雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

リュバーブのジャム 

先日、ちょっと寄った道の駅でリュバーブのジャムが売っていたので買ってみました。

パリ空で食べたリュバーブのタルトがあまりにも美味しかったので、ちょっと興味出てきてます。



つづりは「Rhubarb」で、「ルバーブ」という表記の物がほとんど。
フランス菓子店だけ「リュバーブ」となっているイメージがあります。



リュバーブ自体もともと酸っぱいイメージですが、このジャムはレモンも入ります。

関係ない話かつ昔の話ですが・・食べきらずに忘れていたジャムが冷蔵庫の奥に入りっぱなしで、5年くらい経っていたのに腐ったりカビが生えたりはしてなかったのですよね。

保存料ってどれだけ強力な薬品なんだと怖くなったので、それ以来は無添加なものを。



赤でも緑でもない、混ざったような色。 繊維そのものも見えます。

味としてはやっぱり酸っぱく、果実的ではあっても甘みのない果実。
イメージとは違う・・ではなく、パリ空でタルトを食べる前のイメージ通りの味でした。

ちなみに、つい先日に岐阜や名古屋のお店でもリュバーブのタルトを食べましたが、違うんだよなーと。

やはりパリ空だけが特殊なのか・・また見かけたらいくつか試してみたいと思います。


スポンサーサイト

category: コンフィチュール

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム