FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

長崎ちゃんぽん 新平(愛知県豊橋市) 

ちょっと長崎ちゃんぽんのお勉強をと、豊橋の専門店へ。



国道1号線からほんの少し脇に入ったところ。
年季の入った昭和なラーメン食堂の雰囲気で、年配のご夫婦でやられているよう。



こちらは普通のラーメンもあり。
ちゃんぽんはノーマルで約千円、大盛りで5割増しと、長崎ちゃんぽんは麺料理としては高級ですかね。



ちゃんぽん:980円


盛り付けは雑ですが、具材たっぷり彩り豊かに。

スープを飲むと予想外に塩辛いというか、コショウがかなり入っており。
くしゃみが出そうな感じまでいかず、止まらず食べ進めれるレベルではあるも、ムダにしょっぱいなと。



麺は多少の歯応えはあるもコシはなく、変わった風味で、やはり長崎ちゃんぽんはそういう麺なんだなと。

豊川の店よりさらに気になる部分が多いものの、やはり食べさせる力は強く、ガツガツいけます。
適正価格が分かりませんが、大盛りが2倍量ならまた食べても良いかなという感じです。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

長崎チャンポン専門店 西海亭(愛知県豊川市) 

ちょっと気が向いて久しぶりに。



長崎ちゃんぽんは、本場はもちろん他店でも食べたことがなく、基本形が分かりませんが、こちらは長崎から材料を仕入れているという事で本場の味と言えるのかなと。



ちゃんぽん以外にもいろいろと。



長崎チャンポン:880円


ひときわ目立つ不自然な色のかまぼこは「スボ」と言うらしいです。

あ、かまぼこのピンクの着色料は虫由来の成分らしいので、これ1杯で炭水化物・肉・魚介・野菜に加え、なんと虫まで摂取できちゃうイメージです。



スープはマイルド豚骨といった感じで、多少の臭みはあるもスッキリしたコクがあり。
出汁成分からか具材からか、少し某シーフードスープっぽいニュアンスも感じたり。

麺はコシの要素が全くなく、軽く噛めば千切れるような歯応えで、通常の中華麺のかん水とは違うのか、ちょっと変わった匂いも感じます。

まあ、これが本格的な長崎ちゃんぽんとして、慣れない味のためいろいろ気になる部分はあるも、何か知らないけど食べさせる力は強く、好きな方向の麺料理です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Omotenashi Noodles まつじ(愛知県蒲郡市) 

2年前ほどにオープンのラーメン屋に初訪問。



カフェっぽさを前面に出した店舗に、「オモテナシヌードル」ってなんだよと。
全く行く気はなかったのですが、近くのスープカレーのお店が売り切れ終了していたので何となく。

正方形のコの字カウンター、席にはトレーが置かれて箸とレンゲもビシッとセッティング済み、笑顔の素敵な女性がおもてなし担当。



ラーメンは「淡炊系」と「濃炊系」と区分され、「錦爽鶏だしそば」という品名。
読み方も分からず、いかにもチャラいと思ったら、錦爽鶏という品種の銘柄鶏があるようで。

壁には黒板風のボードに英語で・・よく見たらローマ字表記でCYOUMIRYOUだの、使用食材らしき案内がありましたが、とても読む気にならず。



淡炊 錦爽鶏だしそば:750円

とりあえず先頭ポジションのメニューにて。


スープはあっさりしつつ、鶏よりも魚介系、煮干しのような風味が強く出ている感じに。
水っぽさ溢れる麺は凡庸で、チャーシューは見た目重視で作られたような印象にも。

見た目通り、味も綺麗に整っている感覚は受けるも、響くものはないかなと。
マイナスの先入観もありましたが、何となく底の浅さを感じてしまう美味しさのラーメンでした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

麺屋さすけ(静岡県掛川市) 

2019/06/02 Sun 9:30訪問
さすけ


この日は掛川のビールイベントに出向き、まずは朝営業をしている有名なラーメン店に。
終始数人の外待ちもありましたが、駐車場が少ないせいか思ったよりは空いてるのかなと。



メニューはいろいろあり、オススメにもなっている基本メニューを。



純鶏塩そば:900円

大きなチャーシューが印象的で、美しさのある出来栄え。


透き通った淡いゴールドのスープ。

純鶏と言うからには出汁は鶏100%と思われ、ダイレクトな鶏の風味がぶわりと。
油分は多めながら重みは一切なく、塩ダレが穏やかな鶏の旨みとコクを押し上げるように。

麺は滑らかな口当たり、適度な弾力で歯切れも良く、食感は気持ち良い感じに。
大きなチャーシューも味わい強く、少し味付けられた鶏ミンチから地味に旨みの重ねも。



鶏和え玉:250円

最近いろんなお店で見かけるようになりましたが、初めてのオーダー。
端的に言って味付きの替え玉、読みは「あえだま」で統一されてますかね。

で、底にタレが入って具や薬味も乗り、ミニ油そばみたいなイメージですが、そのままでも良し、スープに入れたり少量かけたりしても良しと。

期待以上に美味しいラーメンが食べられました。


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

猪骨ラーメン(愛媛県今治市) 

2019/05/06 Mon 12:00訪問
猪骨ラーメン


大三島に戻って、昨年オープンのラーメン屋へ。



野生の猪を使ったご当地ラーメン。

地元や旅先でのサイクリングで鹿にはけっこう遭遇するのですが、猪は見たことないのですよね。
もっとも、危険なので会いたくはないですが、食べたくはあります。

メニューは塩、醤油、味噌の3種類のスープで、トッピングなど追加システム。



猪骨塩ラーメン:800円

最も出汁感がダイレクトに感じれそうな塩にて。


じっくりと炊き出した感じの濁りあるスープ。

ラーメンスープとしては未体験のガツンとした動物系のコクを期待しましたが、鶏ガラも入っているかなと。
それでも野性味ある濃ゆい味わいがあり、野菜らしき風味も混じってスッキリ感も加えて。



麺はシンプルな細麺、チャーシューはもちろん猪肉にて。
丁寧な低温長時間調理を感じさせる火入れで、真っ赤な赤身ながらもしっとりして、凝縮したような旨み。



確実に一般的な豚骨スープよりも臭みやクセがなく、ヘルシーにすら感じられる仕上がり。

今後のしまなみ海道での楽しみがまた1つ増えました。


category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム