雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

満天星DODAN(愛知県豊橋市) 

10年以上前からある豊橋でも人気のラーメン屋ながら、最近になってやっと初訪問。

たまに他でも店名に見ますが「満天星」と書いて「どうだん」とか「どうだんつつじ」とか読むらしく。
「満天星DODAN」では「どうだんどーだん」となりますが、こちらの店名は「どうだん」だけのようです。

「どう?」と言う問いかけを三河弁で「どうだん」と言ったりしますが、店名の由来に関係あるのかは不明。



ラーメン屋どころか、とても飲食店とは思えない建物。
店内もゆったりした空間、黒が基調の内装に照明落とし気味で薄暗く、バーにした方が正しいような雰囲気です。



中華そば専門店を謳っており、基本は醤油と塩の2種類のようですが、つけ麺にまぜそば、餃子などのサイドメニューもわりと豊富でした。



肉(チャーシュー)そば:1050円


澄んだ色の醤油スープ。
少し油も浮きますが香味油ではなく、チャーシューの脂分なのかなという印象。

魚介の風味が感じられるも、控えめな主張でスッと消えていくようなキレがあり、日本蕎麦やうどんが入っていても違和感なさそうな感じ。

極めてあっさりしており、とてもキレイな味のスープです。



麺にも透明感があり、ツルッとした口当たりでプツンとした歯切れ。
加水が高すぎるせいか小麦の香りは弱いですが、かん水の臭みの少ないキレイな味です。



チャーシューは肩ロースとモモの2種類なのか脂身は少なめ。
じっくり柔らかく仕上げられてますが、調味料の味は控えめでほぼ肉そのものの味。

玉子もはっきりとした味はついておらず、具までもキレイな味です。



と、総じてちょっとキレイすぎる味でした。
スープを飲み干す事にも一切の背徳感がなく、ラーメン食ってうっかり健康になってしまいそうです (;´∀`)

良さそうな物を増やしていき、もうこれ以上必要な物がなくなった状態が完成形。
無くていい物は減らしていき、もうこれ以上削れる物がなくなった状態が完成形。

どちらにも正しさがあると思いますが、後者のイメージを強く感じさせるラーメンでした。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 5   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム