FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編



オーロラサーモンのサンドイッチ:950円

オーロラサーモンという物を初めて食べましたが、今回最大の衝撃。


見るからに凄い脂乗りで、食べると手も口もペタペタ・テカテカに。

噛んだ瞬間から染み渡るような脂の広がり、なおかつ引き締まった身も感じれる歯切れ。
プリッとして、ネチョッとして、トロリとして、しかし全く重さやクドさがなく。

ゆっくり味わずに一気に食べてしまいました。



プーレキューリー:450円

肉はあべどり、カレー風味。


ほんのりとピンク色を残す鶏ムネ肉はしっとり、やや淡白とも言えそうなあっさりした味。
外周部にのみカレーがまとわれ、主張しすぎない適度なスパイス感。

マヨネーズの旨み、パンオレ生地の甘みとも合って素晴らしいバランス感です。



アブラカレイのポワレ:850円

はみ出すほどの大きさは毎度ですが、さらにかなり肉厚な魚。


綺麗な白身ながらジュワッとしそうなほどの脂肪分、さらに揚げ焼いたような油分も。
こんなにしっかりした味の白身魚、そしてこんなぴったりな調理があったのかと感心してしまいました。


 
ポールロティ・ア・ラ・プロヴァンサル:750円

食べなくても分かる絶対美味しい物。


柔らかくジューシーで、赤身部分の豚の旨み、サラッとした脂身。
食欲をそそるガーリック風味とスパイス感、ハーブの香りのアクセント。

やっぱりではなく、予想以上の美味しさでした。



和歌山県産天然ブリのサンドイッチ:850円

唯一はみ出さない物ですが、はち切れそうです。


火はしっかり通って味も付いてますが、けっこう魚そのものを食べている感じ。
引き締まった肉っぽい弾力、適度な脂肪分、パンにもとても自然に合います。



豚フィレスービット:650円

最後は定番品で。


見た目で分かるしっとり感、しっとりの極み。
さらに、このパンオレ生地と自家製マヨネーズとも、シンプルさが極まった組み合わせに感じます。


サンドイッチではなく一品料理、逸品料理と言っていいかと思います。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム