FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編



冬野菜サンドイッチ:750円

じゃが芋とフランス産のほうれん草が共にたっぷり。


ほうれん草は味わい濃く、美味しいに決まっているポテトピューレ、さらにトリュフが香ります。
野菜サンドが肉サンドと変わらない値段だったので迷いましたが、これは買って良かったです。



イタリア豚の八戸風味噌漬け:750円


どれだけ漬け込んだのかと思うほど中まで味が染み、なおかつ肉の味もしっかり。
脂身たっぷりでも、あっさりしていると感じられるほど脂っぽさがなく。

豚の味噌漬けは良くあるものですが、これは肉質なのか調理法なのか、イメージと違った美味しさ。



天然海老:850円

パンドミ生地に大きなエビがたっぷり。


エビは食べたことないほどのプリプリな弾力。
甘みも感じるエビそのものの味の強さに、ソースの塩気とコクがとても合います。



角煮サンドイッチ:700円

全然サンドできない肉の厚みと量。


トロトロになる一歩手前まで煮込まれた柔らかな肉で、程よい甘辛さの味付け。
こちらも脂っぽさは一切感じないほどですが、豚の旨みはしっかりと。

柔らかくて甘みのあるパンオレ生地との相性もとても良いです。



干支サンドイッチ・猿の脳みそちゃいまっせ:850円

申年の始まり以来、いろんな猿ネタの商品があるようですが、これは何と脳ミソに見立てた白子。
白子は口に合わなさそうで食べたことないですが、この品名を言いたい一心でオーダーしてしまいました。


真鱈の白子だそうですが、けっこう大きな物。
思ってたより普通に食べれ、クセはなくクリーミーな口当たりでした。



バケット・チャバタ:550円

余りの生地で作られたのか、1本だけ出ており。


浅い焼きと少ない加水で、みっちり・ずっしりとした食感で、粉のとても良い風味を感じられ。
ほのかにオリーブオイルが香り、そのままでも美味しく食べられます。


サンドイッチは、普通のパン屋だと内容的にコンビニで売っているものと大差ないので買っても仕方ないですが、普通ではないパン屋さんのサンドイッチは価値があります。



2016年2月10,11日 東京旅行
日記
一幸庵(文京区:和菓子)
群林堂(文京区:和菓子)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
馬場南海(新宿区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ヴィロン(渋谷区:パン)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム