FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

タイマーケット 

タイ料理の冷凍品を取り寄せてみました。



通販用として、実店舗で作った物を冷凍されているようで、湯せんで解凍できる仕様。

10種類の料理があり、5品を自由な組み合わせで選択できるシステム。
料金は冷凍便の送料込みで3980円(税込)と、リーズナブルではあるかなと。



ガパオライス

調理しない事に意味があるので、目玉焼き作らずに生卵トッピングで。
ピリ辛さ具合と豚ミンチの細かさで、マーボー食べてる感覚になったりもしますが、バジルの香りもそれなりに。



マッサマンカレー

ジャガイモと鶏肉は煮込み浅め。
ココナッツミルクの風味が強く、マイルドな甘みがジャスミンライスとぴったりハマる感じに。



グリーンカレー

こちらもココナッツミルクの風味が強く、辛さよりは少し甘さ勝ちに。



カオマンガイ

ライスはチキンの風味がしっかり染み込み、タレは生姜ガッツリきかせて辛めに。



トムヤムクン

これだけライスなし。
辛さはそれほど強くなく、痛烈な酸味とハーブの香りで押し込んで。


味の方は全体的にマイルドな印象。
そんなに期待して食べる物ではないですが、便利なので今後も常備しておこうと思います。


スポンサーサイト



category: グルメ

thread: お取り寄せ  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

タマヤパン 

先日、某スーパーにて食パンの試食販売があり、いわゆるマネキンさんが「保存料不使用、マーガリンやショートニングは含みません」みたいなアピールをされており。

そんな普通の事をアピールされてもなーと苦笑しつつ横を通ったら捕獲されてしまい、仕方なく買ってみました。



なにやら大阪の老舗のよう。
お値打ちと言いつつ300円以上でしたが、いまだ謎のブームが収まらない高級食パンの面々よりはマトモかなーと。

ちなみに高級や超高級を自称するって恥ずかしくないのですかね。

もし高級デパートとか高級レストランとかの看板を出してたら行きたくないし、もし自分で高スペックを猛アピールしてるヤツいたら関わりたくないですよね。

自ら超高級って・・・しかも数百円って・・・ひょっとしてネタなのかな。



で、こちらの原材料は・・
植物油脂入ってるじゃねーか!パーム油か?

いやー白々しいアピールにまんまと騙されちゃったぜー。

あと、国産小麦と自家製天然酵母もこだわりらしいですが、どちらも味にプラスでもなければ別に安全なわけでもなく、個人的にはマイナス気味であるとすら思ってます。



一応少し食べてみましたが、特徴を伝えるのは難しいタイプで、日々の食事用のパンとしては正しい形なのかなと。

まあ、毎日植物油脂の摂取はあり得ないですけどね。

食パンは何が入っているか良く分からないので、近所の信頼できるこじんまりしたパン屋で買うのが一番かなと思われます。


category: グルメ

thread: パン  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

小豆島のオリーブそうめん 

昨年の秋ですが、小豆島のなかぶ庵というお店で買ったものを、ようやく食べました。



オリーブそうめん。

生そうめんが有名なお店で、なかなか美味しかったです。
オリーブそうめんの方も生タイプがありましたが、当然ながら両方とも冷蔵商品で、自転車のため持ち帰れず乾麺を。



手延べによる製造で、自家製のオリーブを練りこんでいるとの事。色は着色のようです。

「オリーブ入りのそうめん」と聞くとキワモノのイメージですが、普通のそうめんは原材料に油が入っているので、オリーブオイルが入っていてもおかしくない、むしろ良い印象です。



グリーン。


ピンク。

風味の方はほとんど分かりませんが、多少コシと言うか、むっちりした弾力がありました。

小豆島も来年くらいにはまた行きたい所です。


category: グルメ

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

年越しそば:その3 

最後は日本蕎麦を。

"美味しさ"とはいろんな要素から成り立ってますが、やはり五感で感じるものです。
順番と重要性で言えば、味>>>香り>>>>>>>>>>食感>>>>見た目>>>>>>音くらいかと。

麺なんかでは食感が最重視の人も多そうですが、僕は食感よりも断然香りを重んじます。

で、一通りくらいは有名どころの蕎麦を食べましたが、最もそばの香りが良いのは越前そばでした。



年数回取り寄せてます。


実店舗は観光客対象の大きな施設で、いかにも危険な感じながら何食べてもハズレません。


二八ではないと思いますが、原材料はそばの方が多いです。


香りが良い麺なら「つけ」か「ぶっかけ」の汁少なめで食べるのが、香りを損なわなくて良いかと。
辛みのある大根おろしも薬味として良く合います。



これで今年も締まりました (´∀`)


category: グルメ

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

年越しそば:その2 

今年は油そば・まぜそばを研究してみようと、記事にしてない店も含めていろいろと食べてみました。

そして、残念ながらベストは歌志軒でした (;´∀`)


header_convert_20161229092314.jpg
残念と言うのも失礼ですが、チェーン店ですからね。
しかも、すさまじい勢いで50店舗くらいに増殖中らしいです。

それは万人受けするような美味しさであると言え、今日入ったバイトでも作れるような物であるとも言えます。

そんな感じの物なので、自宅調理用のテイクアウトや通販もあり、取り寄せてみました。



袋入りの生麺。


タレ、具材はメンマと刻み海苔。


誰でも簡単に作れます。


真っ黄色な麺は小麦は一切香らず、反発感のある歯応え。
ややパンチ不足とも言える油タレは、トゥルンとした気持ち悪い滑らかさを出して。

残念ながら美味いです (;´∀`)

いろんなお店で油そば・まぜそば食べましたが、とりあえず作ってみた感のある物や、凝りすぎた職人系のものを食べると、こちらのシンプルな物に洗練された完成度を感じてしまいます。

あ、あくまで汁無しラーメンというジャンルにおいての話であり、個人的にはジャンクフードの認識です。

料理として美味しいわけではありません (・∀・)


category: グルメ

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム