FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

洋菓子舗 茂右衛門(東京都国分寺市) 

2015/04/24 Fri 14:00訪問
茂右衛門(もえもん)


吉祥寺から国分寺市に移動して人気のケーキ屋さんへ。
マンションの地下にあり、テナント系で他のお店もあるものの、知らなければ入らないような場所にあります。

和菓子屋さんのような外観ですが、店内も完全に和の雰囲気で、店員さんも和風の制服にて。
生ケーキ、焼き菓子、焼きっぱなし菓子と売られてますが、かなり売り切れてしまったようで種類は少なく。



4品購入し、向かいの公園で。


あんことくろみつ:480円


たっぷりの小豆はホワイトチョコでコーティングされ、その下にあんこのムース。
黒蜜風味のチョコムースに、土台はココナッツのダックワーズでラム酒も香ります。

それぞれ単体で美味しく、特にホワイトチョコで加工された小豆は衝撃の美味しさ。
いろんな素材を組み合わせながらも、不思議とシンプルな一体感があり。

和テイストのケーキでは、断トツで過去最高に美味しいケーキでした。



ポロネーズ:500円


ドーム型のブリオッシュ生地の中にカスタードクリームが入り、オレンジやパインが香ります。
さらにキルシュがたっぷり入って、酔っ払いそうなレベルです。

ケーキとしてはサバランに近いですが、崩れやすいからと別の箱に入れられたほどフワフワ。
サバランよりもはるかに手間がかかりそうで、細かい仕事もされています。



ミントとラプサンスーチョン:500円

断面図を撮り忘れましたが、そのままの形です。
ミントと正山小種(ラプサン・スーチョン)という中国紅茶のケーキ。

上部は濃厚なチョコムースでミントが香りますが、チョコミントではなく、チョコが主体でほのかなミント。
下部もチョコムースですが、こちらに変わった紅茶風味が香ります。

土台もチョコ生地で表面も濃厚なガナッシュですがクドさはなく。
ミントや紅茶がの風味に、こちらもラム酒が少し入って調和されていると思います。



ベルギービールのタルト:450円


サクサクの香ばしいタルトに、フィリングは本当にビールの味。
アルコールは飛んおり、苦味はそれほどでもなく甘みもありますが、ちゃんとビールの味です。

ビールと甘いお菓子は絶対に合わないですが、これは自然に食べれて凄いです。


どれも予想をはるかに上回る美味しさで驚きました。
この日に食べた物は、ここでしか食べれない味なのではないかとさえ思います。

次回は開店直後に来て、いろいろ食べてみたいです。



2015年4月24~26日
ダンディゾン(武蔵野市:パン)
レピキュリアン(武蔵野市:ケーキ)
さとう(武蔵野市:デリカ)
アテスウェイ(武蔵野市:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ねじまき雲(国分寺市:コーヒー)
二郎(小金井市:ラーメン)
茂原ツインサーキット(茂原市:レース)
いしい(勝浦市:ラーメン)
ピネキ(館山市:お土産)
ビンゴ(南房総市:ハンバーガー)
富士屋(木更津市:ラーメン)


スポンサーサイト



category: 茂右衛門

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム