FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

CRAFT BEER KOYOEN(名古屋市中村区) 

2020/06/20 Sun 18:00訪問
コウヨウエン KITTE


部屋飲みを経て、夜の第一ラウンドはサッポロビールが運営する「浩養園」という飲食店の姉妹店へ。
先のエリックサウスと同施設内にあり、その時に発見してしまったので、この機に行ってみるかと。

メニューは肉バル的に豊富で、素材も良いものアピールあり。
ビールは全てサッポロ製造品ではあるも、一般販売されてないものが多めに。



マリアージュ premium セット:1408円

とりあえずメニュー的な、ビール1杯とおつまみセット。ビールは浩養園ヴァイツェンなるものを。
ちなみに単品価格ではビール:880円、つまみ:825円なので、けっこうお得なよう。

浩養園製造のヴァイツェンって白穂乃花とレシピ同じかと思ったら、微妙に違う味でした。
おつまみセットは美味しさを求めて食べる物ではないですが、酒のあてにはちょうど良い感じ。



#05:1100円

品名のないシークレットビールなるメニューがあったのでオーダー。
本社で試作醸造したものを回していると察しますが、そういう事ができるのは強みだなと。

味の方はマスカットを思わす爽やかな白ブドウ系の香りが広がり、そのままドライにキレ上がる爽快なゴールデンエールといったイメージ。

2年ほど前にサッポロがコンビニ限定で「ネルソンソーヴィンの真髄」という、300円弱としては秀逸な物を一瞬だけ販売してましたが、おおむねその感じかなと。


ビールだけ目当てでは少し物足りないですが、ウォーミングアップの1杯なら居酒屋より良さげです。


スポンサーサイト



category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ERICK SOUTH(名古屋市中村区) 

2020/06/20 Sun 13:15訪問
エリックサウス KITTE 名古屋店


食べ比べにもう1店舗でミールスを。

名古屋駅直結の「KITTE」という商業施設内にあるインド料理店。
東京には何軒かあるようで、この系統の料理の基準としても良いのかなと。

メニューはけっこう豊富でしたが、食べ比べのため一択で。



ベジ ミールス:1485円


品数多めでライスも2種類あり、白い方はおかわり無料。


ラッサムとサンバルもおかわり無料とのことで、お得感はかなり高めに。
味の方は先のお店と比べると、素材そのものの旨みより、加えてる感の旨みが気になる部分あり。

先にこちらを食べていれば印象もまた違ったと思いますが、何となく作為的に感じてしまい、不味くもないし満腹でもないのに、どうも食が進まない感じでした。

しかしけっこう手間のかかる料理と思いますが、ミールスって安いですね。



ちょっと長い余談で、現状でのミールスという料理についての個人的な感想というか、感情を言いますと・・

まず根本的に、皿の上にいくつも皿がある事に抵抗を感じる部分あって、食べ方が分からないし、面倒なイメージがつきまとうのですよね。

皿でなくてもワンプレート系の料理で品数が多く、チマチマと少量ずつ食べるのも性に合わない。
その数種類の中に優劣は必ずあり、物足りないものと不要なものに分かれてしまい、テンション下がる感覚に。

また、数種類を混ぜ合わせて食べながら楽しむ要素もある料理と思われますが、そういうのも苦手で、皿の上で完成・完結している料理を食べたいです。

逆に少しずついろいろ食べたい人には良いのかなと。
ケーキ屋でのイートインでも良く見ますが、数人で数個をシェアしあって食べるのが当然の人は合いそうなイメージ。


まあ、そんな細かい事を考えて食べてる人はあまりいないかもしれませんが、空腹を満たすための食事ではなく、嗜好としての食事なので、気になる部分は気にするべきかなと。

何となく好みじゃないとか言っているわけでなく、上記の理由で、インド料理そのものではなく、ミールスという料理に関しては僕には合わない感じです。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

spice&cafe imairo(名古屋市天白区) 

2020/06/20 Sun 11:45訪問
イマイロ


お誘いを受け、名古屋に新オープンしたインド料理店に。

10席ほどのキャパですが、空間は広く取られてリラックスできる雰囲気。
この日の食事メニューはミールス1品で、デザートが2種とドリンク各種。



ベジ ミールス:1700円

いろいろと豪華に、各種それぞれ素材の味が引き出されている印象。
野菜料理になるのでインパクトのある味ではないですが、キャラクターがしっかりして芯のある味わい。

ライスは本場で食べられている物らしいですが、粘り気はなく口の中でパラパラ落ち着かないような独特の食感。
これがこの料理にベストなのかは経験が少ないので分かりませんが、本場の物を使う事に意味があるのは確か。

全体的にあざといような旨味成分がなく、脂肪分も少なくてあっさりしてはいるも、食べ応えは高めに。


なお、ミールスという料理を食べるのはこの時が3度目でしたが、味とは別の部分で好みに合わない事を自覚しており、今回もやはりその感覚はつきまとうなと。

スパイス各種やタマリンドなどは最近かなり興味があり、自分でもいろいろ試しているので、合わない中でも好ましい味ではありました。



ガトー ナンテ:400円

シンプルなお菓子ですが、良質な小麦粉・バター・アーモンドの風味が高次元でまとまっての味わい深さ。
入口から出口までどの行程からも香り高いラムが鼻に抜け、前に出過ぎない絶妙なラインの心地よい効かせ方。

この品名のお菓子としては上限いっぱいまでの美味しさと思われ、価格も間違いではと思うほどの安さ。



チーズケーキ:800円

大きなサイズでの提供で、こちらも素材の良さが伝わる味わい。
チーズケーキの枠を超えるものではないですが、誰でも美味しく食べられるであろう一品。


ガチなこだわりがあるお店は無条件で好きなので、ミールス以外の料理があるのならまた行ってみたいです。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

あお星(愛知県豊橋市) 

牟呂エリアの洋食店。



自家挽きミンチのハンバーグと、和牛のカレーライスがメインの、まだオープン1年経ってないくらいの店舗。
カウンター3席とテーブル3卓のキャパで、スキンヘッドのオーナーがワンオペでの営業。




メニューはランチもディナーも基本は同じで、ディナーは右側の単品系が増える感じ。
他にハンバーグ&カツなど、ハーフ&ハーフなセットもあり。



サラダとピクルスが付きます。



あお星ハンバーグカレー:1540円

看板のハンバーグ&カレーに店名まで付けるという全てが揃ったメニューであり、「黙ってこれを食え」くらいの意思を感じる品名。

ちなみにライス大盛り無料ですが、バランスが崩れるので、白米だけで幸せになれる方でなければ、カレーライスは普通か小盛りで良いと思われます。



カレールウは比較的サラリとしており、牛肉と玉ネギなど野菜類のフォンの旨みを軸に、赤ワインの風味、フルーティな甘み、トマトやヨーグルト由来と思われる酸味がしっかりと。

辛さやビターさは抑えめで、スパイス感も主張しすぎず、深みの中にまろやかで柔らかみを感じる美味しさ。

ハンバーグは細挽きミンチをベースにに、少し粗挽きを混ぜた感じで、滑らかな口当たりの中でときおりゴロッと。
煮込みも入るのでフワッと柔らかく、肉を噛んでいる感覚はなくても、味わいだけ肉の旨みがガツンと。

他に明らかに認識できる具材は、一口大のトロトロに煮込まれた牛肉だけですが、特に何も必要ないくらい味わいのあるカレーかなと。

自分ではとても(面倒で)作れない、いろいろな食材と手間のかかった美味しいカレーライスです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

Sawadee(愛知県豊川市) 

ガチなメニュー豊富のタイ料理店にて・・



ナシゴレン:890円

なぜかラインナップされるも、メニュー表には載っておらず、壁に張られての案内。


パッと見でも一口食べての印象でも、日本での大衆的なチャーハンの味や食感。
食べ続けていると徐々に唐辛子や調味の辛みが響いて、ガーリックの風味もパンチを加えて。

揚げせんべい風な付け合わせも、もう一段階ジャンク感を上げる感覚で面白い食べ心地に。

町中華のチャーハンよりいけると思います。


category: サワディ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム