FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

日之出食堂(岐阜県岐阜市) 

2019/02/24 Sun 15:15訪問
日之出食堂


岐阜でのラストは中途半端な時間になったため、中休みなく営業している大衆食堂へ。

年配の夫婦2人でやられており、店内も良い感じの年季の入り方。
けっこう人気店のようで、席数に近いくらいの駐車場が用意されており、15時くらいでもそこそこの客入り。



真っ赤なカウンター席で、メニューも含めていかにも町中華系。



定食もあり。
店名が付いた日之出定食がベストですが、肉の天ぷらという珍しいメニューが気になりそちらを。



肉の天ぷら定食:890円

あれ?大盛りって言ってないけどなーという量が・・


そのまんま肉の天ぷら、そしてたっぷりと。
思ったより油っこさやしつこさはなく、バクバクガツガツいけます。

ちなみにキャベツもたっぷりで、キュウリにトマトまで付け合わされ、立派にサラダです。



ご飯も丼っぽい器で普通の店なら大盛りの量。
中華スープは大きなラーメン丼に入っており、飲み干すのがやっかいなレベル。

ボリューム満点、通し営業と、これはこれで全て備わっている大衆食堂でした。


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

魚河岸 丸天(静岡県沼津市) 

2018/12/23 Sun 8:00訪問
丸天 魚河岸店


アジフライを食べ比べてみようと、もう1軒。
こちらは「沼津港と言えば・・」くらいの有名店で、 それだけにスベるのを覚悟での訪問。

すぐ近くにもう1店舗あり、どちらかが本店か両方支店なのか分かりませんが、朝から営業している方へ。



名物は円すい状のデカいかき揚げ。
あの形にして美味しくなる理由は何もなく、いかにも観光客をターゲットにしたネタ的なお店です。

店内は広く、やはり観光客100%な感じ。



カウンター席の目の前にドカッと。

揚げ立てでもない唐揚げを、こんな風に売って良いの?と思いますが、この存在は家族客に大好評でした。



あじフライ定食:1242円

大衆食堂系で税別表記というのも、いかにも観光客対象なお店なイメージ。


そんなに大きくなく薄めですが、5枚なのでボリューム感は高め。

味の方は普通にアジフライで、可もなく不可もなく、何かを語るのはかなり難しいかなと。
ただ、先に食べたお店と比べると圧倒的に劣るのは確実で、その確認は完了。

まあ、質はともかく、どのメニューも量的に見ればそれほど高い設定ではなく。
料理ではない生魚系のメニューや、ネタっぽいものでなければ、そんなに悪くないのかもしれません。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

にし与(静岡県沼津市) 

2018/12/23 Sun 7:30訪問
にし与


沼津で1泊し、朝食は漁港にて。
まさに大衆食堂といった雰囲気のお店で、この時の客層は観光客より漁港関係者の方が多めかなという印象。



基本メニューは刺し身orフライで、生姜焼きやハンバーグなんかもあり。



あじフライ定食:1000円

特に好きではないですが、いつも漁港ではハズレなさそうなアジフライを。


広く大きく、そして肉厚。

キメ細かなパン粉の衣は小気味良くサクサクッと、アジはフワフワな食感。
アジのアジが特に良いとは感じませんが、漁港のアジフライはどこでもフワフワ、歯応えなく拍子抜けするレベル。

しかし、こちらはラードで揚げているのか、ちょっと豚の風味があり。
火の入りも良く、素材は別として揚げ物の調理自体に完成度の高さを感じます。

そう言えば看板にトンカツの文字もあり、トンカツにすれば良かったなーと。
また来る機会があれば、沼津漁港でのトンカツは確定事項です。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

まぐろ王国 大ちゃん(静岡市清水区) 

2018/06/17 Sun 10:15訪問
大ちゃん


最終日は早朝から170km走行を経て、清水港でブランチ。
「まぐろ館」という飲食店エリアをぐるっと周り、数ある店舗からこちらを選択。



メニューはほぼマグロを使った丼物のみ。
他にサーモン&いくら丼、鶏の唐揚げ丼、なぜか手打ちそばのセットメニューもあります。



そして、それらオーダーすると、マグロカツが食べ放題!・・に釣られ、お店選びは悩むことなく決定。

オーダーは唯一火の入ったマグロメニューの、まぐろ竜田丼セット:980円を。
ちなみに生魚は単純に好きでないのですが、切っただけで料理でないものを店で食べても・・という考えもあります。



食べ放題のマグロカツはキャベツともにセルフ式にて、客の状況を見ながら適量を揚げて出していく感じ。

直前に若者4人組が入ったので大量に揚げられましたが瞬殺。
すぐさま2回目がきて、その後は少し空けて様子見・・みたいな流れで。



大人なので、少しずつ取りにいきます。


ペラペラな薄さですが、食べ放題なので関係なし。
衣はサイドがパキパキで無駄に香ばしく、駄菓子のカツの味を思い出しました。



竜田丼は甘辛い粉の唐揚げみたいな感じで、タレなどもなくご飯の上に乗せただけ。



そばは二八の手打ちらしいですが、香りは弱く。

丼もそばもボリュームは抑えめですが、マグロカツ込みでこの価格なら充分でした。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

せきの(静岡県沼津市) 

2018/03/25 Sun 9:00訪問
せきの


最終日は明け方に厚木を出発し、沼津でようやく遅い朝食。

沼津港は完全に観光スポット化しており、飲食店の質も怪しいですが、漁港くらいしかお店が開いてない時間なので仕方なく行き、小さな個人店なら大丈夫かなとフラッと入ってみました。



メニューは魚介中心ですが、ラーメン、カレーライス、カツ丼などもある完全な大衆食堂。

ただ、やはり漁港関係者だけでなく、観光客を意識している雰囲気。



地アジフライ定食:1000円



アジフライ3つに加え、骨せんべいみたいな物を立たせ、軽く写真映えを意識してますかね。



細かなパン粉の薄い衣は軽やかで、身の厚いアジはふっくらして旨みもあり。

軽いサックリ感とふんわりした身で、シャク・ホワンとした食感はなかなか面白いです。



こちらは素揚げしているようでカリカリと。



味噌汁は匂いだけで分かるほど出汁がきいてました。


漁港はアジフライが無難なのかなと。
某店で行列に並んで、ネタみたいなかき揚げ食べるよりは良いかと思います。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム