FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

キッチン山田農園(愛知県豊橋市) 

豊橋の魚市場の近くにある喫茶店風の食堂。



場所柄ゆえにか、朝5時からランチタイムまでという営業形態。



なぜか農園の店名ですが、カレーメインの大衆食堂になるよう。


19937572 (2)
メニューはカレーor定食or丼物で、他に限定メニューや、パン&コーヒーみたいなモーニングもあるよう。

500円の丼物が気になるところですが、初訪問なのでイチオシと思われるカレーから。



ヤングマンカレー:850円

まあ・・そうしますよねと。


業務用っぽいものでなく、スパイスそのものも見られ、いろいろと香ります。
ベースは穏やかな印象ですが、果実味ある酸味にときおりピリピリする辛み。

チャラいカフェ系のスパイスカレーのようなパンチはなく、逆にわざとらしさも感じず。



ヤングマン大好きな焼肉と目玉焼きトッピング。
しかし焼肉は玉ネギが大半を占め、これはリアルヤングマンは納得しないのではないですかね。

あ、僕は気持ちはヤングマン、実際はジェントルマンなので大丈夫です。


IMG_0170 (2)
お店のご夫婦にサイクリストオーラは感じませんでしたが、壁にマニアックな手書きのイラストも。

メニューの方も場所柄なのかカロリー高めなガッツリ系メニューが多く、朝練前後に最適です。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

せきの(静岡県沼津市) 

2019/06/18 Tue 8:45訪問
せきの


漁港でもう1軒。
以前にも来てますが、麺類・ご飯物メニューも豊富な観光客対象でない感じの大衆食堂へ。



しかし、案内の方は存分に観光客を意識されており。



地鯵丼:950円

沼津に来たらアジでしょの案内に沿って、一番人気メニューの丼物を。
しかし丼ではなく皿盛りで、なんかチャラいなーと。



おろした刺身と揚げた骨で、1匹分になるのかなと。



食感はグニッ・プリッとして引き締まった感じに。
味の方はクセもなく淡白な印象ですが、醤油ベースの味付けがやけに良く、とても美味しく感じられます。

あまり気乗りしないオーダーでしたが、前回のアジフライよりも好印象で、また食べても良いかなくらいでした。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

丸勘(静岡県沼津市) 

2019/06/18 Tue 8:30訪問
丸勘


この日は自転車で東京行き。
途中寄り道して、沼津漁港の「みなと新鮮館」という、いくつかの飲食店・物販店が入った施設の食堂へ。



社長さんがオタクのようですが、ここまでイッちゃってるお店は他にないかなと。



メニューは海鮮の丼物中心で、全体的にリーズナブル。
オーダー時にある言葉を言えば大盛り無料になるという話ですが、やめておきました。



漬けサーモン親子丼:900円

メニュー写真には「うゆとろ漬け」と書いてあるのですが、そんな言葉はないと思われ、文字切れ?


イクラもサーモンも軽く醤油漬けされており、イクラはプチプチと、サーモンは脂も乗ってねっとりと。
ボリュームは控えめで、飲み物のようにサッパリといけます。

無難に置きにいく感じでのオーダーで、無難に美味しい海鮮丼を食べられました。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

山田かん食堂(愛知県豊橋市) 

豊橋の広小路にある大衆食堂。



ビールイベントの時に行ってみました。



揚げ物メインなメニュー表。



この日はサービスメニューがあり。
パッと見で、3種を少しずつの合い盛り定食のつもりでしたが、どれか1品を選ぶ形でした。



チキンカツ定食:600円

思っていた事と違ったのであわててチキンカツと言ってしまいましたが、良く分からないイソアゲにすれば良かったなと。


まあ、普通にチキンカツですが、お値段からは満足いく内容。

またいつかイソアゲを食べに行こうと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

多々羅しまなみ公園(愛媛県今治市) 

2019/05/06 Mon 14:30訪問
多々羅しまなみ公園


10日間のGW旅行、いよいよラストの食事は、あえて道の駅の施設内で。
いつも車を止めさせていただいてる施設なので、買い物だけでなく食事もしておこうと。

独立した建物の広いレストランで、大きな窓からは海が見える造りになっており。



幻の高級魚と銘打たれた「マハタ」という魚が売りのよう。
もちろん食べたことないどころか、初めて名前を聞きました。



マハタにぎり御膳:1850円

単価を上げるためか抱き合わせみたいなメニューしかなく、軽く迷って、血迷って寿司セットを。


生け簀で泳いでた魚は真っ黒で気持ち悪い見た目でしたが、ずいぶん綺麗な白身と血合い。
これはひょっとして魚そのものも、寿司としても美味しいのではないかと思った第一印象。

ちょっと繊維質のようなジャキッとした噛み応えがあり、プリプリよりはシコシコしたような弾力。
味の方はクセがなく淡白で、しいて言えば甘みを感じることはできるかなと。

変な味がしないので問題なく食べれましたが、魚は脂肪分がなくパサついたような感覚があり、酢飯は普通に乾いた感じでパサついてました。

当然の観光施設クオリティでしたが、義務感で今後も時間さえ合えば旅のラストはこちらで〆ようと思います。


category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム