雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

寶舎(愛知県豊川市) 

国道151号沿いの一宮町エリアにある食堂。



寶舎の読みは「たからや」です。

10年ほど前に1度行った記憶がありますが、良く覚えてないので改めて行ってみました。
比較的こじんまりして、テーブル席とカウンター席だけの喫茶店風のお店です。



メニューはそれほど多くなく、他にラーメンなど中華系もあり。
単価は大衆食堂としては高めな印象です。



ねぎたっぷり八丁味噌 とんかつ定食:1150円


その名の通りの1品。



当店自慢 豚生姜焼定食:1050円


自慢の品は大きめなスライス。



肉はわりと良い物を使っているようで、厚みがあっても柔らかくジューシー。
サラダ、自家製と思われるコーンドレッシングもちゃんとしてます。

2品だけの印象ですが、味付けは濃いめで甘めな仕上がりで、タレだけでご飯食べれそう。
味噌汁だけ出汁が弱くお湯割りっぽい感じですが、たまたまか、意図的にバランスを取っているのかもしれません。

けっこう良い物を食べれそうな感じで、ペラペラな固い肉のトンカツで800円とかよりもコスパは良いと言えます。

味付けの好みが合えば、なかなか良い食堂だと思います。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

万吉食堂(愛知県豊田市) 

2017/02/11 Sat 16:30訪問
万吉食堂


ランチに続き、この日の最後もデカ盛り店へ。
最後の予定ではなかったのですが、最後になりました (;´∀`)

飲み屋系のテナントの並ぶ1軒で、こちらも元は居酒屋だったのか、看板にうっすらと名残が見えます。



いかにも大衆食堂という豊富なメニュー。


そして、Wの衝撃なる大盛りと、すり鉢を丼にしたデカ盛りメニュー。

とりあえず今回は、個人的なマニュアル通りカツ丼で。



すり鉢カツ丼:1300円


みそ汁の器と比べればだいぶデカいですが、すり鉢はテーパー強い形状なので大したことないかなーと。


玉子はカツにとじてなく別々で、玉子・カツ・ご飯の3段階な感じ。


カツは2枚ですが、ダブルの衝撃でも2枚で、すり鉢ではご飯の量が多くなるようです。
普通のロース肉で、玉子を絡めてないので衣のサクサク感は多少あり。



玉子には出汁は入ってやや甘めの仕上がり。
そのままでも食べれそうな味付けなので、これなら別々にしても良いのかなという感じです。



ご飯は2合あるかないかくらい。ツユダク気味で食べやすく。



まあ、だいたいカツ丼2杯分なので問題なく食べれ、デカ盛り食堂としては味も良いです。

しかし、体調が悪かったのか結構ダメージあり、すぐ隣のラーメン屋に行く予定が中止に。
すり鉢ではなくダブルにして、ラーメンのハシゴが良い流れかと思います (;´∀`)



2017年2月11日
椿ベーカリー(豊田市:パン)
椿ベーカリー
チャタリー(豊田市:モーニング)
三浦家(豊田市:デカ盛り)
ヴィンセントコーヒーハウス(豊田市:コーヒー)
ベベ(東郷町:ケーキ)
ベベ
べべ
万吉(豊田市:デカ盛り)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

のざわ屋食堂(愛知県豊川市) 

国道151号の一宮町エリアにある老舗店。



昔は旅館もやっていたと記憶してますが、1年半くらい前にリニューアル。
焼きトンカツとかまど炊きご飯を看板にしており、店内入ってすぐの所で、かまどご飯が炊かれています。



揚げないトンカツがメインですが、揚げるエビフライや天ぷらもあるよう。


大衆食堂系ではなく専門店系なので、メニューは少なめで値段もそれなり。



焼きとんかつ定食:1404円

ご飯とキャベツはおかわりOKだそう。


細かなパン粉は付けられてますが、揚げずに焼かれた・・カツと言うのか?


厚みはそれほどないもののサイズとしては大きめ。
ロースらしい脂身のつき方で、特に柔らかい感じはないですが、ジューシーさはかなりあります。

揚げ物のような油っぽさはなくても、油自体はそこそこ使われていると思われ、あっさり感はなく。

初めて食べましたが、「トンカツ」という概念で言うと良くも悪くもあるものの、好みが分かれるという感じでもなく、誰でも美味しく食べれるかなという印象です。



なお、お酒を飲むなら、すぐ後ろにある屯屋(たむろや)が良いです。
何でも、のざわ屋食堂と屯屋の店主さんは兄弟だとか?



個人的な揚げ物ランキングでは、密かにこちらが豊川ナンバーワンです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

まつき食堂(静岡県沼津市) 

2017/01/08 Sun 17:15訪問
まつき食堂


沼津には以前から行ってみたいトンカツ屋さんがあり、夜営業の開始まで時間を潰して行ったものの、どうやら昼で売り切れ終了したらしく本日終了の看板。

失意のまま引き返すと、1つ横の通りに良い感じの食堂があり思わず入ってみました。

店内はそれほど古びてないものの、店主さんはかなり高齢。
他に、お茶や料理の配膳をしてくれたオバちゃんがいましたが、お店の方ではなく常連客っぽいです (;´∀`)



メニューは和洋中なんでもあり。


これだけのメニューを本当に1人で対応できるのかと、いらぬ心配も。

で、オーダーしましたが、耳が遠くてなかなか聞こえず (;´∀`)
3度ほど念を押すようにやり取りし、その後にメニュー表を見直されてた時には、これはガチでヤバイぞと・・

正直、ボケてるのでは?と思いましたが、それはそれで旅先の食事として思い出になるかと。
違う物が出てきても良し。忘れるとか遅すぎるとかでなければ何でもいいやと、ドンと待つことに。

で、2人で3品オーダーでしたが常識的な待ち時間、なおかつ3品同時に仕上げての提供でした。



かつ丼:750円

蓋がされてましたが、開けた瞬間に「あ、これはきっと美味い」と感じました。

肉はロースで、さすがに質は良くないですがちゃんと下処理されており、衣も香ばしく。
玉子は半熟加減で、カツへのとじ方も半々くらいに調整され、出汁ツユは薄味ながら存在感もあります。

丼ぶりではなくおひつ型の器なので、ご飯の量も普通のお店の大盛りレベル。
さらに味噌汁・お新香付きで、味噌汁もちゃんと出汁から取ってます。

大衆食堂のカツ丼で、質・量・値段の補正をかけると、かなりの上位でした。



五目焼きそば(大):900円

麺は業務用2玉。野菜たっぷりで、さらにハムエッグとチャーシューのトッピング。
黄身がほぼ生の仕上げも好印象、両サイドのカラシと紅ショウガも絵的に良い感じです。


あ、ボケてるとか思ってスイマセンでした (;´∀`)
完全にプロの仕事でして、近所に欲しいお店です。

さらに驚いたのが、帰り際に「今から豊橋まで帰るの?気を付けてね」と。

いやー参りました。
入り口前に駐車しており、ちゃんとナンバーをチェックされてたようです。

ちょっとギャップにヤラれすぎた部分もありますが、とても良いお店でした。
次回はトンカツ屋さんに行った後でも、また行ってしまう気がします (´∀`)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

なかむら家(沖縄県那覇市) 

2016/11/26 Sat 17:30訪問
なかむら家


那覇に戻り、夜は居酒屋系の沖縄料理店へと。
国際通りからは外れてますが、観光客だらけのエリアにありながら日曜祝日定休日の良さそうなお店です。

少し早い時間でしたが、カウンターには常連さんらしき方たちで良い感じ雰囲気でした。



カウンター席の目の前には新鮮すぎる魚がオーダー待ちしてます。

メニューは家庭的な沖縄料理がメインで、ちょっとコース風にオーダーしてみました。



オリオン生:450円

ちゃんとした中ジョッキで安いです。


海藻盛り合わせ:600円

沖縄はシンプルな美味しさのものが多いですが、海藻は特に良いです。
そのまま食べれるものこそ、素材の純粋な美味しさが良く分かります。



豆腐よう:400円

ネチッとまとわりつく食感で濃厚な味ですが、味としては豆腐ではなく酒です。
1口サイズですが、4等分くらいにして少しずつ味わうものなのかなと。

初めて食べておおむねイメージ通りでしたが、知らない人はうかつに頼んではいけない物です。



天ぷら盛り合わせ:600円

揚げたてでも不思議なしっとりした食感。
素材そのものの良さもあり、ツユなしで食べた方が美味さを感じられます。



ソーミンチャンプルー:500円

真夏以外に食べる機会の少ない素麵ですが、この手があったかと。
今回の旅で食べた中では唯一、愛知県のスーパーで材料を買って自宅で作って、同じ味が出せそうな沖縄料理です。



菊の露:600円

ビール2杯のあとは泡盛を。


菊の露古酒:800円

同銘柄の古酒バージョンもあり、味比べができます。


マース煮:1000円

魚料理はその日に入ったものや調理法による時価ですが、だいたい千円前後のよう。
初めて食べるマース煮をオーダーし、おまかせの魚は名前を聞いたものの忘れました。


マースとは塩のことで、要するに魚の塩煮。
塩焼きはどこにでもあるものの、塩煮というのは珍しい印象です。

醤油を入れず塩だけで煮るので、臭みあるのかなと思ったら、白身魚もあってか全くクセがなく。
ほぼダイレクトに魚の味が出るわけですが、魚好きではない僕でも美味しいと感じられました。

ついでに豆腐もやけに美味いです。



なかむら揚げ:500円

デザートに店名をあしらわれた料理を。


すり身を揚げた物ですが、この手のものには珍しいオーダー後に揚げての即出し。
練り物特有の不自然な甘みがなく、魚の味がしっかり感じられます。


ごく普通の家庭料理ですが、どれもとても美味しいです。
値段も安く、居酒屋系のお店で初めて全メニュー制覇したいと思いました。

次回の那覇滞在では、夜は毎回こちらで良いかなと思わせるお店でした (´∀`)



2016年11月23~27日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ルキュイップ(那覇市:パン)
てぃあんだー(那覇市:沖縄そば)
いしぐふー(那覇市:沖縄そば)
富士家(那覇市:沖縄ぜんざい)
歩(那覇市:サーターアンダギー)
ジェラ沖縄(那覇市:ジェラート)
琉球珈琲館(那覇市:コーヒー)
ヘリオスパブ(那覇市:バー)
さかえ(那覇市:山羊料理)
ぎぼまんじゅう(那覇市:和菓子)
金城ダム(那覇市:ダムカード)
首里そば(那覇市:沖縄そば)
てんtoてん(那覇市:沖縄そば)
すーまぬめぇ(那覇市:沖縄そば)
ランヴォール(那覇市:ケーキ)
キングタコス(金武町:タコライス)
ゲートワン(金武町:タコライス)
本部半島(サイクリング)
宮里そば(名護市:沖縄そば)
きしもと食堂(本部町:沖縄そば)
新垣ぜんざい屋(本部町:沖縄ぜんざい)
ダチョウらんど(今帰仁村:ダチョウ料理)
羽地ダム(名護市:ダムカード)
我部祖河食堂(名護市:沖縄そば)
名護曲(名護市:沖縄料理)
金武ダム(金武町:ダムカード)
漢那ダム(宜野座村:ダムカード)
倉敷ダム(うるま市:ダムカード)
うるまジェラート(うるま市:ジェラート)
なかむら家(那覇市:居酒屋)
亀そば(那覇市:沖縄そば)
キリンビア&スナック(那覇市: バー)
沖縄の市場
沖縄の野菜・果物
沖縄の惣菜
沖縄のお菓子
じゅーしぃ
ポークたまごおにぎり
オリオンビール
ヘリオスビール
泡盛


category: 沖縄

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_なかむら家(沖縄:居酒屋) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム