FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

CINQUE(愛知県豊川市) 

リピーターや常連さんも増えてきて何より。



そしてリピーターや常連さんを増やす活動も。



生ハムと巨峰とリコッタチーズ

生ハム&フルーツサラダシリーズは11月から巨峰に。
白桃は超えませんが、やはり分かりやすいインパクトあり。



鹿肉のボロネーゼ

鹿の余った部位はラグー・アッラ・ボロネーゼに。
肉の旨みで食べれるパスタは絶品。



鹿ロース


徹底的な赤身を食べたいので、鹿は特にモモ肉派ですが、このロースは考えを改めるほどバランス良い味わい。
きめ細かく繊細で、しなやかな歯応え、あっさりした中に潜む強い旨み。

プロテイン的に最高なのはもちろん、個人的には4本足で最も美味しい動物が鹿です。



ポルチーニのリゾット

人生で初めてリゾットを美味しいと思った1品。
ポルチーニの芳醇な香りに、グチャグチャせずに程よく芯の残ったアルデンテのライス。

だいたいの料理にオリーブオイルたっぷりかけますが、その和音も良い感じに。



僕は食べませんが、デザートもあり。



酒飲みに来てるのでめったに飲む機会ないですが、エスプレッソは美味しいです。



コース的な食事を終えたら、生ハムをつまみで飲み。
ムダに塩漬けされておらず、適度な塩気でスッキリいけます。



巨峰のビール。


甲州のビール。

しかし、なぜか毎週のようにうちゅう飲める。
毎週3本は飲んでますが、たぶんそんな店は日本でここだけかなと。



最近はビールが苦手な人間を連れて、その考えを覆させるのが楽しみ。



桃ヴァイツェン、ニューイングランドIPA、フルーツヘイジーIPA。

このくらいのラインナップでムリなら諦めますが、確実に「・・!?」となるイメージ。
人によっては買って帰ったり、何なら店に通い出すまであり。

毎週楽しいです。


スポンサーサイト



category: チンクエ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

cojigoro(愛知県豊川市) 

国府・八幡エリアに7月末オープンのカレー屋さん。

これまでイベント等での出店を経て、実店舗オープンとの事。
店主さんはどこか見覚えある気がしたのですが、よくコーヒーの移動販売をされていた方でした。



で、カレーライス、カレーパン、コーヒーのお店。
住宅街の立地で、駐車場もないという、近所に住んでないとなかなか行けないような条件。

店内は狭く、厨房前のカウンター4席、離れた奥の壁沿いカウンター2席、外にも微妙なスペースで2席。



カウンター席には手書きでCURRRRYとペイント。



カレーは3種類で、相盛りは2種類までになるよう。
他にサラダやドリンクが付くセットメニューもあり。

ちなみにカレーパンは現状では16時からの販売になるそうです。



あいがけカレー:1100円

キーマは辛さが強いそうなので、この2種で。


バタークリームチキンカレー

柔らかく煮込まれた鶏肉がゴロゴロと。少しマリネもされてますかね。
スパイスの香りは良く、バターのコクにミルキーな甘み、トマトの穏やかな酸で辛みなくマイルドな味わい。



スパイスポークカレー

香り豊かでややオイリーな仕上がりの中、豚肉は存在感強めに。
中辛くらいのパンチはあるも、軽く顔が汗ばむ程度で、マヒせずに味わって食べれます。


経験上ハズれないスパイスカレーで、逆に言うとそんなに特異性もない気もしますが、この田舎では貴重なお店なので、ちょいちょい通おうかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

Sawadee(愛知県豊川市) 

ガパオ食べにタイ飯屋。



テーブル席しかないので1人では行きづらい面もありますが、駐車場状況を見て、空いていたら突入。



増税後も値段据え置きの税込み価格。



ガパオムーカイダオ:890円

今回は豚肉の方で。


粗めのミンチは肉肉しさがあり、中毒性の高い味のソース、野菜の香味、トウガラシの刺激、そしてバジルの芳香。
そこに万能の目玉焼き、少し香りの付いたライスと共に、ゴチャッと混ぜてガツガツ食べて、背徳感ある満足感。

ややジャンクっぽい旨さでありながら、バランス良く摂取している感もあったりします。

他にも興味深いメニューばかりで、タイのビールも3種類ほどラインナップされており。
どれも味わいの弱いピルスナーですが、本場の料理とは合うのかなと、1度飲みに行ってみたいところです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

CINQUE(愛知県豊川市) 

ホームの飲み屋・・イタリアンでした。



トラットリア?オステリア?・・まあ、何でも良いですが。

食事メニューは、
前菜系が7種類ほど、500~1000円
パスタ&リゾットが7種類ほど、1000~1500円
肉料理が5種類ほど、1500~2000円
くらいのイメージ。

予約ではリーズナブルなコース料理も用意されてます。



志賀高原ビール:山伏 ブラムリー セゾン

さすがにこれは飲んだことないだろう!みたいなビールを毎週仕入れてくれるようになりました。

ワインボトルのような750ml瓶に入って、特殊なリンゴを使ったセゾンスタイル。
リンゴ由来&酵母由来のキュッとした酸味、香りは柑橘アロマもまとって魅惑的に。

完全に僕の専用ではなく、リクエストあれば出してくれるはずですが、3000円くらいします。




ソングバード:マノス ヴェルデ

こちらも750ml瓶、マニアックな千葉のブルワリーで野生酵母を使用だそう。
スッキリした酸味とスパイシーさのあるベルジャンペールエールで、さすがに飲んだことないタイプでした。



生ハムと梨とリコッタチーズ

2年熟成プロシュットのサラダは、秋になって白桃から梨に。
桃ほどのパンチはないですが、チーズが味わいを補強してます。



うちゅうブルーイング:ミルキーウェイ

こちらも毎回数本キープしてもらっており、この田舎でうちゅう飲める喜び。
「#うちゅう飲める」「#うちゅう買える」は、クラフトビール関係では注目のワードです。



野菜のロースト

新城市の契約農家から、その時に採れたものがやってくる無農薬野菜。
この週はマコモダケが大量で、クセはなくスッキリした甘みの味わい。



箕面ビール:ホッピーヴァイツェン

シーズン限定ですが、夏の始まりに飲み、夏の終わりにも。



松きのこ

新城が誇るなんちゃって松茸。良く言えば香りマツタケ・味シイタケです。



褐色がかった白ワイン、こんな色の方がナチュラルに感じます。



カルボナーラ

ソースはたっぷりの卵黄とチーズのみで、とても濃厚な仕上がりに。



箕面ビール:こざるIPA

口直し用にライトなタイプもラインナップ。
クラフトビールは800~1000円くらいです。



スペアリブの煮込み。

トマト煮込みで、しっかり歯応えがありつつホロッと崩れる柔らかさで、素晴らしい仕上がりです。



クラフトジン。

レアな辰巳蒸留所のジンが4種類ラインナップ。
近くの立ち飲み屋の方にも3種類あり、この田舎の駅エリアに7本もあるなんて奇跡。



何種類もあるなら、飲み比べ、飲み方の比べもオススメです。



鹿ロースト

今回は冷凍庫に入り切らないほどの大きな鹿の半身だそうで、まずは後ろモモ・大腿筋から。


比較的しなやかさやジューシーさもあって、野性味溢れる赤身肉。
赤ワインとブルーベリーのソースが芳醇な甘酸っぱさを加えて、旨みも倍増です。



グラスワインはだいたい800円。


イタリアの自然派ワインばかりで、果実味豊富な力強い味わい。



志賀高原ビール:ソー・セクシー・ブラウン

ビールは楽しく、かっこよく、セクシーであるべきです。



ポルチーニのリゾット

最近は料理はこれで〆るようになりました。
乾燥ポルチーニですが、イタリア米を使っており、リゾットという料理として秀逸です。



ロマーノ・レヴィ

人をお連れした時にだけ飲む幻のグラッパ、何でこんなもの置いてるんだレベル。
この30mlで1800円なので、さすがに他には誰も飲む人がいません。


置いてある酒は全て特別感があって美味しく、料理もこのエリアでは特異性があって美味しいと。
毎週楽しみすぎて、そう言えば月1くらいの東京以外には、どこかに出かけなくなってしまった近頃です。


category: チンクエ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

創作カレー MANOS(東京都世田谷区) 

2019/09/24 Tue 11:30訪問
マノス


ラーメンでスベったので、ハズレない安定のカレーライスを。
まだオープン1ヶ月くらいの新店だそうで、スパイスカレーの有名店出身の方が出店したそう。

平日でしたが4人の開店待ちにてオープン。



この日のメニューは3種類。



3種盛り:1400円

「最後は全部混ぜてどうぞ」みたいな案内がありました。


MANOS チキンカレー

チキンカレーの上の方に豆カレーも少量。

具は焼かれたチキンと煮た大根、サラリとしてスパイスきかせつつクセを抑えたカレー。
チキン自体にスパイスとハーブの香りがあり、大根も鶏出汁がしっかり染みており。

辛さはノーマルレベルなのだと思いますが、個人的には必要以上の辛み。



鮭とほうれん草のレモンポークカレー

ポークはキーマで、鮭とほうれん草は肉眼で見えず。

レモンとポークでなく、レモンポークを使っているのだと思ったら、レモンっぽい酸味があったり。
鮭とほうれん草の風味は唐辛子系の辛さにやられて良く分からず。



HOT‼︎シメジビーフカレー

これは全く良く味が分からないほどの辛さ。
ただ、他のお客さんは普通に食べていたので、個人的な辛さ耐性の問題なのかなと。


スパイスカレーとして美味しい方なのかもしれませんが、辛さ調整ができないので、辛さに弱いとキツいかなという感じでした。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム