FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

六厘舎(東京都千代田区) 

2018/09/16 Sun 8:30訪問
六厘舎(ろくりんしゃ)


この週も新幹線での東京旅行。
先月と同じく東京駅構内のラーメンストリートからスタートし、一度は食べておこうと思っていた六厘舎へ。

10人以上並んでましたが、それでもかなり少ない方らしく10分ほどの待ちで席に。



朝営業は3品、実質1品のためか、回転はとても早いよう。
また、朝メニューは通常メニューとは違い、味がやや軽めになって量も少し抑えめらしいです。



卓上には調味料の他に、小袋入りの魚粉。

濃厚魚介豚骨つけ麺の元祖みたいに言われる店で、魚粉もこちらが流行らせた一つと思いますが、既製の粉入れて魚介風味ってこの上ない手抜き。



味玉朝つけ麺:730円


よく見かける浅草なんちゃらの箱に入った製麺。
つけ麺における極太麺使用も元祖になるらしいですが、思っていたほどの太さではなく。

ガチムチの良くある麺、またお前かくらい良くある麺。
ちなみに、提供速度を考えてもどう考えても茹で置き、さらに言えば締め置きです。



またおま元祖の濃厚魚介豚骨スープ。
チャーシューとメンマは底に沈んで、魚粉は別添えと思ったら、デフォルトでもたっぷり入ってました。

粘性はわりとサラリとしているも、ところどころまとわりつくような粘り気もあり。
動物系、魚介系ともに強い・・と言うか、単純に味が濃くしょっぱい感じ。

もちろん出汁も長時間取っていると思いますが、やはり化調や魚粉が目障り鼻障り舌障りなほど主張。



スープ割はそこそこいけました。

まあ、お土産用も売ってたしカップラーメンも出しているようですが、またおま系って、要するに簡単に作れるって事ですよね。

わざわざ旅先で並んで食べる必要は全くない味ですが、記念にはなりました。


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

カレーつけ麺 しゅういち(東京都渋谷区) 

2018/08/06 Mon 15:30訪問
しゅういち 恵比寿店


続いて恵比寿に移動し、次の予定のお店オープンまで少し時間潰しを。
駅周辺で選択肢がいろいろある中で、あえて普段なら絶対にない所にしてみました。



カレーつけ麺専門店と言いつつ、つけ麺オンリーでなくラーメンと油そばもありますが、全てカレー味である事に潔さを感じて決定。

いざ入ったら普通のメニューたくさんあるのでは?の疑惑もありましたが、本当にこの3メニューの上になぜかカレー担担麺まであり、もうカレー屋にしろレベル。



カレーつけ麺:750円

スタンダードな物で。


麺はたまに媒体などで目にする有名製麺会社?の名前の箱が、これ見よがしに置いてあり。
もしかして「麺が美味しいと感じても、ウチで作ってはないですよ」アピールなら立派です。



具は別添えで、チャーシューの焼き目はオーダー後に。


土鍋風の器で、厨房にはコンロがたくさんあり直接火にかけての調理。
当然グツグツ煮たっぎた状態になり、色もそうですが、何かと予想外のつけ汁。

カボチャのポタージュのような見た目の通り、少しトロミのあるミルキーな味わい。
牛乳か生クリームも入っていると思われ、最初にマイルドな甘み、その後にスパイスの風味がふわりと。

愛知に良くあるカレーうどんみたいな感じかなと思ってたものの、もう少しちゃんとカレーしてる感じはあり。
ライスが無料で付きましたが、やはり麺より米の方が合います。

思ったよりは美味しく食べれましたが、カレーとラーメンの良いとこ取りとはいかないよね・・です。



2018年8月4~6日
日記1 日記2 日記3
ソラノイロ(千代田区:ラーメン)
みはし(台東区:甘味)
谷中ビアホール(台東区:バー)
チキンマン(台東区:デリカ)
ジャンボドネルケバブ(台東区:デリカ)
うさぎや(台東区:和菓子)
マンマミア(文京区:ジェラート)
常陸野ブルーイング(千代田区:バー)
じゃんがら(千代田区:ラーメン)
フェブラリーカフェ(台東区:カフェ)
ふなわかふぇ(台東区:カフェ)
浅草メンチ(台東区:デリカ)
豊福(台東区:デリカ)
隅田川ブルーイング(台東区:バー)
亀十(台東区:和菓子)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
スプリングバレー(渋谷区:バー)
ファーイースト(渋谷区:バー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
しゅういち(渋谷区:ラーメン)
よなよな(渋谷区:バー)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

九州じゃんがら(東京都千代田区) 

2018/08/04 Sat 18:00訪問
じゃんがら 秋葉原本店


少しお腹が減って、軽食を取りに賑やかな外観のラーメン屋へ。
わりと老舗で、「九州」とありますが東京にしか店舗は無く、いわゆる九州豚骨ラーメンという事になるよう。

店内は狭く、古い居酒屋っぽい雰囲気ですが、綺麗にする努力は最大限にされている印象でした。



名前の意味がさっぱり分からないメニュー表なので、スタンダードな物にて。



九州じゃんがら:630円


白濁して脂の浮いた豚骨スープ。

豚骨を思わせるほど豚の風味はなく、こってりでもなく、かなりマイルドな味。
ごま油・ごまトッピングもあり、印象としてはごまだけが強めに残るほど。



細麺はデフォルトでけっこうな固さ。
望めばハリガネやら粉落としやらがあるわけですが、そこは個人的には理解できない領域。



具はバラ肉チャーシューにキクラゲ。



お好みトッピングで紅生姜、辛味のある高菜。

まあ、狙っていると思いますが、クセのない「普通」の言葉がぴったりの豚骨ラーメン。
インスタントラーメンでありそうな味で、ふと食べたくなる感じでもありました。



2018年8月4~6日
日記1 日記2 日記3
ソラノイロ(千代田区:ラーメン)
みはし(台東区:甘味)
谷中ビアホール(台東区:バー)
チキンマン(台東区:デリカ)
ジャンボドネルケバブ(台東区:デリカ)
うさぎや(台東区:和菓子)
マンマミア(文京区:ジェラート)
常陸野ブルーイング(千代田区:バー)
じゃんがら(千代田区:ラーメン)
フェブラリーカフェ(台東区:カフェ)
ふなわかふぇ(台東区:カフェ)
浅草メンチ(台東区:デリカ)
豊福(台東区:デリカ)
隅田川ブルーイング(台東区:バー)
亀十(台東区:和菓子)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
スプリングバレー(渋谷区:バー)
ファーイースト(渋谷区:バー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
しゅういち(渋谷区:ラーメン)
よなよな(渋谷区:バー)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ソラノイロ(東京都千代田区) 

2018/08/04 Sat 8:30訪問
ソラノイロ 東京駅


この週は新幹線で東京へ。
まずは東京駅構内にあるラーメンストリートなる場所へと。

8店舗が入っており、朝から営業しているのは2店舗で、7:30オープンのお店はすでに大行列。
8:30オープンのお店は開店5分前でも待ちがなく、そちらにしてみました。



朝営業は2種類のメニューのみ。サイドメニューはいくつかあった気がします。



朝ベジソバ:680円

こちらの看板商品のようで、ほぼ野菜のみで作られたラーメンだそう。
食券機によると朝メニューは値段が安くなっていたので、量も少ないと思われます。



赤みがかった黄色いスープは公式によるとキャベツとニンジンの出汁との事。

少しトロミも感じるポタージュっぽい口当たりで、1口目の印象は甘い!そして濃いなーと。
これが野菜から出せるもかと思うほどの濃い甘み、少し豆乳っぽい風味、ほんのりオリーブオイルの香り。

かなり甘みが強いですが、淵に添えられた柚子胡椒の味噌のような物を混ぜると、わりと良いところに落ち着く感じも。



オレンジ色の麺はパプリカが練り込まれているそう。
弾力のある平打ち麺で、こちらもほんのり甘みがあり。



もちろん具も野菜のみで構成。

ヘルシーとか健康志向の味気ない感じだろうと思ってたのですが、かなりしっかりした味で驚き。

当然ながら好みが分かれる味で、自身の好みの物を「ラーメンとはこうあるべきだ」と固い考えのある人は1口も食べれないまでありえますが、個人的には何度か食べてみたい感じの物でした。



2018年8月4~6日
日記1 日記2 日記3
ソラノイロ(千代田区:ラーメン)
みはし(台東区:甘味)
谷中ビアホール(台東区:バー)
チキンマン(台東区:デリカ)
ジャンボドネルケバブ(台東区:デリカ)
うさぎや(台東区:和菓子)
マンマミア(文京区:ジェラート)
常陸野ブルーイング(千代田区:バー)
じゃんがら(千代田区:ラーメン)
フェブラリーカフェ(台東区:カフェ)
ふなわかふぇ(台東区:カフェ)
浅草メンチ(台東区:デリカ)
豊福(台東区:デリカ)
隅田川ブルーイング(台東区:バー)
亀十(台東区:和菓子)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
スプリングバレー(渋谷区:バー)
ファーイースト(渋谷区:バー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
しゅういち(渋谷区:ラーメン)
よなよな(渋谷区:バー)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ラオシャン(神奈川県厚木市) 

2018/03/24 Sat 14:45訪問
ラオシャン 厚木


東京を出たものの、急遽厚木に宿泊する事にして、宿に向かう途中で見かけたお店。

平塚のご当地ラーメンで、東京往復時に余裕があれば1度行ってみようかなとリストに入れてましたが、厚木にもあったのか・・と、寄ってみる事に。

コの時カウンターのみで、厨房の奥には家族の居住空間が垣間見られる店内。

通し営業のようで、中途半端な時間だったせいか他に客はおらず、店主と思われる男性は黙々と玉ネギをみじん切りされてました。



「タンメン・餃子の店」の看板どおり、メニューは実質その2種類のみ。
しかし、タンメンと餃子が430円なのに対し、ライスが320円の謎の設定。

ライスを頼んでみたい、何ならライスだけ頼んでみたい誘惑にかられるも、こらえてタンメンのみオーダー。
そして店主は返事をするも、そのまま玉ネギのみじん切りを止めることはなく。

・・って作れよ!と心の中でツッコんだところ、部屋から母親らしき年配の女性が出てきて、調理を始められました。



月見ワカメタンメン:540円

タンメンと言っても、一般的な野菜炒めが乗ったものではなく、オリジナルのもの。

器に半分以上のワカメ、周囲を回るように玉ネギ、生卵が1個。
卵とワカメは追加トッピングの位置づけなので、ノーマルでの具は玉ネギのみという事になります。

ちなみに月見は生卵orゆで卵の選択で、生にしました。



ほぼ透明のスープはお湯かな?と思うほど。

味の方もあっさりしており、酢のツンとする軽い酸味と、微かな豚骨と思われるコク。
何かで、けっこう酸っぱいと書いてあるのを見た記憶がありますが、問題なく飲めるくらいです。

真っ白な細麺はそうめんと言って良い見た目で、食べてみてもほぼそうめん。
具と呼べるような物もなく、何と言うか、どこまでも引き算された麺物になります。


当然ながら美味しいものではないですが、この独特感は面白いなと。
小さな頃から食べていたら、たまに食べたくなる味になりそうで、なかなか良い体験でした。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム