雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

浜田山(浜松市中区) 

2017/01/28 Sat 11:00訪問
浜田山


続いてラーメン屋へ。
店主さんは東京の有名店出身らしいですが、浜松は有名店の流れを汲むお店がやけに多い印象です。

人気店のようなので開店20分前くらいに行って7番目で、何とか一回転目で座れました。
テナントの店舗でL字カウンター9席ですが、外観も店内も洗練されており、落ち着いた雰囲気。



魚介豚骨のラーメン・つけ麺が基本のようで、トッピング別がいろいろと。
醤油と塩も一応ありますが、この配列からだと、初訪問なら魚介豚骨ラーメンを食べるのが正しいかなと。



豚骨魚介 味玉ちゃーしゅー麺:1200円

せっかくなのでフルトッピングで。


多少の事前情報がありながらも、軽く驚くほどのドロリとした粘性のスープ。
魚介は節よりも煮干しの風味が強く、豚骨からはコラーゲンはもちろん、どこかアミノ酸まで感じられます。

共に主張は強めもゴチャつかず、濃厚ながらクドさはなく、何とも独特な味わいです。



太めの麺は小麦の風味もあり、インパクトの強すぎるスープにも負けない力強い食感。
自家製みたいですが、隣の方の醤油ラーメンをチラ見したところ麺が違ったので、それぞれに作っているよう。



最近良く見るレアタイプのチャーシューは柔らかくしっとりしており、ローストビーフ的な仕上がり。
まず初めに1枚食べた時は冷たくて少し臭みもありましたが、スープに浸かった後はそれらも解消。

一瞬麺なのかと思った穂先メンマも柔らかく、味玉は極限レベルの味の染み込み。
粗すぎなほどの玉ネギもジャキジャキと小気味良い食感で、何もかもが印象的です。



かなりインパクトありましたが、好みの味ではないです。
しかし、手間がかけられ、他では代用がきかないラーメンであり、惹かれてしまう部分が大きいです。

浜松中心部は自転車で行きにくいのですが、今度1回試してみようかなと思います。



2017年1月28日
杢屋(西区:うどん)
ランプ(中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
カセル(中区:パン)
麻や(中区:パン)
アボンドンス(中区:ケーキ)
浜田山(中区:ラーメン)
とん唐てん(中区:とんかつ)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

幸跳(愛知県豊橋市) 

豊橋の献血センターに行きまして、近くにあるのを思い出して寄りました。


前回から9ヵ月ぶりくらいになります。


メニューは少し変わってました。
前回は塩だったので今回は醤油と思いつつ、たまり醤油なる珍しい物があったのでそちらを。



たまり醤油らぁ麺:900円

美しい盛り付けで、肉が大きいのが良いです。


パッと見では黒すぎて、ドロッとした粘度と重厚さがありそうなスープでしたが、そんな事はなく。
無化調らしい穏やかな入りから、ジンワリとしたコクを感じ、しつこさの残らないキレの良さ。

普通の醤油を食べてないので比較できませんが、とても香りが良く、鶏油ともよく合っている印象です。



麺は低加水で小麦の香りもあり、歯応えも歯切れも良く。


前回ややネガティブな感があったチャーシューは、豚・鶏ともに素晴らしい仕上がりでした。
調理はスービットなのか、鶏ムネの方は不自然とも言えるほどのしっとり感で、かなりの手間を感じます。

メンマもありがちなケミカル要素が一切なく、ナチュラルな美味しさです。



食後感がとても良く、アイス食べたくなるような感じは全くありません。

今後は献血とラーメンはセットですね (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

東京油そば本舗(名古屋市天白区) 

2016/12/23 Fri 15:00訪問
東京油そば本舗 名古屋総本店


最後に何か軽く食べようと、八事付近で通し営業のお店をリストから探したところ1軒該当。
見切りを付けた汁無しラーメンですが、「まぜそば」ではなく「油そば」の品名のお店は悪くない感じです。

店名に「東京」が入ってますが、東京に本店があるわけでなく名古屋近郊だけのチェーン店のよう。
油そばの発祥が東京なので、「長崎ちゃんぽん」みたいな意味での「東京油そば」だと思われます。



メニューは油そば1品だけで、トッピングや量の違いのみ。
例によって麺の大盛りは無料で、学割もあり。



油そば 半熟玉子焼き豚入り(大盛り):1150円

一番豪華な物にしてみました。


見るからにもっちりした太い縮れ麺に、底には分離したタレと油で、スタンダードな油そばです。


「焼き豚」表記の肉は、脂身多めの三枚肉。
混ぜれないので先に食べてしまいましたが、味付けは極めて薄く、美味しくはないです。



こちらも専用のラー油と酢を入れて混ぜるようとの事ですが、まずはそのまま。



混ぜると見た目からオイリーなテカテカ感ながらも、油っぽさはそれほど感じず。
植物油なのだと思われますが、妙なコクがありつつもクドさはなく。



そのままでは足らない味なので、ラー油と酢をたっぷり入れ、さらに自家製唐辛子も。
それでもジャンク感はなく、シンプルさも相まってあっさりとも言えそうな味。

唐辛子が予想以上に辛かったですが、半熟玉子を混ぜてかなり良い感じになりました。



強い中毒性はないですが、ごくたまに食べたくなります。

麺無しラーメンは理解できませんが、汁無しラーメンはあって良いかなと思います。



2016年12月23日
ココロカフェ(一宮:モーニング)
アラティ(一宮:モーニング)
138タワーパーク(一宮:ランニング)
プレリュード(岐阜:ケーキ)
ポルカ(尾張旭:パン)
ロノ(日進:ジェラート)
匠(日進市:パン)

べべ(東郷町:ケーキ)
パントリコ(東郷町:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
東京油そば本舗(天白区:ラーメン)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

たんぽぽ(愛知県豊橋市) 

ラーメン屋は日本中のどのエリアにでもありますが、なかなか珍しいインスタントラーメン専門店。



これはこれで東三河で最も有名なラーメン屋の可能性ありますが、意外・・でもなく初訪問です。



柴犬がお出迎え。


お利口さんです。


名前は「どん兵衛」のようで、あれ・・うどん?


お店はインスタントラーメンの販売と、調理してもらって店内で食べる事もできます。
また、ご飯などが付くランチセットメニューや、その他の軽食もあるようです。



200種類以上のインスタントラーメンが並びます。


スーパーで売っているようなメジャーな物ではなく、マニアックなご当地物がメイン。


これだけの中から選ぶのは難しいです。


危険そうな物もあり。


怪しすぎる物もあり。

その中から今回選んだ物は・・



豚キング

パッケージ写真は全部食ったら吐きそうな二郎系ですが、これは凄いですよ。
「妥協」と書かれており、この文字に惹かれました。

実店舗が出している即席ラーメンは結構ありますが、本当にそれでいいの?って思いますよね。
これはもう、金儲けのために妥協して作ったと宣言しているわけで(未確認)、潔いです (・∀・)



で、イートイン。ちゃんと具材も付き、巻き豚チャーシューは手作りです。

お店が札幌なのもあってか、二郎系ながら味噌スープでわりとマイルド、ニンニクがガツンときいてます。
これは僕の予想だと、写真の実店舗の物より美味しいのではと思われます。


とは言いつつ、しょうもない物を食ってしまったのでもう1品。


瀬戸内塩レモンラーメン

口の中をさっぱりしたいのもありましたが、普通に美味しそうです。



ラーメンの種類によって変えるのか、コーンからワカメになりました。

キリッとした酸味を期待したものの、フワッと柑橘が香る程度で普通の塩ラーメンでした。
鶏出汁みたいな事も書いてましたが、舌が痺れるほど化調ドカンで、さっぱりどころか後味悪いです。

まあ、あくまでインスタントラーメンなので、ネタになるような物が良いかと思います。



そんなわけで、パワハラ用に危なそうなのを買ってみました (・∀・)

なお、イートインはラーメン代+250円。
値札とかないので単価分かりませんが、変わった物なのでそこそこ高いようです。

今回2品イートイン・4品テイクアウトで約3500円で、マジかっ!って言いそうになりました (;´∀`)

まあ、近辺にお住まいの方は1度は良いかと思います。



個人的な話ですが、猫は2匹飼ってますが、犬を触る機会はないのですよね。

どん兵衛に会いに行くだけでも良いかもしれません (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

中華そば 政次郎(愛知県豊橋市) 

ちょっと食べたい物がありこちらへ。


相変わらず独特の雰囲気があるお店です。

今年は汁無しをテーマにいろいろ食べてみましたが、ベストは担担麺ではないかと。
そもそも本場では担担麺は汁無しらしいです。

味としては比較的ジャンクっぽいと思いますが、ラーメンの上品さでは東三河トップクラスであるこちらのお店が、どんな仕上がりの物を作るのか興味深々で来ました。



汁無し担々麺:850円

オーソドックスな見た目。


ストレートの細麺はやや固めで、低加水なのもありしっかりした歯応え。
中華そばに使っている麺ではないのかもしれませんが、同じ感じではあります。

味付けはピリッと辛く、また後からジワジワとした辛味もあり、顔が汗ばみます。
ゴマや花椒らしき風味は感じられますが、それほど強くなく。



汁無しですが、この料理だとこのくらいタレがあるのが望ましいです。



中ライス:150円でシメを。
個人的にはここまで食べての料理です。

やはりこちらは担担麺でも上品さがありました。
これくらい味が強い料理だとはっきり分からないし関係ないですが、おそらく無化調と思われます。

ただ、やはり汁無しのベストは担担麺と思われ、この冬は担担麺の研究ですかね (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム