食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

野麦(愛知県新城市) 

新東名:新城IC近くのうどん屋さん。



うどん屋で店名に「麦」を出すのは珍しい気がしますが、さらに洋風な民家っぽい外観のお店。



犬がお出迎えしてくれます。



メニューは温製のかけうどん、冷製のぶっかけがメイン。
いろいろなトッピング別で、ご飯などが付く定食セットにもできるようです。



こだわりの食材は46億年の塩?

他に、2度の熟成を置いた麺にはイカ刺しのような粘りがあるとか。
出汁はかけの方は瀬戸内海のいりこ、ぶっかけの方はワインの表記があり、なかなか期待が高まります。



山いもぶっかけ(大盛り):930円

プラス150円の大盛りは2玉くらいあります。


うどんはごく普通の太さで、讃岐らしく加水多め感のあるツルテカな仕上がり。
小麦は愛知県産きぬあかりだそうで、香りは弱いものの小麦の旨味は感じられます。

それよりも一口食べてビックリしましたが、かなり固いです。
とは言っても茹で不足ではないので、コシと言えるものであり、グルテンもきいてます。

出汁成分にワイン使用なるぶっかけのツユは甘め。
嫌らしい甘さではなく、フルーティでキレの良い爽やかさもある甘み。

しかし、けっこう量も多い事もあり、食べ疲れるくらいうどんが固いです。
自家製手打ちで2度熟成との事なので、多少のブレはあると思いますが、他では食べたことのないくらい独特です。

好みとは違いますが、きっとまた食べたくなってしまうだろう魅力を感じるうどんでした。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム