FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

NiOR(石川県野々市市) 

2016/08/15 Mon 12:30訪問
二オール


続いてパン屋さんへ。
まだオープンしたばかりのようですが、パン屋とは思えない外観で駐車場も広々と。

店内も広い空間があるセルフ式で、商品の種類は多くはなく、単価はなんと都心レベル。
それ以上に驚いたのが店員さんの数で、レジは2人ながら、調理スタッフは確認できただけでも6人。

この規模のお店で、このパンの数で、その人数が必要なのか?
このエリアで、この価格設定で、そこまで需要があるのか?と、かなり謎めいたお店です (;´∀`)



クロワッサン:324円


全国的にもかなり高価な部類のクロワッサン。

やや強めの焼き、折り込みは少なめで粗さを感じる層と食感。
たっぷりのバターはサクサク感が打ち消されるほど全体をしっとりさせ、噛むたびにジュワッと染み出してくるよう。

美味しい事は美味しいですが、値段ほどの満足感はなく。
質の良いバターがたっぷり使われている事は分かりますが、食べたいのはバターではなくパンです。



クロワッサン オ ザマンド:454円


これも結構な値段で、紙袋も触った手もベタベタになるほどの油分と水分。

かなりのシロップが打たれ、表面にダマンドもかかってますが、何よりも大量のカスタード押し。
玉子の風味が強く、バナナのスライスもいくつか入り、さすがに甘ったるく重いです。



ブリオッシュ オ シュクル:173円


クシャっと握れば1割くらいの大きさに潰れそうなほど軽くてふんわりと。
玉子の風味たっぷりで口溶けもとても良く、美味しいブリオッシュです。



エスカルゴ オ ピスターシュ:378円


ピスタチオペーストは風味が弱く、一緒に巻き込まれているチョコレートの方が主張が強め。
生地はクロワッサン同様にバターがたっぷりすぎるほどです。



トラディション:302円


バゲットなのかバタールなのか不明。

太く厚くかなり柔らかめで、他に大きな特徴はなく、食事と合わせる前提な印象。
このパンにフルーツソース等を入れて焼き込んだ商品も多く売っており、これ自体がメインの位置付けではないよう。


強気の価格だけあって美味しいですが、値段ほどの満足感があるかと言われると微妙です。

ただ、消費はいろいろと二極化しており、田舎の方でもこういったお店が増えるのかもしれません。
個人的にも食は極端な二極化をしているので、高級路線のお店が増えるのはわりと歓迎です。

他の物も食べてみたい気もあるし、地元にあったら良く行ってしまうのかもしれません (;´∀`)



2016年8月11~16日 北陸旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ビット(砺波:パン)
バイス(高岡:パン)
戸出ジェラート(高岡:ジェラート)
福十(小矢部:パン)
春乃色食堂(南砺:食堂)
ズッカ(南砺:ジェラート)
能登半島サイクリング前編
藤田屋(輪島:デリカ)
能登半島サイクリング後編
マルガージェラート(能登町:ジェラート)
チェルキオ(七尾:ジェラート)
栄食堂(朝日町:食堂)
オーボンスーブニール(富山:ケーキ)
オーボンスーブニール・焼き菓子
西町大喜(富山:ラーメン
よしだや(氷見:食堂)
森八(金沢:和菓子)
吉はし(金沢:和菓子)
チャンピオン(野々市:カレー)
サンニコラ(野々市:ケーキ)
サンニコラ・焼き菓子
サンニコラ・チョコレート
二オール(野々市:パン)
白山白川郷ホワイトロード
トランブルー(高山:パン)
宇奈月ビール
富山の地酒
金沢百万石ビール
石川の地酒


スポンサーサイト



category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム