FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

だし 麺 未蕾(愛知県蒲郡市) 

蒲郡に2月にオープンしたラーメン屋。
「未蕾」は「みらい」と読み、永遠に完成することのない、未完成なつぼみで「未蕾」 だとか。

半年くらい経ったら行こうかなと思ってましたが、近くに行く機会があったのでついでに。



何やら・・外観はかなり変わった建物。
店内はカウンター8席と座敷1卓、シンプルな造りでどこかガラーンとした感じ。



今のところ基本メニューは醤油or塩ラーメンの2種類のよう。
トッピングに味玉とチャーシュー。替え玉ではなく、味付けされた和え玉があり。

店名に"だし"の言葉を使い、メニューも"だしそば"と銘打って、出汁へのこだわりを感じられます。



叉焼麺(しょうゆ):1080円

最初なので上に書かれている醤油の方で、数量限定のチャーシュー麺仕様にて。



店内に煮干しのイラストがあったりしますが、かなり煮干しが香ります。
口に入れた瞬間も煮干しなどの魚介系がふわっとし、追いかけるように動物系のコク。

とても力強い味わいながら、出汁の効きすぎのような臭みやエグミはなく。
スープを口に入れるたびに、ジワジワと旨みが広がっていく感覚があります。



自家製の細麺はナチュラルな色合い。
低加水ながらも口当たりが良く、スルスルッと入っていきプツンと気持ち良く歯切れします。

のど越しも良く、日本そばのようなニュアンスがあり、シンプルながら逆に独特さも感じられ。



チャーシューはホロホロと柔らかく煮込まれ、味付け薄めで豚の旨みで食わせるイメージ。
ラーメン屋の使う豚としては良いのかもしれませんが、プラス300円で3枚?を食べたいほどの旨みは感じず。

メンマは味・食感ともに仕上がり良く、ほうれん草と海苔にバランスの悪さは感じず。
存在理由のないナルトも、ノスタルジックな中華そばを連想させるのに一役買っているかなと。

味の好みは別として、「だしそば」の品名からのイメージでは、もう完成されてる印象を受けます。

チラッと見た隣オーダーのまぜそばチックな和え玉も興味ありましたが、次の予定があったのでここまで。
来店した多くの人が言ってそうですが、明るい未来を感じられるラーメンでした。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム