FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Cious Deli(静岡県沼津市) 

2019/10/20 Sun 16:15訪問
シャスデリ


沼津に戻って、中途半端な時間だったので通し営業のお店へ。
メンチカツの専門店であり、スープカレー専門店でもあるという何とも変わったお店へ。



メニューを見た瞬間に妙な既視感でしたが、先日たまたま入った金山のお店と同じ内容。



元々メンチカツのテイクアウト店をされていたこちらの店主が、金山のスープカレーに感銘を受け、弟子入りしての暖簾分けのような形で、現在の形態になったそう。



ベジタブルスープカレー+チキンレッグ+ライス150g:1793円



量の調整自由がなライスは雑穀米で、お好みでガーリックチップとレモン添え。



スープカレーの味は金山のお店とほぼ同じと思いますが、本来が揚げ物屋だけあり、野菜はほぼ素揚げされ。
出汁感があるスープにスパイスを纏い、無駄にカロリー蓄えた野菜が良い感じのジャンク感を演出してます。



チキンも煮込みタイプor素揚げタイプが選択でき、せっかくなので珍しい素揚げで。
骨付きレッグではなくなりましたが、カリカリして香ばしく、さらにジャンク感アップ。


個人的にスープカレーは高い中毒性を感じており、いろんなお店で定期的に食べたい感じです。


スポンサーサイト



category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

GREEN GRILL KISETSU(静岡県田方郡函南町) 

2019/10/20 Sun 15:00訪問
グリーングリル キセツ


続いても道の駅内のカフェへ。
喫茶店風ですが、こちらの方が先のお店よりも落ち着いた雰囲気です。



地産地消の野菜を使い、特にトマトが名物だそうですが、ファミレス的なメニューで魅力なく。



手作りアイスもあったので、そちらだけオーダーしてみました。 



単純に2個でのダブルのよう。
シングル330円、ダブル550円なので、金額的にはお得ではあり。



むらさき芋

ちょっと固めで、質感としてはハーゲンダッツとかそんな感じ。
味は甘みのないサツマイモ風味で、特徴は色だけで。



オリジナルトマト

ここまで氷がそのまま残ったソルベは久しぶり。
風味は思ったよりも濃くて香りもあり、甘みや酸味に加えて、どこかソース風の調味料っぽさまで感じられたり。


簡単な機械で作った感じのアイスですが、あまり変な物も加えてなく、ちゃんと食べれました。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Spoke Cafe(静岡県田方郡函南町) 

2019/10/20 Sun 14:30訪問
スポークカフェ


函南町の道の駅内にあるカフェ。



レンタルサイクルもあり、サイクリスト交流の場としての側面もある店舗との事。
と言っても道の駅の施設なので、普通の観光客ばかりの客層。



運営は移動販売などやっている会社のようで、メニューはハンバーガー・サンドイッチ系、さらにクレープがメインと、アスリートフードとは対極にありそうな物がズラリと。



サイクリストとして、少しだけ売り上げに貢献を。



100%粗引きてりやきバーガー:380円

久しぶりに謎の照り焼きソースとやらを。


パンは味気ないものの変な味もなく、肉は普通に牛肉の味、甘いバーベキューソース風にマヨネーズ。
あまりに安いので危険覚悟でしたが、心地よいくらいのジャンク感で美味しく食べられました。



タピオカミルクティー:380円

ノリでこちらも。
ミルクティーは既製品のチョロいメニューだなと。

タピオカ自体を否定しませんが、ブームに便乗して突然やり始めるお店は全力で否定して良いかなと。
しかし、たまに飲むと言うか食べると、何となく魅力も分からなくはないです。


飲食の方はファミレスクオリティですが、休憩するには良いところです。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Used like new beer(名古屋市西区) 

2019/09/07 Sat 12:00訪問
ユーズドライク ニュービア


続いてクラフトビールとサンドイッチのお店へ。
以前にブリックレーンというお店に行きましたが、その時のお店の方が経営されているよう。

民家を改装した店舗にて、手作りサンドイッチとクラフトビールの販売&イートインの営業形態。



ツナ オリーブ クリームチーズ トマト

順番忘れましたが、こんなような具材を羅列した品名で、おそらく顔っぽい作りにしているのだろうなと。
その名の通りの具材に加えてキャロットラペやレタス、マヨの味付けにクミンのスパイス感。



デビルサンド

こちらは茹で玉子のサンドで、デビルの顔になっているのかは不明。
そのままシンプルな味付けで、間違いない物でもあり。

具材も自家製パンもちゃんと美味しいですが、このタイプの物ってサンドイッチである意味はないかなと。
パンの存在理由がなくなってしまいがちで、さらに食べにくく、皿に乗せて別々に食べた方が良いと。

ただ、マニアックなビールを個人契約で直輸入という攻めた姿勢に敬意を表して、またビールを買いに行く時はサンドイッチも買っていこうと思います。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

カレーハウス ブータン(浜松市中区) 

2019/08/25 Sun 11:15訪問
ブータン


この日は電車で浜松に行き、軽く食事をしようとあえて細い路地に入ってみたら、求めていたような物件発見。



なんと創業55年目というカレー屋さん。
カレーライス専門で55年も続けれられるって凄すぎです。

店内も通るのに気を使う狭さで、黄色のタイル張りのL字カウンターが良い感じ。
調理されていた方は店主さんになるのかまだ若く、それが不自然に感じるほど味のあるお店の雰囲気。

カレーメニューはポーク、チキン、ビーフ、キーマまでありましたが、店頭の黒板にもオススメとあったカツカレーにて。



カツカレー:780円

ステンレスの浅い皿、片側にライスを寄せてルーをなみなみと。
揚げたてのカツはライスに乗せ、キャベツを添えて、真っ赤な着色の福神漬けも。

少しトロミのあるルーはスパイスが前面に出たものでなく、いかにもカレー粉という風味。
そこに野菜や果物の助けを借りて、味わい深くまろやかに。

カツは小さめでパサ付きもあるも、カレーライスのトッピングとして気になるほどでなく、むしろバランスとして好印象と言えなくもなく。

懐かしいというほどの記憶ではないですが、カレーライスってこういう物だよねという味。

さらに、遠慮しましたが、食後に2口ほどのアイスクリームのサービスもあります。

たまにこういうお店に出会えると嬉しくなります。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム