FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2017/05/11 Thu 18:30訪問(16:30並び)
ブランジュリー パリの空の下

cIMG_5804.jpg
この週は、木曜午後から新幹線で東京に向かって夕方着、そしてこちらからのスタート。

いつもより遅い並びで6番目と、思ったより先客は少なかったなという感じ。
順番が来てもサンドイッチが1種売り切れただけで、普通に選んで買えました。



クロワッサン:400円


地元でも旅先でも、見かけたパン屋でよくクロワッサン1個だけ買って食べてますが、匹敵どころか比較対象になりえるクロワッサンに出会った事がありません。

よく大人と子供くらいの差などの例えがありますが、そんな程度でもないです。



クロワッサン・ブール:450円


今まで自分で買って食べたクロワッサンで、最も安いと感じさせるもの。
味はもちろん、物理的にも感覚的にも重く、1個食べれば量的にも満足できます。

大きさや値段など、外見の印象だけで判断せず、ちゃんと中身を見なければ分からない事があります。



クイニーアマン:350円


カリッと薄めのキャラメリゼを突き破って、ふんわり感もある生地の美味しさ、シュッとした口溶け。
油分も糖分もありますが、控え目なのか本来の形なのか、他店のようにベタベタ感や甘ったるさがなく。

クイニーアマン自体が久しぶりでしたが、こんなに美味しい物だったかと。
駄菓子っぽいイメージのあるヴィエノワズリーですが、こちらはちゃんとパンでした。



ブリオッシュフイユテ ポモドーロ:550円


ポモドーロはフルーツトマトかなと思いきや、開封した瞬間スパイシーな香り。
生地の甘みと香辛料の風味、ドライトマト自体の旨味も感じられて奥深い味わいです。



ヴィエノワーズショコラ・パンプルムース:400円


半生グレープフルーツは華やかな香りがブワッと。
シンプルな生地とチョコレートの相性も抜群で、全てがビシッと決まっている感じです。



パンオレザン・ア・ラ・バニーユ:350円

定番系と思いますが初めて見ました。


いわゆるエスカルゴ的に巻かれたロール。
一般的にはデニッシュ系生地が多いですが、こちらはほんのりミルキーなパンオレ生地。

気持ち良くスッと入る歯切れに、これまたスッとした口溶け。
ブワッとバニラの香り、たっぷりの甘みの強いレーズンで、心地よいバランスといった感じです。


食べれば食べるほどに、他店のパンも食べるほどに、改めてこちらの凄さが分かります。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム