FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ポニピリカ(東京都世田谷区) 

2020/02/25 Tue 12:00訪問
ポニピリカ


最後はスープカレーを。

今のところ最も好印象なスープカレー屋で、またエゾシカのカレーを食べようと思っていたものの、平日限定のランチメニューがあったのでそちらを。



オーダー表への記入システムで、今回は試しに一通りノーマル仕様にて。



平日ランチカレー:1100円


トマトスープに具材は鶏のキーマとブラウンえのき。

少しトロミのあるスープで、ブイヨンから動物系のコクを強く感じつつ、トマトの酸味でスッキリと。
標準の辛さでちょうど良く、シンプルな鶏ミンチの旨味、えのきの風味や食感のアクセントも分かりやすく。

美味しいですが、やっぱりこちらではエビスープ&蝦夷鹿のコンビネーションが良いかなという感じでした。


スポンサーサイト



category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

タイ料理研究所(東京都世田谷区) 

2020/02/25 Tue 11:00訪問
タイ料理研究所 下北沢店


続いて前日トムヤムクンをテイクアウトしたお店へ。
この日は祝日明けの火曜日で営業のお店が少なく、その中から11時オープンのお店を探しての消去法的な訪問。



ランチメニューはいろいろと。



ガイ・パット・バイガパオ・ラート・カオ:1100円

スープ&生春巻き付き。


ツユだく系の鶏ガパオで、まず何よりビックリするほどの辛さ。
濃いめの味付けにハーブの刺激、そして唐辛子の容赦ない辛味が刺さるように。

さらにスープが前日のトムヤムクンも目じゃない辛さで、もう逃げ場のない攻撃。
生春巻きのスイートチリソースが激甘に感じてしまうほどの破壊的な辛さ。

本場の物がどの程度か分かりませんが、味にハズれのないガパオライスも、辛さにおいては店によって差が激しく、そこも面白くもあります。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

般゜若 PANNYA CAFE CURRY(東京都世田谷区) 

2020/02/25 Tue 10:15訪問
パンニャ


最終日は昼まで下北沢にて。
まずは火曜日のみ9:00~11:00のモーニング営業をしているカレー屋から。



モーニング:500円

ワンメニューですが提供までそこそこ時間もかかって、用意してある物を出すだけではないよう。


キーマは味噌で味付けされ、ゆで卵はピクルスに。
朝食らしく納豆の揚げ物に漬物もあり、カレー専門店に必要ない手の込んだ料理。



トロンとしたラッサム?
タマリンドではなく梅らしき酸味があり、ここもどこか和食の方向に。



ちなみにオーナーはカレー好きの芸能人だそう。

隣の席の方が帰り際に店員さんと話しつつ、金を払わず帰ったのですが、あれ?この人だ・・と気付きました。

何ならこの方にも好感を覚えそうなほど良いモーニングです。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

OGINO(東京都世田谷区) 

2020/02/24 Mon 19:00訪問
オギノ オーガニックレストラン


3日目ラスト。



ビールは別で飲んできたので、スタートからワイン2杯ずつで。
AとBを飲み比べた後、BとCを飲むと、当然ながらBの印象は違って感じられて面白いです。



前菜


ダイレクトなアボカドの味わいのムース、中には軽いスモーキーさのあるサーモンとプリプリの海老。
たっぷりのイクラからはライトな塩気も加わり、アボカドと魚介の不思議なフュージョン。



スープ
地鶏とオーガニック野菜で、クリーンな中からジワジワと込み上げてくる旨味成分。



仔牛のセルヴェル

初体験の脳みそ。


食感はふんわりしっとり滑らかクリーミーで、おおむね白子のようなイメージ。
ほんのり甘みはあるも直接的な味はなく、これまで経験した事のない少し変わった香りがあるかなと。

ソースは香ばしさのある焦がしバター的な味わいで、脂肪分に油脂重ねになるものの、不思議なほどスッキリと。



オナガガモ


大盛りなロースのローストを安定の赤ワインソースにて。


そして安定の美しい火入れ。

ミシミシッと歯応えのある赤身肉で、血の香りは強いものの肉の臭みはほとんどなく。
脂肪分も適度にあるもギトギトせず野趣に富んで、予想外にクリーンな鳥の風味。

個体差も大きいと思いますが、野生の鴨ではこれまで食べた中で最もクセのない味わいでした。



リコッタチーズと餡子のケーキでプロトタイプ?これはあまり味がなかったなと。


今回も悶絶必至のドラマチックな3日間でした。


category: オギノ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

タイ料理研究所(東京都世田谷区) 

2020/02/24 Mon 11:45訪問
タイ料理研究所 下北沢店


この日もケーキのお供のトムヤムクンをテイクアウトで。
下北沢駅の上にある商業施設の1店舗で、渋谷に本店があるとか。



クイッティオ・トムヤム:1100円

パック容器でスープは袋入りにて。


ランチメニューで、トムヤムクンではなくトムヤム麺。


スープは辛みも酸味も上限いっぱいまで強く、さらに数種類のハーブも遠慮なく香らせて。
米麺は持ち帰った時間分固まってしまうものの、野菜とともにクリーンな風味でスープの威力を緩和。

ケーキ何個も食べると味覚もマヒしてくるので、その調整のための辛くて酸っぱいトムヤムスープのつもりでしたが、これはこれで味覚がマヒするほどの辛みと香り。

単体で食べれば刺激的で良い感じでした。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム