FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie Avalon(名古屋市天白区) 

2017/12/09 Sat 10:00訪問
アヴァロン


続いて八事のパティスリーに。
3ヶ月半ぶりとなり、その間食べたい物がいくつか出ていたようですが、間に合わず終了。



この日はシュトーレン目当てでしたが、こちらで食べてない物は買っておくことに。



サンミッシェル:610円

スイート・ホワイト・ミルクの3層のチョコムースがガナッシで覆われ、生地までチョコレート。


完全にチョコレートづくしですが、その中にプラリネの風味、果実味のある洋酒の香り。
まろやかで濃厚ながらしつこさはなく、キレもありつつそれでいて重厚感のある余韻。

不味いチョコレートならとても食べれませんが、この構成でここまで深みを持たせれるのかと。
とにかくチョコレートの良さを実感できるお菓子でした。



ガトーセザム:500円

ゴマのお菓子。


写真は分かりにくいですが、生地にも2層のクリームにも黒ゴマがたっぷりと。

バスッとして香ばしい生地から、ブワッとゴマの香りとポリポリした食感。
上部は滑らかでミルキーなホワイトチョコ、下部はもう少し固めのムースリーヌでこちらも軽いゴマの風味。

クリームの味は弱めですが、あくまでゴマのお菓子であり、とことんゴマを感じられます。



ドゥー マロン:570円

良くある組み合わせのチョコと栗。


生地はしっかりした歯応えと味わいがあり、ムース部分の口溶けも良く。
栗とチョコレートもそれぞれ主張しつつ、まったり溶け合うようなイメージに。

単調な味わいになる組み合わせでもあると思いますが、それなりの奥深さも感じました。



スカーレット:600円

こちらも同じく良くあるチョコとフランボワーズ。


グラニテ加えてサクサク感のあるチョコレート生地に、フランボワーズのジュレのアクセント。
チョコレートのクリームからもフランボワーズが香り、さらに果肉のフレッシュさもプラス。

他店では"ル・カルディナル"の品名で食べており、その時はゴチャついてちょっとうるさく感じましたが、今回はチョコレートの味わいとフランボワーズの甘酸っぱさがしっかり調和。

こちらのフランボワーズは洋酒の効かせ方も程よく、力強さがある気がします。



フルフル:530円


渇いた感じの生地で、軽いながらに力強さもある食感からヘーゼルナッツの味わいがグッと。
間のクリームはチョコガナッシュと思いきや、強めのアーモンドの風味があり、全体的にナッツがドンと。

トッピングのカリカリヌガーも濃厚で、イメージよりはパンチのあるお菓子でした。



ロリゾン:594円

これもわりとあるカシス・マロンな組み合わせ。
こちらの商品は、キッチリ整ってカッチリしているみたいなイメージですが、これは緩めな仕上がりで。


栗のムースからの穏やかでまったりした甘みを、カシスの酸味で引き締めるようなバランスの取られ方。
生地も味わいがあり、コロコロ入った栗がホクホクと、アーモンドダイスがコリコリとして食感も楽しく。

強い味のカシスを使ってますが、ズバッとくる感じではなくジワリとくる印象です。


だいぶ魅力的になり、新商品の全ては食べれそうもないですが、なるべく機会を作って行きたいところです。



2017年12月9日
くまくる(名古屋市天白区:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
ぱぴぱん(天白区:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
椿ベーカリー:シュトーレン
くまくる:シュトーレン
アヴァロン:シュトーレン
ぱぴぱん:シュトーレン
パントリコ:シュトーレン


スポンサーサイト



category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム