食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Gelateria Il Brigante(神奈川県鎌倉市) 

2017/05/03 Wed 15:30訪問(15:00並び)
イル・ブリガンテ


鎌倉まで戻り有名なジェラート店へ。
過去に何度か来たことはありますが、数年ぶりになります。

テイクアウトのみですが、かなり念入りに練っての盛り付けなので、1品につき数分かかります。
盛り付けされてる方は腕の力凄いんじゃないかなと思うほど、かなり肉体労働な練り方をしてます (・∀・)

普段から行列できるお店で、さすがGW中という事もあり、前に10組以上いて30分以上は待ちました。



カップにて2種類盛りの販売のみ。
好きな2つを選ぶわけですが、相性の悪い組み合わせを選択すると売ってくれません (;´∀`)

この日はGWで混雑が予測されるためか、最初からセットになっての4種類のみ。

基本価格は900円ですが、たいていのフレーバーはプラス料金が発生します。
この日はそれぞれ+500円、+400円の組み合わせで構成されており、全て1800円でした。



ブロンテ産 ピスタチオ DOP、モスカート パッシート

並んでいる間に二転三転するほど迷い続けて、貫徹しきれない初志だったこちら。
ピスタチオはあらゆるお店で食べている物なので、比較論的な意味での選択です。

セットのモスカートパッシートはワインで、お酒だけど大丈夫?と。
特に気にせず大丈夫と返しましたが、自転車大丈夫?という意味でしたかね (;´∀`) 



練りに練られながらも空気は含有してないかのようなみっちり感、他では経験したことのない食感。
クリーム系でも普通は多少の氷っぽい口当たりがあるものですが、こちらは微塵も感じられません。

ブロンテ産の最高級ピスタチオはあまりに濃い緑、ガツンとくる濃厚さ。
ローストされて香ばしさのあるタイプですが、"青い味"というのを実感できます。

モスカートパッシートは華やかな香りと甘酢っぱさ。
アルコール感はほとんどなく、色的にも葡萄よりは杏子のような、そんな風味があります。

人が少なくなったら再度並ぼうとも思ってましたが、さらに増加して、時間の都合もあるので1品だけに。


他では食べれない物で、コストなど妥協せずに最高の物を作るという姿勢に好感が持てます。
そういったお店は実は極めて少ないのですよね。

良い素材使えれば美味しいなんて当たり前とかいう人いますが、絶対にそんな事はありません。
どんな世界でも、常にそういう方向を目指してなければ到達できない領域があると思います。

2日後や翌週も再訪する予定が、ともに行けませんでしたが、なるべくコースに組み込んでいきたいお店です。



2017年5月2~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6
三浦半島(サイクリング)
あさくさ食堂(鎌倉市:食堂)
しぶき亭(三浦市:食堂)
イルブリガンテ(鎌倉市:ジェラート)
肉丼の店(大田区:食堂)
駒沢公園(世田谷区:ランニング)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ニューオータニ(千代田区:ビュッフェ)
ターブルオギノ(藤沢市:カフェ)
香香飯店(三島市:中華)
小椿(沼津市:とんかつ)
すみの坊(三島市:うなぎ)
小川港食堂(焼津市:食堂)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_イル・ブリガンテ(神奈川:ジェラート) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム