FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

らぁ麺 幸跳(愛知県豊橋市) 

また鶏を味わいに。



たまたまタイミングが良いのか、これまでの数回の訪問で、外にまで行列ができているという事はなく。



醤油が基本メニューですが、たまり醤油バージョンもあり、今回はそちらを。



丸鶏たまり醤油らぁ麺:900円

前回のノーマルに比べると濃いめの色に。


そしてノーマルに比べ、1口目の明るさや香り高さはアップ。
味も端的に言えば濃くなってますが、醤油辛さなどは感じず、純粋に深みが増した印象。

鶏の風味も消されることなく、むしろ香りの広がりが良くなった印象があり。



つるんと滑らかでムッチリした弾力、喉ごしも気持ち良く。
食べ応えのある食感ながら、スルスル入ってあっという間になくなってしまいます。



2種類のチャーシュー、味玉、メンマもしっかり仕事されており。

前回のノーマルでは、薬味以上の存在感を出してしまう青ネギは微妙かなーと思いましたが、今回はその存在感がちょうど良いアクセントにも感じられました。

構成としては特別なものは何もないですが、文字通りひと味違う、ほんのひと味だけ違うような感覚を受けます。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ガチ麺道場(愛知県豊川市) 

改装リニューアルされ、店内が綺麗になりました。



某ラーメン誌にて東海地区の頂点に選ばれ、遠方からの来客も多く、訪問のハードルはさらにアップ。
まあ、豊川において連日行列ができる飲食店も初なので、良いことかなと。



メニューは変わりなく。



鶏と魚の塩そば:850円

「おすすめ」のスタンダード品、改めてグランプリの一品を。


透明感はありつつ、底に向かうにつれて茶色がかったスープ。

最初に感じるイリコや節系の風味は上品な出汁つゆを思わせ、その後の動物系のコクや香味油がラーメンスープに引き戻し、ジワッと響く旨みとクリアなキレ味。

鶏と魚介という何の変哲もない出汁ですが、内に秘めた力強さを感じられます。



独特さ溢れるガチな麺はヌメりにも感じるような滑らかさ。
しなやかな歯応え、それと反発するような弾力を併せ持ち、原材料が麦である事が分かる味。

ここの麺を食べて以来、真っ黄色の麺を食べることに少し抵抗を感じるようになりました。



2枚の豚はレアな火入れで甘みがあり、厚めの鶏はしっとりして驚くほどの柔らかさ。
この完成度にワンタンは不要な気もしますが、単純に味の重ねでの満足度は増大。

とても内容の濃い一杯です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

麺の樹 ぼだい(愛知県西尾市) 

2018/10/28 Sun 11:45訪問
ぼだい


続いて人気のラーメン屋にも。
オシャレな外観で間違えたかと思いましたが、ラーメン屋でした。

店内はそこまでカフェ風とかではないですが、カウンター各席にコンセントがあったりします。



メニューは基本系が6種あるよう。

ちなみに、こういった外観のお店はテーブルオーダー食後支払いのイメージがあり、入店して無意識で空席の方に行きかけましたが、食券システムでした。



和風豚骨ラーメン:730円

イチオシと思われる左上のメニューを。


メニュー表によると、さっぱり和風出汁+こってり豚骨のダブルスープで、和風豚骨だそう。

香りは魚介が強く出ており、味の方は豚骨のパンチがしっかりと。
濃厚さを感じつつ、さっぱりした後味もありで、まさに謳い文句そのままという感じ。



くっきり全粒粉が見える中太麺で、コシがあると言うか、どちらかと言えば茹で不足っぽい固さがあり。
芯が残っている感じでもないですが、あまり経験のない歯応えで、妙な違和感がついて回る感覚に。

意味は分かりませんが「麺の樹」と店名にあるくらいなので、自慢の自家製麺ではあるのだろうと。



周囲を炙ったチャーシュー、ジャキジャキ食感のメンマもしっかり仕事されている感はあり。

全体的には、スープは1周回って特徴に欠ける凡庸さに落ち着いた感があり、結果的に麺の変わった食感の印象だけが残ってしまったなと。

ただ、いろんな理由にて人気になるのが分かるお店ではありました。


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

電撃羅愛麺 青空きっど 零壱(浜松市中区) 

2018/10/21 Sun 10:45訪問
青空きっど


続いて、10:45オープンという微妙に早く始まるラーメン屋が近くにあったので、そちらへと。

店名の青空きっども意味不明ながら、電撃羅愛麺(でんげきラーメン)とか零壱(ゼロワン)など付け足された、なかなかイタい感じのお店。

ヤンチャな内装で「夜露死苦!」な店員さんを期待しましたが、スッキリ綺麗な店内で、ごく普通な店主さんとおとなしそうなバイト君らしき若物の2人体制。



メインはつけ麺のようで、色違いの品名で何種類かあり。
曜日によって内容が変わるようですが、何がどう違うかは分からず。



普通のラーメンやサイドメニューも豊富。

つけ麺のスタンダードは黒の醤油になるようですが、気分的に白の塩の方で。



白つけ壱号:777円

税込み価格でスリーセブン設定。
つけ汁の器には穴が開いており、そこに箸を通して、対面はくぼみに乗せてあります。


そんな穴あきの器に入ったつけ汁。

白と言うので、クリアで透明度の高い色合いをイメージしてたものの、濃い茶色。
パッと見で油分が多く、焦がしネギが入って、フライド系のガーリック臭もあり。

かなりパンチきいてそうでしたが、わりと普通に飲めるくらい。
何となく分かるのは鶏とカツオで、他にもいろいろな出汁成分が出てるのかなーという強めのコク。

メニュー表には「辛味・甘味・酸味・旨味、四味一体」とありますが、バランスとしては甘みが強め。
見た目のイメージとはだいぶ違って、優しい感じの甘みがあります。



つけ麺用としては細め、つけ麺用としては低加水と思われる麺。
引き締まった弾力と密度のある噛み応えがあり、つけ麺用としては・・ですが好印象な部類。

香ばしい炙りチャーシュー、ソフトな食感のメンマ、半熟の味玉と、具は全てマイルドな味付け。

全体的に独特な印象はあり、少しオイル・塩系のパスタのようなニュアンスがありました。

提供時に箸を乗せるためだけの器の穴は理解できませんが、それもまた店名同様に個性の表れなのかなと。
タイミングが合えば、他の物も食べてみたいところです。


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ら~めん豚鬼(浜松市中区) 

2018/10/21 Sun 9:30訪問
豚鬼(とんき)


少し移動してラーメン屋へ。
こちらも朝の7時からオープンしているそうです。

テナントの店舗で、丸見えの厨房を囲むL字カウンターのみ。



「豚鬼」という店名の通り、豚骨ゴリ押しなラインナップ。
朝専用メニューはないようで、皆さま早朝からでも豚骨を楽しまれているようです。



濃厚豚骨:800円

第一印象は目を引く大きさのチャーシュー。


ややドロリとした粘性のあるスープ。
ライトではなくガチな豚骨だなーという風味ではあるも、ネガティブな方向の臭みは感じられず。

コッテリまったり濃厚ですが、油っぽくはなく脂っぽさもなく、けっこう普通に飲めます。



麺は特別太くはないものの、ゴワゴワッとして噛みほぐすような感覚で咀嚼。
全粒粉っぽい色の粒子が見えましたが、風味は感じられず。



デカチャーシューは味付け薄め、旨みも薄いですが、肉食ってる感はあり。
たっぷりの青ネギの風味、細かく刻んだ玉ねぎの食感など、良いアクセントになり単調さも消してます。

見た目のイメージは無骨で荒っぽいのですが、食べるとそう思わせない印象があり、早朝でも問題なくいけそうな濃厚豚骨でした。


category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム