FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

AFURI(東京都世田谷区) 

2019/09/24 Tue 11:00訪問
アフリ 三軒茶屋


最終日の昼は何となくラーメン屋に。
都内でも繁華街を中心にチェーン展開し、海外にも出店のある人気店。

昼11時〜日付け変わって午前4時まで、年中無休という、ちょっとあり得ない営業形態。
バイトでも作れるインスタント的な物であると言っているようなものですが、記念に行ってみました。



基本となるラーメンにデフォルトで柚子が入り、そこもちょっとあり得ないかなと。
しかし、記念なのでお店のイチオシというか、その一番売りたがっているそちらを。



鶏油は多いor少ないを選べ、チャーシューも豚or鶏を選択。



柚子塩らーめん(淡麗):1080円

これで千円超えか・・という第一印象。


透明度の高いスープは鶏油だけでなく鶏ガラも感じられるも、最初の一口は味がないように感じるほどライト。
食べ進むとかろうじて魚介も感じますが、ちょっと特徴を語るのは難しいほど味気なく。

麺は全粒粉の見える細麺で、風味はなくても低加水のプツッとした気持ち良い歯切れはあり。



巻き豚チャーシューは炙られて香ばしさあり、三つ葉と柚子はスッキリした味をさらに引き立てて。

終始穏やかで、パンチがないと言う意味でなく、普通に味が弱い印象。

良く言えば繊細で上品な感はあり、東京はいろんなジャンルのパンチあるラーメンが乱立しすぎて、食べ疲れた人はこういうところに戻るのかなと思ったり。

それとも営業時間的に飲んだ後に行くラーメン屋なのかなーと・・まあ、僕もこの時は少し飲んだ後でしたが。

まあ、だいたい予想通りと言う意味で、ちょっと満足できました。


スポンサーサイト



category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

HASE麺 HINCHI(愛知県豊川市) 

機会あって2年ぶりくらいに。



土日は夜営業のみで、ラーメンを食べようと考えても候補に上がらないのですが、豊川では再訪したかったお店ではあります。



以前はランチメニューは定食縛りでしたが、現在は希望ならセットになる形に。
ラーメンの種類も変化球的に少し増え、他に中華そばもあり。



鶏しょう油ラーメン:770円

味の記憶は曖昧になりましたが、前回は塩だったので今回は醤油で。


HINTIブラックと名付けられたスープで、前は漆黒と言える色合いでしたが、少し透明度が出ており。

鶏のみと思われる出汁感に、醤油はキリッとした風味とこってりしたタレっぽさが混ざり合ったような感覚。
たっぷり浮いた油には鶏油や豚脂由来だけでなくキノコ油も含まれていると思われ、少し奥行きも感じます。

細麺はわりとスープとの馴染みも良く、低加水でプツッとした気持ち良い歯切れ。
チャーシューやメンマはシンプルなタイプですが、量的に存在感はあり。

最初から入っている黒コショウ系のスパイス感が少し邪魔にも感じますが、化調も含めて分かりやすい旨み成分が多く、味は強いもののジャンクさはなくで、バランスは良いのかなと。

個性的なようでオーソドックスでもあり、誰が食べても一定以上の評価を得られそうなイメージです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

中華そば みやひろ(浜松市中区) 

2019/08/25 Sun 17:00訪問
みやひろ


ビールイベントを後にして、ちょっと何か食べて帰ろうと。
飲みの後に相応しい店をと、少し調べて、昼から日付けを越えての深夜まで営業しているらしいラーメン屋へ。

間口は狭いものの奥に長く、イメージとは違ってそこそこに広く綺麗な店内。



メニューはシンプルでリーズナブル。
ラーメン以外にも餃子や酒肴系、晩酌セットみたいなものもあり。



中華そば:500円

今どきラーメンでも珍しくなった税込みでのワンコイン。


まさに昔ながらの中華そば、醤油ラーメン。

油は浮いているものの、良い風に言えば澄んだスープで味も薄めに。
出汁感は弱く、醤油辛さもなく、コショウを入れて調整したい感じ。

オーソドックスな細麺もチープな味のチャーシューも、ノスタルジックな気分を増長し、500円という値段や客層を考えると、これはこれで見事な仕上がりにも思えます。

カレー同様に、ちょっと別の意味で良いものを食べれた浜松遠征でした。


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

長崎ちゃんぽん 新平(愛知県豊橋市) 

ちょっと長崎ちゃんぽんのお勉強をと、豊橋の専門店へ。



国道1号線からほんの少し脇に入ったところ。
年季の入った昭和なラーメン食堂の雰囲気で、年配のご夫婦でやられているよう。



こちらは普通のラーメンもあり。
ちゃんぽんはノーマルで約千円、大盛りで5割増しと、長崎ちゃんぽんは麺料理としては高級ですかね。



ちゃんぽん:980円


盛り付けは雑ですが、具材たっぷり彩り豊かに。

スープを飲むと予想外に塩辛いというか、コショウがかなり入っており。
くしゃみが出そうな感じまでいかず、止まらず食べ進めれるレベルではあるも、ムダにしょっぱいなと。



麺は多少の歯応えはあるもコシはなく、変わった風味で、やはり長崎ちゃんぽんはそういう麺なんだなと。

豊川の店よりさらに気になる部分が多いものの、やはり食べさせる力は強く、ガツガツいけます。
適正価格が分かりませんが、大盛りが2倍量ならまた食べても良いかなという感じです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

長崎チャンポン専門店 西海亭(愛知県豊川市) 

ちょっと気が向いて久しぶりに。



長崎ちゃんぽんは、本場はもちろん他店でも食べたことがなく、基本形が分かりませんが、こちらは長崎から材料を仕入れているという事で本場の味と言えるのかなと。



ちゃんぽん以外にもいろいろと。



長崎チャンポン:880円


ひときわ目立つ不自然な色のかまぼこは「スボ」と言うらしいです。

あ、かまぼこのピンクの着色料は虫由来の成分らしいので、これ1杯で炭水化物・肉・魚介・野菜に加え、なんと虫まで摂取できちゃうイメージです。



スープはマイルド豚骨といった感じで、多少の臭みはあるもスッキリしたコクがあり。
出汁成分からか具材からか、少し某シーフードスープっぽいニュアンスも感じたり。

麺はコシの要素が全くなく、軽く噛めば千切れるような歯応えで、通常の中華麺のかん水とは違うのか、ちょっと変わった匂いも感じます。

まあ、これが本格的な長崎ちゃんぽんとして、慣れない味のためいろいろ気になる部分はあるも、何か知らないけど食べさせる力は強く、好きな方向の麺料理です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム