FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2018ギャレット・デ・ロワ:その2 

ギャレットもう1台は珠玉のピスターシュ。


20180111192724426.jpg
ギャレット・デ・ロワ ピスターシュ

こちらは葉っぱ模様で、浮き上がったピスターシュのグリーンも映えます。


20180111192741690.jpg
ミルフイユではないですが、千枚くらいの葉っぱが重なったような圧巻の層。


20180111192805185.jpg
中はピスターシュもりもり!文字通り目一杯に詰まってます。

ちなみに、現在はバニラ同様にピスターシュも価格高騰中。
ジェラート店なんかでも、真っ当なピスタチオを使っているお店はプラス料金の設定で。

そんな中で最高級のピスターシュがもりもり。
バニラもりもりフランジパーヌもそうですが、もはや狂気に感じます。


20180121071117843.jpg
余談ですが、東京にはちゃんと味と香りがする量のピスターシュを入れた店は他に一軒もないとか?
昔でもないなら今はなおさらで、それらしき物はバニラ同様に香料で、あとは着色ですかね。

ただ、運よくと言うか幸いと言うか、愛知には1軒あります。
知人にそちらのピスターシュを使われたケーキをあげた事がありますが、これ杏仁?って聞かれました。

実は僕も初めて食べた時はそう思いました。
ピスタチオって、必要以上に炒めたオツマミ系のあれの味しか知らなかったもので。

本物を知らないのは仕方なくても、知る術がないという状況は不幸です。


20180121071128248.jpg
生地は思い切りサクサク・ハラリとしつつも滑らかに。
クロワッサンもそうですが、粉の旨みとバターの風味のせめぎ合い、最高の位置でのバランス。

そして色気にも感じるピスターシュのグリーン。
こちらはまた特に濃く、果実的にも感じる豆の味、鼻から抜ける魅惑で妖艶な香り。

鼻から抜けずにしばらく閉じ込めておきたい気になります。


20180111192657999.jpg
なお、箱入りではなく、手提げ仕様の紙袋にズボッと入れての提供で、本場フランスがこういった形だそう。
日本ではこんな専用の袋はないので、わざわざフランスから取り寄せているそうです。

本物を作り、本物の形で提供することの意義。
原価や手間は度外視しても、ひたすら美味しさを追求した物を作り上げるという意志。

比べてはいけませんが、純粋な味だけでなく、他店の物とはベクトルが違いすぎるギャレットでした。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム