雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

一保堂茶舗(京都市中京区) 

2016/01/10 Sun 12:00訪問
一保堂 本店


寿司屋さんの真向かいに、聞き覚えのある名前のお店が。

もともと、今回は和菓子をたくさん食べるので日本茶もと思ったものの、
京都市のお茶屋さんを調べたら、有名どころは大手飲料メーカーとコラボ?名前貸し?で聞くお店ばかり。

だったらペットボトルの伊右衛門とか綾鷹とか辻利でいいやと (;´∀`)

が、それらのお店ではない最大の有名店が目の前に現れたので、何かの縁かと寄ってみました。


店内は広いものの、ショーケースのようなものはなくて、1人ずつ店員さんが対応してくれる感じ。

抹茶、玉露、煎茶、ほうじ茶などいろいろあり。
ほとんど飲んだことのない抹茶と玉露を買おうと思うも、高っ! Σ(゚Д゚;)

安くても1杯あたり数百円、高いものになると・・・ (゚A゚;)ゴクリ

止めようと思ったものの、普段飲むコーヒーもそのくらいだし、酒もか・・と、安めのものを購入してみました。


 
抹茶20g缶と玉露100g缶。



京極の昔(20g):1296円

10種類以上ありましたが、京都限定というこちらを。

ちなみに、1杯あたり10gだそうで、1杯650円。
まあ、やっぱりお店で飲むコーヒーやビールとそんなに変わらないですね (;´∀`)

粉なので、このまま湯のみにブッ込んでお湯と混ぜればいいのかなと、貰ったパンフレットを確認すると、



ああ、そうだ・・そんなお茶の淹れ方見たことある (;´Д`)

困ったな。さすがに道具を買おうとは思わないし・・
しかし、せっかくの高いお茶を、間違った飲み方をするのもためらわれる。

とりあえず、そのまま少し口に含んでみたら、思い切りむせました (・∀・)

しかし、香りはとても良かったです。

で、結局お土産として人手に渡ることになり、僕が飲むことはありませんでした (´・ω・`)



くき玉露(100g):1890円

一保堂本店限定の玉露。
葉っぱではなく茎で、アウトレット的な要素で安いものの、味はちゃんとしているそう。



ほとんどの飲み物は、物理的に最も多い原材料は水。
考え方によっては水が最も重要と言っていいのですが、いろはすで大丈夫かな?

ちなみに京都市の水道水は、うがいで口に含んだだけですが、三河よりはるかに良い印象です。



絵的にコップに淹れてみました。



これは美味しい。何がどう良いのか分かりませんが美味しいです。
渋みや苦みはあまりなく、ほのかな甘さを感じ、すっきりとして無限に飲めそうでした。


そう言えば玉露は、コーヒーやレッドブルの倍くらいのカフェイン含有量らしく、ここぞの時に使えそうです。

ちなみに僕はカフェイン中毒の可能性があり、かなりの頻度で摂取しているので、カフェインの効果は分かりません。
ただ、もし摂らなければ生きていけないならば、美味しい物から摂ったほうがいいです。

今後は、玉露だけ買ってみようかなと思います (´∀`)



2016年1月9,10,11日 京都旅行
日記
塩芳軒(上京区:和菓子)
嘯月(北区:和菓子)
松屋藤兵衛(北区:和菓子)
クロア(北区:パン)
加茂みたらし茶屋 (左京区:和菓子)
ナカガワ小麦店(左京区:パン)
甘泉堂(東山区:和菓子)
彩席ちもと(下京区:和食)
末富(下京区:和菓子)
エス(下京区:ケーキ)
古川町商店街(東山区:食べ歩き)
出町ふたば (上京区:和菓子)
エズブルー(上京区:パン)
アルチザナル(上京区:パン)
Dari-K(中京区:チョコ)
松屋常盤(中京区:和菓子)
グランヴァニーユ(中京区:ケーキ)
末廣(中京区:寿司)
一保堂(中京区:お茶)
月餅屋 直正(中京区:和菓子)
タンドレス(左京区:ケーキ)
マルシン飯店(東山区:中華)
エレファント ファクトリー(中京区:コーヒー)
第一旭(下京区:ラーメン)
新福菜館(下京区:ラーメン)
懐古庵(中京区:宿)
京都の地酒


スポンサーサイト

category: ソフトドリンク

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム