食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

洋菓子舗 茂右衛門(東京都国分寺市) 

2017/08/11 Fri 13:45訪問
茂右衛門


続いて国分寺に移動。

いつもより遅い時間の訪問で売り切れが心配でしたが、意外にもほとんど売れてないかのようなショーケース。
ただ、期待していた物はこの日は出ておらず、ちょっとガッカリ。

しかし、夏の連休中でも媚びるような商品はなく、ショーケース内の全商品の色合いがとても地味で重そうな印象があり、全く一般受けしそうにないところが素敵でした (・∀・)



今回は4品だけで。



リヴィエラ:630円

チョコレートとバナナのお菓子。

バナナのコンポートがドンと入っているので、全体の印象としてはバナナがガツンと。
香りも味も甘いですが、洋酒の風味や酸味も加わるので甘ったるさはなく。

チョコレートとの相性は言うまでもなく、生地からのヘーゼルナッツのアクセントも良く。
しいて言えば少し単調で、もう1つ何か香りが欲しい感じもありました。



リモンセロ:630円

この日のショーケースでは唯一の淡彩色のお菓子で、地味ながら華やかに見えました。

メレンゲの下は爽やかなライムのムースで、リモンチェッロのリキュールなのかキリッとする酸味も。
下のブランマンジェはビターアーモンドが強く香り、フランボワーズの甘酸っぱさがプラス。

食感は軽いものの、ズンズン押し寄せる香りの強さがあり、うっとりするような食後感です。



サヴァラン:500円

わりとよく出している物のようですが、今回初めて巡り会えました。
使っている洋酒はラムではなくオレンジリキュールだそう。


とてもオレンジの香りが華やかで、キレも良くスッキリと。
キメ細かな生地もたっぷりシロップを保水しながらしっかりした食感があり、ベチャベチャした感じもなく。

ボテッとしたシブーストクリームも口に入れると滑らかさとコクがあり、キャラメリゼも良いアクセント。
オレンジリキュールの物は初めて食べましたが、独特でとても美味しいサヴァランでした。



カプチーノ:630円

こちらだけ2度目。


今回は以前よりシナモンが強めにきいている印象。
フワッとシナモンを感じてから、苦味と酸味がきっちりとあるコーヒーの味がガツンときます。

さらにへーゼルナッツの香ばしさやフルーティな洋酒の香り。
思い切りコーヒーながら、「カプチーノ」なんて一言で表現してはいけないような複雑さがあります。


芯のあるお店の、いつも通りの芯のあるお菓子でした。



2017年8月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリール(八王子市:パン)
ドゥエトゥレ(八王子市:パン)
ブールブール(八王子市:パン)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーバカナル(目黒区:パン)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
ラ・ヴィエイユ・フランス(調布市:ジェラート)
くるくる(八王子市:食堂)
小河内ダム(奥多摩町:ダムカード)
カタクリの花(奥多摩町:ダムカレー)
ぼんち(甲斐市:デカ盛り)
コンプレ堂(北杜市:パン)
アングーテ(北杜市:ケーキ)
アングーテ
アングーテ
大門ダム(北杜市:ダムカード)
高遠ダム(伊那市:ダムカード)
美和ダム(伊那市:ダムカード)
たけだ(伊那市:食堂)
うしお(伊那市:食堂)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_茂右衛門(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム