食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

リベラル・アーツ 

鶏ムネ肉料理に続いてのアスリート食のレシピ本。



アスリートシェフの美筋レシピ。



「美しく強い筋肉を磨き上げる」ということで、ガチアスリートだけでなく、フィットネス系の運動で身体をつくりたい女性なども対象にしてますかね。



レシピは卵料理から始まり、サラダ、チーズの料理、牛・豚・鶏・羊の肉料理、魚介系、大豆・豆腐料理と。

鶏胸オンリーで制限のあった前作に比べ、かなり幅広くなりました。



アミノ酸スコアなども参考程度に。

プロテインやサプリメントに頼らず、普通の食事で必要な栄養摂れよ!って言う人いますが・・
全くもって正論ですが、それを言って良いのは栄養学の知識があり、それに基づいた食事をしている人だけかと。



料理好きを対象としたレシピ本ではないので、かなり簡単な内容になってます。
家庭料理メニューが多く、普通のスーパーで売っている材料だけ、特別な器具が必要な物もありません。



なにしろ、ゆで卵の作り方から始まります。・・・いやー、知ってた。



簡単な手順しかないのに、なぜかステーキの焼き方は4ページ使われており。

この辺はシェフの譲れないこだわりみたいなものが感じられ、ちょっと面白いです。



個人的にはイワシとジャガイモが特に興味あり。

オギノで最もビビッたメニューに、ジャガイモをクレープにして魚に合わせる料理がありまして、少しはあの味に近づけるのかなーと。


ちなみに、結婚している会社の同僚は、全員が週に最低1回は夕食当番の日があるそう。
「逆に」の言葉が適切か分かりませんが、結婚してから逆に料理を覚えたと口を揃えてます。

しかし、レパートリーが少ないのが悩みだそうで、そんな人にもこの本は良いのではと。

なにしろ"美"って言ってますからね。
きっと奥様も大喜びで、ご機嫌取りに最適なレシピです・・・知らんけど。



なお、レストランで買うか、買った本を持っていけば、変なマーク入りのサインが貰えます。

あ、こんなサイン貰わなくて良いですが、美味しいものを食べないと、美味しいものは作れないと思うので、料理に目覚めちゃったアスリートは行った方が良いかと。

とりあえず確かなのは、食事まで含めてトレーニングなのです。


スポンサーサイト

category: 本・アニメ・ゲーム

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム