雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

パッド付きインナーパンツいろいろ 

サイクリングではいろんなお店に入るので、さすがにレーパンではなく、ズボン+パッド付きインナーという格好。

やはりレーパンと比べると、ペダリング動作にかかる抵抗、さらに空気抵抗も増えます。
遅くなったり負荷が増すのは構わないのですが、長時間乗っているとお尻にダメージがきます (ヽ'ω`)

ロードバイクを普通に乗るだけなら多分大丈夫ですが、フラットハンドルのミニベロでリュック背負って乗っているので、どうしても重心がサドル部分に偏ってしまい、けっこう痛いです。



このモンベルのサイクリング用ズボンは取り外し可能なパッド付きで、理想系かと思いましたが、やはり一体型ではない物は一体感がないわけで、ゴソゴソ動いて気持ち悪くてダメでした。

ズボン自体は肌触りや動きやすさなど、夏用冬用ともに良い感じですが、パッドの質は良くないので、もし買うのならパッドなしモデルの方が良いかなと思います。


で、インナーパンツ。


おなじみか分かりませんが、パールイズミのインナーパンツ。

自転車を始めたころに買ったので、10年くらい前の物になるかと。
ただ、ほとんど使ってないので、さほど劣化はしてないはずです。


メッシュ素材ですが、肌触りがかなり悪いです。
そして、パッドは布が1枚あてがわれているだけの感じで、ないよりはマシな程度。

もう、初心者の時から合わない事が分かりました。

現行のものはだいぶ変わったようで、レーパン並みの3Dパッドモデルもあるようですが、定価が7千円くらいで、やはり合わなかったというリスクを考えると簡単に買えません。


で、同じようなもので安いのはないかと探してみたらAmazonにたくさんあり、聞いたことのないメーカーばかりですが、お試し程度に4種類買ってみました。

全て2千円前後。 中国製で、ひょっとしたら製造工場も同じ所なのかもしれません。



パラディニア


パッドのクッション性はかなり高く、後ろの方は反発するような弾力。
そんな厚みや質感がある分、履いた時のフィット感は悪くゴワゴワした装着感。

メッシュタイプの生地部分は伸縮性はあるものの、ちょっと固めでザラザラとした肌触り。
また、前面が短い作りでヘソのかなり下までしか生地がなく、下腹部への圧迫感も少し感じます。



ダバダ


こちらも大きめ・厚めのパッドですが、上記の物よりも反発力は弱め。
やはり厚い分、地肌とパッドの間に少し空間ができてしまいフィット感は悪いです。

パッドの前の部分が薄く短いので、お尻は良くても、尿道部分に圧迫感があり。
生地はライクラ系で、シルキーな肌触りで良い感じです。



FENYI


こちらは生地もパッドも伸縮性が高く、肌触りもフィット感も悪くなく。
ただ、ゲルと書かれたパッドにゲル素材は感じず、厚めですが柔らかいです。

ボクサーブリーフ型ですが、腿の部分が短いため、だんだんと付け根に食い込んでくる感じがあります。



サンティック


こちらは他と比べてやや薄いパッドでクッション性も弱め。
また、中央部から前は細くなっているため、パッドが薄い事と含めて履いた時の異物感は少なめです。

厚さとしてはこれくらいで良いのですが、これも丈が短いので食い込んできます。


どれも帯にも襷にも短い感じですが、値段を考えればこんなものかなと。
とりあえずお尻自体の痛みは軽減され、乗り続けてれば異物感も解消されていきます。

この先も永遠のテーマになりそうなので、ひっそりと研究を続けていこうと思います (;´∀`)


スポンサーサイト

category: 機材・用品

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム