FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie Abondance(浜松市中区) 

2015/03/14 10:15訪問
アボンドンス

original_2015031414182302c.jpg
続いては1月にも訪問したこちらへ。

ホワイトデーのため、この前に寄ったケーキ屋2軒は男性1人客ばかりという変わった光景でしたが、浜松1番人気のこちらも、当然ながら男性1人が多かったです。

そして、開店15分後でしたが、ほとんどの商品が補充用のロットに交換中という売れ行き。
いつも陽気に接客するフシェフのベルナール氏も、レジ担当で精一杯でした (;´∀`)



4品を購入。


マルキ:562円


ミルクチョコのムースにピスタチオクリーム。

チョコのムースはとても軽く優しい甘さで、ピスタチオクリームは滑らかで控えめな風味。
土台はふわふわのスポンジ生地なので、全体的にかなり軽い印象です。



ディプロマット:518円


紅ほっぺ使用のケーキ。

生クリームはほんのりバニラが香り、苺もマリネされてみずみずしく。
少量のスポンジ生地はごく普通で、苺とクリームの印象が強く残る贅沢感のある苺ショートです。



マチルド:497円


円すい状のキャラメルのババロアの中にクリームブリュレ、土台はチョコとヘーゼルナッツの生地。

ババロアはキャラメルの苦みもなく穏やかな味で、ブリュレはバニラの風味が濃厚。
生地は焼きも浅くて軽い食感なので、何だか飲み物のように食べれます。



ルビー:518円


ピスタチオムースにベリーのゼリー。

毎回食べますが、ムースはいつ食べてもピスタチオの風味はなくバニラの風味。
甘みもベリーの酸味も控えめではっきりしない味ながら、なぜか美味しいと言う感じです。


このお店は自分の知る限り、何年も商品がほとんど変わってません。

味も全体的に甘さは控え目で、酸味や苦味の強い素材もでも風味は控えめ。
ムースやクリームは軽くて滑らかで、生地部分も焼きが浅くて柔らかめ。

結果的に、味も食感も全て穏やかで優しいものばかりになり、シェフは「小さな子からお年寄りまで大丈夫」みたいな事を言ってましたが、ずっとそのコンセプトのようです。

いろんなお店のものを食べ、また食べ比べしてると、どうしてもインパクトの強い味が印象に残り、こういった優しい味のケーキは物足りなく感じてしまう事があります。

それでもこちらのケーキは美味しいと感じられ、これからも近くに行ったら寄りたいと思います (´∀`)



2015年3月14日
佐鳴湖(西区:ランニング)
ランプ(中区:パン)
ルシェルブルー(中区:ケーキ)
麻や(中区:パン)
キャトルウール(中区:ケーキ)
アボンドンス(中区:ケーキ)
スギヤマ(中区:パン)
カセル(中区:パン)


スポンサーサイト



category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム