雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

寿々㐂家 (横浜市保土ヶ谷区) 

2015/09/05 Sat 13:30訪問(12:45並び)
寿々㐂家(すずきや)


支那そばやの後に、もう1軒ラーメンをハシゴ。

横浜と言えば「家系」のイメージでしたが、これまで食べたことがなく、初の家系ラーメンへ。
総本家の吉村家から行くのが良いのですが、今回は移動ルートと駐車場の関係でこちらにしました。


そしてお店の前を通ると30人ほどの行列。 当然ながら駐車場も順番待ちで (;´∀`)

30分ほどで店内へ。 店内でも数人の待ち。



メニューはラーメン1種類で、量とトッピングの増量のみ。

食券を出して、麺の固さ・スープの濃さ・油の量を選べますが、初めてなので全て普通にて。



らーめん(並):700円

並・中・大なので、実質小サイズかな。 器も小さめでした。



茶色がかり、乳化された豚骨醤油スープ。

支那そばやのラーメン後なので、1口目に豚の臭みを感じるも、思っていたより軽め。
浮いている油は鶏油のようですが、クドさは感じず。

入り口そばの大きな鍋に大量の豚骨、奥の鍋で鳥皮らしきものを入れていて、
それを見た時には相当なこってり味かと思いましたが、比較的マイルドな味わい。



麺はやや太めのストレート。 まずまず小麦が香り、もっちりとした食感の麺。

前後のほとんどの客が固めをオーダーしてましたが、それほど柔らかいとは感じず。
むしろアルデンテっぽい印象で、ここからバランスを崩すのは良くない気もするけど、どうなんだろう。

どのお店でも麺固めオーダー多いけど、流行っているのか?



具はチャーシュー、ほうれん草、大きな海苔が3枚。

脂身のほとんどないチャーシューは、柔らかいものの特別な印象はなく。
ほうれん草はアクセントとして意外と相性が良く。

海苔はライスをオーダーして海苔巻きにしてる人がチラホラいましたが、そういう食べ方が普通なのかな。


家系は、こってりした重い味をイメージしてましたが、ハシゴの2杯目でもすんなり食べれました。
こちらのお店が家系ではあっさりめという情報でしたが、それを加味しても軽く感じたほど。

接客も無愛想なイメージがあり、むしろそうあって欲しい部分もちょっとありましたが、全然そんなことなく。
男性4人、まあ、おっさん4人でやられていましたが、愛想も手際もとても良かったです。

役割分担されての流れるような調理風景は、これを見れただけで来た価値あったなと感じたほどで。


まあ、ラーメンが特に好きではないのですが、調理風景を見るのが好きです (・∀・)

ラーメン専門店で、厨房から離れたテーブル席だったら行きたいとは思わないし (;´∀`)


と、そんな理由もあり、今後もいろんなジャンルのラーメン店に見学に行ってみようと思います (´∀`)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

支那そばや(横浜市旭区) 

2015/09/05 Sat 12:00訪問(11:30並び)
支那そばや 鶴ヶ峰店


千葉までの遠征にて、ラーメンを食べるためだけに横浜に寄り道し、まず有名な支那そばやへ。

本店の方に行ってみたかったのですが、「ラーメンの鬼」がご健在なわけではないので、
東名からのアクセスが良く、駐車場もあり、一番弟子の方がやられているというこちらの店舗へ。

11時半頃到着し、外に約20人ほどの並び。
回転は早く30分弱待って入店。


original1we.jpg
メニューは醤油ラーメンと塩ラーメンのみで、大盛り・別料金のトッピングが数種類。

無難にノーマルの醤油ラーメンにして、同行者に塩ラーメンしてもらいました。



ラーメン:750円



塩ラーメン:750円



麺は細いストレート。 見た目も食感もツルツルしてのどごしが良いタイプ。
淡い色合いで白みがかった麺ですが、小麦の風味はしっかりあり。


スープは思ってたより色が濃かったですが、比較的あっさりとした味。
口に入れた瞬間のインパクトのようなものは全くないけど、じわじわと旨味を感じます。

鶏ガラ主体のようですが動物系の臭みはなく、後から魚介系も追ってくる感じ。
油も適度に浮いているものの、クドさは全くなく。

塩の方も少し飲んだだけですが、あっさりしつつ複雑な味わいでした。



大きなチャーシューはホロホロとした食感。 味付けは薄く、肉の味をしっかり感じられます。
そのため肉そのものの質の良さがわかり、ラーメン屋で初めて良い肉を食べた気がする。

地味ながら海苔やネギも風味が強めで、良いものを使っている気がします。


麺・スープ・具と、特出した部分はないですが、完成されたバランスといった印象。
パンチがきいてないので、やや物足りない感もありますが、とても美味しいラーメンでした。


お店の方も、伝説的な私語禁止みたいな緊張感のある雰囲気はなく、ごく普通の飲食店。
店員さんは男女2名ずついて、入店の案内から提供までとてもスムースでした。


こうなってみると、むしろラーメンの鬼がご健在時の本店に行ってみたかったと言うことで (;´∀`)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

富士屋(千葉県木更津市) 

2015/04/26 Sun 16:00訪問
ラーメン 富士屋 木更津店


最後はラーメン屋に。

昨年、竹岡式ラーメンを本家で食べてみたもののイマイチな感想。
今回は別のお店で食べてみようと思ってたのですが、竹岡エリアのお店は営業時間に間に合わず。

で、木更津にあるこちらへ行ってみました。
カウンター・テーブル・座敷のある大衆食堂のような作りで、店員は女性2人。



メニューはラーメンが数種のみで、ライスもない専門店。

比較のため、前回同様にチャーシュー麺をオーダー。


チャーシューメン:700円

独特の真っ黒なスープ。
やけに細いメンマがトッピングされ、チャーシューはスープに沈むというビジュアル。

まずは、出汁のない薄味であろうスープを思い切り飲んでみたら、すごくしょっぱい・・
出汁がないことは確かで、ただの醤油ダレみたいな味ですが、そのものが濃い味です。



麺は乾麺ではなく生麺のようで、コシらしき弾力もあり、わりとちゃんとした味。

チャーシューは標準的なサイズが7枚ほど。
当然ながらしっかり煮込まれてますが、トロトロではなくやや固めでパサツキ感もあり。

全体の味は、やはりスープに出汁をとってないので平面的な味と言うか、深みがない感じ。
単調になってしまうので、個人的には好みではないです。



テーブルにあった刻みニンニクを入れると少しコクが出ましたが、ニンニク自体の味が微妙。


かなり油も浮いており、これだけでは飲めないしょっぱさでした。

前回とは違う方向で美味しさがよく分からなかったですが、自分の口には合わないということか・・
もういい感じですが、このエリアは良く行くので、もしかしたらもう一回くらいあるかもです (;´∀`)



2015年4月24~26日
ダンディゾン(武蔵野市:パン)
レピキュリアン(武蔵野市:ケーキ)
さとう(武蔵野市:デリカ)
アテスウェイ(武蔵野市:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ねじまき雲(国分寺市:コーヒー)
二郎(小金井市:ラーメン)
茂原ツインサーキット(茂原市:レース)
いしい(勝浦市:ラーメン)
ピネキ(館山市:お土産)
ビンゴ(南房総市:ハンバーガー)
富士屋(木更津市:ラーメン)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

いしい(千葉県勝浦市) 

2015/04/26 Sun 10:30訪問
いしい


前日は外房エリアでの宴会・宿泊で、せっかくなので房総半年をぐるっと周って帰ることに。

まずは、有名なB級グルメの勝浦タンタン麺を食べに勝浦市へ。
ラーメン専門店ではなく、朝7時からやっているらしいです。



店内はサインだらけ。


定食屋のような居酒屋のようなお店で、「今日のお刺身は〜」みたいな説明もありました。


そして勝浦タンタン麺。
やけに種類豊富なメニューですが、オーダーはノーマルのタンタン麺にて。



タンタンメン:800円

黒ずむほどに濃い赤のスープに、ゴマが大量に浮かび、玉ねぎのトッピング。


麺はシンプルな細麺で、ごく普通の業務用の生麺を使用している感じ。

スープは思いっきりラー油ですが、思ったほど辛くはなく、意外とあっさりした感じもあり。
ゴマの風味と、少量のひき肉が良い味を出してます。

ベースは醤油スープだと思いますが、ベース自体が思ったよりしっかりした味の印象です。



お好みで調整をと、テーブルに置かれた自家製ラー油。


少し入れてみたら、ものすごく辛くなりました・・


凄い勢いで汗を流しながら食事を終えました。


勝浦タンタンメンは、元はは海女さん・漁師さんの、海仕事の後の冷えた体を温めるメニューだそう。

特に意味なく地元食材で作られたB級グルメも多い中、しっかりした理由のある郷土料理は好きです。
理にかなった食事で、いろんな事に思いを馳せながら食べれます。

本格的な美味しいラーメンではないですが、クセになりそうな味でもありました。
またこちらの方に行ったら、別のお店でも食べてみたいです。



2015年4月24~26日
ダンディゾン(武蔵野市:パン)
レピキュリアン(武蔵野市:ケーキ)
さとう(武蔵野市:デリカ)
アテスウェイ(武蔵野市:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ねじまき雲(国分寺市:コーヒー)
二郎(小金井市:ラーメン)
茂原ツインサーキット(茂原市:レース)
いしい(勝浦市:ラーメン)
ピネキ(館山市:お土産)
ビンゴ(南房総市:ハンバーガー)
富士屋(木更津市:ラーメン)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

らーめん 幸龍(東京都品川区) 

2014/11/16 Sun 18:30訪問
幸龍(こうりゅう)


軽く立ち飲み後、旅のシメにラーメンを食べて帰ることに。



食券機が外にあるような狭い店舗で、ジグザグにカウンター席がある感じでした。


なんと、ラーメン食べてデトックス効果。
個人的に昨今のラーメンはジャンクフードで、実際に行列のできる人気店ほどその感が強い印象です。

ここは無化調との事で、さらにデトックスも謳う。
しかし、入り口にある写真のラーメンはこってり濃厚系にしかみえない。

で、このお店を選びました。



黒龍らーめん:720円+ドカもやし:100円


変な物でも入っているのでは?というような色のスープに、黒い油が浮きます。


麺はシンプルな中華そば系で、これといった特徴なく。


スープは豚骨と魚介だそう。
ポタージュのようなクリーミーさはあるものの、ドロッとはしてなくサラサラと。

しっかりコクがあり、そこにマー油やニンニク風味が加わるも、パンチはなくわりとあっさりした味。
無化調ならでは物足りない感覚はありますが、平面的な味ではなく深みも感じます。



いろんな物でしっかり出汁をとっているようで、底に残ってます。

美味しい不味いではなく、こういう物を食べると、二郎なんか食べてる場合じゃないかなーと感じます。
今後は、ラーメンも少しは研究していこうかなと思います。



2014年11月15,16日
モンブラン(目黒区:ケーキ)
パリセヴェイユ(目黒区:ケーキ)
モンサンクレール(目黒区:ケーキ)
二郎(港区:ラーメン)
シンボルプロムナード公園(港区:マラソン)
お台場(港区:ランニング)
ブルドッグ(品川区:食堂)
幸龍(品川区:ラーメン)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム