雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Boulangerie entete(愛知県一宮市) 

2017/04/22 Sat 11:00訪問
アンテテ


続いて一宮に戻ってまたパン屋へ。
公式情報がないので謎めいてますが、オーガニック等の素材にかなりこだわったお店との話。

11時開店の5分前到着でしたが、すでに4組が開店待ちしていました。

小規模のお店としては種類はそれなりにあり、ショーケースに入ってのオーダー制。
いつもなのか分かりませんが、オーナーシェフと思われる方が1人で接客対応されてました。



クロワッサン・オ・ブール:200円

3日かけて仕込んでいるみたいな事が書かれてました。


表面はサクサクしつつ、全粒粉の粗さとみっちりした層で少しモサッとしますが食べ応えはあり。
バターは予想以上にたっぷりで、噛む度にジワッと風味が広がっていきます。



ノルマンディ:80円


ソフトなパンですが、小さく握り潰れそうな物ではなくしっかりした反発力があり。
完全にプレーンながら香りも旨味もあります。



フィグ:280円


カチカチな生地で少し全粒粉らしき風味があり、大きなイチジクがボコボコと。
イチジクはプチプチ・ねっちり、ほんのりした甘さで酸味はなく、かすかな苦味も感じられます。



ポム:280円


こちらは柔らかめな生地。
りんごは煮詰められてますが、味も量ももう少し欲しいかなという印象です。



パン・ド・ミ(1斤):350円


全粒粉が多めで、ときおり粒子を噛んでいるような食感があり。
噛めば噛むほど味が出るような、ジワジワと旨味を感じられるタイプです。



バゲット:200円


フランス産小麦100%だそう。
食感は標準的で、ほとんどクセはなく穏やかな旨味です。



パン・デ・ザミ(1/2):390円

こちらのスペシャリテだそうで、この品名は知ってたものの初めて実物を見ました。


香ばしさが強烈なほどで、パンではなく何か違う食べ物のようにも感じられますが、実際は小麦粉・水・塩だけの材料と思われるごくシンプルな味で、小麦の旨みがジンワリと。

クラストはガリッとしてますが、クラムはほわっとして加水も多め。
何となく酸っぱいのかなと思ったらそうでもなく、何にでも合いそう食べやすいハード系です。


特殊な製法やオーガニック等のこだわりの素材など、味以外の部分での評価が高いお店がけっこうありますが、こちらは味も良く、価格もずいぶん安く感じさせます。

条件的についでに行くのではなく狙って行く必要がありますが、また行ってみたいお店です。



2017年4月22、23日
セリーヌ(一宮市:モーニング)
フルーレタン(一宮市:パン)
アン(稲沢市:ケーキ)
アンテテ(一宮市:パン)
ピクニケ(一宮市:パン)
虎玄(一宮市:ラーメン)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
シェルパコーヒー(岐阜市:コーヒー)
はなさき家(尾張旭市:ラーメン)
てりかけや(瀬戸市:デリカ)
ポルカ(尾張旭市:パン)
ベベ(東郷町:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム