食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

きりん寺(大阪市浪速区) 

2016/07/17 Sun 12:15訪問
きりん寺(きりんじ) 大阪総本店


続いて、大阪もに油そば専門店があったので行ってみました。

大阪府内で4店舗ほどの展開をしているよう。
これまでの経験では、油そば・まぜそばは専門でやっているチェーン店の方が好印象なので、期待してきました。



メニューは気持ち良いシンプルさで、油そばのトッピング別しかありません。



歌志軒同様に、食べる前に酢とラー油を入れて混ぜるシステムのよう。
絶対に入れないといけない物であるならば、最初から入れて出せよと思いますが (;´∀`)



油そば(大盛り):630円

「油」 (・∀・)

麺は大盛り無料です。



油の粘度は低めで意外とサラッとしており、下の方には醤油ベースのタレ。



酢とラー油をぐるっと。 ラー油は辛くないものです。



で、混ぜてと。

麺は加水が多めでツルツルですが、噛み応えは反発力あるもっちり感。
かん水も多めで黄色が濃く、ちょっと添加物臭さはあるも麺にはっきりとした味は出ます。

スープがない分、麺にも特徴が必要な料理ですが、この麺は好きな味ではなかったです。



チャーシューは大きめ・厚めなものが2枚入り、こちらも醤油・砂糖などの調味料の味が強め。
メンマや海苔は業務用っぽい味で、ここまで必要なのかと思う大量のゴマもそれほど主張がありません。

意図的と思いますが、特徴の薄いあっさりした油そばです。
僕はこの料理にジャンク感を求めているので好みと違いました (;´∀`)



普段はあまり味変アイテムを使いませんが、ちょいとパンチを加えて良くなりました。


不味いことはないですが、中毒性は弱いかなといった印象です。

ただ、原価は低いかもしれませんが安くて量も多いので、存在価値のある麺料理であるとは思います。



2016年7月16,17,18日 大阪旅行
日記
パリアッシュ(北区:パン)
ル シュクレ クール(北区:パン)
パンデュース(中央区:パン)
P&B(西区:パン)
ルシェルシェ(西区:ケーキ)
ルシェルシェ
アッシドラシーヌ(中央区:ケーキ)
アッシドラシーヌ
フジマル(中央区:カフェ・デリカ)
カーサ オレリア パーチェ(中央区:オリーブオイル)
チルコドーロ(中央区:ジェラート)
長居公園(住吉区:ランニング)
無鉄砲(浪速区:ラーメン)
きりん寺(浪速区:ラーメン)
なかたに亭(天王寺区:ケーキ)
なかたに亭
やまたけ(天王寺区:デリカ)
大阪城公園(中央区:ランニング)
アスショク(中央区:カフェ)
しづく(中央区:和菓子)
チャリティフェス(西区:イベント)
デリカバールjr(北区:バー)
ミッテラン2世(北区:バー)
ウニール(北区:コーヒー)
バトンドール
グランカルビー


スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

無鉄砲(大阪市浪速区) 

2016/07/17 Sun 11:30訪問
無鉄砲 大阪店


大阪2日目は、早朝ラン→ジム:筋トレ&水泳→昼からエネルギー補給の流れ。

奈良に続いて大阪でもこちらのラーメンを食べてみる事にしました。



無鉄砲と言えば豚骨ですが、大阪店では醤油ラーメンもあり。
さらに豚骨6:醤油4のWスープなんてのもあり、このバランスはお好みにより調整可能とか。

ここで醤油を食べる意味もないと思いますが、店としてのこだわりもどうなんだろうと (;´∀`)



で、前回未遂に終わった化学調味料無し・カエシ醤油無しの、真の豚骨スープを食べに来たわけですが・・
Wスープがあるのなら、Wスープでないラーメンは10:0なのか?との疑問が。

そう思いながらも順番が来たので、学習したコナヌキ・タレヌキをオーダー。

すると、こちらではコナ(化学調味料)は最初から入ってないとの事。
デフォルトで科学調味料の入らない豚骨スープ? もう、さっぱり分かりません (;´Д`)



こちらでも高菜が食べ放題。
他にトッピング用の紅ショウガ・醤油漬けされたニンニク・ゴマがあります。



提供までに時間がかかり、小皿20杯くらい食べ続けたところ、辛さで味覚がマヒしました (;´∀`)



とんこつチャーシューメン(半熟味玉入):1050円

せっかくなのでスペシャルメニューで。



これが水と豚骨だけの真の豚骨スープですが、黒ずんでます。

そして液体とも言い難いほどドロドロのスープを口に入れると、予想以上の豚臭さ。
せっかく味覚をマヒさせたのに、ほんの1口スープを飲んだだけで現実に戻されました。

そうか・・豚骨出汁とはこんな味なのか・・・
スガキヤを豚骨スープと信じて育った身としては、真の豚骨はショックが大きすぎました (ヽ'ω`)



麺はデフォルトでは柔らかすぎるかなといった印象。
箸が重く感じるほどのドロドロスープが絡み、麺自体の味は良く分かりません。



チャーシューはバラ肉薄切りで、さらに豚臭さをアップ。

さて、1口スープを飲んだ瞬間、これは絶対に食べきれないと (;´Д`)
不味いとかではなく、僕のような素人が手を出していいオーダーではなかったです。 

しかし、前回も感じましたが、大げさに言えば職人の魂が込められたスープだと感じます。
2~3分に1回ほどの頻度で、豚骨の入った寸胴を全身を使ってかき回す姿には圧倒されます。



完食しないと失礼だと、やむを得ず味変に頼ることに。



で、頑張って食べきりました。

かなり刺激的な体験でしたが、純粋な豚骨出汁の味を知ることができて良かったです。
あと、これを食べて気付いたのは、僕はたぶん豚骨は好きではないですね (;´∀`)

僕が知っていた豚骨スープとは、白濁した色で、調味料の味がメインものでした。
何というか、果汁100%ストレートのオレンジジュースと、ファンタオレンジくらい違います。

もういいかなと言う感じですが、何かに惹かれてまた行ってしまうかもしれません (;´∀`)



2016年7月16,17,18日 大阪旅行
日記
パリアッシュ(北区:パン)
ル シュクレ クール(北区:パン)
パンデュース(中央区:パン)
P&B(西区:パン)
ルシェルシェ(西区:ケーキ)
ルシェルシェ
アッシドラシーヌ(中央区:ケーキ)
アッシドラシーヌ
フジマル(中央区:カフェ・デリカ)
カーサ オレリア パーチェ(中央区:オリーブオイル)
チルコドーロ(中央区:ジェラート)
長居公園(住吉区:ランニング)
無鉄砲(浪速区:ラーメン)
きりん寺(浪速区:ラーメン)
なかたに亭(天王寺区:ケーキ)
なかたに亭
やまたけ(天王寺区:デリカ)
大阪城公園(中央区:ランニング)
アスショク(中央区:カフェ)
しづく(中央区:和菓子)
チャリティフェス(西区:イベント)
デリカバールjr(北区:バー)
ミッテラン2世(北区:バー)
ウニール(北区:コーヒー)
バトンドール
グランカルビー


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

無鉄砲(奈良県大和郡山市) 

2016/03/20 Sun 18:30訪問
無鉄砲 がむしゃら


有名な無鉄砲。一度食べてみたいと思ってました。

本店は京都にあり、こちらからそれほど遠くないので本店に行こうか迷いましたが、
もともとの創業は奈良であり、実質はこちらがメインぽい話を聞いたので、こちらが良いかなと。

看板が「ラーメン豚の骨」で、暖簾が「がむしゃら」で。
間違えたかと一瞬焦ったものの、別のところに無鉄砲と書いてあり一安心。

4組並んでたもののタイミングが良かったようで、わりとすぐに入れました。



食券はプラスチック板の色だけで判別されるようですが、種類が多く似た色もあるけど間違えないのかな?

並んでいる間に先に食券を買い、「麺の固さ、こってりorあっさり、ネギの量」を聞かれました。
こってりorあっさりとはスープが違うのか?と思って聞いたら、トッピングの背脂の量だそう。

最初は全部普通が基本ですが、ちょっと重いものが食べたかったので、「普通・こってり・多め」でオーダー。



なぜか高菜が食べ放題。 かなり辛い味付けです。


20160321113130122.jpg
純とんこつラーメン:750円

文字通り「純」な豚骨ラーメンですが、なかなか危険なビジュアル。



1口飲んで、あれ?これは・・・と。

見た目や食感に反して、スープはそこまで濃くはなく、豚臭さはあってもキツい匂いではなく。
そして、ドロッとした粘度で、それは知っていたので問題ないのですが・・

食べる前に色や匂いで気付きましたが、いわゆるカエシ醤油が入っているし、化学調味料も入っている・・・

まあ、それは豚骨ラーメンなら当然入るべきですが、てっきりこの「純とんこつ」は入れないのかと。
「豚骨と水だけで作るスープ」として有名で、それでスープの味が成立するのか?と、そこだけに興味津々でした。

こうなると、あまり食べる意味がない。
豚骨と水だけで作られたスープがどんなものかを知りたかっただけなのです (;´∀`)



麺は豚骨には珍しい中太麺くらいですが、替え玉では細麺もあるらしく、よく分からない設定。
具はペラペラしたチャーシューとメンマで、特に感じるものはなく。

素材が少ない分、どうしても盛り上がりに欠ける単調な味になり、食べ飽きます。

うーん・・・と思っていたところに、店員さんが来て「お味はどうですか?」と。
驚いて「あ、美味しいです」と答えると、「濃すぎたら薄くできますからね」と。

食べている途中でそんな事が可能なのか?

まあ、お湯で割るだけと思われますが、その心遣いは嬉しい事で。

しかし、このドロドロスープは、豚骨と水だけで一体どれだけの時間煮込まれたのか。

厨房にはずっと寸胴の前に立ってスープを炊く係りの人がおり、相当な労力、ガス代もかかっているのかと。
多めで頼んだネギは、レンゲでどこをすくってもたっぷり付いてきて、九条ネギをここまでサービスするのかと。

決して美味しくはない、でもこのラーメンは・・・



僕には、このスープを残す事はできませんでした。


それにしても、豚骨と水の2種類だけで作ったスープは勘違いだったのか?

と、後日調べてみたら、コナ(化調)抜き・タレ(カエシ)抜き、なんてオーダーも可能なよう。
やっぱり、豚骨と水だけのスープはあったのか!

まあ、絶対に美味しくないですけど (・∀・)

しかし、僕はまた、美味しくないラーメンを食べに奈良まで行くと思います (;´∀`)



3月19,20,21日 和歌山・奈良旅行
日記
大宇陀アナンダ(宇陀:ケーキ)
ラ・ペッシュ(大淀町:ケーキ)
はしたま(橋本:食堂)
ソラ(橋本:パン)
キミノーカ(紀美野町)
浜キャベツ(美浜町:食堂)
白崎海岸(由良町:レース)
ルパンサクレ(大和郡山:パン)
無鉄砲(大和郡山:ラーメン)
ハンナ(生駒:パン)
とんまさ(大和郡山:デカ盛り)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

新福菜館(京都市下京区) 

2016/01/11 Mon 17:15訪問
新福菜館 本店


続いて隣のお店にハシゴ。
隣で食べている間にちょうど行列もなくなり、即入店できました。

こちらはチェーン展開しているのかな? 何かで秋葉原にもオープンみたいな情報を見た気がします。



こちらでも普通のラーメンをオーダー。



中華そば(並):700円

なんと真っ黒なスープ・・・、そしてお隣同様にたっぷりのチャーシューと九条ネギ。



凄い味がしそうですが、さすがにそんな物は誰も食べないわけで。

だいたい予想通りで醤油の味が強いですが、それほど濃くなくしょっぱくもなく。

豚は感じますが、豚骨とは思えず、出汁の味がよく分からない。
その上に化学調味料も感じ取れず、どうもボンヤリした味に感じます。



麺はこちらも低加水気味で、スープに良く絡むタイプ。

コシとかそういったものはなく、麺自体を味わえるものではないです。



たっぷりのチャーシューは脂多めのバラ肉で、生姜焼きなどに使いそうな薄切り肉。
これはこれで美味しく、九条ネギの風味もとても良いです。


不味いと言うことはないですが、個人的にはよく分からない味でした。
ただ、第一旭もそうでしたが値段のわりにボリュームはあり、2店ハシゴすればお腹は膨れます (・∀・)

こちらも朝7時半からの営業だそうで、京都のラーメン店は独特なお店が多いよう。
そう言えば、14時くらいに天下一品:総本店の横を通りましたが、そちらも大行列でした (;´∀`)

京都のラーメン店は僕にはハードルが高そうですが、旅行では1店は行っておきたいと思います。



2016年1月9,10,11日 京都旅行
日記
塩芳軒(上京区:和菓子)
嘯月(北区:和菓子)
松屋藤兵衛(北区:和菓子)
クロア(北区:パン)
加茂みたらし茶屋 (左京区:和菓子)
ナカガワ小麦店(左京区:パン)
甘泉堂(東山区:和菓子)
彩席ちもと(下京区:和食)
末富(下京区:和菓子)
エス(下京区:ケーキ)
古川町商店街(東山区:食べ歩き)
出町ふたば (上京区:和菓子)
エズブルー(上京区:パン)
アルチザナル(上京区:パン)
Dari-K(中京区:チョコ)
松屋常盤(中京区:和菓子)
グランヴァニーユ(中京区:ケーキ)
末廣(中京区:寿司)
一保堂(中京区:お茶)
月餅屋 直正(中京区:和菓子)
タンドレス(左京区:ケーキ)
マルシン飯店(東山区:中華)
エレファント ファクトリー(中京区:コーヒー)
第一旭(下京区:ラーメン)
新福菜館(下京区:ラーメン)
懐古庵(中京区:宿)
京都の地酒


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

第一旭(京都市下京区) 

2016/01/11 Mon 17:00訪問
本家 第一旭 たかばし本店


この日は、京都のラーメン激戦区と言われる一乗寺エリアでラーメンを食べる予定も、
第1候補のお店が休み、第2・第3は大行列。 そこまで食べたいわけでもないので中止にしました。

ただ、時間も胃袋も余裕ができてしまったので、帰る前に京都駅近くで食べることに。

一乗寺の方でも狭い範囲にラーメン屋が密集、2軒並んでいるのも見ましたが、こちらは有名な2軒並びのお店。
両店とも老舗で、早朝から営業しており、どちらも行列のできるお店のようです。

両方行くつもりで、並びの少なかったこちらから。
この名前のお店は名古屋周辺にもありますが、チェーン店の形ではないようです。



もうすぐ入店できそうな段階でオーダーでき、普通のラーメンを。



ラーメン:700円

あれ?これはチャーシュー麺では・・、そしてネギラーメンでは・・、というような見た目。



茶色がかったスープは透明感がありつつ油の浮きが多め。
豚の風味はあるものの臭みはほとんどなく、強めの醤油味がメインの印象。

それなりに脂っぽさはあるものの、比較的あっさりしたスープな感じです。



麺も太くも細くもなくシンプルで、気持ち柔らかめ。
加水が低めで少しごわっとした口当たりですが、スープの絡みはとても良く。



チャーシューは薄めながらたっぷり。
スープがしみ込みすぎて肉感が薄くなってますが、単体ではなく麺に絡めて食べるようなチャーシューに感じます。

薬味と言うより、具のレベルである大量の九条ネギは風味良く。
薬味としてのネギは九条ネギがベストと思いますが、特にこの地域では九条ネギ以外はあってはならないかと。


と、充分に美味しいラーメンでしたが、並んでまで食べるものだとは思えませんでした (;´∀`)
オーソドックスなタイプなので特別感は出にくいですが、やはり大きな特徴はないと思います。

しかし、このお店は朝の5時から深夜2時までの営業なんですね Σ(´∀`;)

状況によっては行くべきお店になる可能性もあり、そんな時にはまた行こうと思います (´∀`)



2016年1月9,10,11日 京都旅行
日記
塩芳軒(上京区:和菓子)
嘯月(北区:和菓子)
松屋藤兵衛(北区:和菓子)
クロア(北区:パン)
加茂みたらし茶屋 (左京区:和菓子)
ナカガワ小麦店(左京区:パン)
甘泉堂(東山区:和菓子)
彩席ちもと(下京区:和食)
末富(下京区:和菓子)
エス(下京区:ケーキ)
古川町商店街(東山区:食べ歩き)
出町ふたば (上京区:和菓子)
エズブルー(上京区:パン)
アルチザナル(上京区:パン)
Dari-K(中京区:チョコ)
松屋常盤(中京区:和菓子)
グランヴァニーユ(中京区:ケーキ)
末廣(中京区:寿司)
一保堂(中京区:お茶)
月餅屋 直正(中京区:和菓子)
タンドレス(左京区:ケーキ)
マルシン飯店(東山区:中華)
エレファント ファクトリー(中京区:コーヒー)
第一旭(下京区:ラーメン)
新福菜館(下京区:ラーメン)
懐古庵(中京区:宿)
京都の地酒


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム