、生地との一体感が良く爽やかな味です。



タルト・ショコラ:550円


こちらも前回食べてますがリピート。

この日は気温高めでしたが、このタルトは冷蔵ケース内ではなく常温で置かれてます。
意図あっての事だと思いますが、この時期に常温のチョコは、よほど美味しくないと食べれません。

が、これはよほど美味しいのか、あっさり食べ終わりました。 
ガナッシュの滑らかさ・口溶けの良さは凄いです。



カヌレ・ドール:450円


14品を1つずつ食べていき、最後に食べたカヌレ。

1口かじった瞬間に固まりました・・これまでいろんなお店で食べてきたカヌレとは全然違います。

外はカリッ・中はもっちりの食感も、バニラやラムの風味も、大まかには同じですが、細かく言えば別物。
香りや風味がまったく違う種類に感じられ、特に外側に塗られた密蝋が凄いです。

これが本物のカヌレなら、今まで食べてた物はカヌレじゃないと思うほどの美味しさでした。


生ケーキではなく焼き込み系ですが、本物のフランス菓子を知ることができた気がします。

いろんなお店でいろんな物を食べてきましたが、このお店のお菓子は、香りと口溶けの早さが凄い。
シンプルな構成ながら味に深みがあり、余韻がとても良いです。

平日営業だと年数回しか行けませんが、もう今後は、このお店に行くために有休を使うことにします (´∀`)



2015年6月4~7日
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ルルソール(目黒区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
かんな(世田谷区:カフェ)
ボブスリブジシロ(世田谷区:バー)
スドウ(世田谷区:パン)
プレジール(世田谷区:ケーキ)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
堀口珈琲(世田谷区:コーヒー)
袖ヶ浦フォレスト(袖ヶ浦市:レース)
いずみ食堂(木更津市:食堂)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:その2

クロワッサン以外のヴィエノワズリーと、今回は普段は買わないサンドイッチも買ってみました。



マルジョレーヌ:250円


このお店にしては小さめのパンで、ブリオッシュ生地にオレンジが入っているだけのシンプルさ。

生地はバターと玉子の風味がしっかりあり、パンとは思えないほどの口溶けの良さ。
オレンジはマーマーレードみたいな感じの物ですが、香りが凄く良いです。

フランス菓子は味が濃いと思ってたのですが、本物は味ではなく香りが素晴らしく。
このオレンジも初めて感じる香りで、しばらく忘れられない気がします。



ピスターシュ:350円


前回食べてますが、折り込みのブリオッシュ生地で凄く美味しいです。

フランス菓子のピスターシュは杏仁っぽい香りがします。
ある時からその杏仁のような風味がピスタチオであることを理解できました。

同じくして、一般的な杏仁豆腐の風味がアーモンドで作られているものだと、はっきり分かりました。
食べ物に限らず、経験を積むことで突然理解できることは多いです。



ステーキサンド:850円


厚めのサーロインがたっぷりと。

焼きはレアですが、もちろん中心部までしっかり火が通っていて、生っぽさや臭みはなく。
ソースは赤ワインのような風味があり、完全にフランス料理の味付けです。

破格の安さで最後の1個でしたが、これは食べれて良かったです。



生ロモ:750円


生ロモとはスペイン風生ハムだそう。

スペインの生ハムだとハモンセラーノになると思うのですが、見た目は完全に生肉。
それでも臭みはなく、しっかり熟成された旨味があり。

何の味か良く分かりませんでしたが、深みのあるスパイスも印象的でした。



豚フィレ・スービット:650円


スービットは真空調理法とのことで、特殊な火入れのよう。

なかなか見れないような綺麗なロゼの豚肉。
これだけ厚みがあってもしっとり柔らかく、肉自体に味は付いてないようで豚の旨味がはっきりわかります。

これも異常に安くて美味しく、毎日食べたいくらいです。


パンが美味しいことは分かってましたが、今度はサンドイッチに衝撃を受けました。

たいていのベーカリーだと、サンドイッチのフィリングは業務用だったり既製品で。
しかし、こちらの自家製フィリングは、ちょっとしたレストランでも食べれないような肉料理でした。



2015年6月4~7日
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ルルソール(目黒区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
かんな(世田谷区:カフェ)
ボブスリブジシロ(世田谷区:バー)
スドウ(世田谷区:パン)
プレジール(世田谷区:ケーキ)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
堀口珈琲(世田谷区:コーヒー)
袖ヶ浦フォレスト(袖ヶ浦市:レース)
いずみ食堂(木更津市:食堂)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2015/06/04 Thu 19:00訪問(17:00並び)
ブランジュリー パリの空の下

cIMG_5804.jpg
またまた東京旅行に行き、今回は三軒茶屋周辺で。
このお店のクロワッサンをもう1度食べたくて、そのために東京に来たと言ってもいいくらいです。

3月以来ですが、なんと現在こちらは火・水・木の19時開店という営業形態になったため、木曜の午後から会社を早退させてもらい、意地で来ました (;´∀`)

東京入りし、早いかなと思いつつ17時に行ってみたら、すでに7人並んでました。
全品食べたいところですが、さすがに食べきれないので、我慢して選りすぐって14個購入。

記事にするには多いので3回に分けて、この回はクロワッサン4種を。



クロワッサン:400円


今回クロワッサンを5個買う予定でしたが、4種類あったので1つずつにしました。

3月末にこのクロワッサンを食べて以来、どうしてもこの味が忘れられず。
そして今回しっかり味わって確信したのが、これが僕の人生で最も美味しいパンになるのだろうと。

これまでクロワッサンはいろいろ食べてますが、このクロワッサンは何もかもが違います。
これを基準にすると他店のクロワッサンはもう食べれないので、これは特別なパンと考えることにします。

前回から100円値上がりしてますがまだ安い印象。
重量的にも他のお店の倍はあるし、味は倍以上の違いがあると言って過言ではないレベルです。



クロワッサン・ブール:450円


バター増量バージョンのよう。

ノーマルでもバターがジュワっとたっぷりですが、こちらはさらに凄く、手や口の周りがテカテカになるほど。
バターが多いからかサクサク感も増してます。

ノーマルの方がバランスが良いですが、1個しか食べれないならこちらかなという感じです。



クロワッサン・フロマージュ:550円


チーズのクロワッサン。

かなり濃厚なチーズで、コクが強くて香ばしさを感じます。
最初はクリームチーズを入れている物かと思ったのですが、表面はパルメザンで、中は良く分からず。

チーズ自体も一般的なものとは違い、全ての素材が良さそうです。



クロワッサン・ジャンボン:550円


ハム入りのクロワッサン。

この手のものはあまり好きでないですが、ハムが衝撃的な美味しさです。
生ハムを調理しているのだと思いますが、ハムだけで買いたいほど美味しいです。

クロワッサンにハム1枚入って150円増なので割高に感じましたが、むしろ割安でした。


このお店のクロワッサンを食べに東京まで来て、充分にその価値があったと実感。

が、それは大きな勘違いで、クロワッサンはこのお店の凄さの1つでしかないと知るのでした。



2015年6月4~7日
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ルルソール(目黒区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
かんな(世田谷区:カフェ)
ボブスリブジシロ(世田谷区:バー)
スドウ(世田谷区:パン)
プレジール(世田谷区:ケーキ)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
堀口珈琲(世田谷区:コーヒー)
袖ヶ浦フォレスト(袖ヶ浦市:レース)
いずみ食堂(木更津市:食堂)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム