FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

大津屋(岐阜県恵那市) 

2017/09/30 Sat 14:30訪問
大津屋


続いて栗粉餅の有名店へ。

なんでも賞味期限が2時間なため、常時店頭に並んでいるわけでなく、作って出来上がり次第即出しのよう。
何回か出るようですが、当然売り切れもあるので、行列店ではなくても簡単に買える物でもないよう。

で、まずまずタイミングが良かったようで、10分ほど待って出来立てを買えました。



栗きんとん:210円


加水高めで、他と比べるとしっとり感が続くような口当たり。
一瞬酸味のような物を感じ、それからほんのり渋み、余韻は甘みが残る不思議な感じでした。



里のきんとん:150円


白あんを栗きんとんで包んだもので、栗菓子を食べている感じはほとんどないです。

上のノーマルの栗きんとんより一回り大きく、かつ3割強安いので、やはり栗って高いんだなと。



くり粉餅:1100円

購入時の時間が記入され、賞味期限は2時間。


餅が見えないほどの栗粉がまぶされます。


1個は一口でも食べれる大きさなので、サイズ比からの価格設定は他店よりかなり高め。


餅はとても柔らかく、ビヨーンと伸びるようなタイプ。
細かな栗粉はサラッとしており、しっとり栗きんとんと味は同じでも、かなり違った印象になります。

一見同じように見えて、栗きんとんよりも店によって違いが大きく出るものだと実感できるほど良いです。


ちなみに消費期限ではなく、あくまでも賞味期限。
2時間後に腐っていくわけでなく、風味を維持できるのが2時間という意味と思われます。

で、あえて全部食べずに2つ残し、翌朝食べてみたのですが・・・
栗粉は水分吸ってネチャッとし、餅はしなやかさに欠け、ほんのりネガティブな酸味も感じました。

当たり前ですがやはり賞味期限は重要で、もったいないし失礼な事をしてしまったなと。
生菓子は期限内ではなく、できる限り早く食べるべきだと実感しました。



2017年9月30日,10月1日
ボネロ(恵那市:パン)
ピエニュ(中津川市:パン)
平林(中津川市:とんかつ)
しん(中津川市:和菓子)
おふくろ(中津川市:五平餅)
すや(中津川市:和菓子)
ピエニュ(中津川市:パン)
あまから(恵那市:五平餅)
大津屋(恵那市:和菓子)
中野方ダム(恵那市:ダムカード)
れもん(八百津町:ダムカレー)
丸山ダム(八百津町:ダムカード)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム