FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

毎日メニューが変わる立ち飲み屋。



刺身や天ぷらを気軽に一品ずつオーダーできる珍しい飲み屋です。



生ホタテ
さすがに養殖ですが、個人的に唯一好んで食べる貝類です。



ホタテ天ぷら
生よりも天ぷらの方が良く、右側は練りウニ入りでコクもプラス。



椎茸カマンベール
基本的に単品天ぷらは日替わりメニューですが、これは定番商品として常時ラインナップ。



ささみ梅肉
プロテインとクエン酸補給。



タコ
いつもあるわけではないですが、今のところ安定して一番良いです。



天ぷら10種盛り
内訳はエビ以外は日替わりですが、10種と言いつつ12種乗ってきてたったの1000円。



ある日の10種盛り
牡蠣や目光や黒ムツやら、たまにトチ狂ったサービス受けます。



安納芋
デザートポジション。



たまに名古屋に酒を仕入れに行くとの事で、ワイマーケット少し置いて貰ってます。
立ち飲み屋で1000円値付けの缶ビールを飲むヤツも他にいないので、誰も知らない裏メニューです。

おそらく三河エリアの飲み屋では唯一、ちゃんとした料理が食べれながらワイマが飲めるお店となりました。


スポンサーサイト



category: へい吉

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

もく(愛知県田原市) 

どんぶり街道にて連続カツ丼。



基本はお好み焼き&焼きそばが主力の大衆食堂で、どんぶり街道メニューはソースカツ丼。
カツ丼は味噌カツや玉子とじにも変更可能なようですが、オススメはソースカツ丼になるよう。



ソースカツ丼:1188円

豚コレラをまぬがれた田原ポーク使用。


ご飯の上にキャベツを敷いて、ソースをくぐらせたロースカツ1枚オンの長野駒ヶ根式。
広く浅い器ですが、ボリュームとしては平均以上で、見た目にもインパクトあり。



肉もしっかり厚く、しなやかでジューシーな肉質。
脂身はけっこう多めですが、融点低めの脂質はしつこさなく、ほんのりした甘みある味わい。

優しい酸味ある自家製と思われるソースは必要以上に主張せず、衣にくぐらせても粗めのパン粉もありサクサク感を失っておらず、ソースカツ丼として普通に美味しいなと。



スタンプラリーではなく、年1くらいなら普通に食べに来ても良いくらいの、どんぶり街道8軒目でした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

ハマる人間続出中。



メインは天ぷらと刺身ですが、季節に合わせた一品料理も秀逸。



月見新玉

冬に新玉ねぎ。
辛みが強めも、ジャキジャキとみずみずしさのある食感が良いです。



餅のおでん

おでんは定番の具材は常時ラインナップされ、サラッと炭水化物補給に餅を。



牡蠣のおでん

これは季節もので、別で仕込んでますかね。
牡蠣そのものも良いですが、出汁を取られたつゆも良い感じに。



大根天ぷら

おでんの大根を揚げる力業で、熱々にも程がある仕上がりに。



豚がらポン酢

ガッツ補給。



味噌煮

牛スジメインに具沢山のどて煮。
八丁味噌、みりん、砂糖のシンプルな味付けにて。



猪煮込み

こちらもたまり醤油でシンプルに。
仕入れ先は謎ですが、今のところ猪肉は三河で食べた物で一番良いです。



猪カレー

普通に固形ルーですが、猪肉たっぷりナメコたっぷりで魅惑的な仕上がりに。



こちらにも僕専用ビールが。


煮込み料理が良い季節になりました。


category: へい吉

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

港北食堂(横浜市緑区) 

2019/12/24 Tue 7:00訪問
港北食堂(東名上り港北PA)


クリスマスイブのこの日は早朝から車で東京行き、港北PAにてトイレ休憩ついでに軽く食事を。
東名上りでは最後のパーキングになるためか、平日朝でも満車レベルの賑やかさでした。



メニューは横浜〇〇みたいな、ご当地メニューや地元食材を使った料理が多め。
定食・丼物にラーメンと種類豊富で、朝6時から全メニュー対応のよう。



はまぽーくメンチカツ定食:860円

ご飯はワカメご飯にできるとの事で、よく見たら大盛り無料の文字も。
ソースは受け渡し場所でかけていくシステムで、味が分からないので控えめに。


はまポークというブランド豚なのだと思われますが、さすがにメンチでは分からず、野菜の味が強めに。
ただ一応揚げたてであり、もっと適当な物かと思ったものの、美味しく食べれるメンチカツではあります。

五十歩百歩な話ですが、学生バイトが調理しているファミレスよりは、高速道路PAの方が良い気がします。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

焼肉レストラン 欣龍(愛知県田原市) 

トヨタの工場のなどがある渥美半島付け根の内海エリア。



敷地内にある看板に、焼肉とcoffeeの文字が並ぶ不思議な光景。
店舗も入り口が2つあり、焼肉屋と喫茶店が併設されるという珍しい造り。



入った方は喫茶店だったので、そんな感じのメニュー。
焼肉屋メニューも覗いてみたいところですが、たぶん昼は同じなのかなと。



田原牛と釜揚げしらすビビンバ丼:1045円


ドカッと大根サラダ。
見た目の量で言えば、普通の茶碗1杯以上あり。



スープをビビンバに少し入れ、調整しながらどうぞとの事。



田原牛にシラス、温玉、キムチにナムルのビビンバ。
こちらもご飯の量が多く、1合以上はありそうかなと。

で、言われた通りスープを入れてグチャグチャに混ぜ、ガツガツと。

スープやキムチ由来の酸味がちょっと強めになるも、バランスとしては良い感じに、
シラスの存在理由は分からなくなりますが、ボリュームあってリーズナブルな印象でした。



スタンプラリーは全くペース上がらず。
まあ、その気になれば1ヶ月でイケるので、まだまだ余裕の6軒目でした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム