雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編



だいたいタルトは1種類につき8個前後しか出ないので、前回は4番目でも売り切れる物もありましたが、今回は先頭なので5種類で計9個買えました。



タルトシトロンアンシエンヌ:750円

調べたところ、アンシエンヌは古風みたいな意味のようで、かなり古いタイプのタルトシトロンなのかと。


クリームにはレモンピールや皮も入っているようで、やや粗くボソッとした食感。
苦みや渋みもありますがネガティブなものではなく、程よい甘みや酸味も加わっての複雑さがあります。

初めて味わうタルトシトロンで、他では決して食べられない味だと思われます。



タルトオランジェ:750円

シトロンは良く見るものの、なかなか珍しいオランジェ。
オレンジの果肉が乗っているタイプはたまにありますが、こういった形は記憶にないです。


表面は艶やかで薄いキャラメリゼがなされ、柔らかめなオレンジクリーム。
香りからして濃厚で、さらに強い甘み・苦味・酸味が一体となって押し寄せます。

味も食感も思っていた感じとは違いましたが、この味も貴重な体験でした。



タルトタタン:850円

同じ紅玉でも、ションソンオポンムとは違って鮮やかな赤。


甘みと酸味が高い位置でのバランスで共存し、ふわりとしたバニラの香りも良く。
そしてフィユタージュ生地に覆われた独特の形ですが、生地がもっと欲しいくらい美味しいです。



タルトポワールパンプルムース:750円


これは定番系になるようで、時期によって果実の産地は違うようですが、いつも安定の美味しさ。
生地のサックリ感、洋梨とグレープフルーツのみずみずしさに、ピスターシュのダマンドがまた良いです。



タルトフレーズ:950円

これぞ「苺」のお菓子と言う強烈なインパクト。


ザクッとしてバターたっぷりのタルト生地、アロマティックなピスターシュ、濃厚なたっぷりのナパージュ。
さらに苺はあまおう使用と、もうこれ以上の贅沢はない構成で、なおかつ破格の安さ。

苺も時期により種類が変わるようですが、訪問時はいつもあまおうなので他も食べてみたいですね。


今回もパンからサンドイッチからお菓子まで最高でした。

また、時期を変えて年に何回か行こうと思います (´∀`)



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム