食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ラオシャン(神奈川県厚木市) 

2018/03/24 Sat 14:45訪問
ラオシャン 厚木


東京を出たものの、急遽厚木に宿泊する事にして、宿に向かう途中で見かけたお店。

平塚のご当地ラーメンで、東京往復時に余裕があれば1度行ってみようかなとリストに入れてましたが、厚木にもあったのか・・と、寄ってみる事に。

コの時カウンターのみで、厨房の奥には家族の居住空間が垣間見られる店内。

通し営業のようで、中途半端な時間だったせいか他に客はおらず、店主と思われる男性は黙々と玉ネギをみじん切りされてました。



「タンメン・餃子の店」の看板どおり、メニューは実質その2種類のみ。
しかし、タンメンと餃子が430円なのに対し、ライスが320円の謎の設定。

ライスを頼んでみたい、何ならライスだけ頼んでみたい誘惑にかられるも、こらえてタンメンのみオーダー。
そして店主は返事をするも、そのまま玉ネギのみじん切りを止めることはなく。

・・って作れよ!と心の中でツッコんだところ、部屋から母親らしき年配の女性が出てきて、調理を始められました。



月見ワカメタンメン:540円

タンメンと言っても、一般的な野菜炒めが乗ったものではなく、オリジナルのもの。

器に半分以上のワカメ、周囲を回るように玉ネギ、生卵が1個。
卵とワカメは追加トッピングの位置づけなので、ノーマルでの具は玉ネギのみという事になります。

ちなみに月見は生卵orゆで卵の選択で、生にしました。



ほぼ透明のスープはお湯かな?と思うほど。

味の方もあっさりしており、酢のツンとする軽い酸味と、微かな豚骨と思われるコク。
何かで、けっこう酸っぱいと書いてあるのを見た記憶がありますが、問題なく飲めるくらいです。

真っ白な細麺はそうめんと言って良い見た目で、食べてみてもほぼそうめん。
具と呼べるような物もなく、何と言うか、どこまでも引き算された麺物になります。


当然ながら美味しいものではないですが、この独特感は面白いなと。
小さな頃から食べていたら、たまに食べたくなる味になりそうで、なかなか良い体験でした。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

うさぎ(東京都渋谷区) 

2017/03/21 Tue 11:30訪問
うさぎ


続いて汁なし担々麺も食べてみようかと思い、調べてみたら評判のお店が近くにあったので行ってみることに。
平日の開店直後でしたが、ちょうど満席で店内で少し待ちました。



担々麺の専門店ではなく、いろいろなメニューのあるラーメン屋。

予定にないお店でしたが、ネット情報では渋谷で一番のラーメン屋という評価。
さらに汁なし担々麺では東京全域でも有名らしく、期待が高まりながらの待ち。



汁なし担々麺:950円

タレはそれなりの量が底にあるタイプで、太麺、具材はネギが多め、それ以上に山椒の量が気になる見た目。



香りから強烈でしたが、味はほぼ花椒のスパイス感で押してきます。

唐辛子、タレからのラー油の辛みも加わりますが、ほぼ山椒系のピリピリした刺激。
ピリピリと言うか、次第にビリビリ・ジンジン痺れるくらいで、スパイスだけ食べているような感じがあり。

さらに麺が減ってくるにつれタレの割合が多くなるので、だんだんと重苦しい感じに。

麺はゴムのような食感。
つけ麺に多いタイプに思いますが、個人的には何が良いのかさっぱり分からない麺です。

具は存在感も味付けも薄いミンチに、青ネギ白ネギのアクセントのみ。
終始、ゴムを噛んでいるかのような食感と、花椒の鼻をつくような刺激しか印象に残りません。

まあ、心の中でヒーヒー言いながらも食べきれたので、不味いという事でもないですが、今まで美味しいと感じた担担麺とは違う物でした。

いろいろあるのも面白いのですが、いろいろありすぎる料理です。 



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

寿々㐂家 (横浜市保土ヶ谷区) 

2015/09/05 Sat 13:30訪問(12:45並び)
寿々㐂家(すずきや)


もう1軒ラーメンをハシゴ。

横浜と言えば「家系」のイメージでしたが、これまで食べたことがなく、初の家系ラーメンへ。
総本家の吉村家から行くのが良いのですが、今回は移動ルートと駐車場の関係でこちらにしました。

お店の前を通ると30人ほどの行列で、当然ながら駐車場も順番待ちの状態。
30分ほどで店内へ入れましたが、店内でも数人の待ち。



メニューはラーメン1種類で、量とトッピングの増量のみ。
食券を出して、麺の固さ・スープの濃さ・油の量を選べますが、初めてなので全て普通にて。



らーめん(並):700円

並・中・大の設定なので、実質小サイズ思われ 器も小さめでした。



茶色がかり、乳化された豚骨醤油スープ。

支那そばやのラーメンの後なので、1口目に豚の臭みを感じるも、思っていたよりは軽め。
浮いている油は鶏油のようですが、クドさは感じず。

入り口そばの大きな鍋に大量の豚骨、奥の鍋で鳥皮らしきものを入れていて、それを見た時には相当なこってり味かと思いましたが、比較的マイルドな味わい。



麺はやや太めのストレート。
まずまず小麦の風味も感じられ、もっちりとした食感の麺。

前後のほとんどの客が固めオーダーしてましたが、それほど柔らかいとは感じず。
むしろアルデンテっぽい印象で、ここからバランスを崩すのは良くない気も。



具はチャーシュー、ほうれん草、大きな海苔が3枚。

脂身のほとんどないチャーシューは、柔らかいものの特別な印象はなし。
ほうれん草はアクセントとして意外と相性が良く。

海苔はライスをオーダーして海苔巻きにしてる人がチラホラいましたが、そういう食べ方がスタンダード?


家系は、こってりした重い味をイメージしてましたが、ハシゴの2杯目でもすんなり食べれました。
こちらのお店が家系ではあっさりめという情報でしたが、それを加味しても軽く感じたほど。

接客も無愛想なイメージがあり、むしろそうあって欲しい部分もちょっとありましたが、全然そんなことなく。

中年男性4人でやられていましたが、愛想も手際もとても良く、役割分担されての流れるような調理風景は、これを見れただけで来た価値あったなと感じたほどで。


まあ、ラーメンが特に好きではないのですが、調理風景を見るのは好きです。
ラーメン専門店で、厨房から離れたテーブル席だったら行きたいとは思わないくらい (;´∀`)

そんな理由もあり、今後もいろんなジャンルのラーメン店に見学に行ってみようと思います。



2015年9月5,6日
支那そばや(横浜市旭区:ラーメン)
寿々㐂家 (横浜市保土ヶ谷区:ラーメン)
キュイッソン(茂原市:ケーキ)
茂原ツインサーキット(茂原市:レース)
ラーメン二郎(横浜市緑区:ラーメン)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

支那そばや(横浜市旭区) 

2015/09/05 Sat 12:00訪問(11:30並び)
支那そばや 鶴ヶ峰店


千葉までの遠征にて、ラーメンを食べるためだけに横浜に寄り道し、まず有名な支那そばやへ。

本店の方に行ってみたかったのですが「ラーメンの鬼」がご健在なわけではなく・・
東名からのアクセスが良く、駐車場もあり、一番弟子の方がやられているというこちらの店舗へ。

11時半頃到着し、外に約20人ほどの並びも、回転は早く30分弱待って入店。


original1we.jpg
メニューは醤油ラーメンと塩ラーメンのみで、大盛り・別料金のトッピングが数種類。

無難にノーマルの醤油ラーメンにして、同行者は塩ラーメンを。



ラーメン:750円



塩ラーメン:750円



麺は細いストレートで、見た目も食感もツルツルしてのどごしが良いタイプ。
淡い色合いで白みがかった麺ですが、小麦の風味はしっかりあり。

スープは思ってたより色が濃いも、比較的あっさりとした味。
口に入れた瞬間のインパクトのようなものは全くないものの、じわじわと旨味を感じます。

鶏ガラ主体のようですが動物系の臭みはなく、後から魚介系も追ってくる感じ。
油も適度に浮いているものの、クドさは全くなく。

塩の方も少し飲んだだけですが、あっさりしつつ複雑な味わいでした。



大きなチャーシューはホロホロとした食感。 味付けは薄く、肉の味をしっかり感じられます。
肉そのものの質の良さがわかり、ラーメン屋では珍しく良い肉を食べた気も。

地味ながら海苔やネギも風味が強めで、良いものを使っている気がします。

麺・スープ・具と、特出した部分はないですが、完成されたバランスといった印象。
パンチがきいてないので、やや物足りない感もありますが、とても美味しいラーメンでした。

お店の方も、伝説的な私語禁止みたいな緊張感のある雰囲気はなく、ごく普通の飲食店。
店員さんは男女2名ずついて、入店の案内から提供までとてもスムースに。

こうなってみると、ラーメンの鬼がご健在時の本店に行ってみたかったです (;´∀`)


2015年9月5,6日
支那そばや(横浜市旭区:ラーメン)
寿々㐂家 (横浜市保土ヶ谷区:ラーメン)
キュイッソン(茂原市:ケーキ)
茂原ツインサーキット(茂原市:レース)
ラーメン二郎(横浜市緑区:ラーメン)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

富士屋(千葉県木更津市) 

2015/04/26 Sun 16:00訪問
ラーメン 富士屋 木更津店


最後はラーメン屋に。

昨年、竹岡式ラーメンを本家で食べてみたもののイマイチな感想。
今回は別のお店で食べてみようと思ってたのですが、竹岡エリアのお店は営業時間に間に合わず。

で、木更津にあるこちらへ行ってみました。
カウンター・テーブル・座敷のある大衆食堂のような作りで、店員は女性2人。



メニューはラーメンが数種のみで、ライスもない専門店。

比較のため、前回同様にチャーシュー麺をオーダー。


チャーシューメン:700円

独特の真っ黒なスープ。
やけに細いメンマがトッピングされ、チャーシューはスープに沈むというビジュアル。

まずは、出汁のない薄味であろうスープを思い切り飲んでみたら、すごくしょっぱい・・
出汁がないことは確かで、ただの醤油ダレみたいな味ですが、そのものが濃い味です。



麺は乾麺ではなく生麺のようで、コシらしき弾力もあり、わりとちゃんとした味。

チャーシューは標準的なサイズが7枚ほど。
当然ながらしっかり煮込まれてますが、トロトロではなくやや固めでパサツキ感もあり。

全体の味は、やはりスープに出汁をとってないので平面的な味と言うか、深みがない感じ。
単調になってしまうので、個人的には好みではないです。



テーブルにあった刻みニンニクを入れると少しコクが出ましたが、ニンニク自体の味が微妙。


かなり油も浮いており、これだけでは飲めないしょっぱさでした。

前回とは違う方向で美味しさがよく分からなかったですが、自分の口には合わないということか・・
もういい感じですが、このエリアは良く行くので、もしかしたらもう一回くらいあるかもです (;´∀`)



2015年4月24~26日
ダンディゾン(武蔵野市:パン)
レピキュリアン(武蔵野市:ケーキ)
さとう(武蔵野市:デリカ)
アテスウェイ(武蔵野市:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ねじまき雲(国分寺市:コーヒー)
二郎(小金井市:ラーメン)
茂原ツインサーキット(茂原市:レース)
いしい(勝浦市:ラーメン)
ピネキ(館山市:お土産)
ビンゴ(南房総市:ハンバーガー)
富士屋(木更津市:ラーメン)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム