食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

旧に倍して 

久しぶりにアレの事を語ろうと思います。

かれこれ半年くらい顔を合わせてないんですよ。

ますます髪の毛が少なくなってたり、あるいは、なぜか多くなってたりして。

えーと、たしか「エース」と呼ばれてましたっけ?

それで、こっちは「下僕」という扱いでしたっけ?

そんな感じだったと記憶してます。

エース・・ねぇ・・・

あれ?アイツの本名なんだったかな・・・

いろいろ忘れちゃったなあ。

んーと、有名大学を首席卒で、犯罪レベルの年下である美人妻がいて、バカ高い枠の自転車持ってるんだっけ。

ってマジか、それはスゲエな・・・

なるほど、そういう事か。

そりゃあ、そんなヤツがただ者ではない事は間違いない。

でもねぇ・・・

だからってエースとか名乗って、周りの人間を下僕扱いはどうなんですかね。

たいした神経です。

現在も、僕だけが彼らと顔を合わせてないだけで、相変わらずみたいですよ。

ええ、相も変わらず「エースと下僕」とか言い合って、挨拶は土下座でしたっけ?

ハァ・・まったく・・よくやるわ・・・

え?

これ振りなのって?

ああ、ここで「痛恨のエース遭遇」とか言って土下座するパターンとか?

それは、僕もそういう絵を出して喜ばれるならそうしたいですよ。

いわゆるお約束は、ちゃんと守りたいですよ。

でも、もうそんな気はサラサラないのですよね。

もしエースに会っても「おう、エース」くらいしか言わないです。

つまらないヤツだと思われるでしょうが、それが僕の本心なので仕方ありませんよ。

そもそも挨拶が土下座って・・・

いったい何であんな事をしてたのですかねぇ。

まあ、当時はさぞかし楽しかったのでしょうね。

実際に楽しかった思い出もたくさんありますし。

でも、だからと言って、人はいつまでも同じままではいられません。

もう僕は、あの頃とは心技体の全てが違いすぎるのです。

僕は急成長しすぎ、進化しすぎました。

だから今はどうなんだろう。

アイツと話があうのかなぁ?

あんな低レベルにまで自分を落としめて付き合っていけるかなぁ?

もう以前と違いすぎて、ギクシャクするのではないかと不安です。

そうなると、このまま合わないで楽しかった思い出だけ残そうかとも考えてしまいます。

うん、それがベストかな。

でも、そうは言ってもねぇ・・・

でも、そうは言ってもねっ! (たいへん長らくお待たせしました)



彼にはずいぶんと世話になったのも事実。

返すべき恩は返す、世話になったら礼をするのは人として当然のこと。

できる範囲のことで、それが相手の望む事であればなお良い。

なら仕方ないな。

テンションの低さは否めないし、嫌々やってる感丸出しかもしれませんが・・・

まあ、その辺はご容赦ください。

じゃあ、サラッといきますね。



せーのっ!










痛っ恨んぬおぉぉぉ エース遭っ遇ぅぅああああ!!!!!!!!!!!



フッ、土下座して満足しているようではまだまだ。



エース様に顔を踏んでもらえる。

これが一流の下僕です。 


スポンサーサイト

category: エースを讃える会

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

支配の法則 

2週間遅れになりましたが、屈辱の鈴鹿2位の懺悔の会が開かれました。


罪には罰が必要ですが・・


エース「反省はするべきだが、後悔はしなくてもいい。反省は未来に繋がるが、後悔は過去に縛られているだけだ」

との恩赦により、我々の罪は不問となりました (゚∀゚)神のヨカーン



萌え・エ・シャンドンで乾杯。



持つ者が持たざる者に慈悲の心を持ってこれを与える。

優れた人間は憐れな者を救う義務があると、彼は言う。


立派な思想と行為ですが、しかしこの図式は、支配と被支配の関係でもあります。



たとえ、くたびれた中年にしか見えなくても、エースは支配者なのです (`・ω・´)


そして翌日は、よその練習会を荒らしに。


支配の第一歩は優秀性を見せつけることから始まります。

とことん見せつけて、上に立ち、弾圧・粛清の徹底をします。



そして、自由を奪っておいてから与える。この繰り返しです。


我々には表現の不自由、信仰の不自由、思想の不自由が保証されるのです 人生オワタ\(^o^)/


category: エースを讃える会

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

考えるな、感じるんだ 

23日・日曜日、3連休2日目。
拘束され続けてのエース練・第2ラウンド。

前日より3人イン・1人アウトの6人で。



52万5千円の枠を念入りにチェックする、13歳下の嫁を持つ立命館首席卒の男。

前日に知多半島を制したので、この日は渥美半島。
まあ、渥美は東三河なので42年前の6月27日に制圧済みです。

で、特にテーマのないライド。
僕自身は自転車への違和感が続いてましたが、エースの姿をヒントに本来の形を取り戻しつつ。

無言で教えてくれるとは、さすがエース。
そして何より、それに気づいてしまう俺って凄い (・∀・)

そういえばこの日、エースは17歳と21歳の若者を呼んでいました。
よく分からないけど、やたらと若手を育成したがるのはロリコンの本能なのでしょうか・・

しかし、立命館首席にして全能を自負するエースも、「人に教える」というのは上手くない気がします。

自分は何でもできるから、やりたくない事は誰かがやってくれるから、できない人間の気持ちが分からない。
例えば、200kmを5時間以内で走れない人間を理解できない。

それでもアイツなりに頑張って教えているものの、エースからは「見て感じる」のが正しいのでしょう。

「言葉で教える」ことなら我が軍には得意な人間がいる・・・まあ、アル中ではあるが。

知識も経験も僕やエースよりはるかに豊富なので、初心者から中級者には参考になるかもしれません・・・まあ、アル中の言葉に説得力があるかは謎だが。

そう考えると、エース練はいろいろ学べる環境なのではないかな? 
なぜもっと人が集まらないんだろう。髪が薄くなったり、アル中になったりすると思われているのだろうか?



で、100km弱のエース練終了。


この日の備忘録 φ(`д´)メモメモ...

※やっぱり1人で走るほうが性に合う。
※いちごポッキーは究極の子供だましの美味しさ。
※王将のから揚げはフライドチキンぽくてチープで好み。
※エースの強さは漫画じみてきた。
※ロリさんが可愛いすぎて生きるのが辛い。


category: エースを讃える会

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 4   

一応の終止符に終止符を打つ 

Project Aceの話ですが・・

自分自身の目標が変わったため、みんなとは方向性が違ってしまいました。
現在は目標達成のために、自転車はどれだけ弱くなっても構わないという状態です。

が、高みを目指す集団において、弱いことは罪ではなくても向上心がないことは罪です。

やる気がないヤツは、確実に周りに悪影響を及ぼす。
それを自分がやるわけにはいかないと、そんな思いで袂を分かつことになったのです。

しかしその後、まとまりの無かったあのチームは、さらにそれを無くし。
看板を背負って出た先日の鈴鹿エンデューロも、エースの名を汚す結果に終わる。

これ、やっぱり俺がいないとダメか (・∀・)

どうやらエースも復帰を望んでいるらしい。
とは言え、もう辞める、やっぱりまたやる。これでは適当すぎて信用を失うのではないだろうか。

ここは、アイツが僕に頭を下げて復帰をお願いした、という形がベストかと。

なので、わざわざ神殿まで赴き・・・



限界まで頭を下げました。


22日・土曜日、3連休初日。
そんな経緯で、今年はもう自転車乗らない予定でしたが、復帰記念のエース練。

なんとエース練は約1年ぶり。
その1年前もデータを見ると練習といえるものでもないので、1年数ヶ月ぶりということに。



ふらっと知多半島制圧へ。

さて、だれかと一緒に自転車乗るのが1年ぶりであり、さらに半年ぶりに乗るロードバイクは、もう、違和感しか感じません。

そして久しぶりに見るエース。
後ろから見たら「あれ、コイツひとまわり大きくなったか?」という印象を受ける。

実際に背筋や臀筋が大きくなっているのかな・・・まあ、髪は薄くなっているけど。

あるいは、オーラ的なものでそう見えるだけかもしれない・・・まあ、髪は事実として薄くなっているけど。

40歳過ぎてもなお進化できるんだな。
もちろん退化している部分もあるのだろうけど・・・髪とか髪とか・・・あとは髪とか。



で、130kmエース練終了。


この日の備忘録 φ(`д´)メモメモ...

※ラン後の自転車は思ってたよりはるかにキツイ。
※130kmは4人だと短距離。
※二郎系でも、二郎寄りと二郎から離れているかで分類できる。
※ボジョレーが美味しいと思ったことはないけど、安いのはさらに美味しくない。
※いい夫婦の日はエース夫妻には関係ない。
※エース極悪。
※ロリさん可愛い。


翌日、2日目に続きます。


category: エースを讃える会

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

パーティーは終わらない  

昨日、若手の1人が25歳を迎えたということで、誕生会が行われました。

034_20140601110909714.jpg
17時、神殿集合。

033_20140601111302620.jpg
このチームは、全員集合どころか半分も揃うことがなかなかないので、少しでも頭数があれば記念撮影 (´∀`)

わざわざ家でもシューズカバーを履いて、壁画の前で52万5千円をアピール。 

何自慢だコレ (゜д゜)


そして11人で宴へ。

068_201406011121099ee.jpg

102_20140601112240304.jpg
我々の業界ではご褒美です。

いつものように、10人がかりで何時間もひたすらエースを讃えさせられるのですが、(あれ?今日って誕生会のはずだよな?) な、思いが我々につきまとう。


しかし、そこはエース。

098_201406011138534bb.jpg
バースデーケーキの用意が Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


メッセージプレートには、

095_2014060111385237e.jpg
どうしてこうなった!

しかし、いい大人が集まってアンパンマンはどうなんだろう。
そもそも僕は、このケーキを食べるどころか、フォークを入れることも心が痛んでしまう。


しかし、そこはロリ奴隷。

094_20140601113852ca6.jpg
「笑顔見ながらカット余裕でした (・∀・)」

まあ、いろいろ病んでいるのだろう・・・・


093_20140601114954832.jpg
誕生日の若手の感謝の気持ちは、

101.jpg
しっかりとエースに伝わり、

088_20140601115313df4.jpg
再び神殿に戻り第3ラウンド。


100.jpg
「誕生会」は日付を超えて、延々と続くのでした

駄目だこいつ・・・早くなんとかしないと・・・ (´・ω・`)


category: エースを讃える会

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム