雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

2017/03/20 Mon 15:30訪問
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ


続いて代官山でケーキ。
今回は旅ランのため何時に行けるか分からず、前もって取り置き予約をお願いしておきました。

で、予約分の4品と、ヴィエノワズリーを2品追加。



ちょっと不注意で潰しまいまして・・・汚くなってすいません。



ル・スィスィリアン:616円

オーダーしにくい品名ですが、シシリアンで良いと思います。


ピスターシュのダックワーズはふんわり軽い仕上がりで、ナッツの香ばしい味わい。
白ワインのムースはマスカットのような甘い香りがあります。

フレーズ・デ・ボワの甘酸っぱさとも良く合って、軽さと爽やかさの後に華やかな余韻。
こちらのお菓子としてはシンプルな構成ですが、とても満足感が高いです。



パルフェ・オ・ポワール:616円

チョコレート、キャラメル、洋梨のお菓子。


コクとほろ苦さのある生地とムースに、洋梨のシャキシャキ感と甘み。

チョコレートのガナッシュと生地、キャラメルのムースが力強い味であることが分かっているので、洋梨は存在感なくなるだろうと予想してましたが、生地にもシロップ打ってあるようで思ってたよりは主張します。

まとまりはあるもののの、パルフェはパフェの方の意味だと思いますが、パフェっぽさはないです。



シブーストゥ・ピスターシュ:670円


カッチリしたタルト生地、ピスターシュのシブーストクリームに杏子がゴロゴロっと。
杏仁っぽい香りのあるピスターシュと、杏子果実そのものの組み合わせなので、相性はとても良いです。

そう言えば、先日取り寄せたガレットデロワでもこの組み合わせがあり、食べたかったのですが最初なのでスタンダードなアマンドにしたのですよね。

やっぱり杏子とピスターシュだったかな・・また来年買うとするか・・と思うくらい好きな組み合わせです。



スリー:616円

かなり潰してしまい写真上げるのも申し訳ないですが一応。

貴腐ワイン使用の深みのある甘いムースはシュワっとした口溶け。
生地は上は柔らかめのビスキュイ、下はガシッとしたダックワーズで食感に変化あり。

これは清里のお店で食べた事があり好印象でしたが、今回はそれ以上に美味しかったです。

 

クロワッサン・オ・ザマンドゥ:410円

クロワッサンは美味しそうに見えずいつもスルーしてましたが、ザマンドがあったので買ってみました。
かなり大きい上に、表面はアプリコットジャムがたっぷり盛られ、中はシロップたっぷり染み込んでずっしり。


あまりの重厚さでカットしきれず真ん中で止まり、横にも割れての4分割に。

すさまじく甘いのだろうなと思いきや、杏子からの酸味もあってそこまででもなく。
それでも、ここまでやる必要があるのかと言うほど贅沢で、おそらく千カロリー超えます。



ボストック:356円


たっぷりとラムが染み込んだブリオッシュ、ダマンドにスライスアーモンド。
かなりラムの香りで押してきますが、たっぷりのアーモンドの香ばしさもあります。


今回も良かったですが、やはりイートインすべきでしたね・・・
とりあえず、今後は潰さないように気を付けます (;´∀`)



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム