FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

港北食堂(横浜市緑区) 

2019/12/24 Tue 7:00訪問
港北食堂(東名上り港北PA)


クリスマスイブのこの日は早朝から車で東京行き、港北PAにてトイレ休憩ついでに軽く食事を。
東名上りでは最後のパーキングになるためか、平日朝でも満車レベルの賑やかさでした。



メニューは横浜〇〇みたいな、ご当地メニューや地元食材を使った料理が多め。
定食・丼物にラーメンと種類豊富で、朝6時から全メニュー対応のよう。



はまぽーくメンチカツ定食:860円

ご飯はワカメご飯にできるとの事で、よく見たら大盛り無料の文字も。
ソースは受け渡し場所でかけていくシステムで、味が分からないので控えめに。


はまポークというブランド豚なのだと思われますが、さすがにメンチでは分からず、野菜の味が強めに。
ただ一応揚げたてであり、もっと適当な物かと思ったものの、美味しく食べれるメンチカツではあります。

五十歩百歩な話ですが、学生バイトが調理しているファミレスよりは、高速道路PAの方が良い気がします。


スポンサーサイト



category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

焼肉レストラン 欣龍(愛知県田原市) 

トヨタの工場のなどがある渥美半島付け根の内海エリア。



敷地内にある看板に、焼肉とcoffeeの文字が並ぶ不思議な光景。
店舗も入り口が2つあり、焼肉屋と喫茶店が併設されるという珍しい造り。



入った方は喫茶店だったので、そんな感じのメニュー。
焼肉屋メニューも覗いてみたいところですが、たぶん昼は同じなのかなと。



田原牛と釜揚げしらすビビンバ丼:1045円


ドカッと大根サラダ。
見た目の量で言えば、普通の茶碗1杯以上あり。



スープをビビンバに少し入れ、調整しながらどうぞとの事。



田原牛にシラス、温玉、キムチにナムルのビビンバ。
こちらもご飯の量が多く、1合以上はありそうかなと。

で、言われた通りスープを入れてグチャグチャに混ぜ、ガツガツと。

スープやキムチ由来の酸味がちょっと強めになるも、バランスとしては良い感じに、
シラスの存在理由は分からなくなりますが、ボリュームあってリーズナブルな印象でした。



スタンプラリーは全くペース上がらず。
まあ、その気になれば1ヶ月でイケるので、まだまだ余裕の6軒目でした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

たまに謎の高級食材が出る立ち飲み屋。



こちらが常時あるスタンダードメニューで、その他に日替わりが単品で30種ほど。



クエ

見た目のわりに脂が乗っている感があり、歯応えからはコラーゲンも感じ取れたり。



天然平目

上品で繊細な味わいの安定の白身。



天然ぶりトロ

ねっとりした脂乗りがクセを出して、少し苦手の方向の味かなと。



タコ天

つまみ的に、味や食感だけでなくサイズが良い感じ。



なめこ

表面はサクサク中はヌルッとで、なかなか面白い食感に。



舞茸、里芋

豊橋のマイタケ、新城のサトイモで、東三河が誇って良い食材です。



のど黒、春菊

なぜか気軽に食べれるノドグロ天ぷら。
ちなみに時価ですが、2切れでなんと500~700円です。



たら白子、牡蠣

こちらも時価で、それぞれ2個1セットで500円強、牡蠣はなぜか300円の時もあります。



和牛のカルパッチョ仕立て

魚の入荷が弱い時は簡単な肉料理も。



猪の塩焼き

地元近辺で食べたどの猪より良い仕上がりでした。


初めて来た頃はいつも1人でおとなしく飲んでたのが、最近では誰か必ず知り合いがおり、完全に1人のまま終わる日がなくなった今年の終盤でした。


category: へい吉

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天神屋 ドライバーズスポット(浜松市浜北区) 

2019/11/23 Sat 13:30訪問
天神屋 ドライバーズスポット(NEOPASA浜松上り)


この日は午後から車で東京に向かうというレアケース。
せっかくなので数ヵ所ある新東名のSAに寄り道しようと、まずは浜松から。

しかしフードコートに食べたいものはなく、ドライバーズスポットなる弁当などの販売や軽食、シャワー設備などもある施設にて、静岡おでんとやらを食べてみることに。

おでんはセルフ式で好きなものを選んでレジで支払い、イートイン・テイクアウトどちらも可能。



玉子焼き:123円
いわし丸ごとイカ墨入いわしくん:123円
しぞーかおでんバーグ:255円

品名はレシートの記載そのままに。
静岡おでんの名物が何なのか分からず、パッと見で珍しいものを3品。



ゆで玉子でなく玉子焼きは初めて見ましたが、ゆで玉子の方が合うだろうなと。
練り物はイワシの臭み強めでイカ墨風味、ハンバーグはそのままハンバーグ。

どれも不味くはないですが、別におでんにしなくて良いかなという印象。
ただ、静岡おでんはつゆが黒いと聞いてたので、本家とはちょっと違うのかもしれません。

なお、味噌と青のりをつけて食べるのがスタンダードだそう。
味噌はいわゆる名古屋仕様で、青のりは何となくイワシ臭さがあったような。

まあ、もし静岡市に行ってもおでんを食べる事はないので、記念になりました。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

条件不問で気軽に行ける飲み屋。



立ち飲み屋にしては圧迫感もなく、長時間いても疲労感なく、最長5時間滞在した事があります。




へい吉セット

看板メニューとなる、日替わりの刺身&天ぷらの盛り合わせで700円。
このセットと1〜2杯飲めば、ウォーミングアップでもシメでも成立。



刺身盛り合わせ

少しでも劣化の臭みを感じる生魚はタダでも食べませんが、今のところこちらでそれを感じた事はなく。
奥の塩ダレきゅうりも、お通しポジションや箸休め的に良い感じ。



魚天盛り

その日の入荷で内容が変わるので、季節感も味わえて。



季節の天ぷら盛り

野菜中心でももちろん季節感を。



吉天盛り

天ぷら10種盛りが1000円ですが、こちらは選りすぐり5種で1000円のメニュー。

天ぷらも刺身も1種1品ずつオーダーできますが、おまかせ的なセットで何が出るかも楽しめたり。



酒のアテ盛り

日本酒飲むならこれだけで良いです。



燻製バージョン

好みの問題ですが、個人的にはこちらの方がオススメ。



海鮮丼

ハーフサイズくらい。



海鮮丼

日によって内容がガラリと変化。



牛スジ丼

他にご飯物は天丼、とろろ飯、TKGなどあり。
飲み屋なので1ドリンク制ですが、これらの食事のみ利用できる立ち食いカウンターもあります。


なお、当たり前であるべきですが、居酒屋系ではまだ少ない店内完全禁煙。
世の中のほとんどの飲み屋で美味しい物は食べられませんが、可能性があるのは完全禁煙のお店に限られます。


category: へい吉

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム