食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ORIBE(愛知県豊橋市) 

初訪問以来にこちらへ。


20180204164806996.jpg
この周辺は開拓してみるとお店の選択肢はいくつかあり、豊橋では行きやすい方かなと。

こちらのすぐ近くに1度行ってみたい中華料理屋があるのですが、1人ではちょっと敷居が高そうで。
自分の方は平気なのですが、お店側がそうでない場合があったりして、フラッと入りにくいです。

何だかんだで1人だとラーメン屋が最も行きやすいのですが、逆にカウンターだけのラーメン屋に大人数で来る人たちの感覚はよく分かりません。



鶏白湯:750円

ヴァージョン2みたいなものもラインナップされてましたが、もう1度スタンダードで、選べるチャーシューは豚肩ロース。

焼豚、ロティという調理名も付いてますが、スービットのようなロゼ色の火入れ。
柔らかくしっとりして、周りは焼きの香ばしさもありなかなか良いです。

スープは前回よりも出汁感が強く、香味油がきいてどっしりしたコクに感じました。

調整なのか味ブレなのか、こういった違いも醍醐味になりえるかと。
いつも同じ味が良ければ、インスタント料理的なチェーン店がベストです。



替え玉:150円

今回はバジルにて。

麺だけ食べてみると思ったより全粒粉の風味もあり、混ぜれば分かりやすいパスタ風になり。
この麺をラーメンの器にドボンより、スープを少しずつこちらの器に移しながら食べるのが良いかもしれません。


20180205193226243.jpg
季節のまぜそば:950円

こちらも試しに。

20180205193233942.jpg
具材は羊肉のミンチがメインで、トマト、スクランブルエッグなど。

20180205193241971.jpg
こちらの麺は全粒粉が入らず平たくやや太めで、タレは底に適量。

羊肉はスパイシーな味付けで、そのまま食べるとクセを押さえつけている印象でしたが、混ぜ合わせて全体で食べてみると逆に独特の臭みがフワッと。

トマトは水分飛ばしている感じですが、食べてみるとこちらも逆にと言うか、強烈な酸味がガツンと。
さらにセロリもトッピングされ、クセだらけな食材ですが、なぜかどれも特出せず、わりと自然な感じに。


20180205193248831.jpg
3口ほどの追い飯が付きますが、無駄に?なのか麦入りでバターライス、葉物トッピング。

いやー、いちいち料理してます。


冒頭の話に戻りまして、行きやすい店って、得てして味の予想できるメニューしかないのですよね。

こちらは美味しいとか好みに合うかは別として、何やら予想外の物を食べれるラーメン屋です。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

支那そばや 日歩未(浜松市浜北区) 

2017/12/03 Sun 11:45訪問
日歩未(ひふみ)


続いて少し移動してもう1軒。

土日は通し営業のようで、そんなに混んでないので、このエリアの人気店としては使い勝手の良いお店ですが、こちら方面に来るのが久しぶりなので訪問も久しぶり。



しばらく来ない間に食券システムになってました。

メニューは変わらないようで相変わらず何でもありですが、1度食べてみようと思っていた担担麺を。



タンタンめん:850円


本場の辛さみたいな事が書かれておりビクビクでしたが、そこまでガツンと来るものではなく。
練りゴマからの風味がラー油の絡みをマイルドにして、ジワーッと来る感じ。



麺はシンプルな細麺。
加水も少なく余分な添加も少ない、原材料が小麦である事がちゃんと伝わる麺です。



肉味噌からの旨味成分がスープに馴染んでいき、だんだんと味わい深くなります。
あまりに良い感じなので、急遽ライスをオーダーしてぶっ込みました。


何か特別な仕様があるわけではないですが、美味しいラーメン屋の作る担担麺はこうなるんだなと言う印象。

まだ全メニュー食べてませんが、きっとまた担担麺にしてしまうと思います。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

麺屋AMORE(浜松市浜北区) 

2017/12/03 Sun 11:00訪問(10:45並び)
アモーレ


この日は浜北エリアにサイクリングしてラーメン屋へ。
1度行ってみたかった、大阪の有名店で修行された方が6月にオープンしたお店へと。

居抜きと思われますが、スーパーの駐車場出入り口に囲まれた一軒家の店舗。

凹の形でスーパーの敷地があり、そのくぼみ部分にお店があるような感じで、元の家主はいずれ出るならなぜこの土地を売らなかったのだろうと思わずにいられない立地です (;´∀`)



カツオを前面に出したスープが売りで、店の外にも強烈な匂いを放っており。

メニューは「バリ鰹」と「あっさり鰹」の2種類がメインで、この日はバリのみの提供でした。



特製バリ鰹らーめん:980円

トッピング違いの1種類メニューなので、提供は早かったです。


提供時は湯気も立たない状態で、意図があると思われますがヌルめのスープ。
食べる前からバリバリにカツオの香りで、飲んでもバリバリにカツオの風味がきます。

軽いトロミがあって豚骨の重みも加わるので、綺麗な味のスープではないですが、濃すぎないコクがあって、おおよそ写真を見てイメージしたとおりのカツオ出汁のスープ。



麺はちょっと太目の縮れた麺。
かなり黄色が強く、かん水多めによるコシはありますが、個人的にはちょっと添加物臭いかなと。

風味も食感も力強さはあるので、主張の強いスープに負けないバランスではあると思います。



特製メニューの具は、チャーシュー2種が2枚ずつと、味玉が丸1個。

鶏の方は柔らかさ・しっとりさ共に上限いっぱいなイメージ。
豚はスービットでのレア仕上げだとしても、ちょっと火入れが足らない印象はあり。

味玉は好みの半熟感、メンマにケミカルさはなく。
薬味のミョウガとカイワレの味や食感が、やけにスープや麺に合っていて好印象。


カツオを前面にアピールしているお店はないので期待してましたが、だいたいイメージ通りの美味しさ。
カツオ1本ではく、他とのバランスを取りつつカツオを押し出した感じで食べやすいです。

まだ余裕がなくやりたい事はできてないと思われ、またしばらくしたら再訪したいかなと思います。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

麺屋 空(愛知県豊橋市) 

10年以上前からある、豊橋でも人気のラーメン店ですが先日初訪問。



1度行ってみた事はあるのですが満車でヤメ。
幹線道路から脇道に入り、すれ違い困難な狭い路地にある面倒な立地なので、なかなか再訪する気にならず。

少し前に自転車で近辺まで行ったので寄ってみました。



基本メニューは塩or醤油で、そのアレンジ版がいくつかみたいな感じ。
ラーメンとの違いは分かりませんが、中華そば:400円なんてのもあります。



らぁめん(塩):700円

最初なので最もスタンダードっぽいものを。


比較的澄んだ感じのスープ。

魚介の風味がジワーッと広がって、塩ダレもキツさはなくあっさりめ。
化調らしさは感じませんが、わりと力強さのある味わいです。



麺はちょっと固いかなと思う仕上がり。
かん水多めで強いコシを感じられますが、個人的に好みではなく、スープとも合っていない感があり。



玉子は濃いめの味が付いており、炙りチャーシューは香ばしく肉自体にも旨味あり。
メンマはもろにタケノコと言った感じで、好みは分かれると思われる独特な食感と味の濃さ。


スープはナチュラルな風味であっさりめ、麺は加工された感が強め、具は調味料多めでジャンクっぽさありと、なにか不思議なバランスに感じました。

それでも、ところどころ惹きつけられる部分があり、自転車で近くに行けばまた寄るかと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

日本晴れ(愛知県豊橋市) 

岡崎の人気のラーメン店が、今年の2月に豊橋に2号店をオープン。



そろそろ落ち着いた頃かと最近初訪問です。



岡崎の方は行ったことがないのでメニューの違いは分かりませんが、豚骨スープがメインのよう。
ただ、純粋な豚骨ではなく、豚骨ベースのいろんなスープと言った印象。


醤油、味噌、鶏白湯、豆乳坦々麺、さらに八丁味噌バターコーンポタージュ仕立てとか謎の物もあり。

要するに何でもアリのファミレス的なラーメン屋のよう。

とりあえず最初は最もノーマルそうな物にしておきました。



セットメニューで餃子3個orたまごかけご飯が+150円。
両方なら250円、餃子+チャーシュー丼は350円と、何となくお得に感じるセットもかなり押している感じ。

ちなみにご飯はおかわり自由とのこと。


タレを入れてしまいましたが、ランニングエッグだそう。
ちゃんとしたエサを食べている鶏だからか、色も味も綺麗でした。



純とん:750円


スタンダードな白濁した豚骨スープ。

いかにも豚と言うようなエグい風味はなく、コクのようなものはあるものの、かなりマイルドな味わい。
たぶん豆乳が入っているのだと思いますが、クリーミーで穏やかな仕上がりの豚骨スープ。

そう言えばお店の内外も豚臭いということがなく、純・豚骨みたいな品名でも全然純粋ではないよう。
無鉄砲のようなガチ豚骨ではなくて、味は違いますが、例えるならスガキヤ的な豚骨"風"かなと。



麺は卵麺のようで、ちょっと色と風味があります。
ゴワゴワッとした口当たりと、グニッとするような弾力。



チャーシューは強めに味が付いており、メンマは量が多め。

紅しょうがはテーブル上に用意されているフリートッピング品ですが、やけに甘み成分が強め。
辛いよりは甘酸っぱいと言う感じで、これはこれで合う気もしますが、量は注意したほうが良いです。


万人受けなのか女性受けなのか、そういう方向性と思われ、マイルドな豚骨風スープらしきものを食べたいなら良いかなと思います。



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム